イ・ジョンヒョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イ・ジョンヒョン
이정현
이정현
別名義 AVA[1]
生年月日 1980年2月7日(34歳)
身長 158cm
血液型 O型
職業 歌手俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1996年[2] -
イ・ジョンヒョン
各種表記
ハングル 이정현
漢字 李貞賢
発音: イ・ジョンヒョン
ローマ字 Lee Jung Hyun
テンプレートを表示

イ・ジョンヒョン1980年2月7日[2] - )は、大韓民国 ソウル出身の歌手女優である。身長158cm、体重40kg、血液型O型[2]。5人姉妹の末っ子。愛称ヒョニー(hyony)

経歴[編集]

高校在学中に映画女優としてデビュー。歌手デビューもしており、韓国では「テクノの女王」とも呼ばれることがある。

日本でも放映されたドラマ『美しき日々』に出演しており、その挿入歌「Heaven」の日本語版で日本デビュー。2004年末には日本でのCDデビューからわずか2週間でNHK紅白歌合戦に出場した。

2005年は主に日本で活動(後述の項目を参照)。2006年に入ってからは日本の活動での実績に伸び悩み、ドラマ『輪舞曲―RONDO―』の出演をもって日本を離れ、活動拠点を中国に移した。10月に(本国では)約2年半ぶりとなる新作アルバムをリリース。

2008年、2006年に韓国で発売したアルバムに中国語の歌を加えたアルバムを中国でリリース。 同年、ドラマ『大王世宗』に出演するも、声帯結節でドクターストップがかかり降板。

2009年に所属していたイエダンエンターテインメントから、自身が立ち上げたAVA Films & Entertainmentに移籍。韓国名、日本語名、中国名の表記と発音が違う事から、英語名「AVA(エイヴァ)」を使いはじめる。

活動拠点を本国に戻し、5月に新作ミニアルバム『Ava Holic』をリリースした。

レディー・ガガが彼女のビデオクリップや楽曲を非常に気に入り、2009年9月にソウルで行われたコンサートでは前座として抜擢される。

2011年iPhone 4で全編撮影されたパク・チャヌク監督作品『波乱万丈』に出演し、久々に映画に復帰した。この作品は 第61回ベルリン国際映画祭の短編部門で金熊賞を受賞した。


女優としての評価[編集]

第34回大鐘賞新人女優賞・第17回青龍映画祭新人女優賞・映画評論家新人演技賞・その他多数受賞。アジア太平洋映画祭作品賞・モントリオール映画祭招請・カンヌ出品作など多数出演

歌手としての評価[編集]

ゴールデンディスク4年連続本賞・ソウル歌謡大賞4年連続本賞・KBS歌謡祭4年連続本賞・MBS本賞・SBS4年連続本賞・ゴールデンディスク人気賞・ベストドレッサー2年連続受賞・KMTV本賞・M-Net本賞・その他多数受賞

その他の活動[編集]

  • 大韓赤十字広報大使・情報通信府愛のPC分け合い広報大使・女性平和会広報大使
  • ユネスコの平和広報大使(2007年8月)[3][4]
  • AVA基金(AVA(LEE JUNG HYUN) FOUNDATION)設立

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

日本でのみの発売(尚、韓国ではシングルCDは一般的ではない)。括弧内はオリコンウィークリー最高位。

  • 2004年 『Heaven / ワ ~Come On~』 (26位)
  • 2005年 『Passion ~情熱~』 (78位)

デジタルシングル

  • 2009年 『어떻게 눈물 참는지(どのように涙を抑えることができるか)』

  韓国ドラマ「IRIS-アイリス-」の最終回にエンドロールで流され、数量限定で発売されたOSTに収録された。   この歌の採用は出演者たちが数ある候補曲から選んで決められた。

韓国
  • Special Single - V(DVD付、CJ E&M) 2013年[5]

アルバム[編集]

