ZIP-FM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZIP-FM
ZIP-FM Inc.
放送対象地域 愛知県
系列 JFL
略称 ZIP
愛称 ZIP-FM
コールサイン JOQV-FM
開局日 1993年10月1日
本社 〒460-8578
愛知県名古屋市中区丸の内3-20-17
OSプラザビル17・18階
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 名古屋 77.8MHz / 10kW
主な中継局 豊橋 77.1MHz
公式サイト http://www.zip-fm.co.jp/
特記事項:開局当初の商号は「エフエム名古屋」であった。
テンプレートを表示
株式会社ZIP-FM
ZIP-FM Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
460-8578
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目20番17号
OSプラザビル17・18階
設立 1992年12月21日
(株式会社エフエム名古屋)
業種 情報・通信業
事業内容 放送法に基づく一般放送事業
代表者 代表取締役社長 鴨頭治彦
資本金 12億円(2011年3月31日時点)
売上高 16億4514万円(2011年3月期)
営業利益 1億2447万円(2011年3月期)
純利益 3693万円(2011年3月期)
純資産 19億224万円(2011年3月31日時点)
総資産 24億1000万円(2011年3月31日時点)
従業員数 30人
(2011年4月1日時点、出向1人含む)
決算期 3月
主要株主 名古屋鉄道中日新聞社北海道新聞社トヨタ自動車 - 各10.0%
外部リンク http://zip-fm.co.jp/index1.asp
特記事項:2004年10月1日に現法人名に商号変更。
テンプレートを表示

株式会社ZIP-FM(ジップエフエム)は、愛知県名古屋市中区に演奏所を置き、愛知県を放送対象地域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。旧社名は株式会社エフエム名古屋(エフエムなごや)。コールサインはJOQV-FM。JFLの加盟局。

概要[編集]

1993年10月に開局した愛知県で2番目の県域FM局。開局に際して、文化放送で編成を担当し、東京のJ-WAVE、京都のα-STATIONの開局を手がけた常行邦夫を編成部長としてヘッドハントする。さらに、その下に神戸のKiss FM KOBEFM静岡、α-STATIONなどの開局に携わったスタッフ、名古屋のデザイン博覧会の臨時FM局FM DEPOに携わったスタッフなどがプロデューサーとして参加した。

当初はAORコンテンポラリーを中心にオンエアーし、トーク・インフォメーションは極力減らす「モア・ミュージック〜レス・トーク」をコンセプトとしていた。

また、FM局としては類を見ない数のコンピレーションCDを開局当初から発売しており、その中でも人気コンピレーションシリーズ、『Dancemania』とタッグを組んで発売した『ZIP mania』シリーズ(発売元は東芝EMI)はFM局のコンピレーションCDとしては異例ともいえる30万枚のセールスを記録。

聴取エリア外での販売も好調で『ダンスミュージックに強いZIP-FM』の名を売り込むことに成功した。このヒットと時期を同じくして選曲はダンスミュージックポップス中心へシフト。さらに他局に先駆けてインターネットを導入・活用したり、イベントやキャンペーンを増やすなど変貌を遂げた。

2013年現在のキャッチコピーは、「MORE FUN, MORE ZIP!」とし、ZIP-FMにしかできない番組作りを目指している。

周波数・送信出力[編集]

東山タワー

これらは放送休止時と明けの5:00前にコールされ、放送休止となり、番組が再開する。

可聴エリア[編集]

  • ZIP-FMの放送法上の放送対象地域は愛知県であるが、実際には愛知県以外にも、東海3県の大部分をカバーしている。ZIP-FMの発表では、岐阜県美濃地方三重県北中部地方の、それぞれほぼ全域を公式のサービスエリアとしている。
  • USENの衛星放送サウンドプラネットを介し、CG-33chにて全国で聴取可能。同じくauのアプリであるLISMO WAVEでも聴取可能。ただし、CMの間はすべてBGMに差し替えられている。
  • 2008年3月31日より、モバHO!の483chでZIP-FMの再送信を開始した(ただし、CMの間はすべてBGMに差し替え)が2009年3月31日に、モバHO!のサービス終了に伴い再送信も終了した。

