PASMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PASMO(パスモ)は、2007年3月18日からサービスを開始した、株式会社パスモが発行するサイバネ規格/非接触型ICカード方式の公共交通機関共通乗車カード電子マネーである。日本関東地方および山梨県静岡県東部の鉄道・路線バスを中心に大阪(近畿地方)・名古屋(東海地方)・福岡(九州地方)・札幌(北海道)の主な鉄道・路線バス(大手私鉄準大手私鉄地下鉄などの公民営の鉄道およびバス各社)などで使用できる(一部の事業者・路線・地域を除く)。「PASMO」は同社の登録商標である[1]

PASMO定期券(表面)
PASMO(裏面)
「タッチ&ゴー」の動き

概要[編集]

事前にチャージ(入金)処理した金額分が使えるプリペイド(前払い)方式を採用し、商店等における代金支払いで使用できる電子マネー機能を有している。また、クレジットカードに紐付けるオートチャージ(自動入金)機能付きPASMOのほか、クレジットカード一体型PASMOも発行されている。

2013年9月末時点の発行枚数は、約2,364万枚[2]である。カードの裏面の右下に記載の番号のはじめの文字は、PBであり、このPBは、株式会社パスモの前身である「パスネット・バスICカード株式会社」の頭文字のPASSNET(パスネット) BUS(バス)をとったものである。

名称の由来[編集]

PASMOは、「パスネット」 (PASSNET) の「PAS」(パス)と「もっと」の意味を表す英語MORE」(ア)の頭文字「MO」から名付けられた。また、「パスモ」の「モ」はパスネットとバス共通カードが合体した「&」を表す助詞の役割も果たし、「電車も、バスも、あれも、これも」利用できるようになるという拡張性を表す意味の「」でもある。

関東周辺の延べ101事業者が加盟[編集]

PASMOは、関東地方を中心とする鉄道・路線バス事業者延べ101事業者が加盟する共通乗車カードである。ただし、鉄道26事業者とバス75事業者のうち一部事業者(主にパスネットやバス共通カードを発売していなかった事業者)では順次導入される予定である。

広報活動[編集]

PASMOのキャラクターロボットである。Suicaのキャラクターであるペンギンと同様に名前が付けられていないが、他のロボットと区別するためPASMOのロボットと表記されることが多い。基本色としてはピンクだが、一部鉄道事業者のウェブサイトやパンフレットでは青や赤のロボットも見ることができる。PASMOを取り出すためにお腹の辺りに蓋があるほか、急いでいる時は電車やバスに変身するという設定である。キャラクターデザインは安達翼である[3]

サービス開始に備えて、導入鉄道事業者の各駅では2006年から自動改札機自動精算機などのICカード対応準備が行われ、サービス開始前日までICアンテナ部に蓋がされており、一部の事業者でPASMO導入告知ステッカーや広告を貼付していたほか、投入口の上に貼付しているパスネットの2枚投入ステッカーが従来より小さなものに更新された。

利用動向[編集]

サービス開始から1か月弱で300万枚を売り上げ、在庫が僅少となったため、2007年4月12日から9月9日までPASMO定期券を除き一時発売を停止していた。また、クレジットカードによるオートチャージPASMOも同年4月13日から9月28日まで一時申し込み受付を停止していた。詳細は「販売制限」の節で記述する。

2008年3月には発売1周年のポスターが加盟鉄道事業者の駅に掲出され、「PASMO おかげさまで800万枚」のメッセージが表記された。

2007年上半期に首都圏在住の20 - 34歳の男女の間で流行・話題になったものを表彰する「2007年上半期M1F1グランプリ(M1F1総研/電通・Media Shakers)ではPASMOが男女ともにグランプリを受賞した。受賞の要因には、利便性のみならず、キャラクターや色遣いなどのデザイン面も挙げられた[4]。また、同年末に日経MJが発表した2007年ヒット商品番付で「西の横綱」に選ばれている。

導入事業者一覧[編集]

交通カードとして導入している事業者のみを記す。記載以外は交通代金の支払いであっても電子マネー扱いとなる。

特記無いものは当該事業者の全路線での導入を意味する。

鉄道・軌道[編集]

