中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中日ドラゴンズ
会社名 株式会社中日ドラゴンズ
創設年度 1936年
ロゴデザイン
Chunichi dragons insignia.png
所属リーグ
セントラル・リーグ
歴代チーム名
本拠地
ナゴヤドーム愛知県名古屋市東区
(パノラマ写真)
収容人員 38,414人(ナゴヤドーム)
フランチャイズの遍歴
永久欠番
10:服部受弘 | 15:西沢道夫
獲得タイトル
アジアチャンピオン(1回)
2007
日本一(2回)
1954 | 2007
リーグ優勝(9回)
1954 | 1974 | 1982 | 1988 | 1999 | 2004 | 2006 | 2010 | 2011
成績(タイトル以外)
アジアシリーズ出場(1回)(太字は優勝、斜体は準優勝)
2007
日本シリーズ出場(10回)(太字は勝利した年)
1954 | 1974 | 1982 | 1988 | 1999 | 2004 | 2006 | 2007 | 2010 | 2011
クライマックスシリーズ(6回)
(太字は勝利した年、斜体は第1ステージ敗退)
3勝3敗
2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012
球団組織
オーナー 白井文吾
運営母体 中日新聞社
監督 谷繁元信選手兼任

中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、英語: Chunichi Dragons)は、日本プロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。

愛知県保護地域とし、同県名古屋市東区にあるナゴヤドーム専用球場(本拠地)としている。また、二軍ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市中川区にあるナゴヤ球場[1]である。

目次

球団の歴史[編集]

株式会社中日ドラゴンズ
CHUNICHI Dragons Company, Limited
種類 株式会社
略称 中日、ドラゴンズ
本社所在地 460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル内
設立 1936年1月15日
(名古屋軍として設立)
業種 サービス業
事業内容 日本プロ野球興行事業など
代表者 オーナー 白井文吾
代表取締役社長 佐々木崇夫
主要株主 中日新聞社
外部リンク 中日ドラゴンズ
特記事項:1960年2月に株式会社中日ドラゴンズに商号変更。
中日新聞社の子会社
テンプレートを表示

1リーグ時代[編集]

横浜に大リーグ選抜軍が来日した1934年読売新聞社大日本東京野球倶楽部を日本のプロ野球球団として結成。それから遅れる事2年、1936年1月15日新愛知新聞社を親会社として名古屋軍(なごやぐん)が誕生した。河野安通志を総監督 (GM) に迎え、池田豊が監督に就任。明治大学中根之、アメリカ人で捕手バッキー・ハリス、内野の名手・芳賀直一、日系アメリカ人の高橋吉雄、主将の桝嘉一、スローボーラー・森井茂らが初期メンバー。上述のメジャーリーグ選抜軍来日時に、読売新聞社社長・正力松太郎が新愛知新聞社の田中斎に名古屋でのプロ野球球団結成の働きかけを行なったのが球団誕生の契機。新愛知新聞社傘下の國民新聞社でも大東京軍を結成。当初、読売の正力松太郎が推し進めていた日本職業野球連盟(現在の日本野球機構の源流)とは別個に、独自リーグの大日本野球連盟を組織して各地に同様の球団を4球団結成し、配下には3Aに相当する下部組織を作るなどの、当時としては先進的な構想を抱いていたが頓挫。結局、上記の既存の2球団が正力が設立した日本職業野球連盟に加盟することとなった。当初の商号は名古屋軍が株式会社大日本野球連盟名古屋協会、大東京軍が株式会社大日本野球連盟東京協会であり、大日本野球連盟構想の名残が見られる。2月5日、日本職業野球連盟が結成された。

1937年、河野が球団を去りイーグルスを結成すると、中根、ハリス、高橋らが後を追い、池田も混乱を嫌って監督を辞職。後任監督は桝嘉一。主力が抜けたことでチームは低迷し、慢性的な選手不足の戦前職業野球において、大沢清西沢道夫松尾幸造村松幸雄など好成績を残す選手が隙無く台頭したが、チームの総合力は東京巨人軍や大阪タイガースに及ばなかった。

1942年、戦時下の新聞統廃合令でこの球団の親会社である新愛知新聞社と1940年まで活動した名古屋金鯱軍の親会社である名古屋新聞社が統合し、中部日本新聞社が発足。合併に伴う本社人件費の増大により球団経営見直しの声が挙がり、球団への投入資金は大幅減少。また、新聞社の営利事業兼営が認められなくなったため、中部日本新聞社取締役の大島一郎(旧新愛知新聞社の創業家出身)が個人的に出資して1943年のシーズンを終えることはできたが、大島個人の財力には限界があり、名古屋軍理事の赤嶺昌志が球団・選手を一手に引き受け、1944年2月5日に球団を理研工業(旧理化学研究所を母体とする理研コンツェルンの一企業)の傘下に入れ、選手を同工業に就職させた。球団名を産業軍(さんぎょうぐん)に改称し、選手は工場で勤労奉仕をする傍ら試合を行った。名古屋軍の選手も他球団同様例外なく多くが兵役に駆られ、神風特攻隊で戦死した石丸進一[2]をはじめ、戦禍に散った。

1945年11月、大島が球団スポンサーに再度就任し、1946年2月1日のリーグ戦再開に伴って中部日本新聞社が経営に復帰。株式会社中部日本野球倶楽部を設立し、球団名を中部日本(ちゅうぶにっぽん)として再出発。球団愛称中部とした。同年、現役遊撃手の杉浦清が監督に就任し、球団史上初の選手兼任監督となっている。

1947年のニックネーム導入にあたり、3月10日当時のオーナーだった杉山虎之助(中部日本新聞社社長)の干支であるの英訳「ドラゴン」から球団名を中部日本ドラゴンズ(ちゅうぶにっぽんドラゴンズ)に改称し、服部受弘が野手に投手に大車輪の働きをみせて戦後すぐの球団を支え、2位に終わる。しかし、オフの11月1日付で解雇された赤嶺が退団すると、赤嶺を慕う加藤正二古川清蔵金山次郎小鶴誠ら11選手も退団し、藤本英雄も巨人に復帰。またしてもチーム力が低下。退団した赤嶺一派は各球団を渡り歩き、赤嶺旋風と言われる混乱を巻き起こした。

1948年に、球団名を中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ)に改称。オフに木造の中日球場が完成。翌シーズンより球団初の本拠地として使い始めた。1949年天知俊一が監督に就任し、杉下茂が入団。西沢道夫が打者として中日に復帰。1949年シーズンオフ、日本プロ野球はセントラル・リーグパシフィック・リーグに分裂、2リーグ制となり、中日はセ・リーグに所属することになる。

セ・リーグ加盟[編集]

1950年5月25日大リーグに倣い球団と球場を同一経営することとなり、中日球場を経営していた株式会社中日スタヂアムに合併され、商号が名古屋野球株式会社となり、この年は8球団中2位に終わる。1951年、この年西日本パイレーツが、パ・リーグの西鉄クリッパーズに吸収合併されたことでセ・リーグは、7球団体制になる。1月25日、名古屋野球株式会社から株式会社名古屋野球倶楽部が分離。2月6日より名古屋鉄道(名鉄)が球団経営に参加し、球団名も名古屋ドラゴンズ(なごやドラゴンズ)に改称。名鉄と中日新聞が隔年で経営することとなり、この年は名鉄が経営を担当。8月19日に試合中の火災で全焼した中日球場(中日球場で予定されていた残りの試合は鳴海球場などに変更して行われた)は、オフに鉄筋コンクリートで再建された。この年は、優勝した巨人に大差をつけられての2位。翌1952年は、巨人・大阪との優勝争いの末、僅差で3位に終わる。1953年大洋ホエールズ松竹ロビンスが合併し、セ・リーグは6球団体制となる。このシーズンは3位に終わる。

天知俊一監督時代(1954)[編集]

1954年は、前年1953年12月19日に今後は中日新聞が球団経営を行うと決定していたのを受け、1月14日に株式会社中部日本野球協会に商号を変更して、球団名も中日ドラゴンズに戻した。1月30日には、名鉄が球団経営から撤退した。監督は、天知俊一が3年ぶりに復帰した。天知監督は選手からの人望が篤く、監督を親分に見立て「天知一家」と俗称された。西沢道夫・杉山悟・杉下茂・石川克彦らが主力となり、活躍した。7月25日、大阪球場での対阪神戦は、観客が球場に乱入し、放棄試合が宣告された。8月31日、中日球場の巨人戦はNHKがテレビで初の中継をした。10月19日に2位の巨人が敗れたことで初優勝達成。その日は東京遠征の移動日であり、監督、選手らは、電話で優勝を知ることとなった。この年の観客動員は109万7千人で、球団史上初めての100万人を突破している[3]日本シリーズでは、西鉄ライオンズを相手に4勝3敗で初の日本一達成。しかし、この年のオフに天知は体調不良を理由に監督を退任し、中日球団の副代表に就任した。

野口明監督時代(1955-1958)[編集]

1955年選手兼任監督として、野口明が就任したが、優勝した巨人と15ゲーム差の2位。1956年は、優勝した巨人・2位の大阪と僅差で3位。1957年1958年は、1954年に日本一に導いた天知俊一が監督に復帰したものの、3位が続いた。1958年オフ、この年の選抜高校野球大会で83奪三振で奪三振の大会記録を作った板東英二が入団。

杉下茂監督時代(1959-1960)[編集]

1959年、前年に引退したエース杉下茂が監督に就任した。伊勢湾台風による中日球場水没で公式戦の一部を他会場に振り替える。この年は、優勝した巨人と10ゲーム差、大阪と同率の2位[4]1960年2月に商号を株式会社中部日本野球協会から株式会社中日ドラゴンズに変更。優勝した大洋と9ゲーム差の5位。杉下監督は退任し、大毎に移籍した。

濃人渉監督時代(1961-1962)[編集]

1961年は、濃人渉監督が就任し、ブリヂストンタイヤより入団した新人・権藤博の活躍で巨人に1ゲーム差と迫るが惜しくも2位。1962年、日本プロ野球で初めて、元大リーガーのドン・ニューカムラリー・ドビーを入団させるが3位。

杉浦清監督時代(1963-1964)[編集]

1963年は、優勝した巨人と2.5ゲーム差の2位。翌1964年は一転、最下位に終わる。なお、同シーズン途中からは西沢道夫が監督を務めた。

西沢道夫監督時代(1964-1967)[編集]

1965年1967年は、西沢監督の下で3年連続2位と健闘する(1967年に西沢が監督を途中休養し、近藤貞雄が監督代行を務めたが2週間ほどで復帰。)。1968年の杉下監督を挟み、1969年から元巨人の水原茂が監督就任するが4位→5位→2位と今ひとつ伸びなかった。しかし水原監督下で育った選手が1972年以降大きく開花し、1974年の優勝に繋がっていく。

与那嶺要監督時代(1972-1977)[編集]

1972年から与那嶺要ヘッドコーチが監督に昇格。巨人に対しては闘志をむき出しにし、1972・1973年と勝ち越してV9巨人を苦しめた。この時期、中日スタヂアム時代のナゴヤ球場は中日新聞社の関連会社・株式会社中日スタヂアムが運営していたが、1970年代頃からほかの事業がうまくいかず経営が悪化。1973年に社長が三重県の志摩海岸で自殺していたのが発見され、倒産していたことが発覚(倒産後発生した同社の不渡手形をめぐる恐喝・殺人事件については中日スタヂアム事件を参照)。当時東海地方に主催試合を行える球場がなかったためたちまち本拠地消失の危機を迎えてしまったが、債権者の同意を得て1974年・1975年のシーズンを乗り切ることができた。そして、1976年に中日新聞社と中日のグループ会社で地元の中継権を持つ中部日本放送東海テレビ放送東海ラジオ放送、地元・愛知県および名古屋市の財界の雄、トヨタ自動車工業中部電力など東海地方の有力企業が共同出資し、新たな運営会社・株式会社ナゴヤ球場が設立されて中日スタヂアムの運営を引き継ぎ、球場名もナゴヤ球場と改称され1996年まで本拠地運営した。

1974年は髙木守道星野仙一松本幸行トーマス・マーチン谷沢健一らが活躍し、巨人のV10を阻止して2回目のリーグ優勝を果たした。しかし日本シリーズではロッテオリオンズに2勝4敗で敗退。翌1975年は広島の「赤ヘル旋風」の前に2位で終わり、1976年後楽園球場人工芝に全く馴染めず、後楽園での対巨人戦に全敗したのが響いて4位、Bクラス転落[5]

中利夫監督時代(1978-1980)[編集]

1978年から中利夫が監督になり、初年度は5位、1979年は3位とAクラス入りを果たすも、1980年は最下位と振るわず同年限りで辞任。この年、髙木守道が現役引退。

近藤貞雄監督時代(1981-1983)[編集]

