日本マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本マクドナルド株式会社
McDonald's Company (Japan), Ltd.
McDonald's Golden Arches.svg
種類 株式会社
本社所在地 163-1339
新宿アイランドタワー 38階・39階・40階
設立 2002年平成14年)7月1日(※)
業種 小売業
事業内容 ハンバーガーレストランチェーンの経営並びにそれに付帯する一切の事業
代表者 サラ・カサノバ(社長兼CEO)
資本金 1億円
従業員数 5,115名
決算期 12月31日(年1回)
主要株主 日本マクドナルドホールディングス株式会社 100%
関係する人物 藤田田(創業者)、原田泳幸(会長)
外部リンク http://www.mcdonalds.co.jp/
特記事項:※ (初代)日本マクドナルド株式会社(のちの日本マクドナルドホールディングス)の設立は1971年昭和46年)5月1日。2002年、持株会社の移行に伴い、日本マクドナルドを新設、ハンバーガーレストラン事業を継承。
テンプレートを表示
店舗リニューアルが進む
都市型店舗の一例

日本マクドナルド株式会社(にほんマクドナルド、英称:McDonald's Company (Japan), Ltd.)は、日本においてハンバーガーチェーンのマクドナルドを経営する企業である。

目次

概要[編集]

アメリカマクドナルドフランチャイズ企業。日本国内のマクドナルドは2011年(平成23年)現在、約3,300店舗で展開[1]している。日本のハンバーガー市場における市場占有率(シェア)1990年代後半から2000年代において60%台〜70%台[2][3][4]を獲得している。

米国マクドナルドの直轄体制となっており、日本マクドナルドホールディングス持株会社、旧:日本マクドナルド)の連結子会社である。現在のCEOサラ・カサノバ(代表取締役社長)。前社長の原田泳幸は取締役会長[5]

日本における「マクドナルド」名称・表記・発音の由来[編集]

日本向けの名称・表記・発音は『マクドナルド』である。

日本において設立準備時、"McDonald's" の英語圏における発音は『マクダーナルズ』と表現されていた(発音に関する詳細はマクドナルド#英語圏を参照)。しかし、日本マクドナルド初代社長の藤田田が、「『マクダーナルズ』では日本人には発音し辛く馴染まないから、日本語的に3・3の韻になるように」という理由と、看板にした時の字面とバランスを考慮した上で決定された。

日本における略称・通称・愛称[編集]

公式の略称・通称・愛称について、同社では設定していない[6]。客が「マック」・「マクナル」・「マクド」の略称・通称・愛称を自然に使うようになった、と同社では見解を示している[6]。同社では呼び方を統一する意思はなく、同社従業員の間でも両方の呼び方が使用されている[7]。同社は「マック」を使用した商品サービス(「ビッグマック」「マックシェイク」「朝マック」「100円マック」など)では正式名称として展開しているが[7]、『マック』・『マクナル』・『マクド』呼称に関して「どちらが正しいとかはありません」[8]、「どちらもお客さまが親しみをもって呼んで頂いていることなので、正解というのはありません」[7]と説明している。

証券業界[編集]

証券業界では、Macintoshのような他の「マック」との混同を防ぐために、「マクド」を用いる[8]

日本の消費者[編集]

日本の消費者の間では呼称に「地域差」がある[6]。東日本などでは「マック」が多いが、関西では「マクド」と呼ぶ人が多い傾向である[8]。各種調査の結果詳細によると「マクド」と呼ぶのは近畿圏が中心で東日本が11.8%・西日本で52.3%であり、「マック」とよぶのは関東圏を主にその割合は東日本で84.4%・西日本でも41.6%[8][9][10]と発表されている[11]

歴史[編集]

創業期[編集]

マクドナルドのハンバーガー

貿易会社の藤田商店社長・藤田田(ふじた でん)がマクドナルドに着目し、フランチャイズ権を獲得[12]。子会社・日本マクドナルド株式会社を設立し、1971年(昭和46年)7月20日、1号店である銀座[13]を銀座三越店内に開店した。

当初米国本社からは、アメリカと同様な郊外型の店舗で展開するよう指示があった(交通量の多い神奈川県茅ヶ崎市を希望したといわれる)。しかし、1号店として郊外でなく銀座に拘ったのは、「(開店当時は)銀座が流行の情報発信基地だ、銀座で話題になれば商売も必ず成功する」と踏んだ藤田の発案による。

また、1号店として三越に拘ったのも、交差点角という絶好の立地条件から。「ここしかない」と、藤田は三越まで直談判に行くが、当時藤田と掛け合った銀座店店長で後に社長となる岡田茂から、「三越の営業の邪魔にならぬよう、火曜日朝に開店できるなら出店してもらっても構わない」と無理難題を突き付けられる。当時、銀座三越は月曜日が定休日で、これは『日曜日の閉店時刻(18時)から火曜日の開店時刻(10時)までに、水周りを含め全ての作業を終わらせた上で開店させることができるなら出店を許可する』といった意味であった。

作業できる時間は実質40時間しかなかったが、どうしても銀座三越に拘った藤田は、都内のとある空き地で銀座三越の出店予定スペースを再現させ、作業員に何度も何度もシミュレーションさせた。最初は60時間近くかかったが、練度が上昇すると、仕舞いには39時間足らずで作業を終わらせることに成功した。

1号店として開店した店舗は、面積129m²と非常に小さな持ち帰り専門店で客席がなかった(後に移転)。ハンバーガー1個が80円と、当時の物価ではやや高額ではあったが、藤田の狙い通り、この店は大変な評判になり、日本各地に続々と店舗が作られるようになった。なお、1号店は新宿の本社内に資料として再現されている。その他のメニューの価格は、チーズバーガー100円、ビッグマック200円、フィレオフィッシュ100円、マックフライ70円など。

ドムドムバーガーケンタッキーフライドチキンは、マクドナルド1号店が出店した前年の1970年(昭和45年)に1号店を出店しているが、マクドナルド1号店の登場は、日本人のハンバーガーに対する価値観に多大な影響を与えた。

同年7月24日、2号店である代々木[13][14]を開店。その後も日本の中心地へ集中的に出店を続け「都会で話題とする」藤田田の戦略が成功していった。

拡大時代[編集]

日本のドライブスルー併設店舗の一例

1977年(昭和52年)以降は、アメリカに似たドライブイン型店舗、ドライブスルー併設店舗も展開するようになった[15]

1982年(昭和57年)8月 日本マクドナルドの開発によるPOSシステムをアメリカ・マクドナルドが採用[15]

1985年(昭和60年)頃 商品購入時に2問の設問が付いたくじが配布される。全問正解でハンバーガー、ポテト、ドリンクのいずれかがもらえるというものだった。これは数年間継続され、後年は設問を一般公募した(採用者の一部は宣伝にも出演)。くじの配布は手を変え品を変え、現在でも何らかの宣伝で使用されている。

1987年(昭和62年)、ハンバーガーと飲料とポテトを組み合わせると、価格が安くなる「サンキューセット」を発売しヒットする。これはこの年の流行語ともなった[16]。このセットは同業他社にも影響を与え、ロッテリアがサンパチトリオを登場させたが、同社もそれに対抗し1988年(昭和63年)には更に値下げをした「サブロクセット」として新展開した[17]

1990年(平成2年)12月20日山形県第1号店「山形やよい町店」開店、これで全都道府県進出を達成[2]

1990年代、厨房が狭く、品揃えも限定した『ミニマック』(この名称は現在は廃止)という形態の店舗を数多く出店した。これまでのロードサイド店や単店としてテナント出展する形態とは違い、スーパーマーケットのフードコーナーや高速道路サービスエリア(一部)などに設置されることが多い。前者を「トラディショナル(母店)」後者を「サテライト」と当初は呼称しており、その名のとおり資材の発注や人的リソースを母店で管理していたが、現在ではその限りではなくなっている。土地の価格が高い日本特有の店舗形態である。[要出典]

価格破壊とデフレの勝ち組[編集]

1994年(平成6年)、『エブリディ、ロープライス』を宣伝文句に「バリューセット」を開始した。ハンバーガーセットは540円から400円に、ビッグマックセットは790円から600円と大幅に値下げした。その後、1995年(平成7年)にそれまで210円だったハンバーガーの価格を一気に130円に変更。対抗上、これに追随して値下げをするファーストフードチェーンが続出し、価格破壊戦争が起こった。

さらに1995年(平成7年)には為替が$1=80円近辺と急激な円高が発生し、牛肉ジャガイモなど原料の輸入コストが大幅に値下がり為替差益を享受できたことから、ハンバーガー単品の価格を創業当時の80円へ値下げしたが、円安推移に戻った事などから、後に従来の130円に戻された。

しかし、2000年(平成12年)2月14日より平日半額キャンペーンと討って、平日は130円のハンバーガーを半額65円、160円のチーズバーガーを80円、(同年9月より)240円のフィレオフィッシュを120円で販売することを開始した。それまで「若者の食事」と見做してハンバーガーを食べることに躊躇していた40代・50代が世の中の不景気で小遣いが減少する中「安くて手軽に食べられる」と、再びマクドナルドへ足を向けるようになり、2000年(平成12年)内でキャンペーン終了時期を明示したが、幾度か延長した。キャンペーンに成功したマクドナルドは2001年(平成13年)時点では『デフレ時代の勝ち組』ともてはやされるようになり、ジャスダック市場に株式上場を果たした。

同業他社の追随のみならず、2001年(平成13年)7月吉野家が牛丼並盛をそれまでの通常価格である一杯400円から280円に値下げするなど、マクドナルドの値下げは日本全国で連鎖的に価格破壊を引き起こし、平成不況下でのデフレ時代を象徴する言葉として「平日半額(65円)バーガー」「デフレバーガー」などの流行語が生まれた。

赤字転落とブランド失墜[編集]

2001年(平成13年)から2002年(平成14年)にかけて平成不況が長引いて株価が低迷、為替も一時期 $1=140円台をつけるなど逆に円安に振れたことや客単価が下がったことから、収益が悪化。2002年(平成14年)創業以来初の赤字決算となってしまう。加えて、それまで行われたことがなかった不採算店舗の閉鎖をこの時期初めて実施するようになる。

経営収支を立て直すため、「平日半額キャンペーン」を2002年(平成14年)2月14日を以て終了。ハンバーガーの通常価格を130円から80円に値下げするが、平日半額の65円からは値上げとなり、消費者が大きく反発して客離れを引き起こしてしまう。再度客を呼び戻そうと、同年8月にハンバーガーを59円に値下げするが、値下げに慣れてしまった消費者にはインパクトがなく、期待したようには客足が戻らなかった。

価格破壊戦争を引き起こした結果、経営悪化と「ハンバーガーは安物食品である」というイメージを消費者に与えてしまい、ブランドイメージが大きく損なわれた。藤田は戦略失敗による経営責任をとり、引退する。その後日本マクドナルドは米国マクドナルドの直轄体制となり、現在に至る。

