JAPAN FM LEAGUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JAPAN FM LEAGUE(ジャパン エフエム リーグ)はFMラジオ局における民間放送ラジオネットワークの一つである。

概要[編集]

1993年10月1日設立。略称はJFL

JFLにおけるラジオネットワークは、先発のテレビ・ラジオネットワークが行っている加盟局同士のニューススポーツ中継、また番組供給などとは大きく異なり、JFLの理念は各加盟局ごとステーションカラーの自主性・独自性が大きく尊重されているため、いわゆる東京キー局から放送される全国ネット番組が、他のラジオネットワークに比べて極力抑えられ、ネット番組においても各加盟局ごとに「企画ネット番組」として独自制作されることが多い点である。またそれゆえに、通常、放送局によるネットワークでは、在京局がキー局在阪局在名局準キー局と位置付けられているが、JFLにおいては、上記理由からキー局・準キー局の概念が存在しない。但し全国ネットされている一部の番組については、J-WAVEが制作に携わっている為、事実上の幹事局と認識されている。

また、他の(先発の)テレビ・ラジオネットワークと違い、事務局サイトを持たない(グループの説明はJ-WAVE内にあるのみ)。

加盟局[編集]

エリア 愛称 社名 旧社名 備考
北海道 FM NORTH WAVE エフエム・ノースウェーブ - オホーツク管内宗谷管内では聴取不可
東京都 J-WAVE エフエムジャパン 島嶼部の大半で聴取不可だが、島嶼部を含む関東広域圏ではradikoにより聴取可能
愛知県 ZIP-FM エフエム名古屋 radikoにより中京広域圏で聴取可能
大阪府 FM802 エフエムはちまるに radikoにより近畿広域圏で聴取可能
福岡県 CROSS FM - 1993年9月1日 - 2008年6月30日までは株式会社エフエム九州が運営。
法人としては別個である。

旧加盟局[編集]

エリア 愛称 社名 旧社名 備考
新潟県 FM PORT 新潟県民エフエム放送 - 加入後すぐに解消。

ネット番組[編集]

2014年現在では、J-WAVEが幹事となり、他の4局が「連携する形」の体制を敷いている。
これは前述通り、JFLの理念自体が「各局のステーションカラーを生かして、連携をとる」というものからであり[1]、表向きJ-WAVEはキー・ステーションともいえるが、あくまで「幹事・制作局」である

J-WAVE制作[編集]

ZIP-FMにて同時ネット
ZIP-FM、FM802にて時差ネット
全局同時ネット
全局時差ネット
全局ネット(一部差し替え)

過去に制作された番組[編集]

「mo' groove」(J-WAVE・NORTH WAVE・CROSS-FM)制作局はJ-WAVE
「N.Y N.Y」(FM802)
「N.Y AFTER DARK」(ZIP-FM)
JFL発足5周年を記念してJ-WAVEのスタジオから全局ネットで放送された、JFL初、そして現在まで唯一の同時生放送番組。ナビゲーター小林克也、ゲストとしてサザンオールスターズのメンバーが全員出演した。
  • 宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン(1999年10月1日 - 2000年9月22日)
    • 宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian Special〜FROM NY〜(2001年3月20日)
    • 宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian Summer Special〜From Tokyo〜(2001年7月20日)
全局ネット
J-WAVE・ZIP-FMにてネット
J-WAVE・CROSS FMにてネット
全局ネット(2008年9月まで、J-WAVEのみ放送を継続した)
J-WAVE・ZIP-FM・CROSS FMにてネット
全局ネット(J-WAVE以外は2009年4月から放送)
全局ネット、ただしFM802のみ別時刻・自主制作
全局ネット
J-WAVE・FM NORTH WAVEにてネット(生ワイド番組に内包)
ZIP-FMにて同時ネット
  • Cafe NESCAFE presents MEET AT BOOK CAFE(2014年2月11日 9:00 - 17:55)
HOLIDAY SPECIALとして5局ネットでの放送だったが、大阪地区のみFM802の第二波であるFM COCOLOでの放送となった。そのため、番組中は「JFL全国5局ネット」旨のアナウンスは行われなかった。

JFL共同制作[編集]

全局ネット
  • PE'Zのサタデーナイトラジオ
  • RAGTIME LIFE
以上2番組ともFM NORTH WAVE・CROSS FMにて共同制作・ネット
主にJFL発足記念の特別番組で、企画ネット番組に似た形式で放送される。一部時間帯でJFL各局を結び、JFL全局にネットされる。

※上記以外にもJFL共同キャンペーンによる特別番組や、特番の事前番組などが共同制作・または下記のような企画ネット番組として放送されることがある。

過去に制作された番組[編集]

以上すべてFM NORTH WAVE・CROSS FMにて共同制作・ネット

企画ネット番組[編集]

J-WAVE・FM802・ZIP-FMにて放送
FM802・CROSS FMにて放送

過去に制作された番組[編集]

J-WAVEのみ放送継続
J-WAVE・FM802にて放送
  • College Radio Japan
FM NORTH WAVE・CROSS FMにて放送(FM NORTH WAVEのみ放送継続)

協力体制[編集]

上記のようにJFLは他のラジオネットワークとは性格が大きく異なっているが、JFL各局相互によるスタジオ等の提供など、いわゆる裏送りによる番組制作上の協力体制は整っている。

