マイケル・シーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・シーン
Michael Sheen
Michael Sheen
2010年
生年月日 1969年2月5日(45歳)
出生地 ウェールズの旗 ウェールズ ニューポート
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ・舞台
活動期間 1993年 -
主な作品
アンダーワールド』シリーズ
クィーン

マイケル・シーンMichael Sheen, 1969年2月5日 - )は、イギリス俳優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューポート出身[1]。両親は共に人事労務管理[2][3]。ジョアンという妹がいる[3]。5歳の時にリバプールに引っ越し、その3年後にはウェールズのポルト・タルボットに落ち着く[4][5]少年時代はサッカーに熱中し、12歳の時にアーセナルのユース・チームにスカウトされるが、家族でロンドンに引っ越すことになるため、両親はためらい結局それを受けることはなかった[5][6] 。結局シーンは10代のはじめにサッカーへの興味を失う[5]。両親ともに地元のアマチュア劇団やオペラに関わっていた[7]。16歳の時にウェールズのナショナル・ユース・シアターに参加[7][8]。その後、王立演劇学校で演技を学んだ[7]

キャリア[編集]

1993年にルース・レンデル(バーバラ・ヴァイン名義)原作の『哀しきギャロウグラス』でテレビに初出演。以後、映画やテレビなどに出演しているが、1999年に舞台『アマデウス』でモーツァルトを演じてローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされ、高い評価を得るなど、舞台俳優としても有名。

2003年放送のテレビシリーズ『The Deal』と2006年公開の『クィーン』でトニー・ブレア前イギリス首相を演じ、後者の作品でロサンゼルス映画批評家協会賞を受賞、英国アカデミー賞 助演男優賞にノミネートされた。

2008年公開の『フロスト×ニクソン』ではデヴィッド・フロストを演じた。

私生活[編集]

イギリスの女優ケイト・ベッキンセイルと交際し、1999年1月31日に娘リリー・モー・シーンが誕生した[9]が、『アンダーワールド』撮影後に破局(その後ケイトは同作品の監督レン・ワイズマンと結婚)。それに伴い、娘がロサンゼルスに移ったため、シーン自身もロサンゼルスに移っている[10]。現在は『ミッドナイト・イン・パリ』で共演したレイチェル・マクアダムスと交際している[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 オセロ
Othello
ロドヴィコ
1996 ジキル&ハイド
Mary Reilly
ブラッドショー
1997 オスカー・ワイルド
Wilde
ロビー・ロス
2002 サハラに舞う羽根
The Four Feathers
ウィリアム・トレンチ
2003 アンダーワールド
Underworld
ルシアン
タイムライン
Timeline
オリヴァー卿
2005 キングダム・オブ・ヘブン
Kingdom of Heaven
司祭
2006 アンダーワールド: エボリューション
Underworld: Evolution
ルシアン
クィーン
The Queen
トニー・ブレア
ブラッド・ダイヤモンド
Blood Diamond
シモンズ
ザ・ローマ 帝国の興亡
Ancient Rome: The Rise and Fall of an Empire
ネロ テレビシリーズ
2008 フロスト×ニクソン
Frost/Nixon
デヴィッド・フロスト
2009 アンダーワールド ビギンズ
Underworld: Rise of the Lycans
ルシアン
くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-
The Damned United
ブライアン・クラフ
ニュームーン/トワイライト・サーガ
New Moon
アロ
2010 アリス・イン・ワンダーランド
Alice in Wonderland
白うさぎ 声のみ
トロン: レガシー
Tron: Legacy
キャスター
4デイズ
Unthinkable
スティーブン・アーサー・ヤンガー
2011 ミッドナイト・イン・パリ
Midnight in Paris
ポール
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1
The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 1
アロ
2012 ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー
Jesus Henry Christ
スラヴキン・オハラ博士
トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2
The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2
アロ
2013 アドミッション -親たちの入学試験-
Admission
マーク

舞台[編集]

