STVラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
札幌テレビ放送 > STVラジオ
株式会社STVラジオ
The STVradio Broadcasting Co., Ltd.
STV-Sapporo-hq-01.jpg
STVラジオ本社・札幌放送局(札幌テレビ放送会館)
種類 株式会社
略称 STV
本社所在地 日本の旗 日本
060-8705
北海道札幌市中央区北1条西8丁目1-1
STV放送会館内
設立 2005年7月12日
業種 情報・通信業
事業内容 一般放送(ラジオ放送)事業など
代表者 取締役社長 松崎良佐(2014年6月27日付 - )
資本金 4億1000万円(2011年3月31日時点)
売上高 14億2619万円(2011年3月期)
営業利益 △5269万円(2011年3月期)
純利益 △5094万円(2011年3月期)
純資産 3億4562万円(2011年3月31日時点)
総資産 4億7711万円(2011年3月31日時点)
従業員数 30人(2011年4月1日時点)
決算期 3月
主要株主 札幌テレビ放送 100%
(同社の連結子会社及び特定子会社)
外部リンク http://stv.jp/radio/
特記事項:2005年10月1日に、札幌テレビ放送から中波放送局免許を継承。
テンプレートを表示
STVラジオ
The STVradio Broadcasting Co., Ltd.
放送対象地域 北海道
系列 NRN
略称 STV
愛称 STVラジオ
コールサイン JOWF
開局日 1962年12月15日
本社 〒060-8705
札幌市中央区北1条西8丁目1-1
札幌テレビ放送(STV)放送会館内
演奏所 本社に同じ
親局 / 出力 札幌 1440kHz / 50kW
主な中継局 函館 JOWN 639kHz
旭川 JOWL 1197kHz
帯広 JOWM 1071kHz
釧路 JOWS 882kHz
網走 JOVX 909kHz
公式サイト http://stv.jp/radio/
特記事項:2005年10月1日、中波放送局の免許を札幌テレビ放送(STV)から承継
テンプレートを表示

株式会社STVラジオ(エスティーブイラジオ、The STVradio Broadcasting Co., Ltd.)は北海道放送対象地域として、中波放送(AM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

放送内での読み方は「エスティーブイラジオ」とは読まれず、「エスティーヴィーラジオ」と読まれることが多いが、メールアドレスの告知に限っては、紛らわしさ回避のため「エスティーブイ」で読み上げられている。

会社概要[編集]

  • 系列:NRN
  • 本社・札幌放送局:札幌市中央区北1条西8丁目1-1(札幌テレビ放送会館内) 〒060-8705
  • 代表取締役社長:柴田正良
  • 設立年月日:2005年7月12日

概要[編集]

前身は札幌テレビ放送(STV)内の部局だった「札幌テレビ放送株式会社ラジオ局[1]」。多くのラジオ・テレビ兼営局がラジオ放送を先に開始した中、テレビが先行開局し、その後ラジオ放送を開始した全国唯一の放送局となった[2]。このため、親局や送信所・中継局のコールサインはラジオとテレビで異なっている(一部を除く)。自社での放送業務は主にラジオ番組の制作・営業が中心で、番組・電波送出やアナウンスなどその他のラジオ放送に関する業務は、親会社のSTVに業務委託(またはSTVから出向)している。

STVの100%出資による子会社で、STVから中波放送(AMラジオ)無線局免許を承継することを目的として設立。2005年10月1日よりSTVから放送免許を承継し、独立した別会社として放送を開始した。これを記念して、毎年10月1日を「STVラジオの日」とした。

道内で唯一の「AMラジオ単営局」である。分社前より「STVラジオ」の名称は一般的な通称として定着していたが、分社により正式な社名となった。正式社名ロゴは「札幌テレビ放送」と同じ書体を使用。ステーションイメージカラーはオレンジ色で、1993年頃から使用している。

親局・札幌放送局は1978年11月23日午前5時[3]中波の周波数が9kHz単位に変更されて以後も、周波数が9でも10でも割り切れる数字であるため、旧来と同じ、1440kHzでの放送を行っている。