1981年から近藤貞雄が監督に就任。初年度は5位に終わるも、翌1982年には星野や木俣達彦などのベテランに代わり、平野謙中尾孝義上川誠二らの若手を登用した。他の野手では大島康徳田尾安志ケン・モッカ宇野勝、谷沢ら、先発には郭源治都裕次郎ら、リリーフには牛島和彦の活躍があった。「野武士野球」と呼ばれる攻撃的な打線、継投を駆使する投手起用を見せた。シーズン後半になると巨人との優勝争いになるが、日本プロ野球記録の19引き分けを記録したため、シーズン終盤に2位で優勝マジックナンバーが点灯。10月18日横浜スタジアムでの対横浜大洋ホエールズ最終戦は中日が勝てば中日優勝、大洋が勝てば巨人優勝という天王山。この試合は小松辰雄の完封勝利によって8年ぶり3度目のリーグ優勝達成。2位の巨人とは0.5ゲーム差という大接戦だった。日本シリーズ西武ライオンズと対戦、2勝4敗で敗退。この年限りで星野仙一、木俣達彦が引退。

山内一弘監督時代(1984-1986)[編集]

1983年、戦力不足からチームは5位に終わり近藤が退任。1984年山内一弘が監督に就任。初年度は巨人戦に14連勝するなどして、優勝した広島と3.0ゲーム差の2位となったが、その後は1985年1986年と2年連続5位。山内は1986年シーズン途中で休養に追い込まれた。1986年の開幕から監督を務めていた山内のシーズン途中での休養を受けて、シーズン終了まで髙木守道ヘッドコーチが監督を代行した。

第1次星野仙一監督時代(1987-1991)[編集]

1986年シーズンオフに星野仙一が監督に就任。牛島、上川、桑田茂平沼定晴との4対1トレードにより、ロッテオリオンズから2年連続三冠王の落合博満を獲得する[6]享栄高校から近藤真一がドラフト1位で入団。

1987年ロサンゼルス・ドジャースとの提携によりユニフォームをドジャース風に変更。新人の近藤真一が、8月9日の対巨人戦でプロ初登板初先発ノーヒットノーランを達成。5月には一時的に首位に立つも、巨人の猛烈な追い上げの前に、最終的には2位。シーズンオフに大島康徳と平野謙を放出。また、この年甲子園で春夏連覇を果たしたPL学園の主将、立浪和義がドラフト1位で入団。

1988年、4月終了時点で首位広島に8ゲーム差の最下位、7月8日に6連敗で29勝31敗2分で借金2。しかし翌日以降巻き返し、結局50勝15敗3分、勝率.769で10月7日に逆転優勝する。生え抜き監督での優勝は球団史上初。小野和幸が最多勝で、小松と共に先発陣を牽引。リリーフ・郭源治が44セーブポイントでMVP。日本シリーズでは西武に1勝4敗と敗退[7]。翌1989年は3位、1990年は4位とBクラスに沈むも、1991年は優勝した広島と3ゲーム差の2位。同年オフ、星野仙一は健康上の理由で監督を退陣。

第1次高木守道監督時代(1992-1995)[編集]

1992年、髙木守道が監督に就任。成績は60勝70敗で12年ぶりの最下位。この年、中日を扱ったアメリカ映画『ミスター・ベースボールMr.Baseballトム・セレック主演、フレッド・スケピシ監督)』が公開されている。

1993年今中慎二山本昌広のダブル左腕エースが共に17勝で最多勝、今中は沢村賞、山本は最優秀防御率のタイトルを獲得。しかし、前半戦で2位以下に大差をつけて独走したヤクルトが優勝、中日は2位に終わる。シーズン終了後、落合が巨人にFA移籍。

1994年、シーズン中盤まで巨人との首位争いとなったが、8月18日からの8連敗となり、9月に入るとこの年に任期が切れる高木監督の後任として星野仙一の名が報じられたが、9月20日からの9連勝などで首位の巨人に並び、10月8日、史上初の最終戦同率首位決戦(10.8決戦)となった。試合は3対6で敗戦し2位に終わった。この年はアロンゾ・パウエルが首位打者、大豊泰昭が本塁打王と打点王、山本昌が最多勝、郭源治が最優秀防御率を獲得。

1995年、チームは前年から一転不振に陥り、6月2日の対阪神戦の試合前に高木守道が監督を辞任[8]。その後徳武定祐が監督代行となるも、7月23日には解任され、二軍監督の島野育夫が監督代行となった。この年は5位に終わり、9月20日に星野仙一の二度目の監督就任が発表された。12月には韓国プロ野球のヘテ・タイガースから宣銅烈を獲得[9]

第2次星野仙一監督時代(1996-2001)[編集]

1996年、この年はナゴヤ球場最終シーズンとなった。宣銅烈が抑えとして期待されるも日本の野球に馴染めず不振に終わる。この年は長嶋巨人による「メークドラマ」の年だったが、巨人があと1勝で優勝という時点で(巨人の残り試合は全て対中日戦だったのでマジックはつかなかった)で勝ち続け、9月24日から6連勝。10月6日、ナゴヤ球場での最後の公式戦を含む残り3試合の対巨人戦に全勝すればプレーオフという状況で、3試合目に2対5で敗戦で2位に終わる。この年は山崎武司が本塁打王になるなど大豊泰昭、パウエルを主軸とした打線が活躍を見せ、“強竜打線”の愛称も一層の定着を見せた。

球団事務所のある中日ビル
ナゴヤドーム(ホームスタジアム)

1997年ナゴヤドームに本拠地を移し、狭いナゴヤ球場から一転して広くなったナゴヤドームに野手陣の慣れが追いつかず、前年の強竜打線も沈黙して5年ぶりの最下位に終わる。宣銅烈が不振だった前年から一転、38セーブを挙げ、山本昌が3年ぶり3度目の最多勝を獲得。オフには守備力と機動力を確保するためパウエルを解雇し、韓国ヘテから李鍾範を獲得。阪神との交換トレードで矢野輝弘と大豊泰昭を放出し、関川浩一久慈照嘉を獲得した。この年のドラフトでは川上憲伸を1位指名した。

1998年、前半戦までは勝率5割付近の成績だったが、後半戦、独走していた横浜をハイペースで追走。8月27日には1ゲーム差に迫った。しかし終盤の対横浜戦7連敗が響き、2位に終わった。野口茂樹が最優秀防御率、この年から中継ぎに転向した落合英二が最優秀中継ぎ投手、ルーキー川上憲伸が新人王を獲得した。オフには福留孝介がドラフト1位、岩瀬仁紀が2位で入団。

1999年、開幕から11連勝。投手陣は、野口茂樹や川上憲伸、山本昌にダイエーからFA移籍してきた武田一浩の先発陣に加え、新人の岩瀬仁紀が65試合に登板、サムソン・リー、落合英二らと共に不動のセットアッパーとなる。抑えの宣も好調で、12球団随一の投手王国を誇った。この年は大型連勝が多く、7月2日から8連勝したのに加え、シーズン終盤も9月21日から再び8連勝し、9月30日の神宮球場での対ヤクルト戦で、11年ぶりのリーグ優勝を果たした。前半戦を首位で折り返しての優勝は球団史上初。福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは1勝4敗で敗退。宣が現役を引退。サムソンがメジャーリーグ挑戦で退団した。

2000年、序盤は投手陣の不調などで出遅れたものの、5月には10連勝を記録するが投打ともに前年の面影はなく、特に対巨人戦は対戦成績で9勝18敗。本拠地のナゴヤドームで2勝12敗、打たれた本塁打が26本とホームの中日が1年で打った本塁打(32本)に迫る勢いで被弾した。9月24日の東京ドームでの対巨人最終戦では、4対0でリードの最終回に抑えのエディ・ギャラード江藤智に同点満塁本塁打、二岡智宏にサヨナラ本塁打で4-5で敗戦、巨人の優勝決定。シーズン結果は2位。

2001年、開幕直後に横浜の波留敏夫種田仁山田洋による1対2の交換トレードが成立。シーズン5位で、4年ぶりのBクラスに終わる。星野仙一が健康上の理由で監督辞任[10]。前田幸長、武田一浩が退団し、揃って巨人に移籍。谷繁元信がFA移籍。中村武志が金銭トレードで横浜に移籍。

山田久志監督時代(2002-2003)[編集]

2002年、ヘッドコーチの山田久志が監督に就任。中日OB以外から選ばれる監督としては山内一弘以来となる。谷繁元信が横浜からFA移籍。8月1日の巨人戦で川上憲伸がノーヒットノーランを達成。チームは対巨人戦9連敗が響き3位。

2003年、一度は入団契約を交わしながらも突如翻意し、ボストン・レッドソックスに入団したケビン・ミラーの代わりにロサンゼルス・エンゼルスよりアレックス・オチョアが来日。チーム最多勝は前年オフに移籍してきた平井正史(12勝)で、川上憲伸[11]朝倉健太と前年好成績を残した2人のケガによる離脱などもあり、ローテーションを守ったのは山本昌だけであった。7月5日の東京ドームでの対巨人戦で立浪和義が2000本安打達成。打線は4番打者が流動的で固定出来なかった。5位に低迷していた9月9日に山田の監督休養(事実上の解任)を発表し、佐々木恭介ヘッドコーチが監督代行となった。最終的には、優勝した阪神と14.5ゲーム差の2位で終わる。同年オフ、落合博満の監督就任を発表。

落合博満監督時代(2004-2011)[編集]

2004年[12]、開幕戦はFA移籍後3年間一軍登板が無かった川崎憲次郎が先発。2回5失点で降板するもその後チームは逆転勝ち。開幕3連勝するなど、4月を勝率5割で終えるが、5月には11日に一時最下位に転落。しかし中旬以降は立ち直り、26日には首位浮上。6月は巨人と首位争いとなり、20日から7連勝で首位に立つと、以降は首位を譲る事なく10月1日にマジック対象の3位のヤクルトが敗れた事で5年ぶり優勝達成。巨人とヤクルトに負け越したものの他の球団に大きく勝ち越した。リーグトップの防御率の投手陣と、リーグ初となる同一チームから6人のゴールデン・グラブ賞受賞となったリーグ記録の45失策という守備力で、リーグ最少の本塁打とリーグ5位のチ-ム打率と得点をカバーした。日本シリーズでは西武と対戦、3勝4敗で敗退。

2005年は横浜よりタイロン・ウッズが加入し、ドラフトでは中田賢一をはじめ即戦力となりうる新人を獲得。球団史上初の開幕から2試合連続のサヨナラ勝ちなど滑り出しは好調だったが、この年から導入されたセ・パ交流戦で15勝21敗と苦戦を強いられる。オールスター前後の11連勝など後半戦には粘り強さを見せ、首位阪神に2度にわたって0.5ゲーム差まで迫ったものの連覇はならず、最終的には優勝した阪神と10ゲーム差の2位に終わった。

2006年は投手陣と堅守、打撃陣がうまく絡み合う「オレ竜野球」で6月半ばから首位を独走。8月に球団史上最速でマジックナンバー(M40)を点灯させた。シーズン終盤には阪神の猛追に遭うものの、一度も首位を明け渡さずに10月10日に2年ぶり7度目のセ・リーグ優勝を決めた。セ・リーグ5球団に勝ち越しての「完全優勝」だった。しかし日本シリーズでは北海道日本ハムファイターズに1勝4敗で敗退。

2007年11月11日のアジアシリーズ決勝戦で優勝直後におこなわれた落合監督の胴上げ(東京ドーム)

2007年は常に上位を保ち、終盤には巨人、阪神との三つ巴の展開となったが、最後は2位に終わる。セ・リーグでは初のプレーオフとなるクライマックスシリーズでは、第1ステージでは3位の阪神と対戦し2連勝、第2ステージはレギュラーシーズン1位の巨人と対戦し3連勝。球団史上初となる2年連続の日本シリーズ出場を決めた。日本シリーズでは2年連続で日本ハムと対戦し、第5戦で山井大介岩瀬仁紀の継投による完全試合[13]もあり、4勝1敗で53年ぶり2度目の日本一達成。アジアシリーズでは初戦の韓国代表SKワイバーンズに敗れ、予選2位で決勝戦に進むが、予選1位のSKワイバーンズに勝って優勝し、アジア王者となった。オフには、福留孝介が大リーグ・シカゴ・カブスに移籍。

2008年、移籍した福留の穴埋めとして埼玉西武ライオンズからFA宣言した和田一浩を獲得したが、4番タイロン・ウッズの打撃不振や主力の野手・投手に故障者が続出し(前年の阪神に続く規定投球回到達者なしのチームとなった)、前年に比べ苦戦を強いられた。阪神との直接対決で6勝17敗1引分けと大きく負け越したことも響き、優勝争いに一度も絡むことはなかったが3位となりクライマックスシリーズの出場権を得た。クライマックスシリーズ第1ステージは阪神との接戦を2勝1敗で制したものの、第2ステージでは拙攻と投手陣の不調(特に救援陣)もあり、巨人に1勝3敗1引分けで敗退、3年連続日本シリーズ進出はならなかった。オフには、川上憲伸がFAで大リーグ・アトランタ・ブレーブスに移籍。

