青龍映画賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青龍映画賞
各種表記
ハングル 청룡영화상
漢字 靑龍映畫賞
発音 チョンニョンニョンファサン[1]
日本語読み: せいりゅうえいがしょう
せいりょうえいがしょう
英語 The Blue Dragon Film Award
テンプレートを表示

青龍映画賞: The Blue Dragon Film Award: 청룡영화상)は、韓国映画賞。毎年12月に行われる韓国最大の映画の祭典。同時期に行われる大鐘賞と並ぶ韓国の2大映画祭で、韓国で最も権威のある映画賞である。

概要[編集]

韓国映画の質的向上と振興発展のために1963年から朝鮮日報主催で始まった。しかし1973年、映画法改訂によってスクリーンクォータ制が導入され、韓国映画の質が相当水準落ちたと判断していったん廃止された。が、17年後の1990年、スポーツ朝鮮主催、朝鮮日報・SBS(2010年までKBS)後援で復活した。

1年を通して国内で公開された韓国映画を対象に、ネチズンと映画専門家の意見を総合して候補作品を選定、映画賞の推薦を受けた審査委員会が最優秀者・作品を決定する。

授賞式は例年11月下旬に慶熙大学校平和の殿堂で開催され、SBSで中継される。2007年と2010年は国立劇場で行われた。

授賞部門[編集]

2008年に短編映画賞の1部門が追加になり現在は18の部門が受賞対象である。

  • 最優秀作品賞
  • 監督賞
  • 脚本賞
  • 主演男優賞
  • 主演女優賞
  • 助演男優賞
  • 助演女優賞
  • 新人監督賞
  • 新人男優賞
  • 新人女優賞
  • 美術賞
  • 技術賞
  • 撮影賞
  • 照明賞
  • 音楽賞
  • 人気スター賞
  • 最多観客動員賞
  • 短編映画賞(2008年から新しく追加)

特別賞[編集]

  • 名誉人気スター賞

2008年に亡くなった故チェ・ジンシルには特別賞として「名誉人気スター賞」が与えられた。

受賞作品[編集]

最優秀作品[編集]

開催年 作品名 ハングル名 監督名
1963年 第1回 『血脈』 혈맥 キム・スヨン
1964年 第2回 『剰余人間』 잉여인간 ユ・ヒョンモク
1965年 第3回 『あの空にも悲しみが』 저 하늘에도 슬픔이 キム・スヨン
1966年 第4回 『市場』 시장 イ・マニ
1967年 第5回 『山火事』 산불 キム・スヨン
1968年 第6回 『カインの後裔』 카인의 후예 ユ・ヒョンモク
1969年 第7回 『甕をつくる老人』 독짓는 늙은이 キム・スヨン
1971年 第8回 『玉器を割る時』 옥합을 깨뜨릴 때 キム・スヨン
1972年 第9回 『石化村』 석화촌 チョン・ジヌ
1973年 第10回 『三日天下』 삼일천하 シン・サンオク
1974-89年 -中止-
1990年 第11回 『追われし者の挽歌』 그들도 우리처럼 パク・クァンス
1991年 第12回 『死の賛美』 사의 찬미 キム・ホソン
1992年 第13回 われらの歪んだ英雄 우리들의 일그러진 영웅 パク・ジョンウォン
1993年 第14回 風の丘を越えて/西便制 서편제 イム・グォンテク
1994年 第15回 『ハリウッド・キッドの生涯』 헐리우드키드의 생애 チョン・ジヨン
1995年 第16回 『美しき青年 全泰壱』 아름다운 청년 전태일 パク・クァンス
1996年 第17回 祝祭 축제 イム・グォンテク
1997年 第18回 グリーンフィッシュ 초록 물고기 イ・チャンドン
1998年 第19回 八月のクリスマス 8월의 크리스마스 ホ・ジノ
1999年 第20回 NOWHERE ノーウェアー 인정사정 볼 것 없다 イ・ミョンセ
2000年 第21回 JSA 공동경비구역JSA パク・チャヌク
2001年 第22回 春の日は過ぎゆく 봄날은 간다 ホ・ジノ
2002年 第23回 酔画仙 취화선 イム・グォンテク
2003年 第24回 春夏秋冬そして春 봄여름가을겨울그리고봄 キム・ギドク
2004年 第25回 シルミド 실미도 カン・ウソク
2005年 第26回 親切なクムジャさん 친절한 금자씨 パク・チャヌク
2006年 第27回 グエムル-漢江の怪物- 괴물 ポン・ジュノ
2007年 第28回 優雅な世界 우아한 세계 ハン・ジェリム
2008年 第29回 私たちの生涯最高の瞬間 우리 생애 최고의 순간 イム・スンレ
2009年 第30回 母なる証明 마더 ポン・ジュノ
2010年 第31回 義兄弟 SECRET REUNION 의형제 チャン・フン
2011年 第32回 生き残るための3つの取引 부당거래 リュ・スンワン

