今江敏晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今江 敏晃
千葉ロッテマリーンズ #8
Toshiaki Imae.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府向日市
生年月日 1983年8月26日(30歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2001年 ドラフト3位
初出場 2002年4月28日
年俸 2億円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
WBC 2006年

今江 敏晃(いまえ としあき、1983年8月26日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手)。愛称は「ゴリ」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

京都府向日市出身。中3春に全国優勝。ボーイズリーグの世界選抜として世界大会でも優勝。PL学園高で1年生時から4番に座り、2000年夏の甲子園に出場するも、3回戦で敗退。当時の同級生には朝井秀樹桜井広大小斉祐輔らがいる。また一学年上に中尾敏浩がおり、二遊間を組んでいた。高校通算本塁打は32本。

2001年のドラフト会議千葉ロッテマリーンズから3位指名を受け、入団。背番号は、かつてPL学園高出身の先輩で左の巧打者だった得津高宏が着けていた25

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2002年は入団前から期待は高く、4月30日遊撃手で一軍初スタメン出場。その後二軍落ちするが一年目から二軍のレギュラーを獲得。後半一軍に再昇格し、プロ初安打を放った。

2003年フレッシュオールスターに出場し、1-3とリードされた8回裏に1死満塁のチャンスで逆転の走者一掃の三塁打を打つ活躍で、MVPに選出された。

2004年遊撃手のレギュラーに小坂誠がいたため、強肩を生かして外野手へのコンバートを打診されたが、内野手をやりたいという自身の希望で三塁手にコンバート。6月から初芝清マット・フランコらと三塁手のレギュラーを争う活躍を見せ、6月にはプロ初本塁打を記録。しかし、投球を手に受けたこと(スイングしていたため、判定はストライク)による故障により41試合の出場に留まる。

背番号8の今江(2011年8月6日)

2005年に背番号を「ミスターロッテ」こと有藤道世が背負っていた8に変更。9番三塁手として初の開幕スタメンを果たす。三塁手としてレギュラーに定着すると、一気にチームトップとなる132試合に出場、球団史上歴代5位となるシーズン22試合連続安打を記録、8月の月間打率は4割を超え、一時は打率がリーグ1位に。その後も調子を維持し初の規定打席と3割に到達。またこの年のパリーグ最多二塁打となる35二塁打を記録。リーグ優勝時は、チームが内野手を全て使い切ったため三塁を初芝清に譲り、二塁で優勝の瞬間を迎えた。日本シリーズでは、第1戦・第2戦で8打席連続安打、シリーズ打率.667と新記録を達成し、日本シリーズMVPにも選出される。こうした活躍を高く評価され、三塁手部門のベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞。

2006年WBC日本代表に選出され、5試合に出場し4打点を挙げ、世界一に貢献。シーズンでは前半は2番に起用されることが多かったが、調子の波が激しく打撃が安定しなかった。三塁のレギュラーは守ったものの結局最後まで不調に終わり、打率を大きく下げた。最後のパリーグ東西対抗にて3ランを含む3安打でMVPとなる。この年も連続でゴールデングラブ賞を受賞(2回目)。

2007年は5月に左手有鈎骨を骨折したのもあり、前年同様の打撃不振に陥り打率.249とさらに下げた。打順はほとんど8番か9番。また、故障により守備面でも不安があり堀幸一青野毅にポジションを譲ることもあったが、ゴールデングラブ賞を3年連続で受賞。

2008年は前2シーズンと打って変わって打撃好調を維持し、9月7日までに打率.309、12本塁打、55打点を挙げるものの、同日の対ソフトバンク戦で水田章雄より右上腕へ死球を受け右尺骨骨折し、登録抹消。結局一軍復帰を果たせぬままシーズン終了となった。また、この年は本塁打も2ケタを記録するなど打撃は好調だったものの守備では若干成績を落とし、特に補殺と併殺参加数は前シーズンまでと比べて少なかった(併殺参加数は2006年はリーグトップの24個だったがこの年はリーグ最少の4個しか記録できず。ワースト2位の草野大輔も13個記録していることからも少なさが分かる)。ゴールデングラブ賞を4年連続で受賞。

2009年7月5日西村徳文コーチがボビー・バレンタイン監督よりスタメンを告げられる際に、本来三塁で先発出場する予定だった今江の愛称である「ゴリ」と「」を聞きまちがえてしまい、堀幸一が2年ぶりにスタメン三塁で出場する珍事があった。結局堀は第1打席で犠牲フライを放ったのち、3回表の守備より今江と交代した。チーム4位の60打点を記録したものの、打率は.247と低調に終わり、2005年から受賞していたゴールデングラブ賞は小谷野栄一に譲ってしまった。