2009年は前年退団したタイロン・ウッズの代わりとして獲得したトニ・ブランコが本塁打王と打点王の二冠に輝く活躍を見せ、前年は不振だった立浪和義も代打で好成績を残して勝利に貢献した。川上が移籍したことによって生じた先発投手陣の穴も吉見一起チェン・ウェインの活躍により埋まった。また川井雄太が球団新記録の開幕11連勝を達成した。シーズン序盤は下位に低迷したが、交流戦辺りから追い上げを見せ、一時は首位巨人とのゲーム差を1.5まで縮めた。しかし、巨人に8勝16敗と大きく負け越したのが最後まで響き、最終的には首位巨人に12ゲーム差をつけられて2位に終わった。3位のヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージは2勝1敗で制したが、巨人と対戦した第2ステージは初戦に勝利した後3連敗で1勝4敗で敗退。この年限りで立浪が引退した。ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の候補にドラゴンズから4選手が選ばれたが全員が辞退したことが話題となった。

2010年はチーム打率が12球団中11位(.259)だったものの、チーム防御率は12球団最高の3.29となった。ホームゲーム、特に本拠地のナゴヤドームでは51勝17敗1分けと圧倒的な強さを見せた。巨人戦は[14]ナゴヤドームでは9連勝を含む10勝2敗(クライマックスシリーズでは3勝1敗)、対阪神戦も10勝2敗と大きく勝ち越している一方で、ロードゲームでは26勝44敗2分けと差が激しかったが、セ5球団で負け越したのはヤクルト[15]のみであった。

この年の序盤は先発投手陣が不調だったが、浅尾拓也高橋聡文ら中継ぎ投手陣が活躍した。野手では主力の井端弘和がシーズン中盤から故障で長期離脱したこともあり、一時は首位巨人に最大8ゲーム差をつけられながらも、和田一浩や森野将彦らが引っ張り、井端に代わってレギュラーに定着した堂上直倫ら若手の台頭もあって後半戦から追い上げた。優勝マジックを1とした10月1日、マジック対象の阪神が広島に敗れたことから4年ぶり8度目のリーグ優勝となり、巨人のリーグ4連覇を阻止した。クライマックスシリーズでは、3位の巨人と第2ステージを戦い4勝1敗として、3年ぶりに日本シリーズ出場。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、第6戦は延長15回、シリーズ歴代最長時間試合となる5時間43分の末、2対2で引き分け。第7戦は2試合連続の延長戦となったが、ロッテに7対8で逆転負けで敗れ、2勝4敗1分で敗退。

2011年は交流戦ではセ・リーグで唯一の勝ち越しチームとなり、リーグ首位にも立つなど好調であったが、高橋聡文中田賢一、山本昌、トニ・ブランコ、谷繁元信、井端弘和ら主力選手の故障が相次いだ事に加え、統一球の影響などで前年MVPの和田一浩を中心に打撃陣が絶不調に陥り、7月に大きく失速。8月3日には首位ヤクルトに10ゲーム差が付き、8月10日には借金6で5位にまで転落した。しかしリーグトップの投手陣の働きに加え、中継ぎから先発に転向したエンジェルベルト・ソトの活躍などで、巨人、阪神、広島との2位争いに踏み止まり、9月になると谷繁、ブランコ、井端の復帰や大島洋平平田良介ら若手の成長もあり、徐々に首位ヤクルトとの差を縮めていく。その最中、任期満了による落合監督の同年シーズン限りでの退任と高木守道の次期監督就任が9月22日に[16]、10月6日にはコーチ11人の退団が発表された[17]。前後して9月を15勝6敗3引分け、10月を11勝5敗2引分けと勝ち越し、10月6日に首位に浮上。10月18日に142試合目でして球団史上初の2年連続優勝。チーム打率(.228)、得点数(419得点)は共にリーグワーストであり、両部門がワーストでのリーグ優勝はプロ野球史上初のことである。ヤクルトとのクライマックスシリーズファイナルステージは4勝2敗で2年連続となる日本シリーズ出場を決めた。福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、第6戦までお互いの本拠地で敗戦するという展開となったが、福岡ドームでの第7戦に敗れ、3勝4敗で敗退。オフには、楽天を退団した山崎武司が10年ぶりに、大リーグのアトランタ・ブレーブスを退団した川上憲伸が4年ぶりにそれぞれ中日に復帰。

第2次高木守道監督時代(2012-2013)[編集]

2012年[18]、開幕戦の広島戦に勝利し、引き分けを挟んで5連勝で5月8日に首位に立つと、途中1日を除いて6月30日まで首位だった。交流戦ではセ・リーグでは巨人に次いで2位で、6月を5割の成績とすると7月1日には巨人に抜かれて2位となる。その後は巨人に離される展開で8月末には6.5ゲームとなり、最終的には巨人と10.5ゲーム差の2位に終わる。クライマックスシリーズのファーストステージではヤクルトに勝利したものの、続く巨人とのファイナルステージでは3連勝の後3連敗で敗退。シーズン途中、主砲のブランコやエースの吉見一起が故障で離脱するなど、共に規定打席、投球回に達せず、クライマックスシリーズでは吉見を欠いたのが響いた。本拠地ナゴヤドームでは途中球団新記録の14連勝など貯金20としたが、ビジターでは負け越し、特に対巨人、対ヤクルトとの関東での試合は開幕から15連敗となった。

2013年、6月28日に山井大介が対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜)でノーヒットノーラン達成[19]。シーズンを通じてはチームの調子は上がらず、9月25日の対広島戦(ナゴヤドーム)に0対2で敗れ、2001年以来12年ぶりのBクラスが決定、初めてクライマックスシリーズ出場を逃し[20]、最終的な順位は4位に終わった[21]。シーズン終了後2年の契約期間満了で髙木監督は退任し[22]、後任に谷繁元信が選手兼任監督として就任した[23]。選手兼任監督は2006〜2007年のヤクルトの古田敦也以来、中日としては1955年の野口明以来3人目となる[24]。また球団初のゼネラルマネージャーに前監督の落合博満が、球団社長には中日新聞社常務の佐々木崇夫がそれぞれ就任している[23]

谷繁元信監督時代(2014-)[編集]

2013年11月4日井端弘和に戦力外通告(同月に巨人へ移籍)[25][26]。中田賢一がFAでソフトバンクへ移籍[27]

2014年、8月には球団ワースト記録の月間20敗を記録[28][29]9月20日の対阪神戦(甲子園)に敗れ、球団では28年ぶりの2年連続シーズン負け越しが決まり、9月28日の対巨人戦(ナゴヤドーム)に敗れ、球団では28年ぶりの2年連続Bクラスとなった[30]

チーム成績・記録[編集]

1950年以降の順位の変遷。赤い丸は日本シリーズ優勝を示す
  • 通算成績 4904勝4533敗330分 勝率.5197
  • リーグ優勝・9回(1954年、1974年、1982年、1988年、1999年、2004年、2006年、2010年、2011年)
  • クライマックスシリーズ優勝・3回(2007年、2010年、2011年)

※2007年から採用されたクライマックスシリーズでは2012年まで6年連続でファイナル(2nd)ステージ進出を果たしていた。

  • 日本一・2回(1954年、2007年)
  • アジアチャンピオン・1回(2007年)
  • Aクラス・49回、但し、2リーグ分裂後は46回(1938年秋、1943年、1947年、1950年 - 1959年、1961年 - 1963年、1965年 - 1967年、1971年 - 1975年、1977年、1979年、1982年、1984年、1987年 - 1989年、1991年、1993年 - 1994年、1996年、1998年 - 2000年、2002年 - 2012年)
  • Bクラス・30回、但し、2リーグ分裂後は18回(1937年春 - 1938年春、1939年 - 1942年、1944年 - 1946年、1948年 - 1949年、1960年、1964年、1968年 - 1970年、1976年、1978年、1980年 - 1981年、1983年、1985年 - 1986年、1990年、1992年、1995年、1997年、2001年、2013年 - 2014年)
  • 最下位回数・8回 但し、2リーグ分裂後は5回(1937年秋、1946年[31]、1948年、1964年、1968年、1980年、1992年、1997年)
  • 連続Aクラス入り最長記録・11年(2002年 - 2012年)
  • 連続Bクラス最長記録・4年(1939年 - 1942年)但し、2リーグ分裂後は3年(1968年 - 1970年)
  • 最多勝 89勝(1950年)
  • 最多敗 83敗(1948年、1964年)
  • 最多引分 19分(1982年)
  • 最高勝率 .683(1954年)
  • 最低勝率 .283(1937年秋)
  • 最小ゲーム差 1.0ゲーム(1961年、1994年)
  • 最大ゲーム差 34.5ゲーム(1948年)
  • 最多連勝 15連勝(1955年)
  • 最多連敗 15連敗(1946年)[32]

その他の記録[編集]

  • 最多本塁打 191本(1984年)
  • 最少本塁打 1本(1937年春)
  • 最高打率 .282(1984年)
  • 最低打率 .182(1941年)
  • 最高防御率 1.41(1943年)
  • 最低防御率 4.75(1995年)
  • 連続試合無失点勝利 5試合(2010年)日本プロ野球記録
  • 連続イニング無失点 50(2010年)セ・リーグタイ記録[33]

歴代本拠地[編集]

チームの特徴[編集]

  • 明治大学出身者が多い。その他、応援スタイルや、ユニフォームのデザイン等共通点が多い[34]

チームスローガン[編集]

1997年~2001年:「HARD PLAY HARD」
2002年~2003年:「WIN THE GAME! WIN THE DREAM!」
2004年~2011年:「ROAD TO VICTORY」
  • 落合博満監督(当時)時代に一貫して使用された。
2012年~2013年:「Join us ファンと共に」
2014年~:「Start it Again 強竜再燃」

応援スタイル[編集]

2013年まで[編集]

選手別のヒッティングマーチを歌いながら、メガホンなどを叩くスタイルである。1980年代~1990年代初頭までの選手別応援歌は他の楽曲から流用したものが多く見られる(例:立浪和義ガラスの十代落合博満マグマ大使など)。1997年のナゴヤドーム移転後からは全国中日ドラゴンズ私設応援団連合が4つのチャンステーマ以外は高木守道現監督を含む全ての選手応援歌を作曲・作詞して演奏している。1回の攻撃開始、7回の攻撃前、9回以降の攻撃前、得点時に「燃えよドラゴンズ!」を演奏する。ただし、8回の攻撃前には「ドラゴンズマーチ」を演奏する(選手用応援歌とは別パート)。他球団では得点時やラッキーセブンで曲が使い分けられることが多いが、中日は得点時・勝利時等で全て燃えよドラゴンズを演奏する。応援歌が無い選手には「ガッツだドラゴンズ」(新人王資格あり)、「ドラゴンズマーチ」(新人王資格なし)が演奏される。(過去は5年目までが「ガッツだドラゴンズ」、それ以降が「ドラゴンズマーチ」だったが、2004年~2005年オフシーズンに中堅所のベテランから5、6年目の選手を大量に解雇・放出したこと、大学生・社会人ドラフトの分離によって高年齢ながら入団後まもない選手が増えることが予想されることにより基準が3年目までに変更された。2007年シーズンは「ドラゴンズマーチ」に一本化していたが、2008年シーズンは基準を新人王資格の有無に改め、「ガッツだドラゴンズ」の演奏が復活した。)

  • チャンステーマは4つある。
  1. チャンステーマ1:元中日ゲーリー・レーシッチらに使われた山本リンダの「狙いうち」(2002年後半から)。
    • 通称「狙い撃ち」。2003年から青とピンクの手袋をはめて応援するスタイルを始めたが、あまり広まっていない。
  2. チャンステーマ2:元中日アロンゾ・パウエルの応援歌(2004年から)。
    • 通称「パウエル」、又は「Get Victory」。下記の「川又」は歌詞付であるが、「パウエル」は歌詞中に選手名を含むため、チャンステーマとしては歌詞なしである。
  3. チャンステーマ3:元中日川又米利に使われていたささきいさおの「ぶっちぎりの青春」(2005年から。全国では2006年夏から)。
    • 通称「川又」。初めは対巨人戦限定、関東以北限定だったものの、2006年8月下旬よりナゴヤドーム等全国の球場でも使われている。また、途中で2回程、選手の名前を合いの手として入れることがある。
  4. チャンステーマ4:元中日平野謙に使われていた「狼少年ケン」(2012年から)。
    • 通称「平野」。平野のコーチ就任に合わせて制定された。演奏中は速足で歩く時のように手を交互に動かし、途中で3回ほど「アイヤ」と合いの手を入れるスタイルを取り入れた。
  • 最終戦の最終回や優勝がかかった重要な試合では、チャンステーマがメドレーで演奏される(「チャンステーマ2」→「チャンステーマ3」→「チャンステーマ4」→「チャンステーマ1」の順)。
  • 他にも特徴的な応援としては、小田幸平が打席に立った時に「O・D・A」コール、井端弘和のファンファーレ等[35]がある。(他球団でも同様のスタイルがあるが)9回ツーアウトになると「あと1人(ツーストライクで「あと一球」)」(ビジターでは投手名)コールが起きる。
  • 2008年以降は応援団の中でも主導的役割を担っていた竜心会白龍會暴力団との関係を疑われたことを理由に全球場を出入り禁止になってしまっている。それに抗議するため他の応援団も応援を取りやめた。当初は何のリードもない応援だったが、笛と太鼓による応援は復活している。ただし、トランペットによる応援はしばらく復活しなかった。後にトランペットと太鼓による応援が復活している(自粛していた関東地区も2010年6月以降復活)。