北見放送局を除き、ラジオとテレビがそれぞれ異なるコールサインを使用していたことから、コールサインは各局とも変更されなかった。

STVと同様にラジオ部門を分社化した、TBSCBCとは異なり、分社化に伴う告知放送は行わなかった。

分社後、ラジオ受信報告書の送付先は「STVラジオ 放送センター 放送実施部」に変更されたが、親会社のSTVでも「STV技術局 技術計画部」で従来通り、ラジオ・テレビの受信報告書を受け付けている。また、ラジオ聴取者・テレビ視聴者からの意見や問い合わせも従来通り、STVの「視聴者センター」で受け付けている。

編成・運営[編集]

開局以来、情報などのトーク番組・プロ野球などのスポーツ中継・音楽が編成の中心。小規模な改編は行われているが、平日の午前中や土曜の日中における基本的な番組編成や主な出演者は分社前を含め、20年以上、大きな変化がない。しかし、近年はナイターオフに当たる秋・冬期に自社制作番組の再放送を増やすなど、縮小傾向がみられる。

プロ野球中継は、親会社のSTVが日本テレビ系列であること、日本ハムが所属するパシフィック・リーグ放映権(特にNRNでの放映権)が必ずしも確立されていない状態にあることから、日本ハムの本拠地北海道移転後も、巨人戦の中継が多かった。2006年より日本ハム戦中心にシフトしたが、土曜日・日曜日のデーゲームを完全中継できない点や、HBCが岩本勉などファイターズのチーム事情に詳しい解説者を揃え、2004年から日本ハム戦の大半を中継する方針へ移行したことから、一貫して苦戦を強いられている。2010年からは日曜日のナイター中継(文化放送からのネット受けのみ)を取りやめるなど、ナイター中継も縮小傾向にある。

アタックヤング』は地方局制作の深夜番組として、40年以上にわたって放送を続けており、歴代のパーソナリティにはSTVアナウンサーのほか、タレントやアーティストなど芸能人も多数名を連ね、松山千春みのや雅彦田中義剛KAN山崎まさよしなどは後に全国区の人気となった。

番組表では、分社前から「リスナーのお相手」という意味あいをこめて、「パーソナリティ」とは呼ばず「お相手」と称している。分社後も、ラジオ・テレビ番組表の同時請求は従来通り可能。

聴取率[編集]

ビデオリサーチの札幌地区民放4局合同ラジオ個人聴取率調査において、道内ラジオ他局との差は以前に比べ縮小しているが、全国的に見ると2001年以降ニッポン放送TBSラジオに首位を奪われるなど、他のNRN系列局が苦戦する中で、ビデオリサーチが発表の指針としている、男女12歳-69歳での平均値では全日平均で53回(1985年前期以降27年間)連続トップを獲得していた。特にAIR-G'NORTHWAVEといった民放FM局開局に危機感を持った1980年代以降は自社制作番組を増やすなどの攻勢をかけたことから、1990年代から2000年代前半にかけては圧倒的な聴取率を誇り、他局の追随を許さない状況であった。

ところが、2004年に北海道日本ハムファイターズが本拠地を北海道に移転すると、HBCラジオはファイターズ戦中継を重視する一方で、STVラジオは編成上の理由から立ち遅れ、HBCラジオとの差が縮まった。さらに分社化以降、自社制作番組が減少傾向に陥り、平日から土日の夜を中心に自社制作番組の再放送で枠を埋めるパターンが増えてくる。一方、HBCラジオは再放送枠を一切設けず、ナイターオフシーズンも、自社制作番組やキー局からの番販ネット枠を確保し、夜も安定した聴取率を確保する事に成功した。

  • 2006年夏期には『カーナビラジオ午後一番!』が、午後ワイド時間帯で単独トップとなったほか、『STVアタックナイター』やファイターズ関連番組も『HBCファイターズナイター』や『ファイターズDEナイト!』に大きく水をあけられる結果となった。
  • その後も、土・日以外はHBCラジオに単独トップを奪われることが増え、2010年冬期は平日全日聴取率のトップをHBCラジオに奪われた[4][5](但し、平日午前中に放送されている『オハヨー!ほっかいどう』『9時ですリクエストプラザ』『工藤じゅんきの十人十色』は、HBCラジオを上回った)。
  • 年2回から年1回の実施に変更された、2011年夏期も、STVラジオは1週間 平均聴取率で単独トップとなったほか、HBCラジオと並び、平日 全日聴取率のトップを獲得した。しかし、前年に続き、年1回実施となった2012年冬期では、1985年前期以降、27年間続いていた、全日平均聴取率トップをHBCラジオへ明け渡すことになった(STV2.0% HBC2.2%)。