主要株主[編集]

2010年3月31日時点の出資状況は以下の通り[2]

特長[編集]

ZIP-FMが入居しているOSプラザビル

ZIP-FMでは1997年4月から、外国語放送局・外国語を使用するコミュニティFM以外で唯一PSAを放送している[3][4]。このPSAは、RADIO-iが開局中の間も放送され、InterFM NAGOYAが2014年4月に開局した現在でも引き続き放送中である。また、かつては、英語でのニュースや一部のミュージック・ナビゲーターによる英語での天気予報を放送していたこともあった[5]

ZIP-FMではJ-POPZ-POP(ジーポップ)と呼称する(Zは、「日本」を表す"Zipangu"の頭文字であること、そしてZIP-FMのZであることから)。開局当時、Z-POP(J-POP)のOA比率は低く、全体の2割程度であったが、現在はZ-POP専門番組やアーティストが出演する番組、イベントも増えている。

一方、ジャニーズ事務所ハロー!プロジェクト所属タレントの曲、AKB48SKE48などといった21世紀に結成された秋元康プロデュースのアイドルユニットの曲やアニメソングなどの「サブカルチャー」のサウンドは原則オンエアしない方針を開局当初から持っており、このことを同局のナビゲーターであるジェイムス・ヘイブンスが他局の番組で間接的に批判していた[6][7]が、開局20年目にあたる2013年4月の番組改編から、若年層(16〜34歳)のラジオ離れの食い止め、新規聴取者層開拓のため、アイドル楽曲の音楽性の高さなどを理由に、解禁する方針を打ち出してしている。ただし、これまでの局内にあった洋楽中心・最先端の音楽を紹介する放送局というイメージを大切にしたいため、21時以降という時間限定での解禁となり、主に『WOW!』と『DIG IT! DIG IT!』が担うことになる[8][9]

同局では、リスナー(聴取者)のことを通称「ZIPPIE(ジッピー)」と呼ぶ("ZIP"+「〜される者」の接尾語である"ee")。また聴取エリアを『ZIP CITY』もしくは『ZIP AREA』と称している。局の方針により、リクエスト・エントリー・プレゼントの応募の際に、ラジオネームの使用を一切認めていない(唯一の例外として2014年8月14日放送の『STARTS!』内限定という条件で解禁された事がある)。ただし、匿名は可能である。

不定期に、早朝(6:00)から深夜(24:00)まで、特定の曲だけをかける「○○DAY」を行うことがある。ただし特定の曲とは、アーティストだけでなく、音楽ジャンルの場合や音楽以外の場合(映画作品など)もある。過去にはクラシック音楽アニメソングを対象に行っている。

24時間ワンフォーマット編成による放送[編集]

2002年4月1日から2004年3月31日まで、日本の民間放送局ではKBCラジオセント・ギガBS)、α-STATIONに次ぐ、ワンフォーマット編成による放送を行っていた。この期間中は原則ZIP HOT 100と特別番組以外は番組名が無く、7時から(平日は、2003年4月からは6時から)6時間毎にZONE1、ZONE2、ZONE3、ZONE4と名称を設定し(但し、日曜はZONE2にあたるZIP HOT 100が4時間番組のため、ZONE3は17時から、ZONE4は23時から)、各時間帯は1人のミュージックナビゲーターが進行を行った。なお、このZONEという名称は新聞のラテ欄やプレゼントの発送などに利用された。

K-POP[編集]