2014年以降[編集]

2014年シーズン以降、鳴り物応援が許可されるのは球団公認の応援団のみとなったため[36][37][38]、今後上記で記載されている応援スタイルも変更になる可能性もあり、新たに新設された私設応援団「中日ドラゴンズ応援団」[38]の主導で再開した応援(2014年シーズン終了時点)では著作権の都合上、以前の応援団が作詞作曲した曲(すなわち「燃えよドラゴンズ!」「ドラゴンズマーチ」「ガッツだドラゴンズ」以外)は使用できなくなり、ほとんどの応援歌が変更されている。

ジェット風船[編集]

ジェット風船の使用については、それが認められていたナゴヤ球場からそれが禁止のナゴヤドームに本拠地を移して以降、ジェット風船はビジターや地方球場のみ使用している(ジェット風船の色はカラフル)。2012年以降のナゴヤドームでのジェット風船使用解禁試合では、中日ファンは青色の風船を飛ばしている。

デザイン[編集]

参考書籍:「ベースボールマガジン」1998年夏季号(1998年、ベースボール・マガジン社発行)、「プロ野球ユニフォーム物語」(2005年、ベースボール・マガジン社発行。文:綱島理友、絵:綿谷寛。書籍コード:ISBN 4583038070

球団旗の変遷[編集]

名古屋軍時代[編集]

  • 創立(1936年) 白地にえび茶色の円が入っており、その中に白抜きで鯱鉾で「N」の字をあしらい「B」と「L」の字を入れたマークが描かれていた。
  • 1937年 - 1940年 えび茶色地に先述のマークが入ったものが使われた(「L」の字が省かれたマークのものも使用)。
    • 「N」は名古屋(Nagoya)の、「B」はベースボール(Baseball)のそれぞれ頭文字だが、「L」に関しては、綱島理友が著書『プロ野球ユニフォーム物語』で、「名古屋軍主導で大日本野球連盟というリーグ(League)を独自に立ち上げていたこと(結局は頓挫し、系列会社傘下の大東京軍とともに日本職業野球連盟に合流)と関係しているのではないのか」という旨で推測している。
  • 1940年秋 - 1943年 紺色地に、「名」の字をあしらったマーク(赤に白縁取り)が入ったデザイン。

※産業軍時代(1944年)〜中部日本軍時代(1946年)は不明。

中部日本ドラゴンズ〜名古屋ドラゴンズ時代[編集]

  • 1947年 - 1948年 オレンジ地に、中央に大きく黒の中日新聞社社章(中日マーク)。
  • 1949年 白地に、左上に赤の中日マーク、右寄りに大きく西洋風のドラゴンの絵(黒基調)が入る。
  • 1950年 バックが山吹色になる。
  • 1951年 - 1953年 上が白・下がえび茶色のセパレート型。上の左よりにドラゴンの顔をデフォルメした絵(黒)が、下に白く「DRAGONS」の文字が入る。

第2次中日ドラゴンズ(現在の中日ドラゴンズ)時代[編集]

  • 1954年 - 1964年 1949年に使われたデザインからドラゴンの絵に代わり、えんじ色で筆記体の「Dragons」ロゴが入ったもの(中日マークはそのまま)。
  • 1965年 - 1967年 ここから、中日新聞社社旗(上が赤・下が紺のセパレート型。赤の左寄り部分に中日マークが、紺の右寄り部分に「中日」の文字がそれぞれ白文字で入る)をアレンジしたものが使われる(ただし、赤のスペースがやや狭く、紺のスペースがやや広くなっている)。真中に大きく白文字で「D」が入り、その左(赤色部分)に白色で「中日」の文字が入る。
  • 1966年ごろ - 1986年 赤・紺それぞれ5分5分のデザインとなる。上には大きく筆記体の「Dragons」ロゴ、下には大きく「中日」が入る(どちらも白文字)。
    • 1966年のオールスターゲームのポスターですでに上記球団旗のイラストが見られる。
    • 1967年より、ユニフォームの筆記体「Dragons」ロゴのヒゲが長く(「g」の字にかかるように)なるが、球団旗は引き続きヒゲの短いロゴのものが使われた。
    • 1990年代後半ごろまで、週刊ベースボールのプロ野球選手名鑑号におけるドラゴンズの名鑑最初のページでは、上記の球団旗が掲載されていた。
  • 1988年 - 現在 前年から使っていた ロサンゼルス・ドジャース型ユニフォームの採用に伴い、「Dragons」ロゴがドジャースに忠実なデザイン(ヒゲも「g」にかかるほど長い)に変更された。
    • 1990年代後半頃からそれぞれのロゴが小さいものを併用する(印刷物には、それ以前から小さい方のデザインが掲載される傾向にある[39])。

ロゴマーク[編集]

商標としての筆記体「Dragons」ロゴは、1969年からユニフォームで使われたものを1983年2月4日に出願し、1986年2月28日に登録された。登録番号:第1843922号。

1987年星野仙一監督就任時に採用されたドジャースをカバーした書体については、同じ書体の「D」マークとともに、1990年4月10日に出願し、1993年5月31日に登録された。登録番号:第2543391号。

また、「Dragons」ロゴ単体も1991年8月26日に出願し、1994年1月31日に登録された。登録番号:2618847号。

1987年 - 1996年に使われたドラ坊や(1981年に登場したマスコットキャラクター)ペットマークも1993年6月29日出願し、1997年10月9日登録された。登録番号:4065874号。

2004年 - 2011年に使われた「DRAGONS」ロゴは、2003年12月22日出願、2004年7月9日登録。登録番号:第4786013号。

また、「ドラ坊や」登場前は「野球ボールをくわえた東洋龍」をデザインしたものをペットマークに使用。当時のジャンパーやユニフォームの袖にワッペンが縫い付けられていた。

ユニフォームの変遷[編集]

名古屋軍・産業軍時代[編集]

  • 1936年 帽子…白に黒の「N」マーク。シャツ…立ち襟付きのスタイル。アンダーシャツ…白。ストッキング…白を基調としながら、上部にえんじ色と黒の線が2本入っていた。胸マーク…黒に白縁取りのブロック体で「NAGOYA」(2004年以降の胸マークに近い書体)のロゴがアーチ状に入る。左袖には、黒の長方形に金色の「NBL」マーク(球団旗の節参照)が入ったマークが付けられた。ベルト…茶。
    • 帽子ツバにえんじ色。シャツ・パンツ…白。
    • シャツ・パンツ…グレー。
  • 1937年 - 1938年 帽子…黒に金糸で「N」・銀糸で「B」を重ねたマーク(球団旗の節参照)。シャツ…立ち襟付きのスタイル。アンダーシャツ…黒。ストッキング…上部に赤・下寄りに白を配し、赤部分には黒を黄色で挟んだ線が入る。背番号…赤。左袖…三弁宝珠を模した新愛知新聞社社章が入る(赤に黄色縁取り)。
    • シャツ・パンツ…白。線(前立てラケット線・袖・パンツサイド)…赤。左胸マーク…ボールを模した赤円(縫い目・輪郭に黄色)に「NB」マーク(帽子と概ね同じ。ただし「N」黄色・「B」はブルーグレー)が描かれたものが入り、赤円の下に同じく赤で「NAGOYA」の文字が入る。
    • 帽子天ボタン・ツバに赤。シャツ・パンツ…グレーを基調に赤の縦じま入る。胸マーク…赤に黄色縁取りで「NAGOYA」。
  • 1938年 - 1939年 概ね'37年からのデザインに近いものを使用。線は無く、左胸に「N」の飾り文字('39年は「n」)が入っていた。右袖に新愛知社章。
  • 1939年 - 1940年
    • '40年の満州遠征終了時まで使用 帽子…白に赤く「N」マーク(飾り文字)・赤ツバ。シャツ・パンツ…白。アンダーシャツ…白。線(前立て2本・袖口2本・パンツサイド1本)…赤。左胸マーク…黒で「N」マーク。背番号…黒。左袖…黄色に黒縁取りで新愛知社章。ベルト…黒。ストッキング…'37年 - '38年のものに近いが、線は黒が2本入ったのみ。パンツ右尻部分にポケット無し。
      • '40年の満州遠征終了後(日本野球連盟による、球団名などの日本語化以降)使用 「N」マークが「名」マーク(球団旗の節参照)に変更(胸・帽子ともに、黒色)。
    • '39年シーズン途中、小西得郎が監督就任した頃より使用 創立時に近いデザイン。帽子…従前と同じ。アンダーシャツ・ベルト・ストッキング…創立時と同じ。胸マーク…創立時とほぼ同じ(配色は、黒に白・赤縁取り)。背番号…黒。左袖…赤に黒縁取りで新愛知社章。
      • シャツ・パンツ…白。
      • シャツ・パンツ…グレー。
  • 1940年 - 1942年 帽子…黒に金糸で「名」マーク。シャツ・パンツ…グレー。アンダーシャツ…黒。左胸マーク…赤に黒縁取りで「名」マーク。背番号…赤に黒縁取り。左袖…赤に黒縁取りで新愛知社章。ベルト…茶。ストッキング…上部黒・下寄りに白。
  • 1943年 - 1944年 帽子(軍帽型)・シャツ・パンツ…国防色(オリーブグリーン系)。アンダーシャツ…黒。ベルト…黒。ストッキング…黒。
    • 1943年 帽子マーク…金糸・黒ぶちで桜のマーク。背番号…黒。
    • 1944年(産業軍時代) 左胸…白円に黒線で独特の囲み方をしたマーク。背番号廃止。

中部日本軍〜中日ドラゴンズ(1954年〜1959年)時代[編集]

  • 1946年 - 1947年 帽子…白にえび茶色のツバ(えび茶色の「C」マークが付いたものもあり)。シャツ(立ち襟付き)・パンツ…白。アンダーシャツ…白ないしは、えび茶色のものを使用。線(前立て2本・袖・パンツサイド)…えび茶色。胸マーク…2段組みで上に「CHUBU」下に「NIPPON」のロゴが入る(上はアーチ状。'46年は物資不足のため、ペンキで描かれていた)。背番号…えび茶色。ベルト…茶。ストッキング…グレーを基調とし、上部にえび茶・白・えび茶の線が入る。
  • 1947年 帽子…黒に白の「C」マーク。シャツ・パンツ…ダークグレー(シャツ前立て部分…白)。袖線…白・赤縁取り。前立て線…赤。ベルトループ・パンツサイド線…白。ポケット線…白。ベルト…茶。ストッキング…上・中部がグレー(上寄り部分に白・赤縁線が2本入る)。下部が白。胸にアーチ状で白・赤縁の「CHUNICHI」ロゴが入る。背番号…白・赤縁。左袖…シーズン途中より、金糸で西洋風ドラゴンのマーク('49年〜'50年の球団旗にも黒を基調に描かれる)が入る。
  • 1948年
    • 帽子…白に紺ツバ。紺・赤縁の「C」マークが入る。シャツ(立ち襟付き)・パンツ…白。アンダーシャツ…紺。線(袖・立ち襟・前立て・ベルトループ・パンツサイド)…紺。胸マーク…紺の筆記体で「Doragons」(「Dragons」の誤りだが、物資不足のため、このまま使われた)。腰番号(パンツ左部分に存在)・背番号…紺。ベルト…茶。ストッキング…白に太めの紺線2本。
    • 前年のものをマイナーチェンジ。帽子マークは「D」に変更。前立て部分もダークグレーとなり。そこに白と赤の線が入る。パンツ線も白と赤の線になる。アンダーシャツ…白のほかに、あずき色のものも使用。ストッキング…白に、太めの紺線3本追加。
  • 1949年 - 1950年 帽子…濃紺に赤・白縁の「C」マーク('50年より、金糸の「C」と白の「N」を重ねたマークを使用)。シャツ・パンツ…グレー。アンダーシャツ…濃紺。ベルト…茶。
    • 帽子…先述のほかに、グレーに濃紺ツバ、赤・白縁の「C」マークが入ったものも使用。線(袖口2本・前立て2本・ベルトループ部分2本・パンツ2本・ポケット部分)…濃紺。左胸…赤・白縁の飾り文字で「D」マーク。ストッキング…白地に太めの濃紺線2本入る。
    • 線(袖 - 脇 - パンツサイド・前立て2本・ポケット)…赤。左胸…赤・青縁の「C」と「N」を重ねたマーク。左袖…赤・青縁の中日新聞社社章(以下、中日マーク)入る。腰番号(パンツ右部分に存在)・背番号…赤。ストッキング…上部濃紺、下部白。[40]
  • 1950年 - 1951年
    • 帽子…濃紺に、金糸「C」と白「D」を重ねたマークの入ったもの。シャツ・パンツ…白。アンダーシャツ…黒。線(袖2本・前立て2本・脇〜パンツサイド・ポケット)…青。胸マーク・腰番号(パンツ左部分に存在)・背番号…濃紺。左袖…青の中日マーク。ベルト…茶。ストッキング…濃紺を基調としたデザイン(太めの白線〔黄色の縁取り・真中にも黄色の線が入ったもの〕が入ったものと、太めの黄色線が2本入ったものの2種類を使用)。
  • 1950年 - 1953年 帽子…濃紺に、白く「N」マーク。シャツ・パンツ…濃紺の縦じまが入ったスタイル。胸マーク・腰番号(パンツ右部分)・背番号…濃紺(腰番号以外は白縁取り入り)。ベルト…茶。ストッキング…濃紺と黄色を基調としたスタイル(上中部に濃紺と黄色線1本、下部に黄色のデザインと、太めの黄色線2本入ったものの2種類を使用)。
    • ホーム用('52年のフランチャイズ制導入時より正式に) - シャツ・パンツ…白。胸に筆記体で「Dragons」。
    • ビジター用('51年まで) シャツ・パンツ…グレー。胸に花文字で「NAGOYA」。
  • 1951年 帽子…白に赤ツバ、赤「N」マーク。シャツ・パンツ…白。アンダーシャツ…赤。線(袖・前立て・パンツサイド)…赤。胸マーク(若干アレンジされた筆記体で「Dragons」)・背番号…赤。ベルト…茶。ストッキング…赤を基調に、上寄り、紺に白で挟んだ線が3本入る。
  • 1952年 - 1959年 帽子…濃紺に白のマーク( - '53年…「N」、'54年 - …「C」)。アンダーシャツ…濃紺。胸マーク・背番号…濃紺。ストッキング…濃紺。左袖…'54年以降濃紺で中日マーク入る。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。胸に筆記体で「Dragons」。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。胸マーク(アーチ状)…'55年までは「NAGOYA」、その後は「CHUNICHI」。
      • '54年には、胸に「Dragons」が、左袖にアーチ状で「NAGOYA」(背番号も含め、それぞれ濃紺に白縁取り)が入ったものも使用。