このように、2000年代半ば以降、聴取率は『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』が放送される土曜日こそ堅調であるものの、その他の曜日は低落傾向がみられる。しかしながら、2013年8月期の調査では「北海道で一番聴かれているラジオ」として発表した[6]

番組連動イベント[編集]

  • 2009年10月より『温泉大好き! ほっかいどう』と題して、主に北海道内の温泉地や周辺地域に関する情報を放送。2009年の聴取率調査週間では温泉宿泊券プレゼントの企画も実施。
  • 2010年1月からは『牧やすまさのスーパースクランブル』内で、旅行会社や大学と協力して旅行プランを立てるプロジェクトも実施。それをもとに、以下の通り出演者も同行する温泉バスツアーを実施。
  • 2010年8月からは『野菜ソムリエの美味しい話』を中心に『野菜を食べよう北海道』と題して、野菜ソムリエである萬年暁子が美味しい野菜の見分け方や、番組パーソナリティーによる野菜の話をCMで放送。
    • 8月31日の野菜の日には『日本野菜ソムリエ協会 Presents 野菜の日スペシャル!』として番組を放送。STV本社前には新鮮野菜を積んだ、移動マルシェも登場する。

沿革[編集]

2005年(平成17年)
7月12日 - 会社設立。
10月1日 - 札幌テレビ放送から分社し、「株式会社STVラジオ」としての中波ラジオ放送を開始。
2010年(平成22年)
3月28日 - この日をもって、札幌放送局のステレオ放送を終了。
2011年(平成23年)
4月20日 - HBCラジオAIR-G'ラジオNIKKEIとともにradikoの試験配信を開始。
2012年(平成24年)
12月14日 - 16日 - ラジオ放送開始50周年記念番組として、『STVラジオ開局50周年〜北海道のために命がけ〜日高晤郎 挑戦!50時間56分生放送』を放送[7]
2013年(平成25年)
4月1日 - 平日の帯ワイド番組「どさんこラジオ」放送開始。
2014年 (平成26年)
4月1日 - radikoによる有料サービスであるエリアフリー配信を実質的に「どさんこラジオ」より配信を開始。

アナウンサー[編集]

STV所属のアナウンサーがSTVラジオの番組を担当する際は、出向扱いになる。

STVラジオ所属
いずれも、ディレクターを兼務。
室田智美(『9時ですリクエストプラザ』や朗読番組、韓国の旗 韓国音楽関連番組など担当)
溝渕信(『中央競馬実況中継』函館競馬場・札幌競馬場開催分のレース実況担当)[8]

上記のほか、以下のように関連会社や外部契約のアナウンサーも一部の番組を担当している。

札幌映像プロダクション所属[9](STVラジオへ出向)
巻山晃
奈良愛美
川嶋留美
その他
太田裕士(オフィスボイス所属。『中央競馬実況中継』函館競馬場・札幌競馬場開催分のレース実況担当)[10]

インターバル・シグナル音源[編集]

開局当初から、トランペット曲「マリアの丘」(ジョルジュ・ジューバン作曲)が使用されており、この曲をバックに全放送局・中継局の周波数とコールサインをアナウンスしている。アナウンスは全ての日を石田久美子が長く担当していたが、札幌テレビ放送編成部へ異動したため、現在は月曜早朝のみ、別のアナウンサーに置き換えられた[11]

道内各局別(日曜深夜の放送終了時を除く)にインターバル・シグナルを放送しているHBCラジオとは異なり、STVラジオは全ての放送局・中継局が同じインターバル・シグナルを放送している。

クロージングのアナウンス「これで、今日の放送を終了いたします(以前は「これで今日の放送は全部終了いたしました」)」は、工事などの関係で道内全域が放送休止となる場合にのみに流している[12]

