NHKホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHKホール
NHK Hall
NHKホール
情報
通称 NHKホール
正式名称 NHKホール
完成 1972年11月
開館 1973年6月20日
開館公演 ラインベルガーオルガン演奏会
収容人員 3,800人
客席数 3,601席
(3階席の最後列は立見席にすることも可能)※パイプ椅子が設置されることもある
延床面積 6,900m²
設備 (ホール内)オーケストラピット、パイプオルガン、副調整室
(ロビー)軽食・喫茶など
用途 NHKの公開番組の収録、クラシックコンサートNHK交響楽団)、音楽コンサート全般、古典芸能、講演など
運営 NHKサービスセンター
(ホール支配人:川端義明
所在地 150-8001
東京都渋谷区神南2丁目2番1号
位置
アクセス JR原宿駅地下鉄千代田線明治神宮前駅から徒歩10分
渋谷駅・地下鉄千代田線代々木公園駅からは徒歩15分
渋谷駅より京王バス東 NHKスタジオパーク行き直行バスも運行(渋谷マークシティ前、2番乗り場)
公式サイト NHKホール
テンプレートを表示

NHKホール(エヌエイチケイホール、英称:NHK Hall)は、東京都渋谷区にある多目的ホール。建築設計は日建設計1972年昭和47年)11月に完成、1973年(昭和48年)6月20日に運用開始(テレビの公開録画では、それ以前から既に使用開始)した。現在のものは2代目で、初代NHKホールはNHK東京放送会館内に存在していた。日本放送協会(NHK)の関連法人であるNHKサービスセンター(登記上は財団法人エヌエイチケイサービスセンター)が運営を行っている。

NHK交響楽団(N響)の本拠地となっているホールでもある。

概要[編集]

東京都渋谷区神南のNHK放送センター内に所在し、NHKの公開放送番組の収録や生放送をはじめ、NHK交響楽団の定期演奏会、その他クラシックオペラバレエポップスなど各種コンサート古典芸能の上演、講演会、国際会議、各種式典等に幅広く使用されている。

3,500人以上収容できるホールでありながら、ステージと客席との距離が近くに感じることができるのが特徴。

下手席との客席の壁にカール・シュッケ社製のパイプオルガンが設置されている。パイプ数7,640本、ストップ数92で、完成当時は日本最大のパイプオルガンであった。

多目的ホールであるため、クラシックの演奏には音響上不利であるとされ、東京にクラシック音楽向けのホールが多く整備された現在では、NHK交響楽団の演奏会のほか、オペラの「引越し公演」で利用されることが多い。

なお、内幸町に放送拠点を置いていた1973年(昭和48年)以前には、NHK東京放送会館に隣接して「NHKホール」(1955年完成)が存在した。クラシック音楽番組『立体音楽堂』や『歌のグランド・ショー』などの生放送に使われたが、『NHK紅白歌合戦』の会場に使うには手狭であったため、内幸町に程近い有楽町東京宝塚劇場などから放送していた。

2000年代以降では、NHKで多発した不祥事に端を発し、NHK受信料の支払い拒否が増加していたことから、2005年度以降は一部番組において、受信料を払っている視聴者に限定した番組観覧募集も行われるようになった(申し込みには契約者番号提示を要する。例:『NHK歌謡コンサート』、『BS永遠の音楽大全集』、『NHK紅白歌合戦』など)。

また、2005年度から「NHK改革」により歌謡・芸能番組の予算が削減され、将来的には公開番組の本数が削減されるものと見られる。

NHKホールと同じくNHKが所有するホール施設として、NHK大阪ホールNHK大阪放送会館に併設、2001年オープン。NHKプラネット近畿総支社が運営)がある。

2007年平成19年)からは「携帯電話の着信音等による収録妨害」に対応する為、携帯電話に対して、ジャミング通信機能抑止装置)を稼働させており、NHKホールの客席においては、携帯電話・スマートフォンの電話や電子メールなどの通信機器での通信は一切不可能である[1]

