クリス・テリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・テリオ
Chris Terrio
本名 クリストファー・テリオ
生年月日 1976年12月31日(37歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市
職業 映画監督、脚本家

クリス・テリオChris Terrio, 1976年12月31日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家である。ニューヨーク州ニューヨーク市出身。

キャリア[編集]

ジェームズ・アイヴォリーの助手として『金色の嘘』(2000年)に付いた後、同監督の会社マーチャント・アイヴォリー・プロダクションの事務所で働きながら、同社の製作で短編映画『Book of Kings』(2002年)を監督し、映画祭などで評価を得る。その後もアイヴォリーの『ル・ディヴォース/パリに恋して』(2003年)のエレクトリック・プレス・キットなども担当。2005年には同社の製作で『ル・ディヴォース』にも出演したグレン・クローズトーマス・レノンや、『シャンヌのパリ、そしてアメリカ』に出演したジェシー・ブラッドフォードといったアイヴォリー作品の俳優たちに、エリザベス・バンクスイザベラ・ロッセリーニジェームズ・マースデンルーファス・ウェインライトといった配役でエイミー・フォックスの舞台劇を映画化した『Heights』で長篇監督デビューし、2005年サンダンス映画祭での初上映後、各国の映画祭で上映され注目を集めた。これ縁で、2010年にはグレン・クローズ主演のテレビシリーズ『ダメージ』第3シーズンの8話「証拠を捨てた男」を演出している。

2012年にはテリオが長年の調査によって書き上げた脚本『アルゴ』が、ワーナー・ブラザーズ製作、ベン・アフレック監督・製作・主演、ジョージ・クルーニー製作によって完成。これが高く評価され、第85回アカデミー賞脚色賞を受賞した[1]

2012年12月時点でテリオはポール・グリーングラス監督作の脚本を執筆中であり、また、ワーナー・ブラザーズと新たに2作品分の契約を結んでいる[2]。また、アイヴォリー監督が3Dで映画化を企画しているウィリアム・シェイクスピア作『リチャード2世』の脚色も担当している[要出典]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]