NHK徳島放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK徳島放送局
NHK logo.svg
NHK Tokushima01s3200.jpg
放送対象地域 徳島県
所在地 770-8544
公式サイト
総合テレビ
コールサイン JOXK-DTV
デジタル親局 徳島 34ch (キーID3)
アナログ親局 徳島 3ch
Eテレ
コールサイン JOXB-DTV
デジタル親局 徳島 40ch (キーID 2)
アナログ親局 徳島 38ch
ラジオ第1
コールサイン JOXK
親局 徳島 945kHz
ラジオ第2
放送対象地域 大阪放送局および松山放送局エリア(1973年XB廃止)
コールサイン JOXB
FM
コールサイン JOXK-FM
親局 徳島 83.4MHz
特記事項:
ラジオ第2放送は松山放送局の電波を受ける中継局は存在(池田 1359kHz)
テンプレートを表示
斬新なデザインのNHK徳島放送会館

NHK徳島放送局(エヌエイチケイとくしまほうそうきょく)は、徳島県放送対象地域とするNHKの地域放送局。テレビとラジオで県域放送を行っている。

概要[編集]

開局は1933年。徳島放送局から送出する中波放送は第1放送のみで、第2放送は県内大半の地域で大阪放送局(828kHz)を受信する。これは、1970年代初期の第1次中波再編で大阪第2放送が300kWに増力された余波で、徳島第2放送が1973年3月20日をもって廃止されたことによるものである。県内唯一の第2放送中継局である三好市三好池田中継局は、かつては大阪から送出していたが、その後回線のデジタル化により現在は松山から送出している。

またかつての38chのアナログEテレは、テレビ親局としては日本で最初にUHFを使用した局であるが、アンテナ直接受信に限れば生駒山(大阪局アナログ12ch)や兵庫県和歌山県内のアナログEテレをアナログ総合・民放と一緒に受信していた世帯が少なくない。しかし、現在のデジタルEテレの放送に関しては前述には当てはまらないことがある。[1]

イメージキャラクターは、徳島県が舞台となった連続テレビ小説『ウェルかめ』のキャラクターだった「かめっ太」。以前は「あわまるくん」で、徳島県の特産品であるすだちと、阿波踊り、そして鳴門の渦潮をイメージしたものだったが、『ウェルかめ』終了とともに交代した。

現在の局舎はJR四国徳島駅東側にあり、2006年9月4日から放送を開始した。

阿波踊りの時期には、職員有志が「NHK徳島連」を結成して参加している。揃いの浴衣が『徳島から生放送!真夏の夜もさだまさし』(2008年7月27日未明放送)において紹介されたが、男性アナウンサーが着用していたものが旧ロゴモデルであったことから、その歴史はとても古い。放送局移転後は、局舎内に演舞場を設けている。

沿革[編集]

  • 1933年7月23日 - 社団法人日本放送協会徳島放送局開局。ラジオ放送を開始。
  • 1950年6月 - 放送法施行に伴い社団法人日本放送協会が解散。特殊法人としての日本放送協会が設立され一切の権利義務を継承。
  • 1957年2月 - 池田ラジオ中継局開局。
  • 1958年6月29日 - ラジオ第2放送開始。
  • 1959年3月15日 - アナログ総合テレビ放送開始。
  • 1959年12月 - 牟岐ラジオ中継局開局。
  • 1961年3月 - アナログ総合テレビローカル放送開始。
  • 1963年10月 - アナログ総合テレビカラー放送開始。
  • 1968年2月20日 - アナログ教育テレビ、初の大出力UHF親局として本放送開始。
  • 1969年3月 - FM放送本放送開始。
  • 1973年10月 - ラジオ第2放送廃止。
  • 1985年9月 - 緊急警報放送開始。
  • 1986年8月 - アナログ総合テレビテレビ音声多重放送開始。
  • 2002年3月 - 山城ラジオ中継局開局。
  • 2006年9月 - 新局舎から放送開始。
  • 2006年10月1日 - 地上デジタル放送開始。
  • 2011年7月24日 - アナログ放送終了。23時59分完全停波。

