石狩振興局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 北海道 > 石狩振興局(旧・石狩支庁
石狩振興局 管内のデータ
Ishikari subpref Hokkaido.png
自治体コード 01300-5
発足 2010年4月1日
石狩支庁から改組)
面積 3,539.86 km²
2009年10月1日)
世帯数 1,144,278世帯
(2010年3月31日 住民基本台帳
総人口 2,358,731
(2014年6月30日 住民基本台帳)
隣接している
振興局管内
空知総合振興局後志総合振興局留萌振興局胆振総合振興局
石狩振興局(旧・石狩支庁)
所在地 〒060-8558
札幌市中央区北3条西7丁目(道庁別館)
石狩振興局がある北海道庁別館
外部リンク 石狩振興局

石狩振興局(いしかりしんこうきょく)は、北海道振興局のひとつ。振興局所在地は札幌市中央区2010年平成22年)4月1日石狩支庁に代わって発足した。

歴史[編集]

所管[編集]

従来の石狩支庁と同一である。

14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では空知支庁より改組される道央総合振興局(どうおうそうごうしんこうきょく)の下部組織として設置される予定であったが「格下げ」に対する反発が生じたことから2009年(平成21年)3月に条例を改正。石狩を始めとする5振興局については総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされる一方で「広域で所管することが望ましい業務」に関しては隣接する空知総合振興局が石狩振興局管内を含む石狩・空知地方全域において事務を担当する。

行政[編集]

石狩振興局管内の市町村は、複合的一部事務組合である札幌広域圏組合を構成している。同組合では、図書館ネットワーク事業や職員研修の合同化等の事業を行っている。

人口[編集]

5振興局の中では最大かつ、振興局管内の広域業務を所管する空知総合振興局を始めとする9総合振興局の全てを上回る人口を有しており、合わせて14の振興局・総合振興局の中では唯一、人口の増加を続けている。

Demography01300.svg
石狩振興局と全国の年齢別人口分布(2005年) 石狩振興局の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 石狩振興局
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
石狩振興局(に該当する地域)の人口の推移
1970年 1,218,106人
1975年 1,487,629人
1980年 1,694,196人
1985年 1,864,671人
1990年 2,024,041人
1995年 2,154,646人
2000年 2,242,564人
2005年 2,310,015人
2010年 2,343,250人
総務省統計局 国勢調査より

管内で視聴できるテレビ局[編集]

※全局音声多重放送実施。

外部リンク[編集]