監督賞[編集]

開催年 受賞者 該当作品
1995年 パク・クァンス 『美しき青年 全泰壱』
1996年 イム・グォンテク 祝祭
1997年 イ・チャンドン グリーンフィッシュ
1998年 ホン・サンス 『江原道の力』
1999年 カン・ジェギュ シュリ
2000年 パク・チャヌク JSA
2001年 ソン・ヘソン パイラン
2002年 イム・グォンテク 酔画仙
2003年 パク・チャヌク オールド・ボーイ
2004年 カン・ウソク シルミド
2005年 パク・チンピョ ユア・マイ・サンシャイン
2006年 キム・テヨン 家族の誕生
2007年 ホ・ジノ ハピネス
2008年 キム・ジウン グッド・バッド・ウィアード
2009年 キム・ヨンファ 国家代表!?
2010年 カン・ウソク 黒く濁る村
2011年 リュ・スンワン 生き残るための3つの取引

主演秀男優賞[編集]

開催年 受賞者名 該当出演作品
1995年 チェ・ミンス テロリスト 悲しき男に捧げる挽歌
1996年 ムン・ソングン 『つぼみ』
1997年 ハン・ソッキュ グリーンフィッシュ
1998年 パク・シニャン 『約束』
1999年 イ・ジョンジェ 『太陽はない』
2000年 ソル・ギョング ペパーミント・キャンディー
2001年 チェ・ミンシク パイラン
2002年 ソル・ギョング 公共の敵
2003年 チェ・ミンシク オールド・ボーイ
2004年 チャン・ドンゴン ブラザーフッド
2005年 ファン・ジョンミン ユア・マイ・サンシャイン
2006年 アン・ソンギ ラジオ・スター
    パク・チュンフン ラジオ・スター
2007年 ソン・ガンホ 優雅な世界
2008年 キム・ユンソク チェイサー
2009年 キム・ミョンミン 私の愛、私のそばに
2010年 チョン・ジェヨン 黒く濁る村
2011年 パク・へイル 神弓-KAMIYUMI-

主演女優賞[編集]

開催年 受賞者名 該当出演作品
1995年 キム・ヘス ドクター・ポン
パン・ウンジン 301・302
1996年 シム・ヘジン パク・ポンゴン家出事件
1997年 シン・ウンギョン 『娼』
1998年 シム・ウナ 八月のクリスマス
1999年 チョン・ドヨン 我が心のオルガン
2000年 イ・ミヨン 魚座
2001年 チャン・ジニョン 『鳥肌』
2002年 キム・ユンジン 密愛
2003年 チャン・ジニョン シングルス
2004年 イ・ナヨン 小さな恋のステップ
2005年 イ・ヨンエ 親切なクムジャさん
2006年 キム・ヘス タチャ イカサマ師
2007年 チョン・ドヨン シークレット・サンシャイン
2008年 ソン・イェジン 妻が結婚した
2009年 ハ・ジウォン 私の愛、私のそばに
2010年 ユン・ジョンヒ ポエトリー アグネスの詩
スエ ミッドナイトFM
2011年 キム・ハヌル 『ブラインド』

助演男優賞[編集]

開催年 受賞者名 該当出演作品
1995年 ホ・ジュノ テロリスト 悲しき男に捧げる挽歌
1996年 キム・ハクチョル ボーン・トゥ・キル
1997年 ソン・ガンホ ナンバー・スリー
1998年 チョン・ジニョン 『約束』
1999年 チャン・ドンゴン NOWHERE ノーウェアー
2000年 シン・ハギュン JSA
2001年 アン・ソンギ MUSA -武士-
2002年 ユ・ドングン 大変な結婚
2003年 ペク・ユンシク 地球を守れ!
2004年 チョン・ジェヨン シルミド
2005年 イム・ハリョン トンマッコルへようこそ
2006年 ビョン・ヒボン グエムル-漢江の怪物-
2007年 キム・サンホ 楽しき人生
2008年 パク・ヒスン セブンデイズ
2009年 チン・グ 母なる証明
2010年 ユ・ヘジン 黒く濁る村
2011年 リュ・スンリョン 神弓-KAMIYUMI-

