NHK帯広放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK帯広放送局
NHK logo.svg
NHK Obihiro Broadcasting Station02.JPG
NHK帯広放送局
放送対象地域 北海道十勝総合振興局
所在地 080-0015
北海道帯広市西5条南7丁目2番2号
公式サイト
総合テレビ
コールサイン JOOG-DTV
デジタル親局 帯広 15ch (キーID3)
アナログ親局 帯広 4ch
Eテレ
コールサイン JOOC-DTV
デジタル親局 帯広 13ch (キーID 2)
アナログ親局 帯広 12ch
ラジオ第1
コールサイン JOOG
親局 帯広 603kHz
ラジオ第2
コールサイン JOOC
親局 帯広 1125kHz
FM
コールサイン JOOG-FM
親局 帯広 87.5MHz
主な中継局
アナログテレビ
#チャンネル・周波数参照
デジタルテレビ
#地上デジタル放送参照
ラジオ
#チャンネル・周波数参照
テンプレートを表示

NHK帯広放送局(エヌエイチケイおびひろほうそうきょく)は、北海道十勝管内放送対象地域とするNHKの地方放送局。テレビとラジオで地域放送を行っている。

放送局概要[編集]

スタジオ
  • 第1スタジオ(1階)
※ 以前はFMなどラジオにも対応できた第2スタジオもあったが、現在はハイビジョンシアタールームに変更されているほか、第1スタジオはNHK文化センター帯広教室の講座で使用される場合もある。
  • ニューススタジオ(2階)
※ ニューススタジオのセットには「NHK OBIHIRO」と表示されている。
  • ラジオスタジオ(2階)

1988年に出された合理化案には、帯広放送局を支局とし、釧路放送局に統合する案が持ち上がったことがある[1]。また、同時に北見放送局旭川放送局に、室蘭放送局札幌放送局に統合するという案もあった。

近年では「NHK全十勝アイスホッケー大会」や「高校野球十勝地区大会決勝戦」などの恒例イベントにおける実況中継以外に、NHK杯全十勝ミニバレー大会を2時間にわたって実況生放送(2002年)、「のど自慢予選会in芽室町」、さらに、帯広市で開かれたのど自慢の放送にあわせて、当時の司会で帯広局が初任地だった宮本隆治アナ、前司会者で同じく帯広局勤務経験がある宮川泰夫アナによるトークショー公開録画放送など少しずつではあるがローカル放送の拡充を行っており、地域密着の良い方向に進みつつある。

報道室[編集]

チャンネル・周波数[編集]

地上デジタル放送[編集]

地上デジタル放送にもコールサインが付与されたため、帯広送信所は帯広放送局の親局となる。

2007年10月1日より帯広送信所にて本放送開始。帯広送信所の施設は既存の物をそのまま使用している。

帯広送信所[編集]

  • 総合テレビ(JOOG-DTV)リモコンキーID:3 15ch 1kW
  • Eテレ(JOOC-DTV)リモコンキーID:2 13ch 1kW

中継局[編集]

  • 忠類 総合38ch Eテレ40ch 出力1W 2008年10月1日開局
  • 広尾 総合16ch Eテレ14ch 出力10W 2008年10月1日開局
  • 足寄 総合16ch Eテレ14ch 出力3W 2008年10月10日開局
  • 本別 総合51ch Eテレ49ch 出力1W 2009年2月16日開局
  • 新得 総合28ch Eテレ30ch 出力0.3W 2009年3月16日開局
  • 陸別 総合15ch Eテレ13ch 出力3W 2009年11月25日開局
  • 豊頃茂岩 総合38ch Eテレ40ch 出力0.01W 2010年9月30日開局
  • 広尾丸山 総合38ch Eテレ40ch 出力0.01W 2010年9月30日開局
  • 本別沢 総合41ch Eテレ47ch 出力0.01W 2010年10月29日開局
  • 厚内 総合48ch Eテレ49ch 出力0.01W 2010年12月24日開局
※2010年12月24日の厚内中継局の開局をもって十勝管内のデジタル中継局整備が完了。 

地上アナログ放送[編集]

総合テレビ (JOOG-TV)[編集]

中継局

Eテレ (JOOC-TV)[編集]

中継局

ラジオ第1放送 (JOOG)[編集]

中継局

ラジオ第2放送 (JOOC)[編集]