時報[編集]

正時に「ポーン」と鳴るだけのパターン、5秒ほどのジングル音に続いて正時に「ポーン」と入るパターンの2種類が基本(一部時間帯はスポンサーをつけ、CMから時報に入る場合もある)。なお、時報音の「ポーン」はラ単音でHBCラジオ、AIR-G'と同じである。

平日6・7・8・16時、および土曜7時には「札幌時計台の鐘」の音を放送している。

radikoではHBCラジオ、AIR-G'と同様に時報音はカットされない。

スタジオ[編集]

Vスタジオ(生ワイド番組用)
オハヨー!土曜日
工藤じゅんきの十人十色
オハヨー!ほっかいどう』 
9時ですリクエストプラザ』 ほか
第1スタジオ(生ワイド・公開番組用)
どさんこラジオ
ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー
河村通夫の桃栗サンデー
Yo!Hey!サンデー!』 ほか
第2スタジオ(多目的運用)
第3スタジオ(録音番組用)
アタックヤング
第4スタジオ(録音番組用)
第5スタジオ(CM用)
第6スタジオ(ワンマン・ダビング用)
第9スタジオ(D・Tera・S内ニューススタジオ)
第0スタジオ(アナブース)

この他、STVホールも使用する場合がある。

周波数[編集]

一部を除き、各放送局とも過去に周波数を幾度か変更[13]していることが特徴的。HBCラジオでも、一部で周波数の変更は行われているが、回数・変更した局数とも、STVラジオのほうがやや多い。

旭川・名寄・釧路・網走の各送信所・中継局はかつてアナログ テレビ放送設備も併設していた。いずれも局舎は当初アナログ テレビ放送用で開局したが、AMラジオの開局にあわせ放送設備と送信アンテナを追加したもの。

札幌放送局、苫小牧・室蘭放送局(JOWF)[編集]

放送エリア:石狩振興局全域・空知総合振興局(中部と南部)・後志総合振興局全域・胆振総合振興局全域・日高振興局全域

札幌送信所と苫小牧・室蘭放送局は精密同一周波数放送を行っている。他の道内AMラジオ局と異なり、苫小牧・室蘭放送局にはコールサインが設定されておらず、札幌放送局の傘下に位置付けられている[14]

現在の周波数(1440kHz)は出力が50kWに変更された、1971年より使用。それ以前は1460kHzだった。 なお、1440kHzは9でも10でも割り切れることから、国際電気通信連合の取り決めで1978年11月23日より周波数を9kHzステップに変更後も、周波数は変更されなかった。

札幌(送信所:江別市角山) 周波数1440kHz 出力50kW
送信所・中継局
室蘭(送信所:室蘭市柏木町) 1440kHz 3kW[15]
苫小牧 1440kHz 1kW

旭川放送局(JOWL)[編集]

放送エリア:空知総合振興局(北部)・上川総合振興局全域・留萌振興局全域・宗谷総合振興局全域< 旭川送信所と管内各中継局は精密同一周波数放送を行っている。

旭川(送信所:旭川市東旭川、STV旭川放送局敷地内) 1197kHz 3kW[15][16]
中継局
名寄 1197kHz[17] 1kW
留萌 1197kHz 100W
遠別 1197kHz 1kW(HBCラジオと共同使用)
稚内 1197kHz 1kW

函館放送局(JOWN)[編集]

放送エリア:渡島総合振興局全域・檜山振興局全域

檜山振興局地域は函館送信所の低出力(当時)による難聴取対策のため、1991年に江差中継局、北檜山中継局を設置した。

周波数は開局当初1557kHz(1978年11月22日までは1550kHz)で、その後、1197kHzに変更、1995年より、現在の639kHzに変更された。

函館(送信所:函館市美原、STV函館放送局敷地内) 639kHz 5kW[15]
中継局
江差 882kHz 1kW
北檜山 882kHz 100W

帯広放送局(JOWM)[編集]

放送エリア:十勝総合振興局全域

STVラジオの放送局では唯一、管内に中継局を設置していない。

開局当初の周波数と出力は1490kHz・100Wで、その後1485kHz・1kW→1530kHz・1kWに、1995年より、現在の1071kHzに変更。

帯広(送信所:河東郡音更町木野新町) 1071kHz 5kW[15]