助演女優賞[編集]

開催年< 受賞者名 該当出演作品
1995年 ソン・オクスク 『灼熱の屋上』
1996年 チョ・ウンスク 豚が井戸に落ちた日
1997年 チョン・ギョンスン 『娼』
1998年 ユ・ヘジョン ファースト・キス
1999年 イ・ミヨン 我が心のオルガン
2000年 ハ・ジウォン リメンバー・ミー
2001年 オ・ジヘ 『ワイキキ・ブラザース』
2002年 ソン・ユナ ジェイル・ブレーカー
2003年 カン・ヘジョン オールド・ボーイ
2004年 ヨム・ジョンア ビッグ・スウィンドル!
2005年 カン・ヘジョン トンマッコルへようこそ
2006年 チョン・ユミ 家族の誕生
2007年 ナ・ムニ 熱血男児
2008年 キム・ジヨン 私たちの生涯最高の瞬間
2009年 キム・ヘスク 渇き
2010年 ユン・ヨジョン ハウスメイド
2011年 キム・スミ 拝啓、愛しています

新人男優賞[編集]

開催年 受賞者名 該当出演作品
1995年 イ・ジョンジェ 『若い男』
1996年 パク・シニャン 『ユリ』
1997年 チャン・ドンゴン 敗者復活戦
1998年 アン・ジェウク チム〜あこがれの人〜
1999年 イ・ソンジェ アタック・ザ・ガス・ステーション!
2000年 キム・レウォン プライベートレッスン 青い体験
2001年 チャ・テヒョン 猟奇的な彼女
2002年 ファン・ジョンミン 『ロード・ムービー』
2003年 ペ・ヨンジュン スキャンダル
2004年 ジェヒ      うつせみ
2005年 チョン・ジョンミョン 台風太陽〜君がいた夏〜
2006年 リュ・ドックァン ヨコヅナ・マドンナ
2007年 ダニエル・ヘニー マイ・ファーザー
2008年 ソ・ジソプ 映画は映画だ
カン・ジファン 映画は映画だ
2009年 ヤン・イクチュン 息もできない
2010年 チェ・スンヒョン 戦火の中へ
2011年 イ・ジェフン 『見張り』(インディーズ映画からの受賞[2])

新人女優賞[編集]

開催年 受賞者名 該当出演作品
1995年 イ・ジウン 『錦紅よ錦紅よ』
1996年 イ・ジョンヒョン 『つぼみ』
イ・ヘウン 『コルセット』
1997年 チョン・ドヨン 接続 ザ・コンタクト
1998年 キム・ヨジン ディナーの後に
1999年 イ・ジェウン イエローヘア
2000年 ペ・ドゥナ ほえる犬は噛まない
2001年 イ・ヨウォン 子猫をお願い
2002年 ムン・ソリ オアシス
2003年 イム・スジョン 箪笥
2004年 スエ ファミリー
2005年 キム・ジス チャーミング・ガール
2006年 コ・アソン グエムル-漢江の怪物-
2007年 チョン・リョウォン 二つの顔の猟奇的な彼女
2008年 ハン・イェスル 用意周到ミス・シン
2009年 キム・コッピ 息もできない
パク・ボヨン 過速スキャンダル
2010年 イ・ミンジョン シラノ恋愛操作団
2011年 ムン・チェウォン 神弓-KAMIYUMI-

賞金[編集]

  • 最優秀作品賞:2000万ウォン
  • 監督賞:500万ウォン
  • 主演男優・女優賞 :各500万ウォン
  • 助演男優・女優賞:各200万ウォンなど

主催・後援[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 청룡 靑龍 【발음 : 청뇽 (発音:チョンニョン)】 NAVER 국어사전(国語辞典) 2011年8月5日閲覧。
  2. ^ 2011年度受賞作品参照KBS WORLD NEWS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]