主なチャンネル・周波数[編集]

  • 太字は親局、それ以外は全て中継局。
  • コールサインは総合系統がJOXK、教育系統がJOXB

テレビ[編集]

局名 デジタル アナログ
(2011年7月24日に終了)
所在地
総合ch Eテレch 出力 総合ch Eテレch 映像出力
徳島 34 40 1kW 03 38 総合 1kW
教育 10kW
眉山
鳴門瀬戸 34 40 0.5W 52 42 1W
阿波 26(2012年7月2日以降は29) 28 1W 55 47 10W
阿南 27 29 3W 41 44 30W 明神山
鍛治屋谷 35 39 3W 鍛治屋谷山
日和佐 34 40 30W 09 05 100W 玉厨子山
日和佐桜町 08 06 50mW 大岩山
神山 37 39 3W 09 05 1W 横倉山
牟岐 V02 V12 1W 大谷山
美馬 34 40 3W V02 V12 3W
半田 V09 V05 300mW
阿波勝浦 27 39 3W V58 V55 30W
宍喰 27 29 1W 54 52 10W 角力山
池田 34 40 3W V06 V04 2W 禿の峰
池田松尾 29 36 1W 55 53 10W 金比羅山
山城 29 36 3W 02 12 10W 大任峰
西祖谷山 34 40 3W 02 12 10W

*ch番号の前にVが付いた局は垂直偏波

ラジオ[編集]

第1放送[編集]

この他、大阪666kHz JOBK(100kW)が全域で聴取でき、場所や時間帯によっては徳島よりも良好に受信できる。

第2放送[編集]

FM放送[編集]

※周波数の前にVが付いた局は垂直偏波
ちなみにケーブルテレビ徳島では徳島を82.5MHzで再送信している。

報道室[編集]

  • 阿南(阿南市)
  • やまびこ(三好市池田町)

主な徳島局制作番組[編集]

総合テレビ[編集]

過去に放送された番組[編集]

その他

ラジオ第1放送・FM放送[編集]

徳島ではこの番組が放送されることから、四国のお知らせを聞くためには高松局や松山局の新居浜中継局、高知局を受信する必要がある。

県域ローカルニュース[編集]

※すべて平日のみ。FMでも放送。
  • 7:15 - 7:20
  • 12:15 - 12:20
  • 14:55 - 15:00(ラジオ第1放送のみ)
  • 18:50 - 19:00

交通情報(第1放送)[編集]

月~金曜日

  • 7:58(祝日を除く)
  • 11:57(FMでも放送。祝日を除く)
  • 17:58(祝日、大相撲期間中を除く)

土曜日

  • 7:55(四国ブロック全域で放送。祝日を除く)

アナウンサー・キャスター[編集]

※キャスターは全員が「番組出演契約」扱い。

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

隣接地区のNHK放送局[編集]

徳島県内の民間放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 受信地域を「徳島県」に設定する必要があるため。この場合、徳島デジタルEテレが優先され、大阪デジタルEテレには枝番が付く。
  2. ^ この番号をリモコンキーIDに使う国内の地上波テレビ局はTOKYO MX奈良テレビ放送のみ。
  3. ^ 夜間は中央人民広播電台中国之声や彦根JOQP(1kW)と混信。
  4. ^ 県東部は田辺中継局。夜間は韓国MBC釜山局(20kW)と混信。
  5. ^ 県西部は観音寺中継局。
  6. ^ 国内のAMラジオ局では最小の出力。夜間は秋田JOUK(10kW)や阿蘇(1kW)と混信。
  7. ^ 県内沿岸部は主にここから受信。
  8. ^ 親局は松山放送局。

外部リンク[編集]