中日ドラゴンズ(1960年〜現在)時代[編集]

1960年〜1968年[編集]
  • 1960年 - 1961年 帽子…えび茶色に、銀糸の「C」と金糸の「D」を組み合わせたマークが入る。アンダーシャツ…えび茶色。線(袖2本・首周り・ベルトループ・パンツサイド2本)…えび茶色。胸マーク・左袖マーク・胸番号・背番号…えび茶色。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。左袖マーク…えび茶色で中日マーク。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。左袖マーク…上に中日マーク、下に「NAGOYA」マーク(いずれもえび茶色)。
  • 1962年 帽子…濃紺に、金糸の「C」と銀糸の「D」を組み合わせたマーク(書体変更)が入る。アンダーシャツ…濃紺。線(首周り・袖・パンツサイド)…山吹色を濃紺で挟んだ。胸マーク・胸番号・背番号…山吹色を濃紺で挟んだ。左袖マーク…金糸・濃紺縁の中日マーク。ストッキング…濃紺。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。胸に筆記体で「Dragons」。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。胸にアーチ状で「CHUNICHI」。
  • 1963年 - 1964年 帽子…青に、銀糸の「C」と金糸の「D」を組み合わせたマークが入る。アンダーシャツ…青。線(首周り・袖2本・パンツサイド2本)…青。胸マーク・胸番号・背番号…青×白。左袖マーク…金×青で中日マーク。ベルト…青。ストッキング…青。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。胸に筆記体で「Dragons」。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。胸にアーチ状で「CHUNICHI」。
  • 1965年 - 1968年シーズン途中(5月前半頃) 帽子・アンダーシャツ…'62年と同じ(書体は従前と同じ)。線(首周り・袖・パンツサイド)…濃紺を赤で挟んだ。胸マーク・胸番号・背番号…濃紺・赤縁。左袖マーク…濃紺・白縁のワッペンが入る(ワッペン内には、金糸の龍マークが、右上端には赤の中日マークがそれぞれ入る)。ストッキング…濃紺。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。胸に筆記体で「Dragons」('67年にはドジャースのロゴに近くなる)。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。胸にアーチ状で「CHUNICHI」。
    • 1969年春季キャンプにも、上記のデザインを練習用として再び使用。
  • 1968年シーズン途中(5月16日) - 終了 スカーレット(以下、赤)と青を基調としたスタイル。帽子…青に赤の天ボタン・ツバ、金の龍のマークと赤の中日マークが入る。シャツ・パンツはニット製、また、シャツはノースリーブスタイル(どちらも日本プロ野球史上初。製作はデサント)。アンダーシャツ…赤。線(首周り・ベルトループ・パンツサイド)…赤。胸マーク・胸番号・背番号…赤・青縁。ベルト…青。ストッキング…赤に、太めの青ラインが1本入る。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。左胸…飾り文字で「D」マーク。胸番号は右の方に入る。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…ライトグレー。胸マーク…筆記体で「Chunichi」。
スカイブルー基調ユニフォーム使用時代(1969年〜1986年)[編集]
  • 1969年 - 1973年 概ね'63年〜'64年のものに近い(概ね、青はスカイブルーになっている)。帽子…スカイブルーに白の天ボタン・空気穴。白のブロック体で「CD」マークが入る。左袖…黄金の龍と中日マークのワッペン(スカイブルーの縁取り。中日マークは右上にあり、'72年まで赤、'73年は金色だった)。パンツのベルトループ部分にスカイブルーのラインが囲われている。パンツサイドの線は、細線を2本重ねて太く見せている。ベルト…黒。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。胸ロゴ(筆記体で「Dragons」)・胸番号・背番号…スカイブルーに赤縁取り。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…水色(ライトブルー)。胸ロゴ(アーチ状にゴシック体風書体で「CHUNICHI」)・胸番号・背番号…スカイブルーに白縁取り。
  • 1974年 - 1986年 帽子…'84年までは従前と同じ。'85年以降は空気穴もスカイブルーになる。シャツ…'80年までボタン型。'81年 - '82年はヘンリーネック式(前ボタン2つのみ)のプルオーバー型(球団史上初のプルオーバー)。'84年以降はVネック式のプルオーバー型。アンダーシャツ…スカイブルー。ストッキング…スカイブルー。スパイクはホーム用、ビジター用共に'75年から'86年までは青地に白ライン、'86年ホーム用のみ白地に青ライン。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。線(袖口)…赤・スカイブルー。線(首周り・肩・脇 - パンツサイド)…スカイブルー。胸マーク・胸番号・背ネーム('77年 - )・背番号…赤・スカイブルー縁。ベルト…スカイブルー。
    • ビジター用 シャツ・パンツ…ライトブルー。線の配色はホーム用と逆。胸マーク・胸番号・背ネーム('77年 - )・背番号…赤・白縁。ベルト…赤。
      • ベルトのバックル部分が通常のベルトのものとは異なり「D」の形をしていた。
ドジャース型ユニフォーム使用時代(1987年〜2003年)[編集]
  • 1987年 - 2003年 87年に監督就任した星野仙一が、親友のトム・ラソーダが監督を務めるロサンゼルス・ドジャースに承諾を得たうえで、ドジャースのユニフォームに忠実なデザインを採用。帽子…青に白く「D」マーク('96年までは筆記体、'87年から'95年は天ボタンが青、'96年のみ天ボタンが白。'97年以降は斜体のブロック体、天ボタンは白)。アンダーシャツ…青。胸マーク…青の筆記体(ドジャースと同じ書体)で「Dragons」。胸番号…赤。背ネーム…青('95年までゴシック体、'96年以降はドジャースと同じブロック体)。背番号…青('95年まで従来通りの書体、'96年以降ドジャースと同じブロック体)。左袖…'96年は創立60周年記念マーク。'97年 - 2001年はシャオロンの入ったマーク。'02年以降はキャッチフレーズの入ったマーク。右袖…'99年以降「CHUNICHI」。ベルト…青。ストッキング('90年代後半ごろ〜ソックス)…青。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。
    • 1987年 - 2001年ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。
    • 2002年ビジター用 シャツ…青。パンツ…グレー。胸マーク・背番号…銀色・青縁取りに白のシャドゥ。背ネーム…銀色。公式戦用としては、球団史上初のツートンカラー(シャツとパンツの基本色が違う)ユニフォーム(練習着としては、第二次星野仙一監督時代〔'96年 - 2001年頃〕にドジャースの練習着と同様のデザインを使用)。
    • 2003年ビジター用 シャツ・パンツ…グレー。線(袖・前立て・パンツサイド)…青。胸マーク・胸番号・背ネーム・背番号…従来のものに白縁取り付き。
  • 1998年(日曜ホームゲーム限定使用) 選手会の要望により採用。当時の星野監督の母校明治大学のスクールカラー青紫を基調としたデザイン。帽子…白に青紫の縦じまと「D」マーク、青紫ツバ。シャツ(ノースリーブ)・パンツ…白に青紫縦じま。アンダーシャツ…青紫。左胸…青紫「D」マーク。右胸番号…赤。背番号…青紫。ベルト…青紫。ストッキング・ソックス…青紫。
落合監督時代(2004年〜2011年)[編集]
2009年ホーム用(写真は山本昌
2009年ビジター用(写真は堂上直倫
  • 従来の青色・フォント(番号・背ネーム)を残しながらも、ドジャース型になる前(1974年 - 1986年)のスタイルとの融合が見られる。また、1948年以来(1949年を除く)、長らく愛称「ドラゴンズ」のロゴが筆記体の小文字(「Dragons」)だったが、ブロック体の大文字(「DRAGONS」 「D」の字のみは「CD」マークにアレンジ)に変更された(ユニフォーム以外では、一部を除き、従来の「Dragons」ロゴが使用される)。書体は、名古屋軍創立時の胸ロゴに近い。帽子…青に、白の「CD」マーク(1986年までとやや違う)。ベルト…青。ソックス…青。
    • ホーム用 シャツ・パンツ…白。ライン(肩・脇腹・パンツサイド〔ベルトループにはかからない〕)…青。胸マーク・胸番号・背番号…青。胸に「DRAGONS」。左袖マーク…白地に青で「CHUNICHI」ロゴ入りマーク。
      • 2006年より、左袖は白地に青色ゴシック体で「中日新聞」のロゴ入りマークが入る。
      • 2010年よりエディオンEASTがスポンサーとなり、ホームゲーム用ヘルメットのみ「EIDEN」のロゴが入る。
    • ビジター用 シャツ…青。パンツ…白。線(肩・脇腹)…白。胸マーク・胸番号・背番号…白。左袖…白・青縁で「DRAGONS」ロゴ。
    • 復刻ユニホーム 2010年8月に開催された「オールド・ユニフォーム・シリーズ」で1954年当時のユニホームが復刻された。復刻ユニホームは中日球団としては初。なお通常ホーム用の左袖「中日新聞」広告は、当時も使われた中日マークに置き換えて掲示された。なおパンツはラインなしの白色ということで通常ビジター用を履いていた[41]
第2次髙木監督時代(2012年〜2013年)[編集]
  • 球団初の日本一を達成した1954年当時のユニフォームを基本デザインとして、色は球団旗に採用されている青・赤・白を使っている。しかし、青に関しては当時を基本としているため、濃紺に変更している。ホーム用に使用される胸のロゴマークは2003年以前まで使用された筆記体の「Dragons」が8季ぶりに復活。帽子は濃紺をベースにCDマークは丸文字(1962年~1968年にかけて使用されたマークに近い)になり、文字の色は赤。胸番号・背番号・背ネームの書体には明朝体が採用され、背ネームは同姓の選手は名前の頭文字(堂上兄弟は剛裕が「T.DONOUE」、直倫が「N.DONOUE」、高橋周平は「S.TAKAHASHI」、高橋聡文は「A.TAKAHASHI」など)が入るようになった[42]。2012年シーズンより新たにアシックス社と提携し、ローリングスブランドを展開している。また、2012年からセントラル・リーグが前年度優勝チームに対して『チャンピオン・エンブレム』を授与した為、2012年度のユニフォームの右袖にはチャンピオン・エンブレムが縫い付けられている[43](公式戦のみ装着し、キャンプやオープン戦では装着せず)。
    • 帽子: 濃紺に赤の「CD」マーク(白縁取り)。
    • ヘルメット: 濃紺(つや消し)に赤の「CD」マーク(白縁取り)。
      • ヘルメットには引き続き「EIDEN」のロゴが入っていたが、2012年シーズン途中から「EDION」のロゴに変更されている。
    • ベルト: 濃紺
    • スパイク: 濃紺地に赤ライン
    • ホーム用: シャツ・パンツ…白。アンダーシャツ…濃紺。ライン(肩・パンツサイド)…濃紺。胸番号…赤。胸マーク…濃紺(筆記体で「Dragons」)。背ネーム・背番号…濃紺。左袖マーク…セ・リーグの『チャンピオン・エンブレム』。右袖マーク…「中日新聞」(濃紺・ゴシック体)。
    • ビジター用: シャツ…濃紺。パンツ…白。アンダーシャツ…濃紺。ライン…白(肩・袖)、濃紺(パンツサイド)。胸番号…赤に白縁取り。胸マーク…白(ブロック体で「CHUNICHI」)。背ネーム・背番号…白。左袖マーク…セ・リーグの『チャンピオン・エンブレム』(2012年、2013年からはワッペンは外されている。)。右袖マーク…「Dragons」(白・筆記体)。
  • 復刻ユニフォーム 2012年8月~9月にセ・リーグ主催で行われた「レジェンド・ユニフォーム・シリーズ」において1974年にV9巨人の10連覇を阻止し優勝した当時のユニフォーム(ホーム用)を復刻[44][45]
  • 2013年から集客力アップを目的とした試みで、サードユニフォーム(通称・燃竜(もえドラ))を公式戦7試合で着用する。デザインは赤を基調とし、胸のロゴマーク・背番号・背ネームは濃紺、肩から脇にかけてのラインが白、袖に「中日新聞」の広告。帽子とパンツは通常のものを着用する[46][47]
谷繁監督時代(2014年〜)[編集]
  • 落合GMの「最も強かった時のものを」という提案により、初めて日本一となった1954年当時のユニフォームを再現。前年まで使用された第2次高木監督時のユニフォームも1954年のものをベースとしているが、このユニフォームではより当時のものに近付けた形になっている。色は限りなく黒に近い紺色(鉄紺)を使用。胸文字は筆記体で「Dragons」ではあるが、従来使用されてきたドジャース型ではなく1954年当時の書体となっている。帽子は濃紺ベースにCDマークはブロック体、白色に戻された。ビジター用は2003年以来となるグレー地を採用し胸はブロック体で「CHUNICHI」(左袖の「Dragons」ロゴは前年までと同じもの)、サードユニホームは落合監督時代に採用されていたブルーに白抜きで「Dragons」のロゴを使用。なおホーム用・サード用の左袖「中日新聞」の広告ロゴは、このモデルよりブロック体から中日新聞の題字に使用されているフォントのものに変更された[48]
  • 2014年7月(25日以降)と8月の夏休み期間中には、ナゴヤドーム主催試合において「サマーキャップ」と題し、白を基調に球団ロゴマークとつばを濃紺とする帽子を着帽した(サードユニフォーム着用試合は除く)[49]