  • 帯広 1125kHz 1kW 広尾町、大樹町、浦幌町、豊頃町の十勝地方沿岸部では、NHK釧路放送局(1152kHz 10kW)の方が終日受信しやすい。内陸部でも一部地域では、NHK札幌放送局(747kHz 500kW)の方が終日聞きやすい。

FM放送 (JOOG-FM)[編集]

中継局

天気カメラ[編集]

  • 帯広
  • 広尾(十勝港)
  • 足寄
  • 十勝川温泉
  • 豊頃町大津(大津港)
  • とかち帯広空港

主な帯広局制作番組[編集]

  • つながる@とかちカフェ(2010年度から)(月 - 金11:50 - 12:00 ※11:54 - 11:57 全国の気象情報)
  • 正午のNHKニュース(月 - 金12:18:30 - 12:20:00 ※札幌局からの全道ニュースのうち、後半1本のみアナウンサー顔出しの十勝地方向けローカルニュース。12:18:25すぎに、ローカル切り替えポイントの▼(下に向いた直角三角形)が画面右上部に表示され、この時間のみ「NHKニュース 終」のロゴも帯広局送出となる。ニュース素材の尺によってはエンディングがお天気カメラの映像に切り替わることもある)
  • ニュース・気象情報(ラジオ第1FM) 月 - 金12:18 - 12:20、18:56 - 19:00
  • 北海道まるごとラジオ~つながるラジオ@とかち~(ラジオ第1) 毎月最終木曜日 17:00 - 18:00 
※ラジオ第1で放送されている『私も一言!夕方ニュース』は、18:00から放送。
  • 十勝地方の気象情報 月 - 金 18:54 - 18:58

過去の制作番組[編集]

  • ニュースワイド
    • 1988年4月よりモーニングワイド開始と同時に、朝のローカルニュースが札幌局からの全道ニュースに一本化。7時前、7時台の帯広放送局からの番組送出がなくなった。
  • とかちフレッシュガイド(総合 月 - 金11:45 - 12:00 ※11:55 - 11:57全国の気象情報)
  • チャンネルくらしおびひろ(総合 月 - 金11:45 - 12:00 ※11:55 - 11:57全国の気象情報)
  • ほっからんど帯広(総合 月 - 金11:50 - 12:00 ※11:54 - 11:57全国の気象情報 1991年(平成3年)から2年間平日11:57 - は札幌局の気象情報の時もあった)
  • 帯広夕べのひととき(FM 月 - 金18:00 - 18:50 1988年(昭和63年)より「ほっからんど北海道」として札幌局からの全道放送になった)
  • 帯広FMリクエストアワー(FM 土15:05 - 18:00 1991年(平成3年)より札幌局からのリクエストアワーになった)
  • ニュースネットほっかいどう(総合 月 - 金18:30 - 19:00)
  • きょうの北海道(総合 月 - 金18:30 - 19:00 ※18:53~18:56全国の気象情報 18:56~18:57札幌局から気象情報)
  • イブニングネットワーク帯広(総合 月 - 金18:45 - 19:00 ※18:53 - 18:56全国の気象情報)
    • 1991年(平成3年)から室蘭局北見局、帯広局の土日祝日、年末年始のニュース送出は札幌局発に切り替えられた。函館局旭川局釧路局からは継続されたが、1993年(平成5年)より札幌局からの道内ニュースに一本化され、現在に至る。
  • ニュース850(総合 月 - 金20:50 - 21:00)
    • 午後9時前のニュースもかつては帯広放送局からのニュースが放送されたが、1986年(昭和61年)頃から帯広・釧路・北見のニュースが釧路局からの道東ニュースに統一化された。その後1989年(平成元年)4月からは道内ニュースとして札幌局発に一本化され、現在に至る。
  • まるごと645(総合 月 - 木18:45 - 19:00)
  • 金曜まるごととかち(総合 金曜日18:30 - 19:00)
  • ほっからんど十勝(旧:情報とかち)(月 - 金11:50 - 12:00 ※11:54 - 11:57 全国の気象情報)
  • まるごとニュース北海道おびひろ(総合 月 - 金18:45 - 18:58 ※18:50 - 18:55 全道の気象情報)
  • ネットワークニュース北海道とかち(総合 月 - 金18:45 - 18:50、18:53 - 18:56)

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

隣接地域のNHK放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道新聞帯広支社が編纂した「十勝百科事典」にて一連の流れがまとめられている。

外部リンク[編集]