NHK神戸放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK神戸放送局
NHK logo.svg
NHK神戸放送局.jpg
震災から10年で再建されたNHK神戸放送局
所在地 650-8515
兵庫県神戸市中央区中山手通二丁目24番7号
公式サイト
総合テレビ
放送対象地域 兵庫県
コールサイン JOPP-DTV
デジタル親局 神戸 22ch (キーID1)
Eテレ
放送対象地域 全国放送
大阪放送局管轄)
デジタル親局 神戸 (大阪局の中継局)13ch (キーID 2)
ラジオ第1
放送対象地域 近畿広域圏
(大阪放送局管轄)
親局 神戸 (大阪)666kHz
ラジオ第2
放送対象地域 全国放送
(大阪放送局管轄)
親局 神戸 (大阪)828kHz
FM
コールサイン JOPP-FM
親局 神戸 86.5MHz
主な中継局
ラジオ
○第1放送
 豊岡 1161kHz
 香住 1584kHz
○第2放送
 豊岡 1539kHz
○FM放送
 姫路 84.2MHz
 香住 83.2MHz
 氷上 88.6MHz
テンプレートを表示

NHK神戸放送局(エヌエイチケイこうべほうそうきょく)は、兵庫県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地方放送局総合テレビFM放送県域放送を行っている。

沿革[編集]

  • 1925年7月 - 社団法人大阪放送局神戸出張所開設[1]
  • 1926年8月 - 社団法人日本放送協会設立に伴い日本放送協会関西支部神戸出張所に改称(社団法人大阪放送局は解散)。
  • 1934年5月 - 大阪中央放送局神戸出張所に改称[1]
  • 1935年8月10日 - 大阪中央放送局神戸出張所姫路相談所開設[1]
  • 1941年12月27日 - 大阪中央放送局姫路臨時放送所開設[1]1945年10月26日、姫路中継放送所に改称)。
  • 1948年7月1日 - 神戸出張所は神戸支局、姫路相談所は神戸支局姫路分局に改称[1]
  • 1950年6月1日 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散。特殊法人としての日本放送協会が設立され一切の権利義務を継承。
  • 1951年7月1日 - 神戸支局は神戸放送局、姫路分局は姫路放送局に改称[1]
  • 1953年5月30日 - 姫路中継放送所廃止。
  • 1970年3月27日 - FM放送でローカル放送開始[1](呼出符号JOPP-FM)。
  • 1971年5月24日 - 総合テレビでローカル放送開始[1](呼出符号JOPP-TV)。
  • 1988年7月 - 姫路放送局、神戸放送局姫路支局に改称[1]
  • 1995年1月17日 - 阪神・淡路大震災発生、放送会館全壊[1][2]
  • 1995年5月 - 神戸放送局、HDC神戸ビル5階に移転[1]
  • 1997年3月 - 旧放送会館撤去[1]
  • 2004年12月1日 - 総合テレビのデジタル放送開始[1](呼出符号JOPP-DTV)。
  • 2005年1月17日 - 旧会館跡地に新放送会館を再建[1]

放送局概要[編集]

親局送信所[編集]

いずれも摩耶山送信所摩耶山)に設置されている。

直接受信・一部のケーブルテレビ局に限れば大阪放送局も24chで視聴可能ではあるが、郵便番号設定により「兵庫県」と出るため大阪放送局には枝番が付き5chに自動設定される。

  • FM放送 JOPP-FM 86.5MHz 500W[3]・ERP810W

総合テレビ・FM放送は、県内各地に中継局が設置されている。デジタル放送は総合テレビ、大阪放送局の教育テレビジョン(以下、Eテレ大阪)と共にも順次中継局を設置。2005年末に北阪神(総合テレビのみ)、2006年3月に姫路他2か所にそれぞれ設置された。

Eテレ大阪・大阪第1放送・大阪第2放送の主な中継局[編集]

  • 教育テレビ リモコンキーIDは2。 13ch 空中線電力3W・ERP72W(摩耶山)
    • 放送区域内世帯数約7万世帯
  • 第1放送 豊岡1161kHz 空中線電力100W・香美1584kHz 空中線電力100W[3]
  • 第2放送 豊岡1539kHz 空中線電力100W[3]

FM中継局[編集]

  • 姫路 84.2MHz / 1KW[3]
  • 香住(香美町) 83.2MHz / 100W[3]
  • 村岡(香美町) 84.4MHz / 100W[3]
  • 氷上(丹波市) 88.6MHz / 100W[3]
  • 城崎(豊岡市) 83.9MHz / 10W[3]
  • 北阪神(芦屋市) 88.6MHz / 10W[3]
  • 淡路三原(南あわじ市) 82.9MHz / 10W[3]
  • 西脇 89.2MHz / 100W[3]
  • 八鹿(養父市) 82.4MHz / 100W[3]
  • 大屋(養父市) 88.8MHz / 3W[3]
  • 山崎(宍粟市) 83.0MHz / 100W[3]
  • 一宮三方(宍粟市) 89.8MHz / 10W[3]
  • 波賀(宍粟市) 82.7MHz / 1W[3]
  • 一宮安積(宍粟市) 88.4MHz / 1W[3]
  • 千種(宍粟市) 83.8MHz / 1W[3]
  • 佐用 85.3MHz / 100W[3]
  • 相生 82.8MHz / 10W[3]
  • 赤穂 83.2MHz / 10W[3]
  • 西宮山口 83.9MHz / 10W[3]
  • 川西北 83.1MHz / 10W[3]
  • 温泉 82.0MHz / 10W[3]
  • 上郡 83.6MHz / 10W[3]
  • 篠山 83.8MHz / 10W[3]
  • 和田山(朝来市) 84.5MHz / 10W[3]
  • 生野(朝来市) 85.9MHz / 10W[3]

