ローズ家の戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローズ家の戦争
The War of the Roses
監督 ダニー・デヴィート
脚本 マイケル・リースン
製作 ジェームズ・L・ブルックス
アーノン・ミルチャン
出演者 マイケル・ダグラス
キャスリーン・ターナー
ダニー・デヴィート
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 スティーヴン・H・ブラム
編集 リンジー・クリングマン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月8日
日本の旗 1990年5月18日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50 million
興行収入 $150 million
テンプレートを表示

ローズ家の戦争』(The War of the Roses)は、1989年アメリカ公開されたダニー・デヴィート監督、マイケル・ダグラス主演のブラックコメディ映画である。原作はウォーレン・アドラー(en)が1981年に書いた同名小説(en)。原題はローズ家の夫婦の争いを中世イングランド薔薇戦争Wars of the Roses)にたとえた洒落となっている。

概要[編集]

個性派俳優のダニー・デヴィートが、『鬼ママを殺せ』に引き続き監督を務めた第2作目の作品。『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』、『ナイルの宝石』で共演したマイケル・ダグラスキャスリーン・ターナーが険悪になり行く悲劇の夫婦を演じている。その他、『バグダッド・カフェ』においてドイツからやって来た主人公を静かに演じて高い評価を得たドイツ人女優のマリアンネ・ゼーゲブレヒトや、『グーニーズ』の主人公マイキー役のショーン・アスティンらが脇を固めている。製作にはジェームズ・L・ブルックスアーノン・ミルチャン、音楽はデヴィート作品に常連のデヴィッド・ニューマンが担当している。

あらすじ[編集]

弁護士のギャビン(ダニー・デヴィート)は、客から離婚に関する依頼を受けて、昔を回想し始める。

時は17年前の海辺の町。まだ若かりし頃のバーバラ・ローズ(キャスリーン・ターナー)とオリバー・ローズ(マイケル・ダグラス)が地元のオークション会場で出会った。2人は熱烈な愛に燃え、結婚し、子宝にも恵まれて順風満帆な家庭を築きつつあった。弁護士としてのオリバーも法律事務所の上役へ昇進し、念願の豪華な一軒家まで購入。子供たちが成長して、だんだん手がかからなくなり始めた頃、二人の溝は徐々に深まりつつあった。

バーバラは自分でビジネスを始めて、オリバーに対する愛に疑問を抱き始める。そしてそんなある日、オリバーが内臓に異変をきたして病院に運ばれる。だがそのことを知りつつも、バーバラは見舞いにすら訪れなかった。そのことに腹を立てるオリバーに対しても平謝りのバーバラ。もうバーバラの中に既にオリバーに対する愛はなかった。

ある日、バーバラはオリバーに対して離婚を申し出る。養育権と豪邸の所有権を申し立てるバーバラだったが、そんな彼女にオリバーは待ったをかけた。一度は未練から離婚を考え直すようバーバラに提案するオリバーだが、妻はそんな夫を相手にもしない。次第に火花が散り始めた2人はとうとう険悪な仲に。オリバーもギャビンを雇い、壮絶な“戦争”が始まるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD TV
オリバー・ローズ マイケル・ダグラス 小川真司
バーバラ・ローズ キャスリーン・ターナー 藤田淑子 田島令子
ギャビン・ダマート ダニー・デヴィート 石田太郎 青野武
スーザン マリアンネ・ゼーゲブレヒト 高島雅羅 秋元千賀子
ジョシュ ショーン・アスティン 広中雅志 鳥海勝美
キャロリン ヘザー・フェアフィールド 江森浩子 鈴鹿千春
ハリー・サーモント G・D・スプラドリン
椅子の男 ダン・カステラネタ 清川元夢

TV版日本語版制作スタッフ:翻訳:入江敦子、演出:春日正伸、制作:ムービーテレビジョン

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]