NHK北見放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK北見放送局
NHK logo.svg
NHK KITAMI.jpg
NHK北見放送局
所在地 090-0035
北海道北見市北斗町2丁目3番24号
公式サイト
総合テレビ
放送対象地域 北海道網走地方
コールサイン JOKP-DTV
デジタル親局 網走 18ch (キーID3)
アナログ親局 網走 3ch
Eテレ
放送対象地域 同上
コールサイン JOKD-DTV
デジタル親局 網走 13ch (キーID 2)
アナログ親局 網走 12ch
ラジオ第1
放送対象地域 同上
コールサイン JOKP
親局 網走 1188kHz
ラジオ第2
放送対象地域 同上
コールサイン JOKD
親局 網走 702kHz
FM
コールサイン JOKP-FM
親局 網走 86.0MHz
主な中継局
アナログテレビ
#チャンネル・周波数参照

デジタルテレビ
北見:総合30ch・教育23ch

置戸:総合45ch・教育37ch
ラジオ
#チャンネル・周波数参照
テンプレートを表示

NHK北見放送局(エヌエイチケイきたみほうそうきょく)は、北海道オホーツク総合振興局管内を放送対象地域とするNHKの放送局。テレビとラジオで地域放送を行っている。

放送局概要[編集]

NHKの中で日本最北端に位置する放送局であり、民放を含めた全放送局の中でもコールサイン及び番組制作機能を有する日本最北端の放送局である。

オホーツク海沿岸一帯がエリアとなっている。放送局はオホーツク管内の最大都市・北見市にあるものの、親局となる送信所はオホーツク総合振興局所在地・網走市にある。

1988年(昭和63年)に出された合理化案には、北見放送局を支局として、旭川放送局に統合するという案が出されていた。また、同時に帯広放送局を釧路放送局に、室蘭放送局を札幌放送局に統合する案もあった。

当局の緯度は北緯43度48分40秒であるため日本最北端の放送局であるが、当局に次いで高緯度に位置する旭川放送局の緯度は北緯43度46分17秒であり、当局の緯度との差は2分23秒、長さにして4.4kmほどしかない。

また、NHK総合テレビを放送している51放送局のうち最も放送対象地域内の人口は少ない放送局である。

所在地
北海道北見市北斗町2丁目3番24号
コールサイン
  • 総合テレビ・ラジオ第1・FM:JOKP(-DTV、-FM)
  • Eテレ・ラジオ第2:JOKD(-DTV)

チャンネル・周波数[編集]

網走市の基幹送信所所在地[編集]

デジタルテレビ(網走局)、アナログテレビ・FM(北見局)
網走市天都山
ラジオ第1・第2(北見局)
網走市呼人(大観山)
補足
  • 地上デジタルテレビジョン放送は2011年7月24日でその役割を終えたアナログ放送の施設をそのまま活用し、送信アンテナとデジタル放送設備のみ新設。
  • 地上デジタルテレビジョン放送にはコールサインが付与されたため、北見放送局の親局となる。
  • FM放送、ラジオ放送の基幹送信所は、網走市に所在するにもかかわらず、北見局と称している。かつてのアナログテレビ放送も同様であった。これは、北見放送局の親局という位置づけのためである。また、北見市に所在する中継局は、新北見局と称している。このような呼称はNHKのみ。
  • 地上デジタル放送の送信所については民放と同様に、網走市の親局は網走局、北見市の中継局は北見局と称している。

テレビ[編集]

局名 デジタル アナログ
2011年7月24日停波時点
総合ch
ID:3)
Eテレch
(ID:2)
空中線電力 放送開始日 総合ch Eテレch 映像空中線電力
網走(網走市)
(アナログは北見)
18 13 1kW 2007年10月1日 3 12 1kW
北見(北見市)
(アナログは新北見)
30 23 50W 9 2 75W
置戸 45 37 300mW 2008年3月31日 52 50 3W
遠軽 30 23 10W 2009年1月16日 2[1] 10 100W
紋別 10W 45 47 100W
佐呂間 15 23 1W 2009年3月16日 52 50 10W
佐呂間知来 1W 45 47 10W
若佐 18 13 300mW 44 46 3W
訓子府 15 49 100mW 2009年9月1日 44 46 1W
留辺蘂 15 37 1W 2009年10月13日 48 45 10W
丸瀬布 45 42 3W 2009年12月11日 53 51 30W
津別 39 23 300mW 2009年12月14日 52 50 3W
滝上 18 13 5W 2009年12月24日 4 12 30W
興部 15 21 300mW 2010年10月1日 51 49 3W
常呂 40 37 10mW 2010年12月24日 51 59 100mW
北見若葉 15 49 10mW 44 38 100mW
網走新町 42 39 10mW 52 60 100mW
生田原 2010年3月[2] 9 11 100mW
網走鉄南 アナログ放送終了とともに廃止[3] 51 59 100mW
芭露 53 51 3W
中渚滑 57 49 100mW
西興部 6 10 1W

オホーツク管内のデジタル送信所・中継局の整備は当初計画分については上表の分をもって完了。

ラジオ[編集]

局名 AM FM
第1周波数
(kHz)
第2周波数
(kHz)
空中線電力 周波数
(MHz)
空中線電力
北見(網走市) 1188 702 10kW 86.0 250W
新北見(北見市) 1584 - 100W 84.5 100W
遠軽 1026 1539 100W 83.8 100W
丸瀬布 84.5 10W
紋別 85.1 100W
滝上 83.6 10W

報道室[編集]

主な北見局制作番組[編集]

過去の制作番組[編集]

2008年4月から放送開始。1997年ころまでは「ほっからんど北見」として上記の時間帯に放送を行っていた。その後、上記の時間帯は札幌放送局と同時放送を実施していた。実質、11:50 - 11:54の時間帯による北見放送局制作の番組は10年ぶりの復活といえる。

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 道内唯一。
  2. ^ アナログ中継局は直接受信している世帯が皆無となったことから2009年11月16日で廃局となったが、自治体の辺地共聴施設整備事業によりその後いわゆる「ギャップフィラー方式」のデジタル中継局が開局。ただし、偏波面は垂直偏波。
  3. ^ 当初開局予定だった芭露はケーブルを通じた有線放送に移行。網走鉄南・西興部・紋別中渚滑は非該当のため(網走鉄南は親局で、紋別中渚滑は紋別中継局でそれぞれカバーできるため置局不要となった)。なお、西興部中継局は全世帯が有線放送に移行し、直接受信している世帯が皆無となったため、2010年5月31日をもって廃局(2011年4月26日開催の第1142回NHK経営委員会の資料より)。

外部リンク[編集]