北見放送局(JOVX)[編集]

放送エリア:オホーツク総合振興局全域

網走送信所と遠軽中継局は同一周波数だが、精密同一周波数放送を実施していない。

STVラジオの放送局では唯一、定時のローカル番組を制作していない[18]

周波数は開局当初1062kHzで、その後936kHzに変更、1995年に現在の909kHzに変更。

網走(送信所:網走市潮見、天都山) 909kHz 5kW[15]
中継局
北見(JOYS) 1485kHz 100W
遠軽 909kHz 100W(HBCラジオと共同使用)

釧路放送局(JOWS)[編集]

放送エリア:釧路総合振興局全域・根室振興局全域

周波数は開局当初1440kHzで、その後918kHzに変更、1995年に現在の882kHzに変更。

釧路(送信所:釧路市緑ヶ岡、STV釧路放送局内) 882kHz 3kW[15]
中継局
根室(JOXS) 1062kHz 100W

AMステレオ放送[編集]

  • 1996年10月7日に開始した、AMステレオ放送[19][20]は2010年3月28日をもって終了。北海道内ではHBCラジオが一足早く、2010年2月28日をもって、AMステレオ放送を終了している。
  • ステレオ放送機や中継回線使用料が高額だったため、札幌放送局のみ実施していた。その他の道内各放送局では当初より実施されなかった。
  • なお、2011年から実施しているradikoの同時配信では、全道でステレオ放送が行われる。

主なキャッチフレーズ[編集]

開局 - 1980年代まで[編集]

  • 音楽のSTV(開局時)
  • スポーツのSTV(開局時)
  • ハートにアタック STVラジオ(ステーションジングルに、オフコースを起用)
  • ワイドで わいわい
  • STVラジオ、時を映す鏡
  • Vサインのプログラム STVラジオ
  • ふれあい特急便 STVラジオ
  • 全力疾走・新時代 STVラジオ
  • 全道ネット(うまいっしょクラブの提供読みでも使われていた)

1990年代[編集]

  • 夏! 鮮(セン)セーション
  • 秋! 鮮(セン)セーション
  • 今が聞こえる STVラジオ
  • だから、STVラジオ
  • 30年! いま春満開
  • 30年! いま夏真っ盛り
  • 30年! いま秋食べごろ
  • 30年! いまSTVラジオ
  • 札幌名物 おもしろはっちゃき STVラジオ
  • いつまでも STVラジオ
  • 挑戦! STVラジオ
  • となりのサッちゃん STVラジオ(STVテレビと共通)
  • Sにしよう、そうしよう。STVラジオ(AMステレオ放送開始時は「Sにしよう、ステレオにしよう」に変化。STVテレビと共通)
  • ありがとう、35年。STVラジオ

2000年 - 現在[編集]

  • ピカピカスピカ STVラジオ(2000年度。STVテレビと共通)
  • 北海道大好き STVラジオ(分社前最後のキャッチフレーズ)
  • やっぱりっ! STVラジオ(分社直後のキャッチフレーズ)
  • ほっかいどう大好き! STVラジオ
  • ぞっこん! ほっかいどう STVラジオ(2010年10月4日 - 2012年2月12日、STVと共通使用)
  • ずぅーっといっしょ! STVラジオ(2012年2月13日 - 12月31日、STVラジオ開局50周年記念)
  • あなたにとどけ! STVラジオ(STVラジオ開局50周年記念番組放送時に公募、STVラジオ社長が選別・決定、2013年1月1日 - )

現在放送中の番組[編集]

自社制作番組(全道放送)[編集]

放送時間:24時間放送(毎日5時起点)。日曜26:30(月曜2:30)から月曜5:00までは「STVラジオミュージックコレクション」というフィラー番組で、ノーDJによる音楽を放送。但し、放送機器調整(メンテナンス)も兼ねており、放送支局・中継局によっては休止(実質日曜付けは2時30分終了、月曜付けは5時開始)もあるほか、年数回程度、道内全域が放送休止となる場合もある[21]

以下の内容はいずれも、2014年7月現在で、JST表記。

日曜[編集]