2001年5月31日には、韓国KBSのスタジオから、史上初めて日本の放送局の生放送を実施し(この放送のミュージックナビゲーターは落合健太郎が担当。)、ゲットーサウンドの「無」、シャクラの「ヤキ!ヤキ!」など個性的なヒット曲を発掘した。KARA少女時代の楽曲のオンエアにも積極的であるが、一方で日本のアイドル楽曲はほとんどオンエアされないために、ジェイムス・ヘイブンスが番組内で疑問を投げかけている(前述)。

編成[編集]

放送時間は月曜日から日曜日まで、1日の起点を5:00とした24時間放送(開局当初は7:00起点、2006年3月までは4:00起点、2013年3月までは6:00起点だった)だが、月に1-2回程度、日曜深夜(月曜未明)の数時間は放送休止で、その場合は当日0:00以降に終了する。0:00終了になる以前は、その時放送すべきだった番組は翌曜日の深夜帯に放送されることがあった。なお、クロージングのアナウンスを行っているのは橋本美穂

タイムシグナル[編集]

  • ZIP-FMではBEEP(ビープ)音(ピッ・ピッ・ピッ・ポーン)を入れた時報を一切使用せず、各番組(各放送番組開始前)の区切れを中心に『タイム・シグナル』と呼ばれるものを入れている。歌に乗せてスポンサー名と、堀田和則(開局時から担当)によるアナウンスが入る(稀に女性によるアナウンスもあったが現在はない)。初期の土曜・日曜は違う人が担当していた。2013年4月の改編で同年10月に開局20周年を迎えた事を機にバック音楽が変更された。
    • 例)土曜日朝6時の場合:「Have a wonderful weekend, Saturday time signal」の歌に続き、「(企業キャッチコピー)+(企業名)が6時をお知らせします。」のアナウンスが入る。アナウンスが終わったところで正時になり、「We are No.1 radio station ZIP-FM 77.8」と歌われて終わる。『タイム・シグナル』の前に20秒のCMが入る場合は59分10秒、入らない場合は59分30秒にスタートし、00分15秒に終わる。
    • スポンサーがない場合(例:月曜朝5時)は企業名の箇所で「good music, good frieds, good time, zipfm 77.8」と入れ、「ZIP-FMが5時をお知らせします。」のアナウンスが入る。
  • 月曜-木曜の番組区切れ以外では12時(正午)のタイムシグナルが存在するが、スポンサーが有る場合の放送で、2014年8月現在はスポンサーがあるためCM付きでオンエアされる。2014年8月からはスポンサーが有る場合のみの15時枠が新たに追加された。スポンサーがある為オンエアが開始された。週末の設定はない。金曜日は空枠期間が長期化し単契約{11:00のみも可}も可能となった。また金曜や月ー木の早朝や夜のスポンサーがなかなか決まらないのはZIP独自のスポンサー規制が原因と推測される。
  • 放送時刻及び協賛スポンサー名はタイムテーブルに記載されている。バック音楽は平日バージョンと土曜・日曜バージョンの2種類がある。
  • 2014年8月現在、月-木曜の7時・12時・15時、金曜7時、土曜10時・17時、日曜の10時において、番組の区切れ以外でのタイムシグナルを入れている。
  • 開局当初は平日バージョンと土曜バージョン、日曜バージョンと異なるジングルを使用していた。 特に平日バージョンは、朝(7:00)・午前(10:00)・午後(14:00)・夕刻(18:00)・夜(21:00)・深夜(1:00)とそれぞれ異なるジングルを流す力の入れようであった。その後初期の日曜スポンサーが早々と撤退し、土曜だけでなく日曜もポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)がスポンサーになったことで土・日とも同じ音楽を使用していたが、2008年4月5日放送分からポッカコーポレーションがスポンサーを撤退した為、音楽が変更されている。
  • 当局の規定により週末の放送開始前を中心としてオンエアされない時間があり、金曜23時と日曜18時・20時・23時がそれに該当する。
  • 深夜帯はタイムシグナルは放送されず、ステブレレスで次の番組になる。特番番組や祝日等で減る場合や正規の時間以外に放送されることがある。またタイムシグナルの前後にステブレを入れない時間も多く、番組のBGMやナビゲーターの声が乗ったままタイムシグナルの音楽が入ることがある。

