テレンス・マリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テレンス・マリック
Terrence Malick
Terrence Malick
2011年
生年月日 1943年11月30日(70歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ウェイコー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督脚本家プロデューサー
主な作品
天国の日々
シン・レッド・ライン
ツリー・オブ・ライフ

テレンス・マリックTerrence Malick, 1943年11月30日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家プロデューサーである。

生い立ち[編集]

1943年イリノイ州オタワもしくはテキサス州ウェーコで地質学者エミール・A・マリックの息子として生まれる。父方の祖父母はアッシリア系のキリスト教移民。弟ラリー・マリックはギタリストで、スペインに留学してアンドレス・セゴビアの教えを受けたが、1968年にプレッシャーから自身の手を傷つけ、直後に自殺した。

ハーバード大学哲学を学び、主席で卒業。ローズ奨学金を得てオックスフォード大学大学院に入学する。日常言語学派の哲学者ギルバート・ライルキルケゴールウィトゲンシュタインに関する意見が合わず、博士論文を出さずにオックスフォードを去った。

米国に戻ると、1969年にノースウェスタン大学出版からハイデガーに関する著作を出し、マサチューセッツ工科大学で哲学を教えるかたわら、フリーランスのジャーナリストとしてニューズウィーク誌やライフ誌で記事を執筆した。

キャリア[編集]

アメリカン・フィルム・インスティチュートが次世代の映像作家育成のために1967年に設立したばかりの「AFI Conservatory」に入学。ジャック・ニコルソンや後に常連俳優となるジャック・フィスクらと知り合う。1969年に短編映画『Lanton Mills』を監督。

1972年ポール・ニューマン主演『ポケット・マネー』で脚本家として映画界に入り、1973年の『地獄の逃避行』が初監督作品となった。『ダーティ・ハリー』の初期の草稿も執筆している。

監督2作目の『天国の日々』は、今までハリウッドで試みられたことのない編集や光量・音量の調整に試行錯誤したため、ポストプロダクションに2年かかる力作となった。アカデミー作曲賞音響賞衣装デザイン賞などにノミネートされ、撮影監督に指名したネストール・アルメンドロスアカデミー撮影賞を受賞。またカンヌ国際映画祭でも絶賛され、監督賞を受賞した。

次作の試作途中で突如パリに移り、公衆の面前に一切姿を現さなくなる。いくつかの脚本を書きながら、フランスで長い間教鞭をとっていた。

1998年に監督に復帰し、20年ぶりの作品となる『シン・レッド・ライン』を制作。ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し、アカデミー賞7部門にノミネートされた。

2005年の『ニュー・ワールド』を経て、2011年には『ツリー・オブ・ライフ』でカンヌ映画祭パルム・ドールに輝いた。

特徴[編集]

40年のキャリアで6本しか映画を撮っていない、非常に寡作な映画監督として知られる。しかし2012年に製作された『トゥ・ザ・ワンダー』を皮切りに、4本の新作が公開される予定である。

アカデミー賞授賞式や各種映画祭には出席せず、またメディアへの露出もほとんどない。少なくとも2011年の時点ではテキサス州オースティンに住んでいる。

作品[編集]

作品 役職 備考
1969 Lanton Mills 監督・脚本・作曲・出演 短編映画
1972 ポケットマネー
Pocket Money
脚本・出演
1973 地獄の逃避行
Badlands
監督・製作・脚本・出演
1978 天国の日々
Days of Heaven
監督・脚本・出演 受賞: カンヌ国際映画祭監督賞
受賞: 全米映画批評家協会賞監督賞
受賞: ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞
ノミネート: カンヌ国際映画祭パルム・ドール
1998 シン・レッド・ライン
The Thin Red Line
監督・脚本 受賞: ベルリン国際映画祭金熊賞
受賞: ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞
ノミネート: アカデミー賞監督賞
ノミネート: アカデミー賞脚色賞
2002 ベアーズ・キス
Bear's Kiss
脚本
至福のとき
幸福時光 / Happy Times
製作総指揮
2004 アンダートウ 決死の逃亡
Undertow
製作
2005 ニュー・ワールド
The New World
監督・脚本
2006 アメイジング・グレイス
Amazing Grace
製作
2011 ツリー・オブ・ライフ
The Tree of Life
監督・脚本 受賞: カンヌ国際映画祭パルム・ドール
受賞: ロサンゼルス映画批評家協会賞監督賞
受賞: サンフランシスコ映画批評家協会賞監督賞
ノミネート: アカデミー賞監督賞
2013 トゥ・ザ・ワンダー
To the Wonder
監督・脚本
2014 Knight of Cups 監督・脚本

外部リンク[編集]