NHK函館放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK函館放送局
NHK logo.svg
NHK-Hakodate-01.jpg
NHK函館放送会館
放送対象地域 北海道渡島、檜山地方
所在地 040-8680
北海道函館市千歳町13番1号
公式サイト
総合テレビ
コールサイン JOVK-DTV
デジタル親局 函館 18ch (キーID3)
アナログ親局 函館 4ch
Eテレ
コールサイン JOVB-DTV
デジタル親局 函館 14ch (キーID 2)
アナログ親局 函館 10ch
ラジオ第1
コールサイン JOVK
親局 函館 675kHz
ラジオ第2
コールサイン JOVB
親局 函館 1467kHz
FM
コールサイン JOVK-FM
親局 函館 87.0MHz
主な中継局
アナログテレビ
#チャンネル・周波数参照
デジタルテレビ
渡島:総合18ch
ラジオ
#チャンネル・周波数参照
テンプレートを表示

NHK函館放送局(エヌエイチケイはこだてほうそうきょく)は、北海道渡島管内檜山管内放送対象地域とするNHKの地方放送局。総合テレビラジオ第1放送で地域放送を行っている。

放送局概要[編集]

  • 所在地:函館市千歳町13番1号(郵便番号040-8680)

放送対象地域のうち、渡島総合振興局北部の森町八雲町には函館放送局管轄の総合テレビ単独の中継局(アナログ放送)が設置されているが、函館市北部(旧南茅部町)以北の内浦湾に面した地域では室蘭放送局室蘭市測量山)の電波を受信している世帯が多い(送信所の設置場所が異なるため)。

ただ、これらの地域で地上デジタル放送が開局する際には、函館放送局の電波が室蘭市測量山に向いているUHFアンテナでそのままで受信できるよう、室蘭市測量山にNHK単独の「渡島中継局」として函館放送局のデジタル総合テレビ中継局が設置された[1]。ただし、アナログ総合テレビとは異なり、受信範囲を渡島地方に収まるようにするため送信アンテナに指向性が掛けられるが、送信アンテナの性質上、物理的には長万部町に隣接する後志管内黒松内町や胆振管内豊浦町、送信所に近い室蘭市の一部地域でも受信可能となっている。[2]

胆振管内の一部地域ではエリアから若干外れていてもパラスタックアンテナ(30素子)使用で受信できる可能性もあるが、アンテナレベルが低い場合は函館局のデジタル総合テレビが視聴できない場合がある。この場合、デジタル総合テレビは室蘭局のみの受信となる。また、この渡島中継局の開局により、渡島・桧山地方で唯一視聴困難とされていた長万部町でも函館局のデジタル総合テレビを視聴できるようになった(長万部町では室蘭局のデジタル総合テレビも受信可能)。

NHK拠点局以外では初めてNHK教育テレビジョンを開局した。

チャンネル・周波数[編集]

函館山テレビ放送所
亀田ラジオ放送所
  • テレビ(総合・Eテレ)・ラジオ(FM)送信所:函館市函館山山頂(函館山テレビ放送所)
  • ラジオ(第1・第2)送信所:函館市富岡町三丁目(亀田ラジオ放送所)

地上デジタル放送[編集]

地上デジタル放送にもコールサインが付与されたため、函館送信所は函館放送局の親局となる。
2007年8月30日13時に試験放送開始。10月1日より函館送信所と渡島中継局で本放送開始。

  • 函館 既存の施設をそのまま使用。指向性が掛けられている。
    • 総合テレビ(JOVK-DTV):18ch 出力1kW(リモコンキーID:「3」
    • Eテレ(JOVB-DTV):14ch 出力1kW(リモコンキーID:「2」
  • 渡島中継局(室蘭市測量山)既存の室蘭放送局アナログテレビ・FM放送の施設をそのまま使用。
    • 総合テレビ 29ch 出力500W
      • 開局当初は18chで放送されていたが、受信状況改善のため2013年8月19日から10月15日にかけて物理チャンネルの変更作業が行われ、現在のチャンネルとなっている[3]
    • 渡島中継局は、松江放送局アナログテレビ・FM送信所(枕木山)に併設されている鳥取放送局米子総合テレビ中継局、岡山放送局テレビ・FM送信所(金甲山)に併設されている高松放送局北讃岐中継局と同様の区域外送信となる。
    • 指向性が掛けられていない室蘭放送局のデジタルEテレと民放各局(室蘭局送出)は、渡島中継局に向いているアンテナで受信可能。
その他の中継局
  • 大沼 総合40ch Eテレ42ch 出力3W 2008年11月17日開局
  • 江差 総合31ch Eテレ13ch 出力10W 2008年12月19日開局
  • 奥尻大成 総合18ch Eテレ14ch 出力10W 2008年12月25日開局
  • 厚沢部 総合42ch Eテレ46ch 出力1W 2009年3月5日開局
  • 江差新栄 総合43ch Eテレ48ch 出力0.1W 2009年12月1日開局
  • 江差円山 総合43ch Eテレ48ch 出力0.05W 2009年12月1日開局
  • 北檜山 総合45ch Eテレ42ch 出力10W 2009年12月1日開局
  • 渡島福島 総合46ch Eテレ42ch 出力1W 2009年12月24日開局
  • 白符 総合18ch Eテレ14ch 出力1W 2009年12月24日開局
  • 今金住中 総合48ch Eテレ30ch 出力0.05W 2010年11月30日開局
  • 松前 総合18ch Eテレ14ch 出力1W 2010年11月30日開局
  • 知内小谷石 総合29ch Eテレ31ch 出力0.01W 2010年11月30日開局
  • 江差鰔川 総合43ch Eテレ35ch 出力0.1W 2010年11月30日開局
  • 函館蛾眉野 総合29ch 教育31ch 出力0.01W 2010年12月24日開局