歴史[編集]

  • 1992年12月21日 - 株式会社エフエム名古屋設立。J-WAVE、α-STATIONで特色ある編成を手がけた常行邦夫をヘッドハントし編成部長に迎える。
  • 1993年8月2日 - 午前2時10分、無変調の試験電波発射、午前4時過ぎに代表取締役社長(当時)の局名アナウンスが第一声として流れ、午前7時より音楽を流す試験電波が始まった。1曲目はイーグルスの「Take it easy」。
  • 1993年9月6日 - 試験放送開始。
  • 1993年10月1日 - 午前0時、民放FMでは全国43番目、愛知県で2番目に開局。開局特別番組の1曲目はレニー・クラビッツの「Are You gonna go my way(自由への疾走)」。DJは小林克也。開局当時はPRのために名古屋に二階建てバスが走り、TVCMも放送された。
  • 1996年6月9日 - 中区JETRO輸入車ショールーム「フィエラ」内にサテライトスタジオ「FIERA ZIP CORNER」を開設、公開生放送で使用される。
  • 1998年3月25日 - この日の早朝から4月1日未明まで同年度(4月度)から大幅な番組改定を実施するため、3月24日までで実質1997年度の定時番組を終了し、この期間中は「REBORN WEEK」というテーマで、DJによるコメントは1998年度の番組改定に伴う新編成の説明のみで、他はフィラー音楽だけを1週間通して流すという試みが行われた。
  • 2002年4月1日 - 「24時間ワンフォーマット」編成を導入、日本では他に京都のα-STATIONにおいて同様の施策を導入した例がある。(2004年3月31日まで、後述)。
  • 2003年10月1日 - 開局10周年を記念し新ロゴマークを発表。
  • 2004年4月1日 - スローガンを開局以来の「FOR ACTIVE URBAN LIFE」から「DESIGN YOUR FUTURE」に改める。
  • 2004年10月1日 - 開局11周年を迎え、商号を株式会社ZIP-FMに変更する。
STUDIO LACHIC

オフィシャルチャート[編集]

  • ZIP HOT 100 - オンエア、リクエストデータなどを基にした洋邦混合チャート。
  • Z-POP COUNTDOWN 30 - オンエアデータを基にした邦楽限定チャート。
  • ZIP DANCE HITS 20 - オンエアデータ、CDセールスを基にしたダンス音楽限定チャート。

放送中の番組[編集]

2014年10月現在 ◆ があるのはJ-WAVE発のネット番組

  • 随時、生活情報を伝えるZIP-FM HEAD LINE NEWS、WEATHER INFORMATION、TRAFFIC INFORMATIONを挿入。
  • 下記ワイドプログラムではサーフボードプログラム及びショートプログラムと呼ばれる番組を内包している。
  • 冬季限定で、平日昼間に「ZIP WINTER WONDERLAND」を放送する。
  • 祝日は「ZIP-FM HOLIDAY SPECIAL」を放送(月-木の場合 9:00-17:00、金の場合は 9:00-16:00)する事があるため、同時間帯に放送されているレギュラー番組は休止となる事がある。
  • 2013年4月から、開局20周年を機に、全体の65%の大改編を実施することが決まる。

新コンセプト「MORE FUN,MORE ZIP(もっと楽しく、もっと元気に)」 「THINK GLOCAL,ACT LOCAL(グローカルに考え、ローカルで行動する)」 「GOOD MUSIC WITH X〈クロス〉 TALK(双方向トークと良質な音楽)」の3点を変えることを行い、新ミュージックナビゲーターも登場することが決定した。