歴代監督[編集]

太字は優勝達成監督

※1 ここから産業軍
※2 ここから中部日本軍
※3 ここから中部日本ドラゴンズ
※4 ここから中日ドラゴンズ(第1次)
※5 ここから名古屋ドラゴンズ
※6 ここから中日ドラゴンズ(第2次)
※7 1961年から1962年の登録名は濃人貴実
※8 1967年は5月18日まで指揮、5月30日に復帰するまでは近藤貞雄が代行
※9 1968年は6月24日まで指揮、残り試合は本多逸郎が代行
※10 1986年は7月5日まで指揮、残り試合は髙木守道が代行
※11 1995年は6月2日まで指揮、残り試合は徳武定祐島野育夫が代行
※12 2000年は5月6日まで指揮、5月12日に復帰するまでは島野育夫が代行
※13 2003年は9月9日まで指揮、残り試合は佐々木恭介が代行

永久欠番[編集]

2009年まで在籍した立浪和義の背番号「3」も一部有志が永久欠番にしようとして署名活動も行われたものの、実現しなかった[50]

1954年に日本一になった時の最大の功労者である杉下茂の背番号(20)も永久欠番になっていない。これは、中日で服部と西沢を欠番にするのは両者を辞めさせるときの「妥協点」であり、服部や西沢と違い杉下は当時監督としてチームに残る予定だったので、「保留」にしてもらったという、杉下茂の談話が中日の球団史に掲載されている[51]

マスコット[編集]

球団マスコット[編集]

球団マスコットは以下の3体。詳しいことはそれぞれの記事を参照。1996年までは、竜の顔をモチーフにしたヘルメットをかぶり、Dのマークが入ったバットを持った少年(通称:ドラ坊や)をペットマークに使用。

関連マスコット[編集]

  • ガブリ - 2006年に球団創設70周年を記念して設立された球団公式ファンクラブのマスコット。1991年スタジオジブリ宮崎駿が同僚で中日ファンの鈴木敏夫のために、当時の四番打者・落合博満と竜をモチーフにデザインした。後にファンクラブのマスコットとして提供され、鈴木には名誉会員1号の称号が贈られた。名前は公募でつけられた。
  • ドムラ - ナゴヤドームのキャラクター。オランウータンとゴリラを合わせたような見た目。2008年シーズンより以降、ほぼ見かけなくなってしまっている。

チア・ドラゴンズ[編集]

中日ドラゴンズのオフィシャル・チアリーディングチームの名称。球団の本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームに移転した1997年にシャオロンのデビューとともに結成された。詳しくはチア・ドラゴンズを参照。

主な歴代の球団歌・応援歌[編集]

  • ドラゴンズの歌
    • 1950年に発表された中日ドラゴンズの初代公式球団歌。小島情作詞 サトウハチロー補作詞 古関裕而作編曲 伊藤久男歌唱。1949年に中部日本新聞社が曲詞を一般公募。小島情の詞を第一等入選とし、中日ファンだったサトウの助力を受けて、読売ジャイアンツ東急フライヤーズ阪神タイガースの球団歌を手がけた古関により仕上げられた。1950年3月21日、セントラルリーグ発足式で発表会が行なわれ、レコードが発売された。B面は、中日と同じく名古屋に本社を置く名古屋タイムス社の一般公募による当選詞に藤浦洸の補作詞、古関作曲、「宝石の声をもつ」と讃えられた安西愛子の歌唱による「私のドラゴンズ」が収められていたが、中日新聞と名古屋タイムスの関係が良好ではなかったため2曲とも歴史の闇に眠ったままだった。(アナログLP盤「懐かしのSP盤黄金時代」(日本コロムビア) 曲目解説文・改)しかし、『ドラゴンズの歌』は2006年発売のアルバム『昇竜魂~ドラゴンズ70thメモリアルソングス~』に収録された。
  • 燃えよドラゴンズ!
    • 1974年CBCラジオの番組「ばつぐんジョッキー」の企画で、同番組パーソナリティで元中日の投手である板東英二の歌唱で作られた応援歌。中日の代表的な応援歌であり、毎年選手の入れ換えとともに歌詞が変わる希有な応援歌でもあり、球団歌・応援歌の中でもっとも広く定着している。詳細は同項を参照。
  • 夢は1001、ドラゴンズ
    • 1987年星野仙一監督の就任とともに『燃えよドラゴンズ!87』とともにリリースされた中日のイメージソング。
  • ドラゴンズに乾杯!
    • 1991年、『燃えよドラゴンズ!91』の発売と同時にリリースされた。『燃えよドラゴンズ』『少年ドラゴンズの歌』『燃えよガッツだドラゴンズ』『ダッシュだ!!ドラゴンズ』『夢は1001、ドラゴンズ』の流れを引き継ぐイメージソング。作詞作曲は山本正之、編曲は神保正明
  • 勝利の叫び
  • 嵐の英雄(ヒーロー)
    • 1997年、本拠地のナゴヤドーム移転を機に発表された公式応援歌。歌はドラゴンスターズ。しかし、『燃えよドラゴンズ!』が実質的な応援歌として定着していたため、ファンに普及することは無かった。2002年からは、ナゴヤドームでの演奏も取り止められ、『燃えよドラゴンズ!』に代わった。

主なキャンプ地[編集]

現在[編集]

※1 1997年のみ2次キャンプ地。
※2 1997年のみ2次キャンプ地。
※3 1997年は1次キャンプ地。
※4 2006年から秋季キャンプ地。

過去[編集]

  • 鹿児島県鴨池球場(1946年)
  • 鳴海球場(1947年~1948年)
  • 神戸市芦屋神戸銀行グランド(1952年)
  • 静岡県伊豆静岡県立大仁高等学校(伊豆)グランド(1953年、1956年)
  • 奈良県営球場(1954年~1955年、1957年)
  • 鹿児島県湯之元町湯之元町営球場(1958年~1959年)
  • 大分県別府市別府市営球場(1960年~1963年)
  • 大分県営球場(1960年)
  • 明石市営球場(1963年、1969年~1971年)
  • 和歌山県勝浦(巴川・妙法)(1964年)
  • 松山市営球場(1965年~1968年)
  • 浜松市営球場(1972年~1977年)
  • 米国・フロリダ・ブラデントン球場(1975年)
  • 掛川市営球場(1978年)
  • 宮崎県串間市営球場(1979年~1995年)※5、※6、※7
  • 沖縄県具志川球場(1985年~1992年)※8、※9
  • 沖縄県石川球場(1987年~1996年)※10、※11、※12、※13、※14、※15
  • 米・フロリダ・ドジャータウン(1988年)※16
  • 豪洲・ゴールドコースト(1989年~1992年)※17
  • 米アリゾナ・ピオリア(1995年)※18
※5 1983年は一軍2次キャンプ地および二軍キャンプ地。
※6 1984年は1・二軍キャンプ地。
※7 1985年以降は、一軍の2次キャンプ地および二軍キャンプ地。
※8 1988年は一軍1次キャンプ地。
※9 1989年以降は一軍2次キャンプ地。
※10 1987年は一軍キャンプ地。
※11 1988年は一軍1次キャンプ地。
※12 1989年~1992年までは一軍2次キャンプ地。
※13 1993年~1994年は一軍キャンプ地。
※14 1995年は一軍2次キャンプ地。
※15 1996年は二軍キャンプ地。
※16 一軍2次キャンプ地。
※17 一軍1次キャンプ地。
※18 一軍1次キャンプ地。

参考文献[編集]

  • 『中日ドラゴンズ70年史』(中日新聞社刊)147ページ〜149ページ

主催する地方遠征について[編集]

中日はナゴヤドームでの主催ゲームの他に、下記のように毎年6試合ほどの地方遠征を行う。下記地域はいずれも中日新聞とその支社や支局が発行する北陸中日新聞日刊県民福井の販売エリアである。なお、豊橋・浜松、岐阜・福井、富山・金沢と球場の場所が比較的近いのを考慮して日程が編成されている。特に富山・金沢の試合は北陸シリーズとよく呼ばれる(以前は北陸3県での3連戦があったが、現在は前述のパターンでの2連戦が多い)。また、バックネット裏の広告もナゴヤドームの場合のトヨタ自動車ではなく、球場ごとに異なる広告が掲示される(例:長良川-大垣共立銀行、豊橋-SaLa など)。

なお、富山・石川の試合は2007年から2010年までの4年間は日本生命セ・パ交流戦が組まれており、2011年は5年ぶりにセ・リーグ公式戦(対東京ヤクルトスワローズ戦)が組まれることとなっていた(5月10日・石川、5月11日・富山)が、いずれも中止(富山にいたっては2年連続中止。北陸での代替なし)となった。北陸シリーズが全部中止になったのは近年では異例だった。

ファームの場合も毎年地方遠征を行うほか、ナゴヤドームで試合を行うことがあるが(ただし開始時刻が通常より早まるほか、内野エリアのみの開放のため売店も一部のみの営業、バックスクリーンの映像演出がないなど、一軍と比べると様式が違う部分が多い)、通常のナゴヤ球場の場合のようなスタイル(ドラゴンズ公式ファンクラブ会員なら、チケットを買わずに会員証を見せるだけで入場できるシステム。ただし人数制限あり)ではなく、一軍公式戦の時より安価に設定されているものの、チケットを買う必要がある。

なお、東海地方でも収容人員の小さい球場しか無い三重県では一軍公式戦を行っていない(オープン戦や二軍の試合では四日市市営霞ヶ浦第一野球場津球場を使うことはある)。また、中日新聞の販売エリアの長野県滋賀県[53]和歌山県でも現在のところ1・二軍とも試合は行われていない。(但し長野県に関しては中日のビジターゲームではあるが2010年7月27日読売ジャイアンツ長野オリンピックスタジアムで、そして2012年8月12日横浜DeNAベイスターズ松本市野球場で行われた。)

東京新聞東京中日スポーツを発行する関東地区はフランチャイズの関係もあり主管試合を行った事例は1952年以後では開催したことがないが、それ導入前に後楽園球場などで開催したり、中日球場の全焼火災により1951年の一部の試合を茅ヶ崎市で開催した事例がある。

オープン戦では、上記球場以外に東海4県では小牧市民球場岡崎市民球場一宮球場蒲郡球場豊田市運動公園野球場大垣市営球場(北公園球場)、その他キャンプ地の串間市営球場石川市営球場(現・うるま市石川球場)具志川市営球場(現・うるま市具志川球場)でも過去に試合が行われたことがある。北陸は積雪や気候の問題上オープン戦はほとんど行わない。これらも毎年多くの観客が来場したりしているほか、東海テレビ・CBCテレビ(試合により三重テレビ、テレビ愛知も)で中継されている。東海地方の地方球場での主催試合も中継されている(スカパー!向けも含む)が、2009年3月11日から2014年3月6日(共に小牧市民球場の中日対西武戦)までの約5年間、中継を実施しなかった時期があった。[54]尚、北谷公園野球場の試合は中継されている。