上演年 邦題
原題
役名 演出 上演劇場 備考
1991 When She Danced アレクサンドル・エリオポロス ロバート・アラン・アッカーマン グローブ座、ロンドン
1992 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
ロミオ Greg Hersov ロイヤル・エクスチェンジ、マンチェスター
橋からの眺め
A View From The Bridge
Greg Hersov ロイヤル・エクスチェンジ、マンチェスター
1993 The Blind Men Declan Donnellan ドンマー・ウエアハウス、ロンドン
Don’t Fool With Love Declan Donnellan ドンマー・ウエアハウス、ロンドン
Moonlight フレッド デヴィッド・ルヴォー アルメイダ・シアター、ロンドン
1994 ペール・ギュント
Peer Gynt
ペール・ギュント 蜷川幸雄 バービカン・センター、ロンドン
のんきな叔母さん
Charley’s Aunt
エミール・ウォルク ロイヤル・エクスチェンジ、マンチェスター
1995 怒りを込めて振り返れ
Look Back In Anger
ジミー・ポーター Greg Hersov ロイヤル・エクスチェンジ、マンチェスター
かもめ
The Seagull
コンスタンティン ロベルト・ストゥルア シアター・ロイヤル、バース
The Dresser ノーマン シーン本人による演出 ドラム・シアター、プリマス
1996 The Ends of the Earth ダニエル アンドレイ・サーバン ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
1997 The Homecoming レニー ロジャー・ミッシェル ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
Badfinger シーン本人による演出 ドンマー・ウエアハウス、ロンドン
ヘンリー五世
Henry V
ヘンリー五世 ロン・ダニエルズ ロイヤル・シェイクスピア・シアターストラトフォード・アポン・エイヴォン
1998–1999 アマデウス
Amadeus
モーツァルト ピーター・ホール オールド・ヴィック・シアター、ロンドン
アーマンソン・シアター、ロサンゼルス
ミュージックボックス・シアター、ブロードウェイ
1999 怒りを込めて振り返れ
Look Back In Anger
ジミー・ポーター Greg Hersov ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
2003 カリギュラ
Caligula
カリギュラ マイケル・グランデージ ドンマー・ウエアハウス、ロンドン イヴニング・スタンダード賞 男優賞 受賞
2005 The UN Inspector マーティン・ギャモン デヴィッド・ファー ロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
2006–2007 フロスト×ニクソン
Frost/Nixon
デヴィッド・フロスト マイケル・グランデージ ドンマー・ウエアハウス、ロンドン
ギルグード・シアター、ロンドン
バーナード・B・ジェイコブ・シアター、ブロードウェイ
2011 The Passion 教師 シーン本人による演出 ナショナル・シアター・ウェールズ
2011–2012 ハムレット
Hamlet
ハムレット イアン・リクソン ヤング・ヴィック、ロンドン

参照[編集]

  1. ^ BBC Wales profile”. BBC. 2010年10月24日閲覧。
  2. ^ Nigel Dempster (2001年7月18日). “He's all right, Jack”. The Daily Mail. http://www.highbeam.com/doc/1G1-76608070.html 2011年9月18日閲覧。 
  3. ^ a b Gavin Allen (2009年2月21日). “Portrait of the artist as a young man”. The Western Mail. http://www.thefreelibrary.com/Portrait+of+the+artist+as+a+young+man%3B+Michael+Sheen+will+be+at+the...-a0194199675 2011年9月20日閲覧。 
  4. ^ Simon Hattenstone (2009年3月20日). “That's all I play – me”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/film/2009/mar/20/michael-sheen-interview-damned-united 2010年9月20日閲覧。 
  5. ^ a b c Jon Wilde (2009年3月7日). “After 40, not wearing pants turns sinister”. The Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/home/moslive/article-1160026/After-40-wearing-pants-turns-sinister-Michael-Sheen-style.html 2011年8月21日閲覧。 
  6. ^ Darren Franich (2010年2月26日). “Michael Sheen on vampires, politicians, and soccer”. Entertainment Weekly. http://popwatch.ew.com/2010/02/26/michael-sheen/ 2011年9月18日閲覧。 
  7. ^ a b c Michael Sheen – This Is Who I Am”. Empire Online. 2010年10月24日閲覧。
  8. ^ Owain Arwel Hughes and Michael Sheen recognised in New Year's Honours List”. WJEC. 2011年8月21日閲覧。
  9. ^ Kate Beckinsale Biography”. People. 2011年8月22日閲覧。
  10. ^ Elaine Lipworth (2010年12月18日). “Michael Sheen: My family values”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2010/dec/18/michael-sheen-my-family-values 2011年9月18日閲覧。 
  11. ^ Michael Sheen & Rachel McAdams Confirm They Are Dating”. People. 2011年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]