  • そして、平日は今までより1時間早い早朝5時からのオンエア。土日も早朝6時からのオンエアとなる。従来は録音放送だった深夜の時間帯(0:00-01:00) に10代をターゲットにした生放送を企画している。
月曜日-木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
5 STARTS! - 月・火・水 / 羽田沙織、木・金 / 花上裕香 MUSIC FLOW
6 6:30MORNING CHARGE - 小林拓一郎 LOVELY - 空木マイカ
7
8
9 PEACHY. - 橋本みのり BIG TIME - ケン・マスイ RADIO ORBIT - クリス・グレン成田真美
10
11 SONIC FUN RADIO - デイル
12
13 Z-POP COUNTDOWN 30 - 成田真美 ATEAM ZIP HOT 100 - 鉄平
14 SMILE HEART BEAT - MISATO OPENER - 都竹悦子
15 SATURDAY GO AROUND - 落合健太郎・花上裕香
16 TOYOTA DRIVE IN JAPAN - 細川茂樹
17 BEATNIK JUNCTION - IRENE
STUDIO LACHICから公開生放送
16:30 GOLDEN Z[12] - ジェイムス・ヘイブンス SUNDAY HAPPY HOUR - 堀江美穂
18 VINTAGE GARAGE - ロバート・ハリス
19 FABULOUS RIDE[12] - MEGURU BEAUTIFUL LOUNGE - AZUSA DRIVE TO THE FUTURE - ピストン西沢松嶋初音
20 SWAG #41[13] - 南城大輔
21:00 - 21:45 ZIP DANCE HITS 20
SUNDAY NIGHT SPECIAL - 週替わり
21 WOW![13] - 月・火 /磯谷祐介、水・木 / 白井奈津 FUN★TASTIC - 矢口清治
22
23 ARTIST PROGRAM(30min.×2、後述) CLUB MUSIC FREAKS - SHUNYA
ARTIST PROGRAM(後述)
SPOT MUSIC - ヒライユミカ
0 FIND OUT - 月-水 /AZUSA 木<隔週> / 村松拓(Nothing's Carved In Stone)・稲村太佑(アルカラ)・金井政人(BIGMAMAARTIST PROGRAM(後述) DIG IT! DIG IT! - YO!YO!YOSUKE・大脇愛
1 Z-POP STREET - 月・火 /ヒライユミカ 水・木 / YO!YO!YOSUKE REAL ROCKS - 澤田修 MUSIC FLOW
2
3 MUSIC FLOW
4

ARTIST PROGRAM[編集]

MON TUE WED THU FRI
23:00 - 23:30 TARO JIROCK
TarO&JirO
Boing Boing
吉田山田
mon mon monkey
KNOCK OUT MONKEY
EVERYBODY ON THE RUN!!
【笹木ヘンドリクス】
YO!NOW!!YO!NOW!!
【ROTTENGRAFFTY】
23:30 - 24:00 DX MONDAY
【LGYankees HIRO】
Radioholic
見田村千晴
ZIP-ROCK RADIO
真空ホロウ
Just a Hunch
JiLL-Decoy association
SHOVEL FRIDAY
タオルズ
  • FIND OUT
    • MON 0:30〜 WORLD KUSO SATELLITE【空想委員会
    • TUE 0:30〜 Alone in the World【Suck a Stew Dry】
    • WED 0:30〜 Night Flicker【The Flickers】
  • CLUB MUSIC FREAKS
    • 24:00 - 24:20 LOVE PANTHER【Ms.OOJA
    • 24:30 - 24:50 WEST UP RADIO【DJ OLDE-E】

その他単発番組[編集]

  • RUN WITH THE WIND:ALL JAPAN INTER-UNIVERSITY EKIDEN CHAMPIONSHIP(単発・11月。全日本大学駅伝対校選手権大会の生中継で放送時間は8:00〜14:00。駅伝中継部分は文化放送の制作。通常この時間に放送しているサーフボードプログラムは休まずこの番組内で放送している)なお、この日に限り13時のタイムシグナルはこの番組が終了する14時に移動する。