2002年(平成14年)2月 会社分割による持株会社体制へ移行。商号を「日本マクドナルドホールディングス株式会社」に変更した。

2003年(平成15年)、ハンバーガー事業の立て直しを図る為、希望退職者募集、藤田商店との関係清算、他事業からの撤退等、組織と経営資源の再編成を行った[18]

高級路線戦略の迷走とバリュー戦略の見直し[編集]

2004年(平成16年)、失墜したブランドイメージの回復を目指し、より魅力あるブランドの構築のため「長期的視野に立ったレギュラーメニューの強化」「バリュー戦略の効果的な展開」、そして継続的なブランド戦略である「"i'm lovin' it"の訴求」を強化して取り組む方針を打ち出した[19]。その第一弾として同年3月8日から新レギュラーメニュー「フィッシュ マックディッパー」[20]、同年6月16日から「ハンバーガーの"王道"」と銘打ち、フラッグシップレギュラーメニューとして「マックグラン」「ダブルマックグラン」「トマトマックグラン」が全国で発売開始された[21]。これらは、バンズを専用のものに変更するなどし、高級感を持たせるメニューとして販売した。しかし、「マックグラン」シリーズは当初から低調傾向で「ダブルマックグラン」は程なく店頭メニューから消え、残りの2つも大幅値下げをして継続したが、200円台では原価率が高い販売効率の悪い商品となってしまった事[22]、メニューの中での位置付けが曖昧な事[22]、不振により定番メニューの刷新が必要となった事[22]、戦略の見直し(後述)等の影響もあり、2005年(平成17年)10月27日に「マックグラン」シリーズと「フィッシュマックディッパー」は販売終了となった。[22]

2005年(平成17年)、安価戦略の見直しを中心として、客側にとって「納得感」の高い価格体系を再構築していく計画を示した[23]。同年8月に戦略的なメニューの開発を目的として、従来の商品開発部門の機能を強化・発展させた新組織『メニュー開発本部』が発足、マクドナルドらしい競合優位性のあるメニュー開発に向けた体制を強化した[24]

2005年(平成17年)10月28日に各種メニューの改定が行われ、期間限定メニュー(同年10月28日 - 11月24日)として「えびフィレオ」が登場[24]。バリューセットで選択できるサイドメニューから「チキンマックナゲット」が外され、「マックフライポテト」と「ガーデンサラダ」の二択制に改められ、「プチパンケーキ」と「アイスクリームバニラ」がそれぞれ100円から140円に値上げされた。中でも「えびフィレオ」は2005年(平成17年)に登場した期間限定商品の中で、単品商品としてNo.1の売れ行きとなり、若い女性を初めとした幅広い客層から支持を得ていたこともあって、2006年(平成18年)1月13日からレギュラーメニューへ昇格した[25]

2006年(平成18年)の改定では、より積極的にメニュー表の目立つ所に高価な品を配置、POPを利用したセットメニューのアピールなどの取り組みが行われている。創業初の試みとしてサラダをメインとしたセットメニューが発売された[26]。合わせて既存商品を20円から50円の値上げを行ったほか、安価セットで一部の商品を選択した際にも追加料金が掛かるように改定されたが、依然として売り上げの多い100円マックは存置されている。他にも販売店舗が限られる商品として、かつて販売していたシャカシャカポテトを復活させた。これは午後2時から販売する「シャカシャカポテトパック」として提供されている。

そのほか、ヘルシーメニューの導入展開による新たなる顧客獲得や、ブランドイメージへの取り組みなど、日本経済への世相に合わせた対策・対応が続いている。

100円マック拡充戦略の試み[編集]

マックチキン・チーズバーガー・ハンバーガー 低価格メニューの一例

2006年(平成18年)9月、100円マックが拡充され8品目となった。単価の高い高価格化路線を同業他社が取っていることで、この追加した100円マックは、従来のセットメニューを利用するユーザーに「ついで買い」しやすい100円メニューの拡大・品目の豊富さをアピールして、販売カウンターのメニュー表には、セットメニューの近くで目立つお薦め表示がされている。この試みは着実な成果を上げ、2006年(平成18年)の既存店の売上高は前年同月比8月10%増[27]、9月の12%増、来店客数も前年同月比と比べて9月は5.4%増と、高価格メニューと低価格メニューを両立した戦略で回復基調を堅持している[28]2008年(平成20年)7月18日より新レギュラー商品として「マックベーカリー」(菓子パン)を設け、「メロンパン」「チョコデニッシュ」「シュガークロワッサン」を全国発売[29]していたが、同年9月18日から発売の「シナモンメルツ」などの影響もあり売り上げが低迷、同年10月上旬に販売終了した。

メガシリーズ戦略[編集]

クォーターパウンダー販売戦略[編集]

1970年代後半に全国発売されたが、その後米軍基地周辺地域店舗限定メニューに縮小されたクォーターパウンダーが、2000年代中盤以降多彩な展開を行っている。2003年(平成15年)に東京都内一部店舗・期間限定販売、2007年(平成19年)11月から熊本地域限定発売、2008年(平成20年)11月には東京都内でPR店舗を期間限定オープン、同年11月28日には関東圏地域拡大発売、同年12月23日には御堂筋周防町店にて関西で初めて発売された。そこには約15000人が来店し、徹夜組も含めたおよそ2000人が1キロにも渡る長蛇の列を作った[30][31][32]。しかし、来店した中の1000人は人材派遣会社フルキャスト等に依頼して「エキストラの仕事」として集められたアルバイト[31][32]で、行列先頭に前夜から並び、開店イベントにも参加した女性がプロのイベントコンパニオンであったことが判明している[31]。これらの影響によって御堂筋周防町店が一日の売り上げ1002万円を記録し、1日あたりの店舗売上高の過去最高記録(当時)を更新したことを同年12月24日に発表[30]。更に2009年(平成21年)4月29日には「クォーターパウンダー」のみを販売するPR店舗「QUARTER POUNDER SHOP 428」として展開した東京・渋谷東映プラザ店が1245万円(速報値)を記録し、1日あたりの店舗売上高の過去最高記録を更新した[33]

沿革[編集]

都市型・リニューアル店舗の一例
700号店(西武新宿店)
閉店する西武新宿店
日本最北端店舗記念オブジェ(北海道稚内市)
  • 1971年(昭和46年)5月 - 藤田商店がアメリカ・マクドナルド社とのライセンス契約を締結、日本マクドナルド設立。
  • 1971年(昭和46年)7月 - 1号店を銀座三越1階に出店。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 本社を新宿住友ビルへ移転。
  • 1976年(昭和51年)2月 - 初のフランチャイズ店を出店。
  • 1976年(昭和51年)12月 - 100号店出店。
  • 1977年(昭和52年)4月 - 初のドライブスルー店舗を出店。
  • 1979年(昭和54年)10月 - 200号店出店。
  • 1981年(昭和56年)3月 - 300号店出店。
  • 1982年(昭和57年)12月 - 単体ブランドチェーンとして外食産業売上高日本一(2005年(平成17年)現在、売上高日本一トップを維持)。
  • 1984年(昭和59年)12月 - 年間売上高1,000億円を突破。
  • 1985年(昭和60年)8月 - 500号店出店。
  • 1987年(昭和62年)6月 - サンキューセットのセットメニュー開始。
  • 1987年(昭和62年)12月 - 600号店出店。
  • 1989年(平成元年)7月 - 700号店出店。この700号店(西武新宿店)は1960年代のアメリカ風な店舗内装・調度品が使用され、店舗1階にはビートルズの等身大人形が設置され話題に(現在、人形は3階喫煙席に移転・展示中)。
  • 1992年(平成4年)10月 - 累計トータル客数50億人突破。ハンバーガーを20年前の創業価格100円で期間限定販売。
  • 1993年(平成5年)5月 - 愛知県名古屋市瑞穂区に1000号店出店(瑞穂通店)。
  • 1994年(平成6年)3月 - バリューセットメニューの開始。
  • 1995年(平成7年)3月 - 本社を現在の新宿アイランドタワーに移転。
  • 1996年(平成8年)1月 - ハンバーガー80円、チーズバーガー100円での期間限定販売開始。
  • 1996年(平成8年)11月 - 神奈川県横浜市鶴見区に2000号店出店(大黒パーキングエリア店)。
  • 1997年(平成9年)12月 - ハンバーガー65円、チーズバーガー85円での半額で期間限定販売開始。
  • 1998年(平成10年)12月 - 新業態・マックカフェ出店
  • 1999年(平成11年)8月 - 東京都大田区に3000号店出店(環八大鳥居店)。
  • 2000年(平成12年)10月 - 平日半額キャンペーンの開始。
  • 2001年(平成13年)7月 - ジャスダック市場へ上場。
  • 2002年(平成14年)3月 - 藤田田が代表取締役会長、八木康行が代表取締役社長に就任。
  • 2002年(平成14年)6月 - 英国Pret A Manger社と提携したサンドウィッチチェーン、日本プレタ・マンジェ株式会社を設立(2004年(平成16年)に撤退・清算)。
  • 2002年(平成14年)7月 - 日本マクドナルドホールディングス株式会社に商号変更。同時に会社分割により、100%子会社の(新)日本マクドナルド株式会社を設立し、ハンバーガーレストラン事業を承継して、日本マクドナルドホールディングス株式会社が持株会社となる。
  • 2003年(平成15年)3月 - 藤田田が代表取締役会長を退任。
  • 2004年(平成16年)5月 - 八木康行・代表取締役社長兼COOが退任、後任に原田泳幸が代表取締役副会長兼社長兼CEOへ就任
  • 2005年(平成17年)3月 - 原田泳幸・代表取締役副会長兼社長兼CEOが代表取締役会長兼社長兼CEOに就任。
  • 2007年(平成19年)6月 - 晴海通り再開発計画に伴い、現在は銀座三越隣にある1号店の営業終了を発表。地域別価格制度を導入(後述)。
  • 2007年(平成19年)8月 - 再度、新規事業としてマックカフェを出店。
  • 2007年(平成19年)11月 - 同社とのフランチャイズ契約をしていた企業が運営していた都内4店舗で、調理日時の表示を改ざんした商品を販売していた事や賞味期限切れとなった原材料を使用して商品を作っていた事や賞味期限切れの商品を販売した事実が発覚(後述[34][35]。原田社長が記者会見で謝罪[36]
  • 2007年(平成19年)12月 - 離島地域では初の店舗が石垣市に出店。糸満店だった国内最南端・最西端の店舗が300km程更新された。
  • 2008年(平成20年)1月 - 埼玉県熊谷市内にある日本マクドナルド直営店店舗の店長が未払いの残業代と慰謝料等を日本マクドナルドに求めた訴訟の判決で、「店長は管理職に非ず」の判断が示される。同社が敗訴(後述[37][38][39]
  • 2008年(平成20年)5月 - 小麦・チーズ・食用油など原材料の値上がりや、賃料や人件費の上昇を理由として「30日から全店値上げする(地域によって対象商品や値上げ幅にばらつきがある)」と2日に発表[40][41][42]
  • 2008年(平成20年)5月 - 残業代訴訟敗訴の影響を受け、「名ばかり管理職」に該当する直営店長と地域の店舗管理責任者、合計2千数百人に職務給を廃止した上で残業代を支払う、新賃金制度を2008年(平成20年)8月1日から導入する、と20日に発表(後述[43][44][45][46]
  • 2008年(平成20年)8月 - 小麦・チーズ・食用油など原材料の値上がりや、賃料や人件費の上昇を理由として全店値上げすると7日発表[47]、20日実施[48]
  • 2008年(平成20年) 9月 - 2003年4月以来、約5年半ぶりに公式サイトを全面刷新[49]
  • 2008年(平成20年) 11月 - 東京都23区内の50店舗で排出される食品廃棄物を回収し、肥料化飼料化する食品リサイクル活動を本格化、10月28日発表、11月1日開始[50]
  • 2009年(平成21年) 11月 - 北海道稚内市にマクドナルドが出店され、最北端の記念碑が作られた。これまでは、北海道名寄市イオン名寄ショッピングセンター店)が最北端であった。
  • 2010年(平成22年) 4月 - 東京都の渋谷駅周辺や赤坂・青山エリアの店舗を一斉に「新世代デザイン店舗」としてリニューアル。以降、首都圏の繁華街の店舗を中心に順次「新世代デザイン店舗」としてリニューアルを進めている。
  • 2011年(平成23年) 6月24日 - この日の午前5時からより一部メニューの価格改定を実施[51]
  • 2012年(平成24年) - 4月から5月にかけて、一部メニューの改訂および、価格改定を実施。この一環で4月20日、コーヒーの無料おかわりサービス終了(但し1杯100円に値下げ)。日本とアメリカとで扱いが異なることになった。
  • 2012年(平成24年)6月30日 - 700号店でビートルズの等身大人形が設置され話題になった西武新宿店が閉店。
  • 2013年(平成25年)8月27日 - 原田泳幸は取締役会長に就任、サラ・カサノバが代表取締役社長兼CEOに就任[52]

