スノーピアサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スノーピアサー
Snowpiercer
설국열차
監督 ポン・ジュノ
脚本 ポン・ジュノ
ケリー・マスターソン英語版
原案 ポン・ジュノ
原作 ジャック・ロブ英語版
バンジャマン・ルグラン
ジャン=マルク・ロシェット英語版
Le Transperceneige
製作 パク・チャヌク
イ・テホン
スティーヴン・ナム
チョン・テソン
出演者 クリス・エヴァンス
ソン・ガンホ
コ・アソン
ジェイミー・ベル
アリソン・ピル
ジョン・ハート
ティルダ・スウィントン
オクタヴィア・スペンサー
エド・ハリス
音楽 マルコ・ベルトラミ[1]
撮影 ホン・キュンピョ
編集 スティーブ・M・チェ
製作会社 モホ・フィルムズ
オーパス・ピクチャーズ
スティルキング・フィルムズ
配給 韓国の旗 CJエンターテインメント英語版
アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ビターズ・エンド / 角川映画
公開 韓国の旗 2013年8月1日
日本の旗 2014年2月7日[2]
上映時間 125分
製作国 韓国の旗 韓国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
朝鮮語
日本語
製作費 $39,200,000[3]
テンプレートを表示

スノーピアサー[2]』(英語題: Snowpiercer, 朝鮮語題: 설국열차, 漢字: 雪國列車)は、ジャック・ロブ英語版、バンジャマン・ルグラン、ジャン=マルク・ロシェット英語版によるグラフィックノベル『Le Transperceneige』を原作とした2013年韓国アメリカ合衆国フランスSFアクションスリラー映画である。監督はポン・ジュノが務め[4][5]、ポンとケリー・マスターソン英語版が共同で脚本を執筆した。出演はクリス・エヴァンスソン・ガンホコ・アソンジェイミー・ベルユエン・ブレムナージョン・ハートティルダ・スウィントンオクタヴィア・スペンサーエド・ハリスらである。ポンにとっては初めての英語作品であり、約80%が英語で撮られた[6][7]。2012年11月9日にワインスタイン・カンパニー北アメリカイギリスオーストラリアニュージーランド南アフリカ共和国での配給権を獲得した[8]

ストーリー[編集]

2031年。地球温暖化を食い止めるべく散布された化学薬品によって、全ての陸地が雪と氷に覆われてしまった世界。わずかに生き残った人類は、永久機関によって動き続ける列車「スノーピアサー」の中で暮らしていた。だがそこでは、先頭車両に住む富裕層が全てを支配し、後部車両に住む貧困層は奴隷同然の扱いを受けていた。そんな中、貧困層に生まれた男、カーティスは自分達を苦しめる理不尽な支配に立ち向かうべく、仲間と共に反乱を企てる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2004年後半、『グエムル-漢江の怪物-』のプリプロダクションをしている頃にポンはソウルのコミックショップに立ち寄り、グラフィックノベル・シリーズ『Le Transperceneige』を見つけ、そのまま全シリーズを読破した。彼は人類が生き残るために列車に乗り込み、そして各車両が社会階層で分けられているというアイデアに魅了された。ポンは映画監督のパク・チャヌクにも原作を紹介し、彼も同様に気に入った。2005年、パクの製作会社であるモホ・フィルムズはポンのためにシリーズの映画化権を獲得した[14]

撮影[編集]

主要撮影は2012年4月16日に始まり、チェコプラハバランドフ撮影所がロケ地となった[3]。2012年7月14日に撮影は完了し、韓国でポストプロダクションが始まった[3]

公開[編集]

2014年6月11日から開催される第20回ロサンゼルス映画祭のオープニング作品に選ばれた[15]

興行収入[編集]

韓国では5360万ドルを売り上げた[16]

日本での公開初週、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では初登場13位となった[17]

参考文献[編集]

  1. ^ Film Music Reporter (2012年5月4日). “Marco Beltrami to score "Snowpiercer" and "Warm Bodies"”. Film Scoring Assignments. 2012年5月7日閲覧。
  2. ^ a b ポン・ジュノ監督最新作 クリス・エバンス主演「スノーピアサー」2月公開決定”. 映画.com (2013年8月29日). 2013年8月30日閲覧。
  3. ^ a b c Noh, Jean (2012年7月17日). “Bong Joon-ho wraps Snow Piercer in Prague”. Screen International. 2012年7月30日閲覧。
  4. ^ Young-gyo, Kim (2008年5月27日). “Film adaptation of French dystopian comic to go global: Bong”. Yonhap. 2012年10月11日閲覧。
  5. ^ Weintraub, Steve (2009年10月12日). “Exclusive: Bong Joon-ho Talks About His Next Film SNOW PIERCER”. Collider.com. 2011年6月30日閲覧。
  6. ^ Paquet, Darcy (2013年4月30日). “What SNOWPIERCER Means to the Korean Film Industry: PART 1 - The summit of KOREAN Film's ambition”. Korean Cinema Today. 2013年6月7日閲覧。
  7. ^ Bechervaise, Jason (2013年4月30日). “BONG Joon-ho, Director of SNOWPIERCER: PART 2 - INTERVIEW "I wanted to make a very exciting train and sci-fi movie"”. Korean Cinema Today. 2013年6月7日閲覧。
  8. ^ Patten, Dominic (2012年11月9日). “AFM: Weinstein Co Acquires "Snow Piercer"; Thriller Stars "Avengers" Chris Evans”. Deadline.com. 2012年11月10日閲覧。
  9. ^ Kroll, Justin (2012年1月13日). “Chris Evans warms to 'Snow Piercer'”. Variety. 2012年1月16日閲覧。
  10. ^ a b Kroll, Justin (2012年1月17日). “Tilda Swinton and Jamie Bell Join Snow Piercer”. Variety. 2012年1月17日閲覧。
  11. ^ Chilton, Martin (2012年1月18日). “John Hurt: Your life is your own property”. The Telegraph. 2009年1月26日閲覧。
  12. ^ White, James (2012年2月2日). “Octavia Spencer Boards Snow Piercer”. Empire. 2012年2月8日閲覧。
  13. ^ Weintraub, Steve (2012年9月21日). “Chris Evans Talks THE ICEMAN, SNOWPIERCER, CAPTAIN AMERICA 2, THOR 2, AVENGERS, His Marvel Contract, Future Roles, More!”. Collider.com. 2012年9月22日閲覧。
  14. ^ 민병선 (2011年8月16日). “단독 프랑스 만화 각색한 ‘설국열차’ 400억대작 이끄는 봉준호 감독”. Donga Ilbo online. 2012年5月14日閲覧。
  15. ^ 'Snowpiercer' to Open the 2014 Los Angeles Film Festival”. indiewire. 2014年4月2日閲覧。
  16. ^ Stephen Cremin (2013年8月22日). “South Korean thrillers take 90% market share”. Film Business Asia. 2013年8月26日閲覧。
  17. ^ 壬生智裕(2014年2月12日)岡田准一『永遠の0』『風立ちぬ』に並ぶV8!興収70億円突破!【映画週末興行成績】、シネマトゥデイ、2014年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]