過去の放送番組[編集]

「24時間ワンフォーマット」時代は番組名が存在しないため、ここでは省略。括弧内は担当したナビゲーター。

  • ZIP MORNING CALL(竹石ソニア)
  • ZIP MORNING BUZZ(ジェイムス・ヘイブンス
  • ZIP URBAN STREAM(林舞)
  • UPTOWN ZIP(うえだひろこ)
  • Z-CALL 77.8(間宮優希
  • ZIP CONTEMPORARY NIGHT(クリス・グレン
  • ZIP MIDNIGHT PARTNER(クリスハート/チャーリーエスピナ)
  • Z-POP DREAMIN'(ジェフ松尾)
  • SATURDAY ZIP MORNING(中村真子)
  • MEETING THE EUROPIAN(ジョン・カビラ
  • ZIP SOUND GALLERY(村上美樹)
  • MOTOWN FREEWAY(チャールスグラバー)
  • ZIP LOVERS TIME(南美布/スコットモリス)
  • ZIP NIGHT BOUND(クリフリチャーズ/小林克也
  • ZIP PALMTREE STUDIO(ダニエルブルックス)
  • AICHI COCO PARADISE(ウィリーモク)

など。


現在のミュージック・ナビゲーター(DJ)[編集]

ZIP-FMではDJをミュージック・ナビゲーター(MUSIC NAVIGATOR)と呼ぶ。J-WAVE同様、日本語と英語のバイリンガルDJが多い。ジェイムス・ヘイブンスは、開局時から在籍している唯一のナビゲーターである。クリス・グレンは開局時のナビゲーターで、2011年4月に7年ぶりにZIP-FMに復帰した。


番外[編集]

  • ロボ丸
    開局当時、ZIP CONTEMPORARY NIGHTにて、当時ナビゲーターだったクリス・グレンのアシスタントをしていた。この時の声の主はボビー宇野(最終回にボビー宇野自身の生声で出演)。その後、2005年にスタートした「J-FRIDAY」の6時台を「担当」していたが(これ以降の声は、ジェイムス・ヘイブンス自身が行なっていた)、1年で「降板」。ちなみに同局の公式タイムテーブルには一切クレジットされておらず、局としては「ロボ丸はジェイムスのお遊び」と考えていた可能性大。かつてはJフォースDの先生役の担当だった。つまりは1人で2役こなしていたということである。現在、「ZIPうた♪RADIMO」(携帯の着うたサイト)のCMに出演中。
  • J-FORCE R.E.D.
    2000年前後にRが13:30から14:00、Eが17:30から18:00、Dが21:30から22:00に放送された。コマンダと称すジェイムス・ヘイブンスとアニーと称す女性がジェイムスに突っ込みを入れる(ジェイムスのアシスタント的な存在だったが番組終盤で軍曹であることが判明)。Dではロボ丸と称すロボット先生と生徒と称すジェイムスとで構成。RとEは情報トーク番組、Dはコント番組のような感じで音楽よりもしゃべる時間が多かった。いかにも3人で放送しているように聞こえるが、実はスタジオにいろいろな声が録音されているキーボード?があり、ジェイムス1人がこれ操作していたにすぎない。つまりは1人で3役こなしていたということである。音楽があまりかからないためか1年で放送が終わってしまった。

過去のミュージック・ナビゲーター[編集]