メニュー・店舗・特徴・サービス[編集]

2012年10月1日メニュー表は撤去され上のパネルから(一部のセットしか掲載されていない)選ぶか店員に個別にもらうしかない[53] メニューがセットをメインとして単品を小さく表示させているのは、客単価を低下させる単品買いを極力回避させるための経営戦略による。

主要なメニュー[編集]

など。

朝マック[編集]

朝マックとは、開店から(24時間営業店舗では午前5時から)午前10時30分まで販売されているメニューの総称。マフィンやグリドル、ホットケーキを中心とした朝でも比較的(短い時間で)食べやすいメニューとなっている。すべての店舗で実施しておらず、スーパーマーケットショッピングセンター内に併設されている店舗や、おもに午前9時以降に開店する店舗などでは朝マックを扱わないことが多い。なお、これらの店舗は開店時から通常メニューの販売となる。

期間限定(プロモ)商品[編集]

New York Burger(ニューヨークバーガー)
大月見バーガー

2010年:Big America(ビッグ アメリカ) - CMソングはケニー・ロギンス の「フットルース

  • 第1弾、Texas Burger(テキサスバーガー)1月15日(金曜日)発売、1月31日(日曜日)販売終了、4日間で413万食
  • 第2弾、New York Burger(ニューヨークバーガー) 2月5日(金曜日)発売、3日間で380万食
  • 第3弾、Hawaiian Burger(ハワイアンバーガー)2月19日(金曜日)発売
  • 第4弾、California Buger(カリフォルニアバーガー)3月12日(金曜日)発売

近年の傾向・エピソード[編集]

  • 基本的に春から秋にかけてマックシェイクの期間限定シェイクが登場する。ただし、2008年(平成20年)、2009年(平成21年)は登場しなかった。
  • 2006年(平成18年)3月の「梅ソース」発売以来、2000年代中盤以降にチキンナゲットの期間限定ソースを発売するようになった。同年8月の「フルーツカレーソース」は好評なため11月に再発売している。
  • 2007年(平成19年)1月に発売された「メガマック」は当初期間限定販売であったが、売上が好調で消費者の要望も高かったことから、2008年(平成20年)4月4日よりレギュラーメニュー化された[54]が、クォーターパウンダーのレギュラーメニュー化に伴い、メガマックは販売終了となった。また「メガ」メニューはシリーズ化されている。
  • 好評な商品は毎年1ヶ月間期間限定商品として登場している。多少のずれはあるが、3月に「てりたまバーガー」、5月に「たまごダブルマック」、9月に「月見バーガー」、12月に「グラタンコロッケバーガー」が発売されている。2010年(平成22年)はグラタンコロッケバーガーが発売されず、同年12月はテキサスバーガーの再発売を行った。
  • 日本オリジナルメニューで人気だったが、「他のメニューと食材の共有が不可」「鳥インフルエンザの影響で安全面を考慮」の理由[55]2004年(平成16年)2月に販売終了した「チキンタツタ」が約5年半ぶりに復活、「NIPPON ALL STARS」キャンペーンの一環として期間限定販売(2009年9月25日 - 10月10日)された[56]。予定では10月15日に販売終了となっていたが、当初の販売見込計画に対して約1.5倍の好評な売れ行きのため、食材の在庫状況と今後の販売予測を考慮して、終了日が10月10日に繰り上げられた[57]
  • 一部地域では試験販売として、一般店舗では扱っていない商品を発売している場合がある[58]
  • マクドナルドに健康を意識したメニューを求める声は少なからずあり、一時期、生野菜を使用したサラダ関連商品を充実させたが、多額の投資に関わらず売れ行きは芳しくなかった。2009年(平成21年)に行われた株主総会の質疑の中で、原田COOは「消費者はマクドナルドに、そういうものを求めていないのではないか?」と回答している。
  • 2010年(平成22年)6月からチキンタツタを引き継ぎチキンメニューを重視。「チキンバーガー」シリーズ(同年10月からは「アイコンチキン」シリーズに改称)とフライドチキン「ジューシーチキンセレクト」を販売(福岡県・佐賀県・熊本県荒尾市・大分県日田市・山口県下関市では同年4月23日からテスト販売)。
  • 大分県・熊本県では期間限定メニューを他の地域とは異なる期間で発売されるか、販売されないことが多くなっている。この場合、福岡県の配送網で配送される荒尾市・日田市の店舗では販売される。

オーダー・商品提供システム[編集]

客のオーダーをパナソニック製のPOSで注文を受けリアルタイムでオーダー内容を指示・表示するシステムとなっており、ドリンク・厨房など各セクションにお客が注文したオーダーが表示され、その画面を見て調理を開始する「MADE FOR YOU」(メイドフォーユー)を導入している。オーダーを受けながら調理を開始するので、出来上がりまでの待ち時間が比較的短く済み、グリルオーダー(後述)にも対応できる柔軟性の高いシステムである。

商品提供のシステムは、1999年(平成11年)中までは多くの店舗が商品を作り置いて温蔵棚などにストックし、注文された後に商品をそこから取り出して販売する「ダイレクトオペレーション」(ストック方式)で、時間経過による味の劣化やハンバーガーを調理後10分で廃棄[59]する社内規定のため、予測誤りによる廃棄ロスなどの問題があったが、改善策として、注文を受けてからその都度高速調理を行い完成した商品を提供するオーダーメイド方式の厨房システム「MADE FOR YOU」(メイドフォーユー)1999年(平成11年)中より順次導入し、2004年(平成16年)にほぼ全店へ導入[60][61][62]、2005年に導入完了しており[63]、食品廃棄物や廃棄ロスの低減を目指すとしている。これに関して平成14 (2002) 年版の環境白書に「環境及び資源の有効活用の両面での改善が進むことになります」との記述がある[64]。「MADE FOR YOU」のロゴは包装紙などにも表示されるようになった。それでも発生した食品廃棄物や製造過程で発生する食品廃材は回収し、肥料化飼料化する食品リサイクル活動を一部店舗にて行っている(前述)。

特殊注文[編集]

「グリルオーダー」といわれる、客の希望で通常のレシピから一部の具材や調味料(代表例としてピクルスやマスタード)を抜いて調理された商品を提供するサービスを行っている[65][66]。ただし、メインとなるような食材を抜く注文(「ハンバーガーの肉抜き」や「パンなし」など)は基本的に断る方針としている[65]が、店舗の判断によっては「ハンバーガーの肉抜き」注文を受け、そのオーダーに沿った商品を提供する場合もある[66]。価格については、減らした材料分が下がるわけではなく通常品と同価格であり、「足す」・「多め」などの増やす方向へのオーダーは基本的に可能だが、ソースや調味料のみ可能となっている。 一部の客の間では「裏メニュー」と呼称されることもある[66]

原材料[編集]

ハンバーガーパティ[67]オーストラリア産(オージー・ビーフ)・ニュージーランド無添加100%ビーフを使用している[68]

BSEの影響[編集]

マックフライポテト (M)

2003年(平成15年)12月24日 アメリカ、ワシントン州において BSE(牛海綿状脳症)感染疑惑牛発見の発表があり、同12月26日に日本政府はアメリカ産牛肉の輸入禁止を決定。

米国産牛肉を多用していたために販売休止を余儀なくされた牛丼と異なり、同社のハンバーガーは豪州産・NZ産牛肉を使用しており安全面で問題は無かったが、フランクバーガー用のソーセージはアメリカ産牛肉を15%含んでいたことから「フランクバーガー」の販売は中止した。アメリカ産牛由来原材料を使用していた一部のマックフライポテト・ハッシュポテト・チキンマックナゲットは販売を中止し、同社のフライドポテトは豪州産・NZ産牛肉を使用しており安全面で問題は無かったが、フライドポテトを揚げる食用油にアメリカ産の牛脂が含まれていたことから、100%の植物油に変更した。このために、フライドポテトの味や風味が変更以前よりもかなり変わったため「若干軽くヘルシーになった」、「風味が無くなってしまっている」と様々な意見があった。

BSE騒動の影響を払拭するため、2004年(平成16年)1月18日にバーガー類1個購入につき、ハンバーガーの無料引換券(同年1月19日から25日まで有効)を配布した。同様のサービスを、同年7月19日(東京銀座に開店した日を記念して「マクドナルドの誕生日」と称した)に行った(バーガー類1個購入につき、ハンバーガーの無料引換券(同年7月20日から25日まで有効)を配布)。

地域別価格[編集]