支局・報道室・通信部・営業センター[編集]

支局
姫路(旧放送局)
報道室
淡路
通信部
豊岡
営業センター
尼崎

主な神戸局制作番組[編集]

総合テレビ[編集]

FM放送[編集]

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

気象予報士[編集]

局舎[編集]

神戸市中央区中山手通(三宮)にあった旧局舎は1995年1月17日阪神・淡路大震災の影響で壊滅的な被害を受けた(スキップバック方式により撮影された旧局舎報道フロア[5]内の激しい揺れの映像[6]は全国、全世界に発信された[2])。その後近隣の小学校の敷地内に仮設(プレハブ)スタジオを設けたが、同年夏より神戸ハーバーランドのHDC(ハウジングデザインセンター)ビル内に移転した。被災を受けて使用不能となった旧局舎は発生から2年以上経過してようやく解体し、一時、駐車場として使用されていた。また、Kiss-FM KOBEに情報提供した。

2005年の阪神・淡路大震災10周年を機に、旧局舎跡に新局舎を同年1月17日(デジタル放送の送出の関係から、放送業務のみ2004年11月29日から先行で運用開始)にオープンさせた。同所は阪神・淡路大震災クラスの大地震でも耐えられる免震システムをNHK放送局として初めて採用しているほか、震災関連番組などの検索ができるコーナー「KOBEアーカイブス」を設置する。

新局舎では、1階を市民が気軽に訪れることができるオープンスペース「トアステーション」を開設している[7]。これは局舎がトアロード沿いにあることから命名されたものであり、その地域の情報発信拠点として様々な公開放送・イベントを行うオープンスタジオとして活用する[7]。イベントではジャズの街として知られる神戸という場所柄からジャズの演奏会も定期的に開催する[7]。その「トアステーション」にある8面モニターにはNHKの国内向け地上波・BSテレビ放送、データ放送に加え、全国のNHK放送局では珍しくテレビ国際放送「NHKワールドTV」の受信映像も公開している[7]

その他[編集]

  • かつて、07:00、12:00、19:00に風見鶏に見たてた当放送局のオリジナルロゴのテロップが流されていた。神戸放送局と大阪放送局の2局の総合テレビを受信している世帯ではこのオリジナルロゴのテロップの有無で神戸放送局か大阪放送局かが判るようになっていた。デジタル化後は画面表示機能で判別できるため廃止された。なお、地デジでは伝送経路や圧縮の関係で、大阪局よりもやや遅れて放送されている。
  • 総合テレビで兵庫県域放送を開始する前に、『NHKニュース』をサンテレビで放送したことがある。
  • 県外で受信する場合、リモコンキーID『1』はそれぞれ地元の放送局が優先されるため枝番が付き、9ch等の空きポジションに設定される。
  • 2013年10月現在、兵庫県内で発行している新聞では、神戸新聞毎日新聞にNHK神戸放送局の番組表が掲載されている。朝日新聞産経新聞日本海新聞読売新聞は大阪放送局の番組表(近畿広域版)が掲載されているが、読売新聞では地域版に「NHKローカル」というタイトルで当日の『ニュースKOBE発』の放送予定が掲載されている。

情報カメラ設置ポイント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 神戸放送局のあゆみ”. NHK神戸放送局放送局情報. 日本放送協会. 2015年1月16日閲覧。
  2. ^ a b NHK神戸放送局と震災”. NHK神戸放送局 阪神・淡路大震災20年 あの日を胸に“生きる”. 日本放送協会. 2015年1月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ラジオ放送(AM・FM)”. NHK神戸放送局放送局情報. 日本放送協会. 2015年1月16日閲覧。
  4. ^ 地元ではあるが月1回の出演。基本的に週末の全国放送を担当し、地方局は月1回ずつ神戸・京都甲府各局に出演している。
  5. ^ 宿直フロアではなく、報道フロアのソファでスタッフが仮眠していた際に地震が起こった様子が映像に記録されている。
  6. ^ 災害報道は「結果型」から「予報重視型」へ”. NHKは何を伝えてきたか - NHKテレビ番組の50年. 日本放送協会. 2015年1月16日閲覧。
  7. ^ a b c d トアステーション”. NHK神戸放送局放送局情報. 日本放送協会. 2015年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]