月曜 - 金曜[編集]

曜日の記載がないものは、月曜 - 金曜の帯番組。

土曜[編集]

スポーツ中継[編集]

  • STVアタックナイター ぞっこんファイターズ中継(17:57 - 21:00)
    • 2014年シーズンは、ファイターズ戦 ナイター全試合中継予定。月曜と日曜は、ファイターズ戦開催時のみ放送。
    • 放送時間を延長する場合は、以下の通り。(4分前に中継がフェードアウトされ、延長終了を伝えるアナウンスがされる)
      • 月 - 金曜:23:50まで
      • 土曜:(ファイターズ戦)23:30まで(ファイターズ戦以外)21:30まで
      • 日曜:24:00まで
  • 中央競馬実況中継
    • 土曜は『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』、日曜は『Yo!Hey!サンデー!』に内包。
    • 函館競馬場札幌競馬場での開催期間中は自社制作、それ以外の期間はネット受け。

その他[編集]

  • STVラジオ・チャリティー・ミュージックソン(毎年12月24日 12:00 - 12月25日 12:00)
    • 放送日時に、土曜日が含まれる場合は通常番組の『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』を優先するが、一部コーナーを差し替える場合がある。

道内各放送局のローカル番組[編集]

radikoでは道内各局のローカル番組・CM放送時も差し替えを行わず、札幌放送局の番組・CMを放送している。

月曜 - 金曜[編集]

函館放送局・帯広放送局では、地元コミュニティ放送制作の番組を同時生放送している。

函館放送局[編集]

コミュニティ放送局「FMいるか」と同時放送。

  • ハロー函館(12:55 - 13:00)
帯広放送局[編集]

コミュニティ放送局「FM-JAGA」と同時放送。

  • 十勝HOT情報(10:55 - 11:00)
  • 勝毎ヘッドラインニュース(12:55 - 13:00)
釧路放送局[編集]

両番組ともに、2011年7月4日に開始した。

  • くしろHOT情報(10:55 - 11:00)
  • 釧路ときめき情報(12:55 - 13:00)
土曜[編集]

17:00 - 17:15の時間帯は道内各放送局が制作する、ローカル番組を放送している。

札幌放送局、函館放送局、苫小牧・室蘭放送局、北見放送局、釧路放送局[編集]
  • 聴いてください この歌を
旭川放送局[編集]
帯広放送局[編集]
  • ちかこのサタデー十勝
    • お相手:安斉ちか子

ネット番組[編集]

ニッポン放送 制作[編集]

文化放送 制作[編集]

KBS京都 制作[編集]

KBCラジオ 制作[編集]

FM NACK5 制作[編集]

ラジオ大阪 制作[編集]

その他[編集]

終了した番組[編集]

自社制作番組[編集]

その他[編集]

ネット番組[編集]