データ[編集]

  • 名称:NHKホール
  • 建築面積:6,900m² 地上6階、地下2階
  • 総座席数:3,601席(1階1,091席、2階1,335席、3階1,175席)
  • 舞台:スライディングステージ1基、小迫り3基
  • パイプオルガン:パイプ=7,640本、ストップ=92 (ベルリン、カール・シュッケ社製)
  • 残響時間:1.6秒(満席時)

略史[編集]

旧NHKホール(内幸町)時代(1955年 - 1972年)
1955年 - 東京都千代田区内幸町のNHK東京放送会館隣にNHKホール(旧)完成。
現NHKホールの歴史(1973年 - )
1972年 - 渋谷区神南に移転したNHK放送センター隣に現在のNHKホールが完成。
1973年6月20日 - 新生NHKホールが開館。杮落とし公演はラインベルガーオルガン演奏会。
1973年6月27日 - NHK交響楽団による落成記念公演。(ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮で第九
1973年12月31日 - NHKホールで初めての紅白歌合戦生放送。
1974年8月 - NHKホール見学公開を開始。
1975年4月5日 - 日本初の引退興行、ザ・ピーナッツ さよなら公演高橋圭三司会)
1989年 - 座席を現行のデザインとほぼ同じのものに取り換える。2008年まで使われた。
1992年5月9日 - NHKホールの入場者が1500万人を突破。
1993年 - 開館20周年記念公演、特別番組
2002年2月6日 - NHKホールの入場者が2000万人を突破。
2008年9月12日 - 老朽化対策及び安全対策工事完了。エントランス及び外壁の補修、照明・吊り装置等舞台制作設備の更新、客席椅子全交換を含む観客サービスの向上化が図られる。これにより1階オーケストラピット席と3階席の席幅が1,2階席と同等となり、客席数が3,742席から3,601席となる。

生放送および収録している番組[編集]

歌謡曲・ポップス[編集]

クラシック・オペラ・室内楽[編集]

コンクール・コンテスト[編集]

その他[編集]

観覧方法[編集]

  • 往復はがきで必要事項を記入し、NHK公開番組の担当係宛郵送する。詳細は、NHKイベント情報のサイトで確認されたい。
  • 抽選で当選者を決め、当選者には入場整理券、落選者にも落選通知が返送される。また、一部の番組ではNHK受信料支払者に限定して観覧者募集(例としてNHK紅白歌合戦など)を実施している。
    • なお、一部番組の観覧募集においては往復はがきに代わる新応募方法として、NHKネットクラブからのWeb応募を採用している。応募にあたってはNHKネットクラブの番号入力が求められるものが多い。
    • 更に「MUSIC JAPAN」および「ザ少年倶楽部」では、2010年(平成22年)12月公開分より「NHKネットクラブ」の「プレミアム会員」のみに応募が限定されている。

過去に収録された番組・行われたイベント等[編集]

公開番組[編集]

など

非公開番組[編集]

トピックス[編集]

  • 2011年5月22日に行われたTHE ALFEE全国ツアー「THE ALFEE Neo Universe 2011 I Love You」の東京公演で、同バンドが同一ホールでの公演回数55回を記録。本ホールにおけるロックバンドの公演では最多記録となった[3]

ギャラリー[編集]

NHKホール周辺にある施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平野亜矢 (2007年1月9日). “あえて“圏外”を作る「NHKホールの携帯電話抑止装置」”. 日経パソコン (日経BP). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070109/258281/ 2011年11月5日閲覧。 
  2. ^ 2014年度より原則毎月第4週はNHK大阪ホールからの生放送となっている。
  3. ^ “アルフィー NHKホール"最多"55回目ライブ”. スポーツニッポン. (2011年5月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/23/kiji/K20110523000874020.html 

外部リンク[編集]