2010年はシーズン序盤は9番打者であったが、荻野貴司の故障後は2番に抜擢され、自己最多(リーグ3位)の犠打数を残した。シーズン終盤は清田育宏が2番に定着すると、5番や6番を任された。打率はリーグでも3位の.331と好調、本塁打を除いて自己最高のシーズンを送り、チームのクライマックスシリーズ進出にも貢献した。日本シリーズでも打率.444を記録し、2度目の日本シリーズMVPを獲得した。

2012年は、チームの主将に就任する[1]


2013年は主将の座を岡田幸文に譲った。5月15日巨人戦ではプロ入り後初の4番打者に入ると、そこからは4番に定着。本塁打こそ年間10本とクリーンアップとしては少なかったが、打率は.325パ・リーグ2位、守備率も三塁手リーグ1位の.969を記録し、攻守にわたりチームのクライマックスシリーズ進出に大きく貢献した。

プレースタイル[編集]

打席に立つ今江
(2010年10月13日、東京ドームにて)

広角にライナー性の強い打球を放つ打撃を持ち味とし[2]、2008年にはボール球スイング率36.6パーセント、翌2009年には同43.2パーセントを記録するなどボール球でも強引に振りにいく積極的な打撃を見せる[3]。走塁面では盗塁の試行数は多くないものの、右打者ながら一塁到達まで3.85秒を記録するなど全力疾走を怠らない[4]

守備では主に三塁手として起用され、2005年シーズン中盤まで、半身に構える独特のスタンスで守備に就いていた。三塁守備は打球反応や出足の速さ、グラブ捌き、スローイングのいずれも高いレベルにあり[2]、ライナー性の打球やフライに強く[5]、2005年から4年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。

人物[編集]

  • 2004年に10歳年上の女性と結婚し、翌年10月のプレーオフ開催中に第1子が誕生した。
  • 2005年シーズンには一時首位打者争いをするなど頭角を表す。西岡剛と共に「ボビーチルドレン」と呼ばれた。
  • 2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ヌ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。
    • 2006年シーズンの一時期、登場曲にえちうらの「曖昧な態度やめて」とともに「ワ」を使っていた。

エピソード[編集]