◆は分社前にネットしていた番組。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 開局当初は「さっぽろラジオほうそう」という呼称を使用していた。
  2. ^ 日本国内でテレビ単営局がAMラジオを新規開局する予定や計画は現在のところ皆無である。
  3. ^ 9時01分までは名目上は試験放送扱い
  4. ^ 2010年冬期の1週間平均はSTVラジオ2.0%、HBCラジオ1.8%だったものの、平日平均はHBCラジオ2.1%、STVラジオは2.0%となっている。
  5. ^ HBCラジオ聴取率速報~2010年 冬の聴取率調査結果~
  6. ^ 「北海道で一番聴かれているラジオ」STVラジオ!! 2013年10月4日閲覧。
  7. ^ STVラジオ ニュースリリース
  8. ^ 本業はディレクター。かつて夜ワイド番組『サッポロ2130 夜は金時』(1989年 - 1991年)に出演していた際、スタジオ内で競馬盤ゲームの馬を走らせて、それを実況するコーナー(夜金エキサイト競馬)があり、これがきっかけとなって競馬実況を担当するようになった。
  9. ^ 2012年7月1日付で、オフィスサッポロと合併。旧オフィスサッポロ所属のアナウンサーは全員が、札幌映像プロダクション所属となった。
  10. ^ ばんえい競馬生中継番組の進行役を担当するほか、ホッカイドウ競馬では実況も担当している。
  11. ^ 但し、月一回の『中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ』放送日と、その他の日は引き続き、石田久美子のアナウンスを使用している(道内全域放送休止時のクロージングも含む)。
  12. ^ ただし、放送休止時間前に放送休止のお知らせが流れた場合はクロージングでもインターバル・シグナルを流さず、そのまま放送休止となる。
  13. ^ 国際電気通信連合の取り決めによる、9kHzステップへの変更は含まない。
  14. ^ 室蘭放送局の取り扱いは各ラジオ局で異なり、NHK室蘭放送局は単独で、エリア展開(ラジオの独自番組はなし)。HBCラジオ室蘭放送局はコールサインこそ設定されているが、函館放送局に機能統合され、道南地域に組み込まれている。
  15. ^ a b c d e f 1995年に、従来の1kWから増力。
  16. ^ 1964年の送信所開局時から、1978年11月22日までの周波数は1200kHzだった。
  17. ^ 開局当初の周波数は1440kHzだった。
  18. ^ 札幌放送局と同一に扱われている、苫小牧・室蘭放送局を除く。
  19. ^ STVラジオが「ステレオ」に! - 総務省北海道総合通信局平成8年度報道資料
  20. ^ <お知らせ>札幌局のモノラル化について STVラジオ公式サイト
  21. ^ この場合、HBCラジオも2:30 - 4:00の間放送休止になるため、道内の民放AMラジオ局はすべて休止となる。2012年3月12日未明には旭川地区と帯広地区の各一部地域ではNHKラジオ第1放送も、1:00 - 5:00の間放送休止になるため、AMラジオ放送が全局休止になるところもある。
  22. ^ 4月8日(日)朝8時、いよいよリニューアルスタートです!
  23. ^ HBCラジオでも放送していたことがある(詳細時期不明)。
  24. ^ 当初はSTVラジオ単独で放送。後にRFラジオ日本でもネットを開始。STVラジオでの放送は2010年3月をもって終了したが、RFラジオ日本では現在も自社制作で放送中。
  25. ^ 現在は『高田純次 毎日がパラダイス』として、HBCラジオで放送中。
  26. ^ TBSラジオ制作だが、HBCラジオが編成の都合でネットできなかったため、STVラジオがネットしていた。
  27. ^ かつてはSTVラジオとHBCラジオで放送していたが、現在はHBCラジオのみ放送している。
  28. ^ 2002年3月で、STVラジオでのネットを打ち切り。道内では2002年4月 - 2003年9月の間、ネットされず、2003年10月より、HBCラジオがネットして放送を再開。
  29. ^ 2008年4月より、「ニューシミチコパラダイス」とHBCラジオから「JOMO童話の花束」を移行、統合して「JOMOステーション大作戦 清水ミチコのミッチャン・インボシップル」のタイトルで放送。
  30. ^ 制作局の東海ラジオ放送のみ、現在も放送中。STVラジオが放送を終了させた理由はスポンサーの広告費削減の影響による。なお、STVラジオが放送を終了させた当時、大半のネット局でも終了している。また、東海ラジオでは2009年4月にスポンサーが変更になったが、2010年3月をもって降板した。
  31. ^ 現在は、HBCラジオで放送
  32. ^ 2009年7月からは、HBCラジオで放送(土曜 5:45 - 6:00)。
  33. ^ 制作局のニッポン放送は月曜日 - 金曜日までの帯番組だが、STVラジオでは10分編集版を放送。
  34. ^ 切り替え時期は不明だが、現在はHBCラジオで放送中。STVラジオではジェームス・ドブソン版を放送。
  35. ^ MBSラジオ制作、2012年3月で終了
  36. ^ STVラジオでの放送開始時期は不明。
  37. ^ HBCラジオでも、日曜7:45 - 8:00に放送しているが、別内容。
  38. ^ 2010年6月までは『JOMOステーション大作戦』として放送。7月に、JOMOとENEOSの経営統合に伴い、現題名に変更。稀に特別番組放送のため、休止する場合があった。
  39. ^ 2014年7月5日からは、HBCラジオで放送。

外部リンク[編集]