2007年(平成19年)6月20日、地域別の価格制度を一部地域で試験導入し、同年8月10日に全国拡大[69][70]。これは、都市部での人件費家賃高騰が収益を圧迫していることや原材料費の高騰などの影響により、地域によって価格を値上げ、または値下げするもので、値上げ率は平均して3~5%。地域別価格の導入により、同一商品でも、店舗によって価格が異なる(100円・120円マック商品は価格据え置き)。ただし、「デマンドベースプランニング」と称する、単なるコストベースとは異なった、各都道府県で商品ごとの顧客満足度に沿って売上を最大にする価格設定手法を用いているため、最低賃金と賃料の目安となる地価水準と同社の地域別価格を比較すると必ずしも合致しない結果となっている[69]

東京神奈川京都大阪といった都市部で値上げを行い、東北中国地方の一部ので値下げを行った。同年8月には四国でも値上げを行ったが、それに関しては物流面の特殊事情(本州四国連絡道路の割高な通行料金)が考えられる。全国一律の価格を原則とする日本の外食チェーンでは初の試みとなる[71][72]。それと同時に、同公式サイトからは価格情報が削除され、この店舗ではどの商品がいくらなのか、といった基本的な情報が得られない状態となっている。また、値上げした店舗数が値下げした店舗数を大きく上回っていて[73][74]、「地域別価格」は公式サイトにすら価格が掲載されていないため、値上げの方便ではないかという批判があるが[74]、これを報じたJ-CASTが取材を行ったところ、同社広報はこれを否定した[74]。地域別での価格差はその後行われた価格改定により、導入当初に比べ縮小している[75]

店舗形態[編集]

ミニマック[編集]

マクドナルドの小型店舗のことで、独立した店舗ではなくデパートや量販店に小型スタンドの形式で設置されている。独立した店舗と比較すると、座席数が少なかったりメニューに一部制限があったりする。公式にミニマックと呼ばれ、実際にそのような看板を掲げた店舗も存在していた。

遊具(プレイランド)併設型店舗[編集]

郊外に十分な敷地を有し、周辺人口構成における子供人口割合の多い店舗でしばしば見られる。客の滞在時間が長くなり回転率は落ちる反面、リピート率は高くなる特徴を持つ。

独自デザインの看板[編集]

一部店舗では公式のデザインをアレンジした独自デザインの看板を用いており、事例として2001年10月 - 2011年10月31日に存在した五反田西口店では、全国でも極めて珍しい「斜めM」サインの看板を掲げていた[76]

マクドナルドダイニング[編集]

2003年(平成15年)4月から、既存の店舗のイメージを打ち破るため、内装・メニューともに高級感を強めた戦略店舗「マクドナルドダイニング」を渋谷、赤坂、池袋、目白の4店舗で展開し、好調であったが、米国本部からの世界統一キャンペーン戦略のあおりを食らい、同年9月7日で終了し、同年度中に通常の店舗に戻された[77]

マックカフェ[編集]

「McCafe by Barista」の店舗
「McCafe by Barista」店舗で提供されるカフェラテ

カフェの形態をしており、オーストラリア、フランスなど世界30カ国以上で展開されている「マックカフェ」を日本でも新業態店として3度、メニューブランドとして1度、合計4度導入している。

1度目は新業態店として1998年(平成10年)12月[78]、既存店舗よりサラダ類・こだわりコーヒー・デザートメニュー(マフィンケーキなど)を強化したメニュー構成とし[79]、東京・恵比寿に1号店をオープンさせ、翌1999年(平成11年)12月に京都・四条河原町、千葉・船橋、神戸・三宮と立て続けに3店を新規出店したが[78]、その後中止された。

2度目も新業態店として2007年(平成19年)8月末に首都圏14店、関西1店の計15店舗が一斉オープンしたが、スターバックスタリーズコーヒーなどカフェチェーンとの激しい競合に打ち勝てず、2008年(平成20年)5月より5店舗を閉鎖する等規模を縮小し[80][81][82]2009年(平成21年)に中止された。

3度目は2009年(平成21年)11月3日、従来のような新業態店(店舗名)ではなく、一部店舗において新規に提供されるメニューの名称として開始された。具体的には、全ての店舗で提供されている「プレミアムローストコーヒー」に、「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」「キャラメルラテ」を加えたものである。追加された4商品は「マックカフェ」専用のドリップマシン導入店舗限定で販売される。開始当初は数量・期間限定無料の試飲キャンペーンが実施された[83]。コーヒーに関して同社は2008年(平成20年)2月から味・質に重点を置いた「プレミアムローストコーヒー」を全店舗で導入、一杯無料・半額などのキャンペーンを複数回実施して「安くて味の良いコーヒー」のイメージを定着させることに成功しており。2008年(平成20年)11月から福岡県・佐賀県・熊本県荒尾市・大分県日田市・山口県下関市の一部店舗で試験先行販売され、2010年(平成22年)4月時点では12都県の一部店舗に正式導入され、現在では全国の店舗で展開されている(一部導入されていない店舗もあり)。また、18代目中村勘三郎を筆頭とする平成中村座の座員が出演したテレビコマーシャルでも知られている。

2012年より再び喫茶店スタイルの業態を「McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」として7月より一部店舗に専用コーナーとして展開している。こちらでは専門のクルーがバリスタとして注文を受けてから一杯ずつ作るほか、オリジナルのケーキやマフィンなどを販売している[84]。これらの店舗は都心部のみならず、地方のドライブスルー店舗でも展開する予定である。

セルフピックアップ方式[編集]

セルフピックアップ方式とは、過去実施されていた「ダイレクトオペレーション」(ストック方式、前述参照)と違い、客がハンバーガーやポテトなどを棚から取り出してトレーに乗せて動き、最後に会計を行う、学生食堂や社員食堂などで見られる方法である。なお、ドリンクは、紙コップをトレーに乗せ、会計を行い、その後、ドリンクバーで自ら注ぐ方式であることにも特色がある。

日本においては、実験的に1998年(平成10年)の長野オリンピック選手村で試行された後、同年6月には東京工科大学内へ「片柳学園店」を出店、1999年(平成11年)1月には「日比谷シティ店」、他にも「越谷サンシティ店」を改造し、通常店舗での実験を開始した。以後、中央大学大阪学院大学、関西外国語大学、など、主に大学内の店舗を中心にいくつか設置された。

この方式では、繁忙時の待ち時間を短縮でき、同時にレジスタッフを減らすことができるなどのメリットがあった。デメリットとしては、新しい商品から持っていくことが多くなり、商品の鮮度を保ちにくいこと、商品の包装が外れやすいこと、万引きの対象となることなどがあった。

なお、方針の変更などにより、片柳学園店・中央大学店は2005年(平成17年)に通常型店舗へと改装された(なお、ドリンクはスペースの関係上、従来のセルフ方式が残された)。

24時間営業の拡大[編集]

段階的に大都市圏から24時間営業店舗の拡大を開始している[85]。既に首都圏のマクドナルドはアルバイト求人での人員確保の上でオペレーショントレーニング習得、社員の増員などで対応可能な店舗から順次切り替えをはじめている。営業形態としては、店舗の事情や防犯対策の観点から、ドライブスルー併設店舗では防犯上深夜時間帯(主に0時~6時)はドライブスルーのみ営業、2階建て以上のドライブスルー併設店舗では1階客席のみ使用、店員の目が届きづらい出入り口は閉鎖する、などの形態で実施されている。

学校・医療機関への出店[編集]

最近は大学にも多く出店している。2005年(平成17年)5月現在、大学には21店舗、大学付属病院には3店舗出店している。

分煙形態[編集]

アメリカ国内店舗は全面禁煙だが、日本では禁煙と分煙の店舗が存在する。喫煙可能な店舗の形態はガラスの壁で分煙する店舗、フロアによって喫煙席と禁煙席を分けている店舗など様々であり、こうした店舗でも禁煙席の需要が大きくなる時間帯には全席禁煙とされることがあるので注意が必要である。神奈川県内の全店舗は、2010年(平成22年)4月1日から受動喫煙防止条例により、同日から全面禁煙となった。

その他、1階を喫煙席・2階を禁煙席としているため、夜間の特定時間帯に全席喫煙席となる店舗も存在する(前述参照)。

サービス・接客[編集]

現金以外の支払方法[編集]

現金以外の支払方法は、競馬場内など、一部取扱いのできない店舗がある。

電子マネー[編集]
Edy
2001年(平成13年)より実用化試験を展開、利用可能店舗は大崎ニューシティ店をはじめとした東京都23区内の一部[86]と限定された範囲で留まり、対応カード「マックチップ」も試験発行されたが、後にiD(後述)が大きく展開された。しかし、2008年(平成20年)12月5日より地域拡大を行い、2009年(平成21年)8月28日には一部店舗を除き全国展開を完了[87]。店舗レジでのチャージは不可であるが、一部店舗ではEdyチャージャーが設置されており、利用することで店舗でチャージ可能。
WAON
2009年(平成21年)12月8日よりイトーヨーカドー出店店舗[88]等一部店舗を除く全国の3200店舗で利用可能になった[89]。同日よりイオングループショッピングセンター内の店舗でも利用できる。店舗レジでのチャージは不可。
iD
チャージ不要タイプで唯一使用可能。2007年(平成19年)のNTTドコモとの提携合意に基づき、関東エリア・関西エリア・中国エリア・四国エリア・九州エリアの一部地域の店舗で利用可能となり[90]2009年(平成21年)8月28日、Edyと同時に一部店舗を除き全国展開が完了。iDで購入することによって、iDプレミアムクーポンを配信したり、iD特別価格の商品を設けたりと、販売促進に利用されている[91]
交通系ICカード
駅構内や駅周辺にある一部の店舗で利用可能。PASMO対応端末は所沢東口店と高輪ウイング店に、ICOCA対応端末は新大阪駅店に設置されており、いずれの対応端末もKitacaSuica・PASMO・TOICAmanaca・ICOCA・SUGOCAnimocaはやかけんが利用可能である。交通系ICカードが利用できる駅ナカやショッピングセンターにある店舗であっても、上記の店舗以外は対応端末が設置されておらず利用できない。店舗レジでのチャージは不可。
商品券[編集]
マックカード
全国の店舗で発行しているプリペイドカードタイプの商品券。全店舗で利用可能[92]。マックカードは1回しか使えず(使い捨てタイプ)、額面以内の買い物に使った場合は釣り銭が払われる。1996年(平成8年)春頃までは首都圏を中心とした店舗で汎用プリペイドカードユーカードの取扱が有ったが終了し、その代替的な役割で登場した。
“景気をつかもう”商品券
2009年(平成21年)5月15日より数量限定で「“景気をつかもう”商品券」[93](別称「定額牛付金」[94])の販売が開始された。これは総額20,000円相当の商品券が、定額給付金の給付額(給付対象者19歳〜64歳)と同価格の12,000円で買えるという制度で、有効期限が同年11月14日までの期間限定となっていた。
クレジットカード[編集]

