テレンス・マリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テレンス・マリック
Terrence Malick
Terrence Malick
2011年
本名 Terrence Frederick Malick
生年月日 1943年11月30日(71歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州オタワ
職業 映画監督脚本家プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1969年 - 1978年
1998年 -
配偶者 ジル・ジェイク (1970年 - 1976年
ミシェル・マリー・モレット (1985年 - 1996年
アレクサンドラ・ウォレス (1998年 - )
主な作品
天国の日々
シン・レッド・ライン
ツリー・オブ・ライフ

テレンス・マリックTerrence Malick, 1943年11月30日 - ) は、アメリカ合衆国映画監督脚本家プロデューサーである。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1943年11月30日イリノイ州オタワで地質学者エミール・A・マリックの息子として生まれた。父方の祖父母はアッシリア系のキリスト教移民である。テキサス州ウェーコオクラホマ州で育った。 二人の弟がおり、そのうちの一人であるラリーは1960年代ギタリストとしてスペインに留学。アンドレス・セゴビアの教えを受けたが、1968年にプレッシャーから自身の手を傷つけ、直後に自殺した。

マリックはハーバード大学哲学を専攻し、1965年に主席で卒業。ローズ奨学金を得てオックスフォード大学大学院に入学した。日常言語学派の哲学者ギルバート・ライルの元で学んだが、キェルケゴールウィトゲンシュタインに関する意見が合わず、博士論文を出さずに中退した。

その後はアメリカに帰国し、1969年ノースウェスタン大学からハイデガーの著作の翻訳本を出版。マサチューセッツ工科大学で哲学を教える傍ら、フリーランスのジャーナリストとしてニューズウィーク誌やニューヨーカー誌、ライフ誌で記事を執筆した。

キャリア[編集]

アメリカン・フィルム・インスティチュートが次世代の映像作家の育成を目的に、1967年に設立したばかりのAFI Conservatoryに入学。俳優ジャック・ニコルソンやジャック・フィスクらと知り合った。フィスクは後にマリックの作品の常連となる。1969年には短編映画『Lanton Mills』を製作した。

1971年にジャック・ニコルソンが監督を務めた『Drive, He Said』や『ダーティ・ハリー』の初期草稿に脚本家として携わり、映画界に進出。翌1972年にはポール・ニューマン主演の『ポケット・マネー』の脚本を執筆。1973年には初の長編『地獄の逃避行』を発表した。

1978年には2作目の『天国の日々』を発表。それまでのハリウッドでは試みられたことのない編集や光量、音量の調整に試行錯誤したため、ポストプロダクションに2年かかる力作となった。アカデミー作曲賞音響賞衣装デザイン賞などにノミネートされ、撮影監督を務めたネストール・アルメンドロスアカデミー撮影賞を受賞した。また、第32回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、監督賞を受賞した。

その後、次作の試作途中で突如パリに移住。その後は公衆の面前に一切姿を現さなくなる。フランスでは数本の脚本を執筆しながら、長い間教鞭を取っていた。

1998年太平洋戦争におけるガダルカナル島の戦いを描いた長編『シン・レッド・ライン』を発表。20年ぶりに映画監督として復帰した。同作は第49回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。アカデミー賞では7部門にノミネートされた。

2005年の『ニュー・ワールド』を経て、2011年ブラッド・ピットショーン・ペンを起用した『ツリー・オブ・ライフ』を発表。第64回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。翌2012年にはオルガ・キュリレンコベン・アフレックらが出演した『トゥ・ザ・ワンダー』を発表。第69回ヴェネツィア国際映画祭でSIGNIS賞(カトリックメディア協議会賞)を受賞した。2015年にはクリスチャン・ベールナタリー・ポートマンらが出演する『Knight of Cups』が、2016年にはドキュメンタリーVoyage of Time』がそれぞれ公開される予定である。

人物[編集]

1973年から2012年のおよそ40年間で製作した作品はわずか6本と、非常に寡作な映画監督として知られる。また、アカデミー賞の授賞式や各映画祭には出席することなく、メディアへの露出やインタビューもほとんどない。少なくとも、2011年の時点ではテキサス州オースティンに住んでいるとみられる。

作品[編集]

監督作品[編集]

作品 役職 備考
1969年 Lanton Mills 監督・脚本・作曲・出演 短編映画
1973年 地獄の逃避行
Badlands
監督・製作・脚本・出演
1978年 天国の日々
Days of Heaven
監督・脚本・出演 カンヌ国際映画祭監督賞受賞
全米映画批評家協会賞監督賞受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞受賞
1998年 シン・レッド・ライン
The Thin Red Line
監督・脚本 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞受賞
2005年 ニュー・ワールド
The New World
監督・脚本
2011 年 ツリー・オブ・ライフ
The Tree of Life
監督・脚本 カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞監督賞受賞
サンフランシスコ映画批評家協会賞監督賞受賞
国際映画批評家連盟賞年間最優秀映画賞受賞
2012年 トゥ・ザ・ワンダー
To the Wonder
監督・脚本 第69回ヴェネツィア国際映画祭SIGNIS賞受賞
2015年 Knight of Cups 監督・脚本
2016年 Voyage of Time 監督・脚本 ドキュメンタリー

製作・脚本[編集]

作品 役職 備考
1971年 Drive, He Said 脚本 ノンクレジット
ダーティ・ハリー
Dirty Harry
脚本 ノンクレジット
1972年 Deadhead Miles 脚本
ポケット・マネー
Pocket Money
脚本・出演
1976年 The Gravy Train 脚本
1999年 Endurance 製作
2000年 至福のとき
幸福時光
製作総指揮
2002年 ベアーズ・キス
Bear's Kiss
脚本・製作
2004年 The Beautiful Country 製作
アンダートウ 決死の逃亡
Undertow
製作
2006年 アメイジング・グレイス
Amazing Grace
製作
2014年 The Better Angels 製作

外部リンク[編集]