ロバート・ボルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ボルト、CBE: Robert Oxton Bolt, CBE1924年8月15日 - 1995年2月21日)はイギリス劇作家脚本家。『アラビアのロレンス』などの映画脚本で主に知られる[1]

来歴[編集]

マンチェスターの小さな商店主の家に生まれ[2]マンチェスター・グラマースクール英語版マンチェスター大学で学んだ[1]。1943年-1946年の間イギリス空軍で兵役に就き、のち同大学に戻り、さらにエクセター大学で学んだ[1]。1952年-1958年の間、Millfield School (en) で英語と歴史の教鞭をとり、その巧みな授業で名物教師となった[1]。この頃、教員として働くかたわらでラジオドラマを執筆し、さらに舞台エージェント Peggy Ramsay (en) の勧めで舞台演劇の劇作を始めた[3]。1957年の舞台演劇『花咲くチェリー』で一躍イギリス中の注目を浴びた[1][4]

1960年代から1970年代にかけ、映画および舞台演劇の脚本を相次いで手がけ、そのいくつかで著名な賞を受けた。1979年に脳卒中の発作から右半身不随となり、その後はリハビリに励みつつ、左手で電動ワードプロセッサを動かし執筆を続けた[1]。1995年、ハンプシャーにて没した[1]

女優のサラ・マイルズとは2度結婚している。(1967年-1975年、1988年-1995年)

受賞歴[編集]

作品[編集]

ボルトの(特に初期の)作品は、前衛的な演劇が流行していた1950年代後半において、伝統的・写実的な手法をとり、それを成功させたことに特徴づけられる[5]。彼の演劇は、人物間の相克とそれによって紡ぎ出される起承転結を明確に描き[1]自然主義的である[1]。観客に解釈を押し付けるのでなく、自ずと解釈を促すテクニックに彼は長けており、それゆえに彼の作品は広く支持された[1]

脳卒中に罹る前のボルトは雄弁家であり、作品にもその反映が見られる[1]。彼が描く歴史的な情景描写は臨場感に溢れており、登場人物の台詞は平明かつ含蓄に富む[1]

(以下、年は上演年[5]

演劇[編集]

  • The Critic and the Heart (1957)
  • The Flowering Cherry (1957) - 邦題『花咲くチェリー』。社会から落伍し、かなわぬ昔日の夢にとりつかれた中年保険セールスマンを写実的に描き、出世作となった。
  • The Tiger and the Horse (1960)
  • A Man for All Seasons (1960) - 邦題『すべての季節の男』。主人公のトマス・モア像、ブレヒトを思わせる演劇手法が評判を呼んだ[6]。ボルトの作品中、最もよく知られたものの一つである[4][6]
  • Gentle Jack (1963)
  • The Thwarting of Baron Bolligrew (1965) - 邦題『ボリグルー男爵の裏をかく』。子供向けに書かれた劇[4]
  • Vivat! Vivat Regina! (1970) - 邦題『女王万歳』。エリザベス1世スコットランド女王メアリの確執を描いた歴史劇
  • State of Revolution (1977) - ウラジーミル・レーニンを主人公とし、さらにその死後レフ・トロツキーがロシアを去った経緯を描いた。ボルトの作品中、最も野心的な傑作と考える者も多い[1]

映画[編集]

和訳書[編集]

  • ロバート・ボルト 『花咲くチェリー - ロバート・ボルト戯曲集』 木村光一(訳)、小田島雄志(訳)、劇書房、1981年(日本語)。 - 『すべての季節の男』も収録。
  • ロバート・ボルト 『ミッション』 森村裕(訳)、ヘラルド・エンタープライズ、1987年(日本語)。ISBN 978-4938386016

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m John Calder (1995年2月23日). “OBITUARY : Robert Bolt” (英語). The Independent. 2011年3月31日閲覧。 - ボルトの追悼記事
  2. ^ Robert Bolt - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  3. ^ Tom Erhardt (1995年3月11日). “OBITUARY: Robert Bolt” (英語). The Independent. 2011年3月31日閲覧。 - 追悼記事の訂正
  4. ^ a b c d 木下卓、高田賢一、野田研一、久守和子、窪田憲子 『英語文学事典』 ミネルヴァ書房、2007年、p.574(日本語)。ISBN 978-4623041299
  5. ^ a b 『20世紀 イギリス文学作家総覧』(II) 劇、青山富士夫(編)、北星堂書店、1980年、p.74(日本語)。
  6. ^ a b 『イギリス文学辞典』 上田和夫(編)、研究社、2004年、p.39(日本語)。ISBN 978-4767432311
  7. ^ Robert Bolt biography and filmography - Screenonline英国映画協会(英語)

関連項目[編集]