成田空港第1ターミナル店・第2ターミナル店(成田国際空港のテナント扱い)など、ごく一部の店舗で利用可能。日本国外ではアメリカ・カナダなど利用可能な地域の店舗も存在する。 (2011年(平成23年)11月現在、成田空港第2ターミナル店ではクレジットカードでの支払い不可確認)

株主優待券[編集]
#株主優待参照

クーポン[編集]

トクするクーポン選択画面

支払いの際、店員に渡したり、見せたりすることで割引価格となるクーポンサービスを行っている。主に下記のクーポンが存在するが、クーポンごとにメニューや割引額が異なっており、また1回の提示で複数個購入できるものもあるが、1会計あたりの購入数には制限がある。

  • 新聞の折込チラシ、 店頭・街頭などで配布しているチラシに含まれているもの。
  • キャンペーンなどで商品に添付するもの。
  • 従業員に配布するもの。
  • PC用クーポン - 公式サイトの「クーポンダウンロード」ページを印刷して使う。別名「スマイルプラス」。
  • 携帯電話用「見せるクーポン」 - HTMLFlashによるクーポン(後述)。
  • 携帯電話用「かざすクーポン」 - アプリによるクーポン(後述)。

同社の携帯電話用サイト「トクするケータイサイト」の「見せるクーポン」は、クーポン画面を携帯電話に表示させ注文時に提示することにより割引を受けられる。無料の会員登録が必要。クーポンデータは月に4度(原則金曜日)更新され、午前5時から利用できる。また、キャンペーンなどでタイアップ先のサイトからクーポンが配布されることもある。AndroidiOSを搭載した端末の場合はマクドナルドのクーポンアプリをダウンロードすることで同様のクーポンを取得することが出来る。イー・モバイルウィルコムの携帯端末ではクーポンアプリを利用できない。なお、画像が表示できない場合はHTML版のクーポン画面を表示させることでクーポンを使用できる。

「かざすクーポン」は、おサイフケータイ限定のサービスである。「トクするケータイサイト」からクーポンアプリをインストールし、欲しい商品を画面に表示させ、カウンターにあるiDの読み取り機にかざすことにより、割引を受けられる。無料の会員登録が必要。クーポンデータは1週間ごとに更新され、端末操作により最新のクーポンを取得できる。使用回数に制限があり、1つのかざすクーポンは使用回数は概ね2回となっている。2009年(平成21年)8月28日から全国で使えるようになった。2011年(平成23年)3月4日からはandroid OSのおサイフケータイでも利用が可能となる[95]。事前に設定が必要だが、かざすと同時に注文されるので待ち時間が少なくなるメリットもある[96][97]。詳細はTHE JVを参照。

コーヒーのおかわり自由(無料)とその終了[編集]

かつて、一部店舗(スーパーショッピングセンター内のテナントの一部等)を除き、店舗内で飲食する場合はホットコーヒーはおかわりが自由(無料)[65][98]であった[99]。この情報は公式サイトには記載されていなかったが、同社広報が見解を示し[65]、一部店舗の店内には掲示している場合もあった。しかし、同社広報はコーヒーについて「価値あるコーヒーサービス」をキャッチフレーズにした新展開の2012年4月20日開始とおかわり無料サービスの終了を認め、2012年4月19日をもってコーヒーのおかわり無料サービスを終了した[99]。これについて、同社の広報とトップの原田泳幸では認識が異なり、2012年4月20日に行われた記者発表会で原田は「もともとおかわり無料というサービスはありませんでした。特定の店でほんの一部のお客様の特別な要求に対応していたサービスです」「おかわり無料廃止と今回の価格改定とは一切関係はありません」とコメントした[100]

マックでDS[編集]

2009年(平成21年)7月から、マクドナルド店舗にてニンテンドーDSを使用したサービスを行っている。ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続可能な環境、および独自のワイヤレス環境を提供することで、マクドナルド店内にてゲームソフトの追加データを受け取れるようにしたり、オリジナルゲームの配信を行っている。また最近では無料クーポンがゲットできることもある。

宅配サービス[編集]

宅配サービスは「マックデリバリー」 (McDelivery) と称し、店舗に勤務するクルー[101]がバイクで自宅や職場など店舗以外の場所に商品を届けるものである。2012年より開始され、2013年9月末時点で東京都や大阪府、愛知県など7県の計86店舗で実施しているほか、将来的には全国展開を目指すとしている。利用はインターネットか電話で申し込む必要があり、1,500円(朝マックは1,000円)を超える注文金額より受け付けるほか、配達料(300円)が別途必要である。[102][103]

その他の特徴[編集]

  • 同社スタッフに配布されている名刺はビッグマック、マックシェイク、マックポテト、など代表的な商品をモチーフとして、その写真に沿って一部切り抜かれた形となっており、会った人の印象やその場の雰囲気に合わせて渡すデザインを選択している[104]

雇用[編集]

2005年(平成17年)、採用を担当する部署であるリクルート部は、店舗のスタッフィングをサポートするという決意表明を表すため、フィールドスタッフィング部に呼称を変更した。

2005年(平成17年)以降、店舗社員の採用活動が活発化している。新卒、中途採用(学歴不問)を幅広く募集している。2005年(平成17年)は700名程度を採用する等、創業以来最大規模となっている。2006年(平成18年)も引き続き同程度の採用数確保を目指している。採用数拡大の主な理由として、直営店の増加、営業時間の延長、社員係数の引き上げがあるとされている。

同社の学生に対する採用活動の姿勢は高く評価されており、日経社による採用活動満足度ランキングで2位となっている。一方で後述する「残業代不払・残業代訴訟」などの問題が生じている。

社員の平均年齢が上昇してきた同社は2004年(平成16年)より店長以上の社員の定期昇給を廃止し、給与は原則、業績評価だけで決める職能給を導入し、年齢や勤続年数を給与に反映しない人件費抑制策を図っている[105][106][107]

定年制については、2006年(平成18年)に「20~30歳代の社員のため、実力本位の意識を高めるのが狙い」「若手のモチベーションが高まるはず」との理由[108]で一度廃止した[107]。しかし「ベテランが職務に取り組むうえで、仕事の成果と人材育成のバランスのとり方が難しく、仕事の優先順位が崩れてしまった。(定年制を復活することで)人を育てていく企業文化を再度築き上げる」との理由や「若手社員を伸ばしていく企業文化を根づかせていくため、年功序列を廃止するなど、実力主義への意識を高めようとしたなかで、定年制を廃止すべきと考えたが、時期尚早だった」との説明を行い、2012年(平成24年)1月から60歳定年制を復活する[108]

残業代訴訟敗訴の影響を受け、「名ばかり管理職」に該当する直営店長と地域の店舗管理責任者、合計2千数百人に職務給を廃止した上で残業代を支払う、新賃金制度を2008年(平成20年)8月1日から導入する(但し、過去に遡った残業代の支給は行わない)[43][44][45][46]。日本マクドナルド社外メンバーによる労務監査室の設置[45][46]、同様の制度を持つ他の企業でも勤務実態に合わせた制度変更への動きがある[44]など労働条件・待遇の改善へと進む動きがある一方、給料総額は変えない方針のため[46][109]サービス残業が増えないか」[45][109][110]、人件費等関連コスト増を発端とした商品値上げの可能性[44]、といった懸念もあったが、対応策としてクルーを2万人増員したことで店長の無駄な仕事が減って残業も少なくなり、その結果10億円以上の人件費削減が達成されている[111]

社会貢献[編集]

財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ ジャパンへ出資している。この財団は、難病児およびその家族などを支援する福祉、医療分野などにおけるボランティアへの助成並びにその家族などに対し必要な施設の設置などの措置を講じ、その有効適切な運営を行うことなどにより、地域社会における支援体制の確立に寄与するために設立された。

2010年(平成22年)3月時点で日本国内の7箇所にドナルド・マクドナルド・ハウスを開設している。この施設は子供が病院に長期入院している保護者に安価で宿泊スペースを提供するもので、世界30カ国296箇所で同様の施設が運営されている。個室のベッドルームのほか、共用のキッチン、リビング、ダイニング、ランドリー、付き添いの子供を遊ばせるプレイルームが備えられている。ハウスの利用料は保護者の負担を考え、1人1泊1,000円(およびリネン料等数百円の実費)となっている。マクドナルドからの支援や企業・個人の募金で運営され、施設の維持管理には地域のボランティアが従事している。全国のマクドナルド店舗では「はやく元気にな~れ募金」を行っている他、顧客がハッピーセットを1つ購入するごとに同財団に1円寄付する取り組みを行っている(1億1500万円上限)。

株主優待[編集]

年2回、6月末日と12月末日現在で、日本マクドナルドホールディングス株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載されている所有株式数が1単元(100株)以上の株主に対して、1冊にバーガー類、サイドメニュー(マックフライポテト又はサイドサラダ、朝メニューでは、ハッシュポテト)、ドリンク、3種類の商品の株主優待券[112](無料引換券)が1枚になったシート6枚が送付される。商品はバリューセットで取り扱っている中から選ぶことができ、ポテトとドリンクは追加料金なしでLサイズも選べる。優待券は、日本国内にあるマクドナルド店舗のみ有効である。サイドメニュー券でチキンマックナゲットを選択できないところに注意が必要である。

  • 100 - 299株 : 1冊
  • 300 - 499株 : 3冊
  • 500株以上 : 5冊

日本マクドナルドに関する問題[編集]

中国メーカー製の期限切れ?チキンナゲット販売[編集]

2014年7月中国のマスメディア機関が、上海福喜食品で、使用期限切れの食肉を混ぜていたことが報じられ、これを受けて日本マクドナルドは「チキンマックナゲット」の全体の約2割が上海福喜食品製であることを発表し、同社製のチキンナゲットの販売を7月21日から順次停止した。特に約500の店舗では上海福喜食品製であるため、一時チキンナゲットが欠品となった[113]。更に7月25日からは上海福喜食品製以外の中国産鶏肉を使用した8種の商品についても販売を中止した[114]。なお、中国からの調達は再開せずに、全ての鶏肉をタイから調達する予定である[114]

景品のグラスに突起[編集]

2012年(平成24年)6月19日から7月18日にかけて実施の「オリンピック応援 コークグラスキャンペーン」で配布したグラスのうち、一部について縁や内側に小さな突起が生じていて、このグラスを使用した78人から、擦り傷を負ったとの申し出があった。このため同社は、8月10日からこの景品の回収や交換を行なった。製造元である台湾のメーカーにおける、金型の不備が原因とされる[115]

商品にキャップが混入[編集]

2012年(平成24年)1月6日、同社秋田新国道店(秋田市)で、客の男性が同店で購入したハンバーガーを食べたところ、左奥歯が欠ける事故に見舞われた。調べたところ、該当のハンバーガーの中に、ソースの容器に用いるプラスチック製のキャップが混入していた。また、同月26日にも、別の店舗でキャップの混入事案があり、これを受け同社は同月30日に、調理手順の確認を徹底するよう、全国の店舗に指示した[116]