  • 韓国
    • 1集『Let's Go To My Star』 1999年
    • 2集『Peace』 2000年
    • 3集『Magic To Go To My Star』 2001年
    • 4集『I Love Natural』 2002年
    • Special Album『Summer Party』(VCD付) 2003年
    • 5集『Passion』 2004年
    • 6集『Fantastic Girl』 2006年
    • ミニアルバム『Avaholic』 2009年
    • 7集『007th』 2010年
  • 日本
    • DVD付きミニアルバム『WA -Come On-』(40位) 2005年
    • 『This is hyony』(210位) 2006年
  • 中国
    • 『千面女孩: Love Me』 2008年

VCD[編集]

  • Fantasia 2002年

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

来日公演歴[編集]

その他[編集]

  • 1998年中央大学校映画学科に入学を果たすも、芸能活動を優先したため休学することになり、除籍処分になってしまう。しかし2002年に再入学すると、03年度後期には優秀奨学生に選ばれ、100万ウォンの成績優秀奨学金を貰った。
  • ひとつになってに参加した当時はまだ歌手デビュー前だった。
  • デビューアルバム「Let's Go To My Star」の表題曲『ワ』等を歌った際は、マイクを左手の小指に付ける独特の方法を用いた。紅白歌合戦でもこのスタイルで出場した。千葉ロッテマリーンズ今江敏晃(過去には石井浩郎伊与田一範)の応援歌にもなっている。
  • 2000年韓国総選挙において、デビューアルバムの後続曲『パックォ』(바꿔、『変えちゃえ』)が、複数の候補者のテーマソングとしてアレンジを変更して使用された。作詞作曲を行ったチェ・ジュニョンが、イのオリジナル版以外の使用に関する権利を韓国大衆音楽作家連帯に委託したため。[1]
  • 2000年に発売されたアーケードの音楽ゲームDanceDanceRevolution 3rdMIX PLUSに「ワ」「パックォ」の2曲が収録された。(シリーズ自体の収録は3rdMIX PLUSから4thMIX PLUSまで)
  • 2004年日本の紅白歌合戦に招待された。当時、日本の放送局側は着物を着て欲しいと言ったが、イさんはこれを拒否し韓服を着て堂々と放送に出演した。これに対してイさんは「日本の放送番組の特性上、全ての出演者がキモノを着るしかない状況だった。しかし、私は最後まで韓服を着た。キモノを着て出たくなかった。私には小さな反抗だった」と発言した。[6]
  • 2005年6月には日本でも公式ファンクラブが発足。しかし、ファンミーティング等、ファンクラブとしての活動が全く行われないまま、拠点を中国へ移してしまった。
  • 2006年のヨーヨー世界大会で1位の鈴木裕之が本大会中プレイのBGMとして『ワ』を使用している。
  • 2007年に中国2008年北京オリンピックの公式テーマ曲「君を愛する心」を歌う唯一の韓国人歌手となり、選ばれた。中国の有名歌手19人とイ・ジョンヒョンが一緒に歌う。
  • 2008年2月21日、9年間通っていた中央大学校映画学科を卒業。
  • 2009年5月22日に発売されたミニアルバム「Avaholic」の製作費は5億ウォン。ミュージックビデオの振り付け師にアメリカで活躍するダンサー、Brian Friedmanを抜擢して話題に。
  • 2013年7月に発表されたSpecial Single - 『V』のミュージックビデオは、2011年に発表された『波乱万丈』のパク・チャヌク監督と弟のパク・チャンギョンが演出した。[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AVA (韓国語) 2011年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年7月18日閲覧。
  3. ^ ワウコリア(2007年8月27日)
  4. ^ KPOPニュース(2007年8月27日)
  5. ^ AVA Films & Entertainment
  6. ^ Daum(2014.08.05 13:45)
  7. ^ Kstyle(2013年07月23日)
  8. ^ innolife.net(2013年8月8日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]