ユ・ヒョンモク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユ・ヒョンモク
유현목
生年月日 1925年7月2日
没年月日 2009年6月28日(満83歳没)
出生地 黄海道沙里院[1]
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1956年[1] - 2009年
主な作品
誤発弾
長雨
ユ・ヒョンモク
各種表記
ハングル 유현목
漢字 兪賢穆[2]
発音: ユ・ヒョンモク
英語表記: Yu Hyun-mok[2]
テンプレートを表示

ユ・ヒョンモク(兪賢穆、유현목1925年7月2日 - 2009年6月28日[1])は、韓国の映画監督。

人物[編集]

黄海道沙里院(現在、朝鮮民主主義人民共和国黄海北道)生まれ。朝鮮戦争時、ソウルに留まる。東国大学校国文学科卒業。

1961年に『誤発弾』を発表するが、当時の韓国社会を批判したとしてほどなく上映禁止となる。朝鮮戦争時に北から逃れソウルに住みついた家庭を描いた同作は、韓国映画関係者の間で常に第1位に推される名作といわれる。その他の代表作に『長雨』、『人間の子』などがある。キム・ギヨンシン・サンオクと並んで1960年代を代表する映画監督と見なされる。

大韓民国文化芸術賞受賞。大韓民国芸術院会員。第20回大韓民国 文化芸術賞王冠賞(文化勲章)受賞。韓国映画学会会長、東国大学芸術大学長等を歴任。2005年12月には日本の東京国立近代美術館フィルムセンターでも監督特集が行われた。2007年より脳梗塞で闘病中であった。

2009年6月28日、病気のため、生涯を閉じた。83歳没。

監督作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年8月27日閲覧。
  2. ^ a b 유현목 (ユ・ヒョンモク) KMDb 2011年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]