商品にナットが混入[編集]

2011年(平成23年)3月1日、同社南武庫之荘店(兵庫県尼崎市)で、男性がドライブスルーでソーセージマフィンを購入し食べた際に、混入していたナット前歯3本が欠ける怪我をした。男性は抗議のために同店を訪れたが、店長は「因果関係を知りたい」などと繰り返すのみで、東京の本部も「(購入店の)店長が対応する」と回答したのみだったため、男性は兵庫県警に相談した。男性は「店側の対応が遅過ぎるし、誠意ある対応をしてほしい」と主張している[117]

1,000人のサクラで行列[編集]

2008年(平成20年)12月23日、同社御堂筋周防町店(大阪市中央区)で、クォーターパウンダーが関西地域では初めて発売され長い行列ができるなどメディアで大きく取り上げられた。また、1日あたりの店舗売上高1,002万円で過去最高を記録したと同社公式サイトに掲載した。しかし、実際には人材派遣会社から派遣されたアルバイト1,000人が、客として行列に並び商品を購入していたことが明らかになった。行列先頭で徹夜したり、何度も行列に並んだアルバイターもいるという[31]。その後、先行して開店した東京の店でも同様のアルバイターが動員されていたことが報道された[118]

マクドナルド広報は大阪の件を「商品モニター」であるとして「サクラ」であることを否定した。しかし、発覚の原因となった人材派遣会社のアルバイト募集告知では「新商品を、並んで、買って、食べるだけ」「商品購入のエキストラのお仕事」となっており[119]、モニターであるとはどこにも書いていない。アルバイター1000人のうち商品や接客についてのアンケートに答えたのは300人程度であり、モニターであるなら7割がアルバイト代をもらっているのにデータを提供していないことになる。また、「1000人分の売り上げは50万円ぐらい[120]なので、それを差し引いたとしても、過去最高の記録は覆らない」としているが、客は店の前に行列があるとそれに釣られて並びたくなるのが心理学でも実証されており[121]、単純に1000人の購入分だけをアルバイターの影響とする主張にも疑問が残る。

後から発覚した東京の件では、「発売日を盛り上げたかった。並んでもらったのはマーケティング手法の一つ。」として、意図的に行列を作ったことは認めたが、サクラであることは「サクラの定義がないので何とも言えない」として公式に認めることはしなかった[118][122]

洗浄後の容器に殺菌剤が残存[編集]

2008年(平成20年)4月15日、同社槙島店(京都府宇治市)で、アイスコーヒーを飲んだ女性が、直後に吐き気を訴えるなどして入院。この女性が使用していたステンレス製の容器に、洗浄時に使用した殺菌剤が残存していた。同社はこれを受け、女性に謝罪した上、全国の店舗に対し、洗浄の手順の再確認を指示[123]

過労残業代不払・残業代訴訟[編集]

2005年(平成17年)12月22日に埼玉県熊谷市内にある日本マクドナルド直営店店舗の店長が原告となり日本マクドナルドに未払いの残業代と慰謝料等を求めた訴訟を起こした。これにより同社店長クラスの労働環境が残業月100時間を超える等の過酷な実情が明らかとなった[37]。裁判にて原告の妻は「ずっと過酷な勤務状態を見ていたので過労死せずに生きていてよかった」と述べている。裁判は店長が管理監督者かどうかが争点となった(店長が管理監督者ならば法的に残業代は不要)が、2008年(平成20年)1月28日、東京地方裁判所はマクドナルド直営店店長について、正社員約4500余人中、約1715人(2007年(平成19年)9月現在)も占めている上「アルバイトの採用権限はあるが、将来、店長などに昇格する社員を採用する権限がない」「一部の店長の年収は、部下よりも低額」「労働時間に自由がない」等と指摘。「経営方針などの決定に関与せず、経営者と一体的立場の管理職とは言えない」と述べ、日本マクドナルドに残業代など計約750万円の支払いを命じた。敗訴した日本マクドナルドは控訴する方向で検討すると伝えられた[38]。同業界では店長を残業代の支払い対象としていない企業もあるが、「店長でも、長時間労働に見合った残業代を支払うのは当然」(吉野家)、「店長の給与水準が極めて低い日本マクドナルドの事例は極端」(大手ファーストフード会社)等の声が聞かれた[39]。最終的には日本マクドナルド側が和解金約1000万円支払うことなどを条件に和解が成立した[124]。また、2008年3月に元店長4人が同社に残業代など計約1700万円の支払いを求めた訴訟についても、2009年8月26日に和解が成立している[125]

賞味期限切れ商品の販売[編集]

2007年(平成19年)11月、日本マクドナルドとフランチャイズ契約をしていた企業が運営する4店舗にて、商品に表記される調理日時の改竄、賞味期限切れ原材料の使用、賞味期限切れ商品の販売、といった不祥事が発覚した[34][35]。日本マクドナルドは該当する4店舗を直営店に移行させ、社長の原田泳幸が記者会見で謝罪した[36]。その後、別の直営店の元店長代理の証言に基づき、フランチャイズ店だけでなく他の直営店でも調理日時の改竄が行われていたと報道された[126]。その際、元店長代理が手許に保管していたマクドナルドの名札・制服を着用し『報道ステーション』内のVTRで証言したため「店長がアルバイトの制服を着ているのはおかしい」、「辞めた人が制服を着ているのはおかしい」[127]などの指摘が相次ぎ、テレビ朝日広報部は「女性の証言内容に間違いはないが、映像表現として適切さを欠いた」[127]とし番組内でキャスターの古舘伊知郎が謝罪している[128]。また週刊現代2007年(平成19年)12月22・29日号では元従業員、2008年1月12日号では現役店長による「衛生管理の問題点がある」といった内容の記事が掲載された[129][130]

牛乳から大腸菌検出[編集]

2007年(平成19年)7月18日、明治乳業と日本マクドナルドは18日、明治乳業の子会社が製造し、日本マクドナルド店舗で販売した牛乳「MILK」(220ミリリットル)に大腸菌群が混入した恐れがあるとして、販売済みの146本を自主回収すると発表した。出荷時検査で「一部陽性」の反応が出たため。明治乳業は「お客様と日本マクドナルドに多大なご迷惑をお掛けしおわびしたい」(広報室)としている。

マック難民[編集]

マクドナルドが24時間営業店を拡大するにつれ出現している。ネットカフェ難民が、ネットカフェに泊まる代金さえもない時に、24時間営業で深夜時間帯入店可能なマクドナルドに行き100円メニュー(コーヒーなど)のみを注文し一晩を客席で過ごす人が増えているとされている[131]。そのため、一部の店舗では深夜は客席を閉鎖するなどの施策を発表した店舗も存在する。

賞品がコンピュータウイルスに感染[編集]

日本マクドナルドは、2006年(平成18年)8月に実施し、「GET!MP3/MP3が当たる!」キャンペーンの賞品である携帯音楽プレーヤーを当選者へ9月29日に発送した商品の一部が、トロイの木馬ワームスパイウェアに感染していた事を10月13日に発表。また、それと合わせ、すべての発送品を新品へ交換する事も発表した。当選者から「賞品をパソコンに接続するとウイルス対策ソフトのウイルス検知メッセージが出た」など12日までに苦情が7件あった。ウィキニュース

日本マクドナルドユニオン[編集]

2006年(平成18年)5月に日本の大手ファーストフードチェーンで初となる日本マクドナルドの労働組合日本マクドナルドユニオン[132]が結成されている。

直営店のアルバイト賃金と社員時間外手当の不適切管理[編集]

2005年(平成17年)5月下旬に兵庫県内にある直営店の労働実態調査を行った労働基準監督署から「日本マクドナルドの直営店舗のアルバイトの賃金と社員の時間外手当の算出方法に誤りがある」と指摘され、それについての指導があった[133]。同年8月1日に新勤務時間管理方式を導入し、また、過去2年分に遡って日本国内の直営店のアルバイトや社員の未払い賃金を支給するとした[133]

販売推進・広告手法[編集]

歴代キャッチコピー[編集]

キャッチコピー 使用時期[63] CMソング 解説
1 味なことやる マクドナルド 1970年代1973年(昭和48年)使用開始) 「味なことやるマクドナルド」[134] 歌:尾形道子
「マクドナルドの美味しい笑顔」[134] 作詞:博報堂、作曲:梅垣達志、歌:梅垣達志・尾形道子
CM末尾でサウンドロゴとして流れていた。
2 世界のことば マクドナルド 1979年(昭和54年) - 1984年(昭和59年) - テーマソングが存在していた。初代キャッチコピー同様、サウンドロゴとして使用されたが初代のリズムとは異なる。
3 おいしい笑顔 マクドナルド 1984年(昭和59年)4月 - 1980年代後半 - -
4 だから… マクドナルド 1990年代初期 - これよりサウンドロゴとしては「マクドナルド」の部分のみ流れるようになり、キャッチコピーは言われなくなった。
5 おいしいね、マクドナルド 1990年代中期 - -
6 いつでもそこに マクドナルド 1990年代後半 -
7 スマイルそして スマイル 2000年代 -
8 i'm lovin' it 2003年(平成15年)9月 - 現在 - 全世界統一キャッチコピーの導入により使用開始。サウンドロゴとしても使用されるほか、これまでのキャッチコピーとは違い商品パッケージ等にも盛んに表示している。

主な提供番組[編集]

テレビ[編集]

  • 番組の提供における提供表示テレビ東京系列(TXN) とTBS系列(JNN) では「McDonald's Golden Arches.svg」で、それ以外の系列局は「McDonald's Golden Arches.svg McDonald's」と表記されている。この表記は2006年(平成18年)6月15日からマクドナルドから変更。また基本的にテレビCMは『サザエさん』(提供は1998年11月~2012年9月まで)を除くテレビアニメ、子供番組ではハッピーセット、その他の番組ではマクドナルド自身や商品のテレビCMを放送している。
  • 2011年(平成23年)7月24日地上デジタルテレビ放送への完全移行後もテレビCMについてはHDで制作されたテレビCMは1社提供番組の特別編を除き1本もなく全てSD制作であったが、2012年の"Big America"の第三弾であるグランドキャニオンバーガーからHD制作のテレビCMになった。これ以前のテレビCMは引き続きSD制作のままである。
一社提供[編集]
現在

現時点ではなし。

過去
複数社提供[編集]
現在
日本テレビ
過去

ラジオ[編集]