  • 小林克也(ZIP HOT 100を担当)
  • キャプテン・ジョージ(現・ケビン・クローン。ZIPから去る時、「キャプテン・ジョージの名は名古屋に残す」と言って芸名を封印した。)
  • 佐野瑛厘(ZIP-FMミュージック・ナビゲーター当時は佐野恵里、2010年4月、RADIO-iのiJとして「Briliant Wave」・「Twilight Breeze」を担当。2013年現在は、MID-FMで「Wednesday Music Wow!」などにて番組を担当中。)
  • ターザン山下(2014年5月現在、Kiss FM KOBEなどで番組を担当。)
  • MARCO(マルコ石本として、2009年4月よりFM AICHIで「モーニング・グルーブ」・「RADIO SPLASH」を担当。2014年5月現在、「ラジマル!!」を担当。)
  • パトリック・ユウ(現在は主に東京ヤクルトスワローズオフィシャルスタジアムDJとして活動)
  • 石川實(2014年5月現在、InterFMのDJとして「Flashpoint」を担当)
  • 田邉香菜子
  • 秀島史香 READING FOR YOUR HEART (J-WAVE製作) 2013年4月からZIP-FMでも放送。
  • 辻麻衣
  • 池山文
  • 池田なみ子(2014年5月現在、FM COCOLOのDJとして「FRIDAY AMUSIC MORNING」・「SATURDAY AMUSIC MORNING」・「君と焚き火とAOR」を担当)
  • 荻田ゆみこ
  • 宮本絢子
  • Ulee
  • Nadia
  • 岡本祐佳(2014年5月現在、FM横浜のDJとして「K-POP NOW!」を担当)
  • RIO
  • 服部愛子
  • 今泉圭姫子
  • BANTY FOOT
  • 渡辺麻耶(2014年5月現在、InterFMのDJとして「Lazy Sunday」を担当)
  • RYO the SKYWALKER

ミュージック・ナビゲーター コンテスト[編集]

開局以来毎回開催。受賞者や出身者から多くのZIP-FMや全国のFM局にてミュージック・ナビゲーターを輩出している。

歴代グランプリ受賞者[編集]

  • 01回(1994年度):金子奈緒
  • 02回(1995年度):平瀬マミ
  • 03回(1996年度):平井貴子
  • 04回(1997年度):加藤昌子(SHOKO)
  • 05回(1998年度):原口雅子
  • 06回(1999年度):藤田琢己
  • 07回(2000年度):RIO
  • 08回(2001年度):澤田修
  • 09回(2002年度):堀江美穂
  • 第10回(2003年度):鈴木冨美子
  • 第11回(2004年度):小林拓一郎
  • 第12回(2005年度):栗林俊行
  • 第13回(2006年度):ナディア・ギフォード(Nadia)
  • 第14回(2007年度):二階堂裕太
  • 第15回(2008年度):長洲あきな
  • 第16回(2009年度):IRENE
  • 第17回(2010年度):MEGURU
  • 第18回(2011年度):橋本みのり

改編[編集]

  • これまで、「ZIP HOT 100」以外の全番組を変更する(改編率97%)という大改編を3度行っている(1998年2002年2004年。ともに4月1日から)。
  • 前述の「24時間ワンフォーマット」を行っていた時期は、ゾーン1、ゾーン2、ゾーン3、ゾーン4といった感じで新聞に掲載されていた(当時の日曜日のゾーン2に当たる「ZIP HOT 100」のみ番組名が掲載されていた)。
  • 6か月毎にミュージックナビゲーター異動などのマイナーチェンジが行われることがある(無い場合もある)。改編期を待たずに引退するDJもいた。

タイムテーブル[編集]

番組の情報などを載せた小冊子「TimeTable」を毎月末に発行している。発行場所はLACHICや東海地区主要CDショップ(HMVタワーレコードソフマップTSUTAYA、愛曲楽器、音楽堂、ディスクステーション、サウンドベイ、夢屋書店いまじん、白揚など)。また、郵送でも受け付けている(送料は発注者負担)。

聴取率[編集]

聴取率(16〜34歳)で最新調査でも在名FM局中ナンバー1を記録している[14]

SAKAE SP-RING[編集]

