ジェームズ・L・ブルックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・L・ブルックス
James L. Brooks
本名 James Lawrence Brooks
生年月日 1940年5月9日(74歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン
主な作品
愛と追憶の日々
ブロードキャスト・ニュース
恋愛小説家

ジェームズ・L・ブルックスJames L. Brooks, 1940年5月9日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家プロデューサーニューヨーク市ブルックリン出身。

CBSABCで『メアリー・タイラー・ムーア・ショー』や『ザ・シンプソンズ』、『トレイシー・ウルマン・ショー』などの人気シリーズを手がけた。映画監督としては『愛と追憶の日々』でアカデミー監督賞脚本賞を受賞している。また、これまでエミー賞を19回受賞している。

プロデューサーとしてはトム・ハンクスの『ビッグ』やジョン・キューザックの『セイ・エニシング』、トム・クルーズの『ザ・エージェント』などを手がけている。ウェス・アンダーソンを発掘したのも彼である。

反捕鯨団体の「シー・シェパード」の4隻目となる捕鯨妨害船「サム・サイモン号」は、かつて日本政府が保有していた観測船であるが、米企業から購入200万ドル(約1億6000万円)の資金援助をした。[1]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 2012年12月11日 朝日新聞デジタル

外部リンク[編集]