  • 2005年の日本シリーズで本塁打を打った際、そのボールはレフトの阪神サイドへ。試合後、取ったというファンからボールを返してもらった。この行為に本人は人目をはばからず号泣。「明日以降も頑張ります!」と宣言し、その後もシリーズ男として八面六臂の大活躍を見せた。
  • ゴリという愛称からかファンからバナナがプレゼントされた。しかし、今江の好物はソーセージであり、公式サイトの好きな食べ物の欄にソーセージと書くほどである(千葉マリンスタジアムで販売されるマッチカードプログラムの4コマ漫画でもネタにされた)。
    • ちなみに2005年オフに『関口宏の東京フレンドパークII』に出演した際、番組内で行われたアーケードゲームの「バナナシューター」に挑戦し、ゲームで使用するバナナのぬいぐるみをゲーム終了後に持ち帰っていた。
    • 2008年シーズンは故障でファーム調整に入った後、“クライマックスシリーズに一緒に行こう!”と、本人と同じ背番号のユニフォーム・同じリストバンドを着けさせ、サングラスを掛けさせたゴリラのぬいぐるみが“本人代理”としてベンチに同席した。
  • オフのゴルフコンペの際、「来年の目標は?」と聞かれ「首位打者を獲りたいです」と発言。そのコンペに参加していた先代背番号8の有藤道世に「『獲りたい』じゃないだろう。『獲る』と言えや!」と一喝された。
  • 福岡ソフトバンク神内靖投手とは同級生で京都のリトル・リーグ時代から対戦しており現在も交友がある。ちなみにプロ野球選手として初めての対戦となった試合で、今江は神内からプロ入り一号本塁打を放っている。余談だが、この時、今江は骨折からの復帰戦で放った本塁打であり、当時交際していた現在の夫人へとそのボールを渡そうとしていた為、様々な手を尽くしてそのボールを得たという。
  • 2006年ワールド・ベースボール・クラシックの二次予選・韓国戦でセンター金城龍彦からの返球を落としてしまい、さらに「落としていない」とアピールする間にバッターランナーに二塁への進塁を許してしまった(記録にはエラーはついていない)。結果的にこのアピールによって決勝点を挙げられ、「もう日本に帰っても生きていけない」と考えるほどに思いつめたという。しかし決勝では2点タイムリーを放った。
  • そのWBCでチームメイトだった岩村明憲メジャーリーグに移籍する際、アメリカの公式サイトにて写真が岩村ではなく今江だった、という事件が起きた。偶然にも、マリーンズの三塁手の前任者・初芝清にも同様の事件が起きている(アメリカのスポーツニュース番組でイチローの紹介があった時の顔写真が初芝だった)。
  • 2006年12月28日の契約更改時、当初は「推定300万増の年俸5800万円」と報道された。しかし翌日、今江自身が「300万アップではなく、1000万アップ」と異例の修正コメントを提出。増額公開の理由は「これだけ貰う選手である、というプライドがある。そして球団に評価して貰ったということを伝えたかった」と表明した。
  • シアトル・マリナーズイチローの大ファンであり、イチロー本人の前で当時、福岡ソフトバンクに所属していた川崎宗則(川崎もイチローの大ファンである)と「イチローカルトクイズ」勝負をした。またWBC期間中にイチローが所有しているアリゾナ州の別宅に招待された際、「どちらがイチローさんの車の助手席に乗るか」ということで川崎とじゃんけんになった(『ジャンクSPORTS』内での発言)。同番組で夫人が登場した際、彼が試合のチャンスで打てずに帰宅した後、一人部屋で泣いていることなどを暴露されていた。
  • 京成バス幕張本郷駅千葉マリンスタジアム間路線でのロッテ選手音声による自動放送車内アナウンスが流されており、そのうち今江は「皆が気持ちよく利用出来るよう、空き缶、新聞・雑誌は車内に置き去らず、持ち帰って」といった内容を担当している。
  • ピアノが上手で、母校の卒業式に訪れ今江がピアノを弾くケースもある。
  • 千葉県内の児童養護施設に訪問し子ども達と触れ合っている。
  • 2006年6月11日に行われた読売ジャイアンツ戦(千葉マリンスタジアム)で、3回表、ロッテ先発渡辺俊介から李承燁がライトスタンドへ本塁打を打ったものの、今江が走者であった小関竜也の三塁ベースの踏み忘れを指摘し、三塁塁審の西本欣司により得点を取り消されてスリーアウトチェンジとなり、打った李承燁は、単打扱いとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 ロッテ 15 25 25 0 5 3 0 0 8 2 0 0 0 0 0 0 0 7 1 .200 .200 .320 .520
2003 5 6 6 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .333 .333 .500 .833
2004 41 149 136 12 35 8 2 1 50 18 0 1 3 2 5 0 3 21 1 .257 .295 .368 .663
2005 132 501 461 58 143 35 3 8 208 71 4 1 10 5 22 4 11 62 16 .310 .353 .451 .804
2006 126 489 457 49 122 25 2 9 178 47 3 2 11 3 17 0 1 74 9 .267 .293 .389 .682
2007 102 338 305 32 76 14 2 9 121 42 0 0 12 4 13 1 3 55 9 .249 .283 .397 .680
2008 117 450 405 57 125 37 4 12 206 55 3 1 14 6 19 1 6 48 7 .309 .344 .509 .853
2009 113 441 409 35 101 19 2 9 151 60 2 3 12 2 12 0 6 60 17 .247 .277 .369 .646
2010 140 596 531 74 176 37 1 10 245 77 8 3 30 5 22 0 8 66 10 .331 .364 .461 .825
2011 134 543 499 53 134 30 1 8 190 51 2 1 10 6 20 0 8 48 13 .269 .304 .381 .685
2012 136 501 446 45 113 21 3 6 158 47 0 3 23 8 19 0 5 37 15 .253 .287 .354 .641
2013 132 551 508 44 165 26 0 10 221 74 5 2 2 11 26 2 4 45 12 .325 .355 .435 .790
通算:12年 1193 4598 4188 459 1197 256 20 82 1739 545 27 17 127 52 175 8 55 525 109 .286 .319 .415 .738
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2002 2 0 0 0 0 ---- 9 5 9 1 0 .933 4 1 3 1 0 .800
2003 1 0 0 0 0 ---- 2 1 1 0 0 1.000 -
2004 - 41 32 55 3 4 .967 -
2005 1 0 1 0 0 1.000 132 99 264 9 24 .976 -
2006 - 125 78 225 12 24 .962 -
2007 - 99 64 183 5 6 .980 -
2008 - 117 98 174 6 4 .978 -
2009 - 111 86 185 9 13 .968 -
2010 - 137 125 257 17 28 .957 -
2011 - 127 91 200 6 9 .980 -
2012 - 134 106 209 11 10 .966 -
2013 - 130 83 202 9 19 .969 -
通算 4 0 1 0 0 1.000 1045 770 1790 82 137 .969 4 1 3 1 0 .800
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
日本シリーズ記録
  • 初打席本塁打:2005年10月22日、対阪神タイガース1回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏に井川慶から左越先制ソロ ※史上13人目
  • 最多連続打席安打:8本(2005年10月22日 - 23日)
  • 最多連続打数安打:8本(2005年10月22日 - 23日)
  • 1試合最多安打:4本(史上20人目22、23回目)(2005年10月22、23日)

背番号[編集]

  • 25 (2002年 - 2004年)
  • 8 (2005年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 今江が新主将に就任 PL主将時代のトラウマと決別”. スポニチ Sponichi Annex (2012年2月1日). 2012年2月6日閲覧。
  2. ^ a b 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、114-115頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  3. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、132頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  4. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクトムック、2010年、422頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  5. ^ Baseball Lab守備評価~Third Baseman」 SMR Baseball Lab(2011年1月20日)、2011年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]