※2010年12月24日の函館蛾眉野局の開局をもって渡島・檜山管内のデジタル中継局の整備が完了した。一方、アナログで開局している日浦局・古武井局・尻岸内局・札前局・江良局・江差南が丘局・椴法華局・森町局・八雲局はそれぞれ函館送信所、渡島中継局(室蘭市)、江差テレビ中継所、奥尻大成テレビ中継局および有線放送でカバーできるため、江良局は2010年11月15日の停波をもって廃局(2011年4月26日の第1142回NHK経営委員会の資料より)となり、その他の中継局についても2011年7月24日の停波をもって運用を終えた。

アナログテレビ放送[編集]

※は、デジタル局が置局されないため2011年7月24日の停波をもって運用を終えた中継局。

総合テレビ(JOVK-TV)[編集]

中継局

Eテレ(JOVB-TV)[編集]

中継局

ラジオ第1放送(JOVK)[編集]

中継局

ラジオ第2放送(JOVB)[編集]

中継局
  • 江差 1359kHz 100W(かつて、1955年11月から1957年12月まで、呼出符号JOVZを付与されていた)
  • 今金(北桧山) 1539kHz 100W

FM放送(JOVK-FM)[編集]

中継局

主な函館局制作番組[編集]

総合テレビ[編集]

ラジオ第1放送[編集]

  • 北海道まるごとラジオ どどんと道南(毎週第2木曜 17:00 - 18:00)
  • ニュース・気象情報 (月曜 - 金曜 12:18 - 12:20、18:56 - 19:00)

過去に制作された番組[編集]

  • イブニングネットワーク函館(月曜~金曜 18:45 - 19:00)
  • はこだて630(金曜 18:30 - 19:00)
  • 道南645(2007年度まで、月曜~木曜 18:45 - 19:00)
  • 道南ニュースぱれっと(2007年度まで、金曜 18:30 - 19:00)
  • まるごとニュース北海道 はこだて(月曜 - 金曜 18:45 - 19:00)
  • ネットワークニュース北海道 はこだて(月曜~金曜 18:45 - 19:00)
  • ウィークエンド道南(2009年度まで金曜 15:55 - 16:00)
  • ほっからんど函館(2009年度まで月曜 - 金曜 11:50 - 11:54)

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

隣接地域のNHK放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 送信施設・鉄塔は室蘭放送局所有の物を使用。詳細は不明であるが、放送波の伝送は函館局からTTL回線を通じて基地局経由で測量山に送られているものと思われる。
  2. ^ 地上デジタルテレビ放送中継局の開局時期について 総務省北海道総合通信局 報道資料 2006年10月24日
  3. ^ “地デジ中継局のチャンネル変更について - 渡島中継局のチャンネルの一部を変更 -” (プレスリリース), 北海道総合通信局, (2013年7月1日), http://www.soumu.go.jp/soutsu/hokkaido/2013/0701.html 2014年1月18日閲覧。 
  4. ^ 以前は1026kHz/100Wであったが、混信対策により、平成15年3月7日に792kHz/300Wに周波数変更・増力し、更に翌年3月にも同周波数で500Wに増力した。
  5. ^ かつては、1953年3月から1958年3月まで呼出符号JOVQを付与されていた。その後、呼出符号JOVQは、1972年5月15日(沖縄の本土復帰日)から1976年12月21日までJOVQ-TVとしてNHK沖縄放送局宮古放送局(テレビジョンのみ)に再び付与された。
  6. ^ ただし、かつては、オープニングでのMCのアナウンスとコーナー項目のクレジットは「きらり道南」だった。

外部リンク[編集]