名古屋市の繁華街、ライブハウスで同時に行うライブイベントのSAKAE SP-RING(サカエスプリング、略称はサカスプ)が、ZIP-FM主催で2006年から毎年開催されている。第1回目は2006年5月13日に6会場で開催され、カルテット風味堂ら45組程が出演した。

第2回目は、2007年は5月12日と13日に開催された。 2007年の主な出演アーティストは愛知県出身のSEAMOをはじめ、GOING UNDER GROUNDなどメジャーなアーティストから名古屋のクラブDJまで100組以上の出演者が登場した。会場も10箇所に及び、分刻みで各アーティストが出演した。

2008年は、5月31日と6月1日に開催され、青山テルマオレスカバンドSouljaら150組あまりが出演した。

2011年は、6月4日と5日に11会場で開催され、THE BAWDIESNIKIIEねごとのあのわMs.OOJAMiChi ら188組が出演した[15]

No. 開催日 会場数 出演者数 アーティスト 備考
1 2006 5月31日 6 45組程度
2 2007 5月12日 - 13日 10 100組以上 [16]
3 2008 5月31日 - 6月1日 10 168組 [17]
4 2009 5月30日 - 31日 12 150組以上
5 2010 6月4日 - 5日 - 6日 12 195組
6 2011 6月4日 - 5日 11 188組 [15]
7 2012 6月2日 - 3日 12 195組
8 2013 6月8日 - 9日 12 233組
9 2014 6月7日 - 8日 17 265組

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「2011年個人聴取率調査報告」内「16〜34歳ZIP-FMの週間聴取人口と聴取分数 1週間98万人がZIP-FMリスナー」より。
  2. ^ 『日本民間放送年鑑2010』 - 日本民間放送連盟編(2010年)
  3. ^ ZIP-FM HISTORYより。
  4. ^ 土曜・日曜6:17 - 6:25の『GLOBAL VOICE』。公益財団法人愛知県国際交流協会・公益財団法人名古屋国際センターの協力で製作されている。
  5. ^ 日本語アナウンスされたものを英語に翻訳したもの。
  6. ^ 作詞・作曲者によるセルフカバーなどを非アイドル・サブカルチャー系扱いとしてオンエアした例はある。
  7. ^ 例外として2005年1月に発売されたSMAPのシングル『友だちへ〜Say What You Will〜』は愛・地球博関連ソングということもあり、発売時に集中的にオンエアされた経緯がある。また、「アニソン ONE DAY」などでアニメソングやアニソンアーティストがゲスト出演することが稀にあった。
  8. ^ このこともあり、『WOW!』では「ZIP-FM初の~」という触れ込みがある。
  9. ^ 2013年4月3日付中日新聞夕刊7面(芸能)「ZIP-FMでアイドルの曲 若者へ「ワウ!」「ディギディギ」」より。
  10. ^ 『ラジコ、東海でも配信開始』「中日新聞」朝刊15面(芸能面)2011年2月21日より。
  11. ^ 2/15(水)サタテン×ZIP-FM コラボライブ決定!! - NHK名古屋放送局「でじめも。」 2012年1月31日
  12. ^ a b 実際には定時10分前((月-木)は20:50 - 21:00、(金)は19:50 - 20:00)に『READING FOR YOUR HEART』(◆)がネットされている。
  13. ^ a b 実際には定時5分前(22:55 - 23:00)に『NIPPON SEKIJUJISHA "GAKUKEN" THE REASON WHY』(◆)がネットされている。
  14. ^ 聴取率調査レポート - 公式ホームページ
  15. ^ a b SAKAE SP-RING 2011のスケジュール”. ZIP-FM. 2011年6月7日閲覧。
  16. ^ ZIP-FM POWER REPORT (PDF)”. ZIP-FM (2007年5月27日). 2011年6月11日閲覧。
  17. ^ SAKAE SP-RING 2008”. ZIP-FM POWER REPORT (2007年5月27日). 2011年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]