※具体的にはJ-WAVEのみで放送されているレギュラー番組において、その番組出演者がスケジュールの都合上により、他のJFL加盟局の地域にいる場合(主にアーティストのコンサートツアーなどの理由)、その地域のJFL局からの裏送りでの放送となる。またその際にスタジオ等を提供したJFL局では、通常の番組編成通りに裏送りされている番組とは異なる、レギュラー番組が放送される。
※例として、J-WAVEの朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」では、ナビゲーターに俳優の別所哲也を当てていることもあって、彼が大阪にいるときには、FM802から裏送りで番組を行ったことがある。

また近年では全国的なコミュニティFM局開局に伴って、J-WAVEを配信している放送局では、J-WAVEにスタジオ等を提供するケースも出てきている。(下記参照)

コミュニティFMとの関係[編集]

全国的にコミュニティFM局の開局が続いているが、多くの放送局では全編自社制作を行うことは、人員的・予算的な理由からほぼ不可能に近い為、番組配信会社が存在する。このうち、JFL加盟局のサービスエリア外の局を中心に、自社制作番組以外の時間帯では、通信衛星USEN440、ならびにSOUND PLANETUSEN、以前はDIGITAL J-WAVE 505)を経由してJ-WAVEを配信する放送局も少なくない。この関係は「宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian」の放送時には社会的にも注目された。ちなみに、最初にJ-WAVEの配信を始めたコミュニティFM局は、石川県えふえむ・エヌ・ワンである(現在は終了)。また、JFL系列ではFM NORTH WAVEやFM802、CROSS FMにおいてもコミュニティFM局に配信を実施している。

過去にはJFL加盟局への配慮もあった為か、JFL各局の放送対象地域と重複するコミュニティFM局については、J-WAVEの配信を抑える傾向にあったが、現在では直接的に放送対象地域が重複する北海道のラジオふらの(FM NORTH WAVEと重複)・福岡県のドリームスエフエム(CROSS FMと重複)において、早朝・深夜また週末を中心に同局の配信を実施している。

またJFL各局の放送対象地域に入っていないものの、事実上可聴可能なサービスエリアでは、FM Haro!PORT WAVE(ZIP-FMエリア)・B-WAVEFM GENKI(FM802エリア)などで同局の配信が行われている。

一方で関東地方のコミュニティFM局では、ほとんどの地域がJ-WAVEのサービスエリアに該当する為に配信は行われてこなかったが、2011年1月に開局したM waveが配信を開始している。但し、関東地方においての加盟局(ZIP-FM、FM802など)の逆配信は行われていない。

最近ではJFL加盟局が存在しない地方でも、J-WAVEの配信を行っている放送局が有る場合にスタジオ等を提供して放送するケースも増えてきている。以下に同局の番組「OH! MY RADIO」(現・「RADIPEDIA」)での具体例を挙げる。

コミュニティFM局でJ-WAVEをそのまま流すデメリットとしては、J-WAVEは東京都を放送対象地域としている(実際には東京23区多摩地域、神奈川・埼玉・千葉・茨城県の各一部を放送対象地域となっている)放送局であるため、番組中に伝えられる天気予報交通情報は首都圏情報になる点である。

J-WAVE 配信局一覧[編集]

北海道・東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿・中国・四国[編集]

九州[編集]

FM NORTH WAVE 配信局[編集]

FM802 配信局[編集]

CROSS FM 配信局[編集]

特徴・備考・その他[編集]

JFLでは、ニュースなどの提供クレジットの読み上げ方が英語読みである局が多い。ただし、CROSS FMは開局から暫くは英語読みであったが、2004年4月以降はインフォメーション時に限り担当アナウンサー(同局では「ラインキャスター」という呼び方が定着している)が直接クレジット読みを行っており、読み上げが系列局で唯一日本語読みになっている。

以下に例を挙げる。なお、英語読みの局ではクレジットの始まりが同じである。

  • J-WAVE
「Brought to you by〜」(HEADLINE NEWS or Information)
  • ZIP-FM
「Brought to you by〜」
「Information has been brought to you by〜」(終わりがけ)
  • FM802
「by~」(HEADLINE NEWS or Information)

2001年10月、音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVを運営するスペースシャワーネットワークとJFLの5局、およびレコード会社が出資し、インターネットコンテンツ配信を行う株式会社ビートリップが設立された。スペースシャワーTVとJFL各局との関係は、FM802とは非常に緊密(FM802#スペースシャワーTVとの関係参照)、J-WAVEともイベント後援など一定の関係がある。ビートリップはのち、2004年3月に解散。

新潟県FM PORTは新潟県域を放送対象地域するFM局で、5大都市圏以外の地域では初のFM2局目の開局となり、先発のFM-NIIGATAはJFN加盟局である為、FM PORTは開局当時はJFLに加盟していたが、すぐにラジオネットワークから解消して独立FM局の路線を選択している。このJFLネット解消の原因については、既に新潟県の一部コミュニティFM局がJ-WAVEの配信を行っていたことや、JFLに加盟しても他のラジオネットワークと性格の大きく異なる為に同局が加盟した場合のメリットがほとんど見当たらないこと、また新潟県は北陸として捉えた場合は一定程度の規模を要しているが、5大都市圏と比べた場合には規模が小さくなる為に、JFLの理念や方向性と異なるためなど様々な憶測がある。[要出典]

FM NORTH WAVEとCROSS FMでは1999年初頭まで、休日や年末年始の特別番組として独立FM局であるNACK5α-STATIONとの4局共同制作ネット番組を放送したこともあった。CROSS FMではその他にも2002年春から2003年春にかけて、NACK5制作の番組「RADIO-X」を番組販売でネットを行っていた。


脚注[編集]

  1. ^ J-WAVE TIME TABLE 2013.8 pp.8-9 より

外部リンク[編集]