放送[編集]

関連番組[編集]

在名民放テレビ局に関しては基本的に月刊ドラゴンズ内『ドラ応援番組裏話』を基準とするほか、初回放送分のみ記載する。掲載順はテレビ・ラジオともに放送日(月曜日始点)。

テレビ
ラジオ

応援放送以外でもドラゴンズの話題を取り上げるコーナーやスポット番組があり、シーズン中の場合、NHK名古屋放送局では『ほっとイブニング』と『ニュース845東海』で、東海テレビでは『東海テレニュース』後に試合経過や結果を放送している(ドラゴンズtoday)。NHKの場合はスコアボードや継投(試合終了時は勝利・セーブ・敗戦投手)、ホームランを放った選手といった情報(いつでもドラゴンズ速報)が画面上に表示される(NHKのスポーツニュースで表示されているものと同じ)。東海テレビの場合はスタジオのセット(ブルーバック)以外は手作りのスコアボードがあるのみ。

放映権[編集]

中日ドラゴンズ主催試合の放送権があるのはNHKと中京広域圏内で中日新聞社系列である民間放送のAMラジオ2局(CBCラジオ、東海ラジオ)・テレビ4局(CBCテレビ、東海テレビ、テレビ愛知、三重テレビ)のみで、特にテレビ中継による放映権取得分の約8割はCBCテレビと東海テレビに集中している(両局とも中継の数は半々に振り分けているが、概ね月・火・木・土は東海テレビ、水・金・日はCBCテレビに当てられる場合が多い)。

同じ中日資本の三重テレビ放送テレビ愛知も開局当初はホームゲームの中継が出来なかった。しかし三重テレビでは東海テレビが放送できない試合を三重テレビで放送することにより中継開始、また、テレビ愛知でもナゴヤドーム主催試合を2001年よりスタートし(対ヤクルト戦)現在は年数試合が放送されており、2007年には53年ぶりの日本一を達成した日本シリーズ第5戦(制作はナゴヤドームの巨人戦を含めてキー局のテレビ東京)を民放初の完全中継を行った(日本シリーズでTXN系列各局が放映権を得るパターンは、パシフィック・リーグのうち比較的多くの試合を放送する千葉ロッテマリーンズ(テレビ東京)、北海道日本ハムファイターズテレビ北海道)、福岡ソフトバンクホークスTVQ九州放送)が進出した場合に推薦される機会が多く、セ・リーグ側で推薦された実績があるのは現段階で中日のみである)。

一方で、非中日新聞社系列のメ〜テレ中京テレビ放送には中日ドラゴンズ主催試合の放送権はなく(日本野球機構(NPB)主催の日本シリーズについても同様)、中日ドラゴンズの本拠地開催試合を中継できない(但し、中日のビジターゲームについてはこの限りではなく、系列局制作の阪神戦・広島戦などのビジターゲームは放送することもあり、かつては、巨人戦以外の主要ビジターゲームを三重テレビ放送岐阜放送が生中継したのち、メ~テレでそれを編集・再構成して自社スタジオでカラ出張放送した『ビデオナイター・ゴーゴードラゴンズ』の事例もある)。過去には、メ〜テレではネット受けのみならずマツダスタジアム・甲子園球場・神宮球場・QVCマリンフィールド・札幌ドームでのゲームを自社スタッフの実況で中継したことがある。

また、岐阜新聞社資本の岐阜放送(岐阜テレビ・岐阜ラジオ)にも中日ドラゴンズ主催試合の放映権はない。過去に岐阜テレビではCBCテレビと提携し、CBCテレビで中継できなかったホームゲームを中継したことがあったが現在はしておらず、独立局が中継する中日のビジターゲームを中心に中継する程度に留まっている。但し、日本野球機構(NPB)主催の日本シリーズでは、テレビ愛知が中継する日に限り、中日のホームゲームを中継する場合がある。例として、2007年の日本シリーズ第5戦は、日本シリーズの主催が中日では無く日本野球機構(NPB)で、またテレビ東京制作であるため独立UHF局にも中継協力要請があり、岐阜テレビでも中継が行われた。岐阜ラジオではスポーツニュースで中日ドラゴンズの結果を伝える際は「中日」とは言わず「ドラゴンズ」としてコメントするといわれている[56]

金沢、富山、福井といった北陸3県での主催ゲームは、1990年代初期までは東海テレビが担当していたため、勧進元でもある現地のフジテレビ系列局が積極的に制作協力し、年度によっては実況アナウンサーを現地局側が担当したり、現地局でも放送されることもあったが、1990年代中期以降はCBCの担当となり、地元のTBS系列局では中継がなく、制作協力に携わることすらない[57]。ラジオも決まって巨人戦を中心とした全国中継カードを放送することが多い[58]。ただし、浜松球場での主催ゲームは静岡放送が独自でラジオ中継を行うことがある。浜松市近郊では、中京広域圏内の中日新聞社系列民放豊橋局を受信することでゲーム視聴可。また、浜松市内でも2010年以降にはアナログ豊橋局が視聴できなくなる恐れもあるため、『J sports2』で視聴可。

ラジオ
  • NHK名古屋放送局NHKプロ野球
  • CBCラジオCBCドラゴンズナイター。デーゲーム中継等は『CBCドラゴンズスペシャル』として放送。ただしデーゲームの多い日曜は競馬中継のため中断することがある)
  • 東海ラジオ放送東海ラジオ ガッツナイター。デーゲーム・月曜ナイターは『東海ラジオ ガッツナイタースペシャル』として放送。なお、東京ヤクルトスワローズの主催試合の中継は東海地方の民放ラジオ局で唯一の独占生中継で放送する(放送権の関係)が、一方で読売ジャイアンツの主催試合を、CBCラジオとの兼ね合いからか自社制作できていない。2009年度は巨人主催試合のほかに、ヤクルトを除く関東地方で行われるデーゲームの試合中継ができなかった。CBCラジオと同じく、重賞レースを中心に競馬中継で中断する場合があるが、ほとんど稀である)
  • 静岡放送SBSビッグナイター)。浜松球場などの静岡県内で開催の主催ゲームを自社制作。基本はローカルだが、東海ラジオとCBCラジオが単独で放送の場合は、代わりに対戦チーム本拠地がある局に向け配信を行う他、予備または本番カードとして全国放送となることがある。なお、2014年現在は専属解説者がいないので、両局のどちらかまたはキー局(TBSラジオ・ニッポン放送・文化放送)より派遣を受ける。また、両局が中継する浜松球場以外の中日主催試合を全国ネット時を中心にネット受けすることもある。なおSBSはNRN・JRNクロスネット局なので、配信先と解説者派遣元は、試合放送日により異なる。(火:JRN{派遣元:CBCラジオ}/水・木・金:NRN{派遣元:東海ラジオ})なお、2014年6月17日の対西武戦は自社の他、CBCラジオにも配信する異例の措置を取った。草薙球場でのヤクルト・DeNA主催中日戦を放送する場合は、年度によりSBS制作・キー局制作・在名局自社乗り込みのいずれかの放送となる(ヤクルト主催は東海ラジオのみ。過去にはSBSによる二重制作もあった)。
テレビ
  • NHK名古屋放送局(NHKプロ野球)
  • 東海テレビ放送enjoy! Baseball。ローカル中継時はテーマ曲とオープニングムービーが異なる)。巨人戦ではフジテレビONE(ヤクルトのホームゲームと重なる場合はフジテレビTWO)でも放送)
  • 三重テレビ放送三重テレビナイター東海テレビが年間を通じて諸事情の関係で中継できないホームゲームを、東海テレビ(ごく稀にCBC)の製作協力により放送されている(東海テレビまたはCBCがJ SPORTS放送担当日の場合、同時生中継されることもある)。なおビジターゲームも他の独立テレビ放送局が放送している試合をネットする形で放送している)
  • CBCテレビ侍プロ野球、ローカル中継のタイトルは『燃えよドラゴンズ!』。なおビジターゲームもDeNA主催デーゲームを中心に不定期で中継する。巨人戦ではBS-TBSTBSチャンネルでも放送)
    • ビジター側の地元局にも同時ネットされたり、実況の独自差し替えにより放送されることがある[59]
  • テレビ愛知テレビ愛知 10チャンベースボール)(読売ジャイアンツ戦の放映は2006年まではなかったが、2007年から1試合の中継を行う。ホーム戦も放送するが、東海地方のテレビ局の中では、ビジター戦でも現地に自社スタッフを派遣することが多い)
    • 同系列のテレビ大阪生トラスタジアム)は、対阪神戦に限りCBC・東海テレビが地元向けの放送権を持っている試合でも、独自に中継車を派遣して放送することがある。
    • BSジャパンではカードによりテレビ愛知自社制作分の他、テレビ東京(主に対巨人戦)・テレビ大阪(主に対阪神戦で在名地上波がCBC・東海テレビ・三重テレビのいずれかの場合)のいずれかの制作分が放送されることがある。
  • サンテレビジョンサンテレビボックス席)(対阪神戦の一部において、自社で中継車を派遣して独自制作して放送)
  • J SPORTSJ SPORTS STADIUMとして放送されている。ホーム戦は、東海テレビ・CBCテレビが地上波で放送される場合、BS放送の中継制作も担当。テロップは2009年までオリジナルで、地上波と比べるとかなり簡略化されたデザインを使っていた。2010年からは J SPORTS共通のテロップを使用。ただし細部のデザインや一部フォント、テロップの出し方などの演出が異なる。例えば、J SPORTS制作(テイクシステムズの機材。主にNHK・テレビ愛知制作映像使用のオフチューブ)ではバッターのテロップが動いて出るのに対し、THK・CBC制作(名古屋東通の機材)ではテロップが動かない。NHKやテレビ愛知(2006年までは地上波サイマル。2007年はテロップ込みで映像提供)の担当日も映像提供のみ行っている。また優勝決定後に行われるビールかけの模様も生中継される〕
  • 東海地方の各ケーブルテレビ(2007年よりウエスタン・リーグ2009年からは「燃えドラ!スタジアム(西暦年)ウエスタンリーグ/オープン戦」とタイトルが新しくなったほか、ナゴヤドームでのオープン戦も中継。球団公式HPなどにはスターキャットのみの掲載だが、実際は「東海ケーブルチャンネル」でも同時中継される。制作:スターキャット・ケーブルネットワーク・制作協力:東海テレビプロダクション
    • 2012 - 13年は対阪神戦に限りCS放送のsky・A sports+の「スカイ・Aスタジアム」でも数試合が同時中継され、全国で見ることができた。この場合のみスターキャット他各局との共同制作で製作クレジットにも載るが、スカイA側は解説者の派遣と大阪にある送出マスターへ映像・音声伝送を行う為の衛星中継車を放送委託先の朝日放送から派遣するだけにとどまっている。2013年は対阪神戦の他、対巨人戦(ファーム交流戦)も放送した。
インターネット
  • 2012年よりUSTREAMでの配信を開始。シーズン中は数試合を配信(原則、J SPORTS制作の映像・実況音声を使用。)を行い、オフには沖縄・読谷村での春季キャンプの模様をオープン戦含めて中継する。2014年度はウエスタンリーグの中継も開始した。

スポンサー[編集]

セ・リーグでは各球団の申し合わせにより、まずは2002年からホーム用ユニフォームに限定して、スポンサー広告を掲載できるようになった。後にヘルメットにもスポンサーが掲載できるようになった。
ユニフォーム袖
ヘルメット
  • エディオンEAST(表記はEIDEN)(2010年~)但しビジターゲームの際にはエディオンEASTの貼られていないヘルメットを使用(但し2012年9月からは、同社の新ストアブランド・EDIONの表記に変更された。)。

キーワード[編集]

延長28回[編集]

1942年5月24日に行われた大洋対名古屋5回戦(後楽園球場)は、大洋の先発投手・野口二郎、名古屋の先発は西沢道夫で始まった。9回を終えて4対4の同点で延長へ。当時は戦時下による突貫主義が野球にも影響を与えており、引き分けの条件は日没のみ。9回、名古屋軍が追いついて以降は両軍とも0点が続き、延長28回を終わった時点で日没コールドが宣言されて試合は終了した。先発両投手が最後まで投げきり、野口が投球数344球、西沢は311球で完投した。試合時間は3時間47分。プロ野球の延長記録では世界最長となった[60]

当時の後楽園球場は延長15回までスコアが記入できていたが、当然それでも間に合わなかったため、前2試合分のスコア(10回まで)が記載できる下段のボードをも使わざるを得ない状態となった[61]