日本マクドナルド出身の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.mcd-holdings.co.jp/pdf/2011/40th_kabunusi.pdf
  2. ^ a b 個人投資家向け会社説明会/日本マクドナルドホールディングス株式会社 (PDF) JASDAQ 2004年4月
  3. ^ 「日本マクドナルドホールディングス」×「ロッテリア」バーガーキングでマックを崩せるか JMR生活総合研究所、「週刊エコノミスト」2007年8月7日号
  4. ^ 牧田幸裕 『ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣』 東洋経済新報社2010年12月3日、p.22。ISBN 978-4492502136によると、日本のハンバーガー業界シェア(売上高ベース)で2009年度の第1位は日本マクドナルドで74.6%、2位のモスバーガーが13.3%、3位のロッテリアが4.6%となっている。
  5. ^ 原田は、かつてアップルコンピュータの米バイスプレジデント兼任日本法人代表取締役社長をしていたことがあり、コンピューター (Mac) とハンバーガー (Mc) の2つの“マック”を、代表取締役社長として渡り歩いたことになる。
  6. ^ a b c マクドナルド、関西ではなぜ「マクド」? - 日本経済新聞 2012年1月28日
  7. ^ a b c マック? マクド? 正しい呼び方をマクドナルドに聞いてみた! - ROCKETNEWS24 2010年7月21日
  8. ^ a b c d “「マック」か「マクド」か マクドナルド「略称」論争再燃”. J-CAST. (2010年7月1日). http://www.j-cast.com/2010/07/01070003.html?p=all 2010年11月8日閲覧。 
  9. ^ 『あなたはマック?それともマクド?』調査 - ウィふり調査団 お店の名前、どう略す?〜東は「マック」「ケンタ」、西は「マクド」「ケンタッキー」、「ミスド」「モス」は全国区 - ブロッチ(アイシェア) 2008年07月11日
  10. ^ 「マック」と「マクド」の境界線に関してはテレビなどでも何度か取り上げられている。2007年(平成19年)6月13日放送「2時っチャオ!」 (TBS) の調査では、米原平和堂店(滋賀県米原市)が境界線として取り上げられていた(店員は「両方の愛称が混合して使用されている」と説明している)。その他一説として、岐阜県不破郡関ケ原町JR東海道本線関ヶ原駅)と兵庫県赤穂市(JR赤穂線播州赤穂駅)が挙げられている。
  11. ^ マクドナルドの呼び方に異変! 関西若年層の間で「マクド」離れ進む - ROCKETNEWS24 2012年1月30日
  12. ^ ダイエーも交渉に乗り出していたが、出資比率や主導権などの面で折り合わず交渉はご破算となった。
  13. ^ a b 1号店の銀座店は再開発に伴い2007年(平成19年)に閉店したため、2号店の代々木店が現在も営業を継続している最も歴史ある店舗となる。
  14. ^ 店舗情報:代々木店
  15. ^ a b 外食企業の経営 > 上場外食企業の概況「日本マクドナルド」より。
  16. ^ 第4回〔1987(昭和62)年〕流行語部門・大衆賞
  17. ^ カノッサの屈辱』(フジテレビ出版)ISBN 978-4594007249ISBN 978-4594047665
  18. ^ 平成15年12月期 連結決算状況 日本マクドナルドHD 2004年(平成16年)2月13日掲載
  19. ^ 長期的視野に立ったレギュラーメニューの強化について 日本マクドナルドHD 2004年3月1日掲載
  20. ^ 「フィッシュ マックディッパー」登場! 日本マクドナルドHD 2004年(平成16年)3月1日掲載
  21. ^ 「マックグラン」GRAND DEBUT!! 日本マクドナルドHD 2004年(平成16年)6月3日掲載
  22. ^ a b c d マクドナルド 『マックグラン』販売中止 高級路線、定着せず 日本経済新聞 2005年(平成17年)11月3日朝刊(参考資料[1][2][3]
  23. ^ 平成16年12月期 通期連結決算状況 日本マクドナルドHD 2005年(平成17年)2月10日掲載
  24. ^ a b 「えびフィレオ」新登場! 日本マクドナルドHD 2005年(平成17年)10月14日掲載
  25. ^ 「えびフィレオ」2006年1月13日(金)からレギュラーメニュー化決定! 日本マクドナルドHD 2005年(平成18年)12月26日掲載
  26. ^ 新メニュー『サラダマック』 5月13日(土)より発売開始 日本マクドナルドHD 2006年(平成18年)4月19日掲載
  27. ^ マクドナルド、既存店売上高、8月10%増NIKKEI NET 日本経済新聞 2006年(平成18年)9月9日朝刊報道
  28. ^ マクドナルド、客足回復、売上高12%増 9月「100円マック」拡大が奏功。NIKKEI NET 日本経済新聞 2006年(平成18年)10月11日朝刊報道
  29. ^ 今度はマックで菓子パンも・「マックベーカリー」7月18日スタート Garbagenews.com 2008年7月2日
  30. ^ a b 日本マクドナルド 一日の店舗売上げ、「クォーターパウンダー」セット販売のみで最高記録更新! 12月23日(火)大阪・御堂筋周防町(すおうまち)店が1,002万円を記録 日本マクドナルドHD 2008年12月24日
  31. ^ a b c d マクドの行列、1千人動員「モニター調査だった」(1)(2) asahi.com(朝日新聞) 2008年12月26日
  32. ^ a b マクドナルド新商品「クォーターパウンダーチーズ」販売で15,000人行列 財経新聞 2008年12月26日
  33. ^ 日本マクドナルド 一日の店舗売上高(※1)、過去最高記録を更新 4月29日(水・祝)東京・渋谷東映プラザ店が1,245万円を記録 日本マクドナルドHD 2009年4月30日
  34. ^ a b 本山秀樹・井上恵一朗「マクドナルド調理日時を張り替え 都内4店舗売れ残りのサラダ」朝日新聞 2007年(平成19年)11月27日朝刊 43685号 東京第1面
  35. ^ a b 当社子会社である日本マクドナルド株式会社にて実施した元フランチャイズ企業の自主衛生基準を逸脱した行為に対する調査経過報告と今後の対応に関するお知らせ (PDF) JASDAQ インターネット開示システム 2007年(平成19年)11月30日掲載
  36. ^ a b マクドナルド社長「深くおわび」調理日時改ざん asahi.com(朝日新聞)2007年(平成19年)11月27日掲載
  37. ^ a b 『同僚らも大きな声を』マクドナルド店長訴訟 健康、家族犠牲にウェブ魚拓)TOKYO Web(東京新聞)2008年(平成20年)1月28日
  38. ^ a b 店長、管理職に当たらず=権限店内のみ残業代命じる-マクドナルド敗訴・東京地裁時事ドットコム(時事通信社)2008年(平成20年)1月28日
  39. ^ a b マクドナルド賃金訴訟:残業代認定 外食業界に警戒感 人件費増で対応難しく毎日jp・毎日新聞東京朝刊 2008年(平成20年)1月29日
  40. ^ 日本マクドナルド、30日から再値上げ・ビッグマック20円アップ NIKKEI NET(日本経済新聞)2008年(平成20年)5月2日
  41. ^ 日本マクドナルド:値上げ、全国平均2% 単品で最高40円 毎日jp 2008年(平成20年)5月3日・毎日新聞 2008年5月3日 東京朝刊
  42. ^ 朝日新聞 2008年(平成20年)5月3日 東京朝刊14面
  43. ^ a b マクドナルド、残業代支給へ=「名ばかり管理職」2千数百人に 時事通信 2008年(平成20年)5月20日
  44. ^ a b c d 日本マクドナルド:管理職に残業代 イメージ悪化回避、他企業の制度変更促進へ 毎日jp 2008年(平成20年)5月21日・毎日新聞 2008年(平成20年)5月21日 東京朝刊
  45. ^ a b c d 名ばかり管理職「残酷」なくす一里塚に社説)中日新聞 2008年(平成20年)5月22日
  46. ^ a b c d マクドナルド 店長に残業代支払いへ 職務給を廃止 給料総額は変えず 西日本新聞公式サイト 2008年(平成20年)5月21日・西日本新聞2008年(平成20年)5月21日朝刊
  47. ^ マクドナルドが値上げへ 原材料の高騰受け J-CASTニュース 2008年(平成20年)8月8日
  48. ^ マクドナルド、8月20日から全店舗で商品価格値上げ、その詳細が明らかに GIGAZINE 2008年(平成20年)8月8日
  49. ^ 「ホームページは店舗だ」――マクドナルドが5年半ぶりのHP刷新に込めた思い(1)(2) ITmedia 2008年10月9日
  50. ^ 日本マクドナルド、11月から都内50店舗で食品廃棄物のリサイクル開始 IBTimes 2008年10月29日
  51. ^ 一部商品の商品価格改定のお知らせ 日本マクドナルド ニュースリリース 2011年5月13日
  52. ^ マック、事業会社新社長に女性のカサノバ氏 原田氏は会長に専念、HDトップは変わらず MSN産経ニュース、2013年8月27日
  53. ^ マックのメニュー撤去で大混乱
  54. ^ 朝「メガマフィン」、昼「メガマック」、夜「メガてりやき」3つのメガが夢の競演! 日本マクドナルド・プレスリリース 2008年(平成20年)3月13日
  55. ^ 【トレビアン】マクドナルドでチキンタツタが無くなった理由は? ライブドアニュース 2009年3月12日
  56. ^ マクドナルド:「チキンタツタ」5年半ぶり復活 日本オリジナルメニューを期間限定販売 毎日jp 2009年8月7日
  57. ^ 期間限定復活の『チキンタツタ』、“売れすぎて”予定より早く販売終了 オリコングルメ 2009年10月8日
  58. ^ 栄養成分一覧|期間・地域限定メニュー|
  59. ^ かつての店内のカウンターの後の棚には、10分後の数字(併設された時計の長針の位置を示す)の札の部分に作りおいた商品を置き、時計の長針が札の数字に達すると(例えば「6」であれば○時30分を指した時)廃棄していた。
  60. ^ 日本マクドナルド、「厨房革命」で起死回生狙う (アーカイブ)日経BPネット 2002年11月11日
  61. ^ 新社長を直撃!:日本マクドナルド社長/原田 永幸氏(2) 日経BPネット 2005年2月21日
  62. ^ 3.経営成績及び財政状態 (PDF) 日本マクドナルドホールディングス・日本マクドナルドホールディングス(2005年) (PDF) JMR生活総合研究所
  63. ^ a b 【レポート】日本上陸から39年の全てがわかる!「マクドナルド ヒット商品の歴史」 - マイコミジャーナル 2010年2月16日
  64. ^ 第1節 3 重厚長大から軽薄短小への産業転換-昭和50年代- 環境白書 平成14 (2002) 年
  65. ^ a b c d マクドナルドはコーヒーお代わり自由 意外と知らないファストフード店の”暗黙のルール” トレンドGyaO編集部 2009年5月7日
  66. ^ a b c マクドナルドの「裏メニュー」「肉を抜いて」と注文する人 J-CASTニュース 2008年(平成20年)6月12日
