パク・チャヌク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パク・チャヌク
박찬욱
 박찬욱
(2009年5月24日、カンヌ国際映画祭にて)
生年月日 1963年8月23日(50歳)
出生地 韓国の旗 韓国 ソウル市[1]
国籍 韓国の旗 韓国
職業 映画監督
脚本家
映画プロデューサー
活動期間 1992年[2] -
パク・チャヌク
各種表記
ハングル 박찬욱
漢字 朴贊郁
発音: パク・チャヌク
ローマ字 Bak Chan-uk
英語表記: Park Chan-wook[2]
テンプレートを表示

パク・チャヌク(朴贊郁[2]박찬욱1963年8月23日[1] - )は、韓国映画監督脚本家映画プロデューサーである。韓国のいわゆる386世代の一人。監督は自身の作品のうち『復讐者に憐れみを』、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』を"復讐3部作"、『サイボーグでも大丈夫』、『渇き』、『イノセント・ガーデン』を"人間ではない存在の三部作"というテーマでくくっている。

略歴[編集]

堤川市[要出典]で生まれ、ソウルで育つ。西江大学校で哲学を学ぶが、在学中に「西江映画共同体」を結成。

2004年に監督・脚本作『オールド・ボーイ』がカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞した

作品[編集]

脚本[編集]

受賞歴[編集]

  • 2004年 - 『オールド・ボーイ』
第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ
第57回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ
  • 2007年 - 『サイボーグでも大丈夫』
ベルリン国際映画祭アルフレッド・バウアー賞
第40回シッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀脚本賞
  • 2009年 - 『渇き』
第62回カンヌ国際映画祭審査員賞

著作[編集]

  • 批評集『映画を見ることの隠密な魅力』
  • 『復讐者に憐れみを』竹書房、2005年3月
  • 『パク・チャヌクのモンタージュ』キネマ旬報社、2007年9月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c 박찬욱 (パク・チャヌク) KMDb 2011年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]