但し3Aも入れて見ると世界最長は1981年4月18日にポータケットで記録された、延長33回、8時間25分である。この時は日付変わって午前4時7分、延長32回サスペンデッドゲームが宣告され、同年6月23日に再開(サヨナラヒットにより1イニングで決着)されている[60](史上2位はアメリカメジャーリーグの延長26回=1920年5月1日ブルックリン・ドジャースvsアトランタ・ブレーブス)。

当時のスコアテーブル
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 R
名古屋軍 0 1 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
大洋軍 0 0 0 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4
  1. 日没により延長28回コールドゲーム・引き分け

変則ダブルヘッダー[編集]

戦前・並びに戦後初期は変則ダブルヘッダー(異なる組み合わせの試合を同じ会場で施行する)のケースが頻繁に行われたが、1952年プロ野球地域保護権フランチャイズ=ホームタウン)が制定されてからも、1960年代半ば以降変則ダブルは皆無に等しくなるが、1971年10月11日川崎球場で行われたダブルヘッダーは中日がビジター(アウェー)で、ホームチームが入れ替わるというものだった。というのも日本シリーズ・巨人対阪急の開催が10月12日から行われるのに併せて、それまでにペナントレースを全て終わらせたい意向があったためで、この日の第1試合はヤクルトと、第2試合は本来のホームタウンが川崎の大洋と対戦した。ヤクルトは当時明治神宮野球場大学野球東京六大学選手権東都大学選手権1部リーグ)とデーゲーム日程が重なる場合は大学野球を優先したため、やむをえない事情として川崎球場や横浜公園平和野球場等を借りて試合をしていたため、こういう変則日程が生じた。

長嶋引退試合と優勝パレード[編集]

1974年10月14日、この日ドラゴンズは、20年ぶりのリーグ優勝を祝して名古屋市内を祝賀パレードすることになっていた。ところが、この前日の10月13日に予定されていた読売ジャイアンツ長嶋茂雄引退試合が雨により中止となったため、この試合が優勝パレードの予定されていた14日にダブルヘッダーとして組み込まれることとなった。

優勝に貢献した星野仙一高木守道ら主力選手もこの長嶋引退に華を添えようとしたが、地元名古屋市民は20年ぶりのリーグ優勝に興奮気味で、優勝パレードに主力選手が出場しなかったら納得してもらえないとして球団は優勝パレードを強行。そこで、主力選手と与那嶺要監督は優勝パレードに出席させることとして、残った若手選手は近藤貞雄ヘッドコーチを代行監督とする形で東京へ残し試合を行った。高木ら選手は長嶋に対して「申し訳ありません」と涙ながらに謝罪したというエピソードがある。[62]

ドミニカ共和国とのつながり[編集]

近年、ドミニカ共和国で行われているウィンターリーグに育成を目的として若手選手を派遣し、同行したコーチやスタッフが外国人選手の調査を行っている。2004年以降獲得した外国人選手のほとんどがドミニカ共和国出身である(2011年に獲得したエンジェルベルト・ソトはベネズエラ出身である)。

ドミニカ出身選手が増えている背景には、かつて所属していた選手に対する契約違反があったとされ、アメリカの市場からは締め出されてしまったからとされていたが、森繁和が著書にて2004年のオフにて当時監督の落合との会話から金銭的な面からドミニカにシフトチェンジした事を記している。しかし、ドミニカから選手を獲得することにより、安く優秀な選手が中日に入団することが増え、独自のルートが開拓されたといえる[63]。現在は西武巨人でプレーしたドミンゴ・マルティネスがドミニカ担当スカウトを務めている。また、2011年まではヘッドコーチだった森繁和がウインターリーグに派遣される選手とともにドミニカに出向き、リーグで活躍する選手の視察やスカウトを行っていて、2013年オフに復帰した際に再開している。

選手全員の出場選手登録の抹消[編集]

2010年10月4日、落合監督は選手全員の出場選手登録を抹消した[64]。この措置は次の理由によるものとしている。

2010年度の中日の公式戦の全日程が10月2日に終了したこと。クライマックスシリーズ(CS)での中日の出場が、ファイナルステージが開催される10月20日からであり、それまでに2週間以上空くこと。その間に怪我をしてから登録を抹消した場合、再登録できるまで10日かかり、最悪の場合、ファイナルステージに間に合わなくなってしまうこと。また、その間に戦力の再検討を一から行っていくこと。

この件がきっかけとなり2011年に両リーグのルールが改正され、シーズン終了からクライマックスシリーズ開始時までに10日以上の間がある場合は、当該球団の出場登録を強制的に抹消するようになった。CS開催時に登録された際には、その間に抹消された期間も一軍登録期間としてカウントされることとなった。また、改正された前年の2010年の中日のCS出場登録選手も遡って登録期間にカウントされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ちなみに、ナゴヤ球場は1996年まで一軍の本拠地として使用している。
  2. ^ 特攻で戦死したプロ野球選手としては唯一
  3. ^ 巨人についで2球団目。講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」ページ
  4. ^ なお、この年は引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていたため、引き分けとして0.5勝+0.5敗を勝率に加算されていなければ、大阪は勝率.5123、中日は勝率.5120となり、両球団の勝率が3毛差となり大阪は2位、中日は3位となる。
  5. ^ この年の後楽園でのは対巨人戦成績は0勝12敗1分、翌年も開幕から7連敗で9月13日の試合で6-5で勝利し、ようやく連敗を19で止めた(この当時のセ・リーグの同一球場における連敗記録は20)。
  6. ^ このトレードに際しては牛島が当初拒否し、星野仙一が自ら説得にあたった
  7. ^ 祝勝会(ビールかけ)や優勝パレードなどは昭和天皇の体調悪化により自粛となっている。
  8. ^ 高木はこの試合で、審判へ判定に対する抗議をして退場処分を受けている。またこの日、オーナーの加藤巳一郎が死去している
  9. ^ この年の記述の出典は中日新聞社刊「中日ドラゴンズ70年史」178-179ページとする
  10. ^ 翌年より阪神の監督に就任。
  11. ^ 野口茂樹に代わりエースと呼ばれた
  12. ^ この年の出典は特記無い場合。ベースボールマガジン2005年冬季号58-61ページとする
  13. ^ 継投なので参考記録となる。この継投は物議を醸した(2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投参照)
  14. ^ 9勝15敗(ホーム:10勝2敗、ビジター:5勝6敗1分け)
  15. ^ 8勝15敗1分け(ビジター:3勝9敗、ホーム:5勝6敗1分)
  16. ^ 中日監督に高木守道氏 落合監督、今季限り”. 中日新聞 (2011年9月22日). 2011年9月22日閲覧。
  17. ^ 首位奪取のウラで…中日に異常事態 退団コーチは計11人に スポニチアネックス 2011年10月6日付
  18. ^ この年の記述の出典は特記無い場合、週刊ベースボール2012年12月10日号64ページとする
  19. ^ 中日 山井 無安打無得点試合達成!幻の完全試合から6年 ようやく大記録スポーツニッポン2013年6月28日配信
  20. ^ 広島 球団史上初CS進出決定 Aクラスは16年ぶりスポーツニッポン2013年9月24日配信
  21. ^ 朝日新聞2013年10月4日スポーツ面
  22. ^ 高木監督退任会見中日球団公式サイト2013年10月8日配信
  23. ^ a b 新社長就任のお知らせ中日球団公式サイト2013年10月9日配信
  24. ^ 谷繁監督誕生 戦後の主な兼任監督中日スポーツ2013年10月9日配信
  25. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年11月4日配信
  26. ^ 巨人、井端獲得を発表 二塁手強化、右の代打としても期待スポーツニッポン2013年11月26日配信
  27. ^ 新入団のお知らせソフトバンク球団公式サイト2013年12月日配信
  28. ^ 谷繁監督 試練の8月…球団月間最多19敗目、大台危機スポーツニッポン2014年8月31日配信
  29. ^ 広島、逆転勝ちで3連勝!中日は泥沼6連敗で月間20敗目スポーツニッポン2014年8月31日配信
  30. ^ 中日大敗で28年ぶりの2年連続Bクラススポーツニッポン2014年9月28日配信
  31. ^ パシフィックと同率。
  32. ^ ドラゴンズ1946年シーズンプレイバック-ドラおた試合一覧を参照。ちなみに2リーグ制以降では1968年の11連敗がワースト記録。
  33. ^ プロ野球記録は1942年の1リーグ時代だった阪神軍と2011年の北海道日本ハムファイターズが記録した52。
  34. ^ [http://blog.goo.ne.jp/meidai_syaken/e/507796e60d22d7190d48e33a46b819af
  35. ^ 応援歌の途中で「それ行け井端!」と合いの手が入った。
  36. ^ 中日私設応援団4団体に対し応援不許可”. NPB公式HP (2014年7月22日). 2014年9月16日閲覧。
  37. ^ 全国中日ドラゴンズ私設応援団連合加盟4団体に対する応援不許可について”. 中日ドラゴンズ公式HP (2014年7月22日). 2014年9月16日閲覧。
  38. ^ a b 「中日ドラゴンズ応援団」が発足しました - 中日ドラゴンズ公式HP (2014年9月12日). 2014年9月16日閲覧。
  39. ^ 1988年に発売された初の日本野球機構公認ゲームソフト『スーパーリアルベースボール'88』のパッケージにも小さいロゴのデザインが見られる。
  40. ^ 西沢道夫の実使用ユニフォームが野球体育博物館に保管されている。
  41. ^ ドラ番記者 - 中日スポーツ2010年8月19日配信、8月20日閲覧
  42. ^ Dragons 中日ドラゴンズ-公式写真ブログ新ユニホーム発表です。(2012/01/30)
  43. ^ 新ユニホームがお披露目 ドラゴンズニュース 中日ドラゴンズオフィシャルサイト 2012年1月30日付
  44. ^ 同スタイルのユニホームには、背番号の上にアルファベット(ローマ字)の選手名入りのバージョンもあるが、1974年当時のものは選手名が入っていないため、背ネームは入れていない。
  45. ^ ただし、復刻版には、袖に「中日新聞」の広告とセ・リーグのチャンピオンマークが入る。
  46. ^ 赤!!竜衝撃サードユニ - 中日スポーツ 2013年1月10日
  47. ^ サードユニホーム企画「燃竜(もえドラ)」を7試合実施(中日ドラゴンズ公式サイト)
  48. ^ ビジター、サードユニホームを発表ドラゴンズニュース 球団公式サイト内
  49. ^ 夏休み限定!「サマーキャップ」で戦いますドラゴンズニュース 球団公式サイト内
  50. ^ ニッカンスポーツ『中日森野、立浪継承の背番「3」に戸惑い』- 結局、森野はこの時「3」をつけていない。
  51. ^ 中日ドラゴンズ 『中日ドラゴンズ70年史』 中日新聞社、2006年ISBN 4-8062-0514-132頁
  52. ^ 6月16日にナゴヤドームで振り替え開催。なお、この振り替え試合でナゴヤドーム開場以来最低の観客数(6,947人)を記録した。シーズン券が使えなかったことと開催日などの周知が徹底されていなかったことが主な理由。
  53. ^ 但しフランチャイズ制度以前に中日球場全焼事故のための代替で彦根球場を使用したことはあった。
  54. ^ 本来は前日の刈谷球場での中日対西武戦を中継する予定だったが、雨天中止となった。
  55. ^ 2011年3月下旬頃より、生放送分をユーストリームでも配信(次回放送までは、Ustreamで配信)している。
  56. ^ 但し、岐阜新聞・岐阜放送とも新聞紙面やwebサイト上の中日ドラゴンズ関連記事では「中日」を使用している。
  57. ^ 試合開催は引き続きフジテレビ系列局が勧進元となっている。石川県・富山県のTBS系列局は、中日新聞との資本関係はあるものの、それ以上に全国紙各氏や中日新聞と競合する地元紙(北國新聞北日本新聞など)との関連性が強い。また福井県にはTBS系列局が存在しない。
  58. ^ 地元紙が勧進元となった中日以外の球団が主催するゲームは、年度により地元局が特例で放送することがある。
  59. ^ 特に中国放送(RCC)ではCBCからのネット受けとRCCの解説者・アナウンサーの実況への差し替えの両方を行った年がある(いずれも番組名は『RCCカープデーゲーム中継/カープナイター』に差し替え)。
  60. ^ a b 『歴史への招待 22 昭和編』日本放送出版協会、1982年、93-113頁 「歴史への招待」(NHK総合テレビ1981年7月11日放送、 <延長28回 進め一億火の玉だ 昭和17年>)
  61. ^ それを示す写真。下段部右側の第2試合の3回終了時までの得点掲示の部分までこの試合のスコアを埋め尽くした
  62. ^ 【10月14日】1974年(昭49) 長嶋茂雄、引退 その日のミスターと周囲の人々(スポーツニッポン・日めくりプロ野球)
  63. ^ 巨人とは大違い オレ竜ドミニカ優良助っ人獲得の楽屋裏 - スポーツ - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110301/bbl1103011523004-n1.htm
  64. ^ 中日・落合監督、異例の全員抹消へ - 時事通信社2010年10月2日配信、10月3日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]