  67. ^ 一般的に使用されるハンバーグ用・成型肉の名称。パティ、パテなど略語での呼び方も各種ある
  68. ^ a b 日本マクドナルドTOP > 食の安全 商品基本情報 > 商品情報より
  69. ^ a b 「したたかマック、値上げ店9割」日経MJ 2007年8月27日(参考資料:流通業界ニュース 2007年8月27日日経MJウォッチ 2007年8月27日
  70. ^ マクドナルドの地域別価格、実は9割が値上げ! デジタルマガジン 2007年8月27日
  71. ^ マック、地域によって別価格へ 外食大手で初の試み asahi.com 2007年6月12日
  72. ^ それまでも関西国際空港店やスポーツ競技場内の店舗など店舗特有の事情により高額な別価格にするケースはあった。
  73. ^ 「地域別価格」を導入した2007年6月以降の価格変動状況は、都道府県別にて値上げ:35・据え置き:7・値下げ:5、店舗別にて値上げ:3515・据え置き:197・値下げ:130 となっている(日経流通新聞 2007年8月27日より)
  74. ^ a b c 「地域別価格」って口実?「マック」全国90%店舗で値上げ J-CASTニュース 2007年8月29日
  75. ^ 一例としてビッグマックセットが導入当初では80円差(東京など4都府県で640円、最も安い宮城など5県では560円)から40円(前者が650円、後者が610円に値上)に縮小している。
  76. ^ 五反田西口のマクドナルド、閉店へ - 珍しい「斜めM」サインも見納め - 品川経済新聞 2011年10月31日
  77. ^ マック、復活の芽を自ら放棄--新業態から撤退 (アーカイブ)日経BPネット 2003年(平成15年)10月7日
  78. ^ a b 日本マクドナルドが「マックカフェ」の展開加速、本格的な多店舗化に向け3タイプの実験店出店 (アーカイブ)日経BPネット 1999年(平成11年)12月22日
  79. ^ お客様を想え。Vol.3 マクドナルド――ターゲットの見えないマックカフェ(2) GLOBIS.JP 2008年(平成20年)2月26日
  80. ^ 「マックカフェ」3分の1閉鎖、来月から5店順次 NIKKEI NET 2008年(平成20年)4月19日・日本経済新聞 2008年(平成20年)4月19日朝刊
  81. ^ マックカフェ“白旗”…店舗3分の1閉鎖へ iza(産経デジタル) 2008年(平成20年)4月20日
  82. ^ マックカフェ“白旗”、店舗3分の1閉鎖へ Business Media 誠(ITmedia) 2008年(平成20年)4月20日
  83. ^ マクドナルドがカフェメニューを開始 試飲キャンペーンに800人行列 J-CAST 2009年11月3日 スタバに対抗?マックが「カフェモカ」などコーヒーメニューを強化! 東京ウォーカー 2009年(平成21年)11月3日 マックカフェのリベンジ! 3度目の正直なるか - それゆけ!カナモリさん gooニュース 2009年(平成21年)11月21日
  84. ^ 「マクドナルドが本格カフェ販売へ まず年内30店 MSN産経ニュース 2012年(平成24年)7月23日
  85. ^ nikkansports.com 日刊スポーツ 2006年(平成18年)4月19日報道 マクドナルドが24時間営業を本格導入インターネット・アーカイブ
  86. ^ Edyが使えるお店「マクドナルド」インターネット・アーカイブ) Edy公式サイト
  87. ^ マクドナルド、電子マネー「Edy」の全国展開を開始 BB Watch 2008年12月5日・「マクドナルド」でEdyスタート!! Edy公式 新着情報 2008年12月5日
  88. ^ それらの店舗ではWAONの代わりにnanacoが使えるところもある。[要出典]
  89. ^ マクドナルド約3,200店舗で「WAON」の決済スタート (PDF) マクドナルド ニュースリリース 2009年12月8日
  90. ^ 「iD」×マクドナルド「かざすクーポン」おトクで便利なヒミツを徹底解剖!! iD公式
  91. ^ マクドナルド×docomoかざすクーポンiDで払って♪トクしちゃおう
  92. ^ マックカード
  93. ^ 「景気をつかもう!」定額給付金キャンペーン 日本マクドナルド メニュー情報
  94. ^ マクドナルド:「“景気をつかもう”商品券」発売 1万2000円の定額“牛”付金 毎日jp 2009年5月15日
  95. ^ スマートフォンで、注文から会計までが可能にAndroid搭載™おサイフケータイ対応®端末向けに、3月4日(金)より「かざすクーポン」を提供
  96. ^ 2007年(平成19年)7月31日にNTTドコモと共同出資でTHE JV株式会社を設立し、マクドナルドトクするクーポンと呼ばれる、携帯電話のおサイフケータイアプリを展開している。2008年(平成20年)5月より導入が福岡県・佐賀県・鹿児島県・熊本県荒尾市・大分県日田市・山口県下関市を皮切りに始まっている。2008年(平成20年)7月には東京23区、2008年(平成20年)10月には東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一部店舗、2009年(平成21年)1月には大阪府・京都府・兵庫県の一部店舗、2009年3月20日からは奈良県・和歌山県・滋賀県・徳島県を含めた東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・近畿圏の全店舗で使えるように広まった。利用可能地域はその後も徐々に拡大し、2009年(平成21年)8月28日には全国展開を完了。読み取り機は他にNTTドコモトルカサービスや前述iDにも対応しており、iDで支払った際トルカによって割引券が配布されたり、抽選の権利が与えられたりする。
  97. ^ “テレビ離れ”時代の携帯eマーケティングによる革新-マクドナルドの「かざすクーポン」 ITmedia 2008年5月20日
  98. ^ マクドナルドのプレミアムローストコーヒーを無料で飲む方法 - GIGAZINE 2008年2月14日 マックのこだわりコーヒーが無料って本当? - All About 2008年2月15日
  99. ^ a b マックのコーヒーおかわり無料が終了 20日から新料金実施か - J-CAST 2012年4月16日
  100. ^ マクドナルド、コーヒーを値下げへ - "おかわり無料終了"についても言及 - マイナビニュース 2012年4月20日
  101. ^ マックデリバリー - 日本マクドナルド(2013年11月16日閲覧)
  102. ^ マクドナルド「デリバリーを全国展開」 新社長が抱負 - 朝日新聞デジタル(2013年11月15日付、同月16日閲覧)
  103. ^ マクドナルドを家で! 「マックデリバリー」が全国展開へ - 配達料は300円 - マイナビニュース(2013年11月16日閲覧)
  104. ^ ハンバーガーの形をした「おいしそうな名刺」(日本マクドナルド) J-CAST会社ウォッチ 2008年10月16日
  105. ^ 日本経済新聞 2003年9月8日
  106. ^ BATTLE TALK RADIO アクセスTBSラジオ)2008年(平成20年)2月1日放送より。
  107. ^ a b 日本マクドナルドユニオン公式 > マクドナルド報道記事 > 2006年6月5日「日経ビジネス」定年制廃止 (PDF)
  108. ^ a b 日本マクドナルドが定年制を復活 「成果主義」思惑はずれ若手育たず - J-CAST 2011年9月25日
  109. ^ a b BATTLE TALK RADIO アクセス(TBSラジオ)2008年(平成20年)5月21日放送より
  110. ^ 「残業代」に対するつごうのいい解釈 日本マクドナルド 九州企業特報 (DATA MAX) 2008年(平成20年)5月21日
  111. ^ 特集ワイド:愚問ですが なぜそんなに安くできるの マクドナルド・原田CEOに聞く - 1 / 2 / 3 / 4 毎日jp・毎日新聞東京夕刊 2009年8月21日
  112. ^ 株式について:株主優待・配当金 日本マクドナルドHD
  113. ^ マクドナルド、期限切れ疑いのナゲット販売停止(2014年7月22日日本経済新聞 2014年7月23日閲覧)
  114. ^ a b 神崎修一 (2014年7月26日). “中国:期限切れ鶏肉 マック、中国製販売中止 タイ製に、品切れの恐れ”. 毎日新聞社. 2014年7月27日閲覧。
  115. ^ マクドナルドの景品グラスに突起、78人擦り傷 読売新聞 2012年8月8日
  116. ^ バーガーに容器キャップ混入、男性の奥歯欠ける 読売新聞 2012年2月3日
  117. ^ マックのマフィンに異物混入 前歯欠けた男性「店の対応に不満」(産経新聞 2011年3月5日)
  118. ^ a b マクド、東京の先行店でもバイト動員 行列演出を認める(朝日新聞2008年12月27日)
  119. ^ マックの長蛇の列はヤラセ?当サイトの取材を全面拒否(探偵ファイル)
  120. ^ 「1000人分の売り上げ50万円」というのは1000人が500円(1食分)購入した計算だが、「何度も行列に並んで買った」というアルバイト側の証言を考慮すると、アルバイトに売った分はもっと多いはずである。
  121. ^ なぜ行列を見ると並びたくなるのか(中日スポーツ)
  122. ^ YOMIURI ONLINE 2008年12月27日
  123. ^ コーヒーで吐き気、入院 マクドナルドが洗浄ミス 京都 産経新聞 2008年(平成20年)4月24日
  124. ^ “マックが1千万円支払う 「名ばかり管理職」で和解”. 共同通信. (2009年3月18日). http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009031801000863.html 2009年3月18日閲覧。 
  125. ^ 「名ばかり管理職」訴訟で和解 マクドナルドと元店長4人”. 47NEWS(共同通信) (2009年8月26日). 2011年1月9日閲覧。
  126. ^ 報道ステーションテレビ朝日2007年(平成19年)11月27日放送。
  127. ^ a b テレ朝「報ステ」 マクドナルド報道で謝罪 asahi.com(朝日新聞)2007年(平成19年)12月8日掲載
  128. ^ 報道ステーションテレビ朝日2007年(平成19年)12月7日放送。
  129. ^ 週刊現代オンライン Top > 特集記事 > 社会 > 2007年(平成19年)12月10日更新
  130. ^ エキサイトニュース TOP > 雑誌ヘッドライン > 週刊現代 2008年1月6・13日合併号「直営店の<偽装>告白!マクドナルド現役店長<恐怖の厨房>座談会」
  131. ^ コーヒー1杯で「宿泊」 「マック難民」が急増 J-CASTニュース 2007年(平成19年)3月30日
  132. ^ 日本マクドナルドユニオン公式サイト
  133. ^ a b マクドナルド、賃金未払い 時間算定で労基法違反 アルバイトらに差額インターネット・アーカイブ) FujiSankei Business i 2005年(平成17年)8月2日掲載
  134. ^ a b CD「コマソン〈黄金時代〉〜懐しのTV-CM大全集(1962〜1973) 」ASIN B00005F7SB に収録。

関連項目[編集]

日本のビッグマック

外部リンク[編集]