パスネット加盟社局でも導入未定の事業者があり、また導入されていない路線もある。◇印はSuicaおよびパスネットが導入されていなかった事業者。五十音順に掲載。

2007年3月18日より[編集]

2009年3月14日より[編集]

導入予定[編集]

バス・路面電車[編集]

2007年3月18日時点ではバス事業者の※印のみ導入。

※印の営業所は当初から導入
★印の営業所・バス事業者は2007年3月19日 - 12月31日に導入
☆印の営業所・バス事業者は2008年に導入
▲印の営業所・バス事業者は2009年に導入
それ以外の営業所・バス事業者については同年以降順次導入予定
◎印は2007年12月21日付けのリリースにて新たに公表され、導入時期が未定ながらPASMOの導入を準備することとなったバス事業者。
◆印はPASMO側のリリースにて公表されていないものの、導入時期が未定ながらPASMOの導入を準備することとなったバス事業者。
◇は東京圏のバス共通カードが導入されていなかった事業者。
全営業所への導入完了済みの事業者には、事業者名の頭に『』印を記す。

幹事事業者については五十音順に掲載

※すでに独自のICカード(トランセカード)を発行していたが、これを移行する形でPASMOに対応した。

注:上記導入の事業者でも、一部の高速バス空港連絡バス、各自治体から運行委託されているコミュニティバス(一部を除く)などの系統については利用できない。また、バス定期券については導入していない事業者もある[9]

相互利用[編集]

相互利用関係(2014年3月24日現在、クリックで拡大)
相互利用できるエリアでもPASMOが明記されていない場合が多い(JR九州長崎駅・SUGOCAエリア)

各カード加盟事業者・エリアについては各カードの項目を参照。

首都圏ICカード相互利用サービス
全国ICカード相互利用
一部相互利用に参加しない事業者がある。PASMO側では関東鉄道(鉄道)など。

相互利用の経緯[編集]

なお、他のICカード乗車券との相互利用について加盟各社による協議会では2009年2月当時は「検討中」としていた。経営体力のある大手事業者を中心に相互利用拡大を求める意見が台頭した一方、小規模経営のバス会社からは維持費の負担が増加することや費用対効果の面から反対意見があり、結論は未定であった[11]

2007年3月18日のサービス開始と同時に東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール東京臨海高速鉄道埼玉新都市交通などのIC乗車カード「Suica」との相互利用も行われ、Suica加盟事業者の利用エリアのうち「首都圏エリア」でもPASMOが鉄道やバスで利用でき(2008年3月29日からは仙台・新潟都市圏の各Suicaエリア内の鉄道線でも利用可能となり、Suica全エリア鉄道線における相互利用が開始された[12])、逆にPASMO加盟事業者ではSuicaの利用ができるため、関東地方のほとんどの鉄道と大都市圏を中心とした路線バスがPASMOまたはSuicaにより1枚のカードで利用できることとなった。なお、サービス開始当初より、電子マネー機能についてはSuica全エリアでの相互利用が可能である→後述

サービス開始以降、一部事業者を除き多くの加盟鉄道事業者でPASMO・Suica対応の自動券売機および自動精算機、ICカード読み取り機を設置した自動改札機および簡易入金機が設置され、両カードが利用可能となっている。各機器には「PASMO」と「Suica」が併記してある場合が多い。駅や機器によっては「Suica」の記載がない場合があるが、Suicaでの乗車や入金も問題なくできる(例外的に不可能な場合もある)。また、加盟バス事業者が運行する路線バスでも運賃箱の上にICアンテナを取り付けてPASMO (Suica) の利用が可能になっている。ただし、バスはサービス開始後順次導入されたため、当初は利用できない路線・車両があった(バス・路面電車での利用参照)。

その後、PASMO協議会 (PASMO) と北海道旅客鉄道(JR北海道、Kitaca)、東日本旅客鉄道(JR東日本、Suica)、東海旅客鉄道(JR東海、TOICA)、西日本旅客鉄道(JR西日本、ICOCA)、九州旅客鉄道(JR九州、SUGOCA)、名古屋市交通局名古屋鉄道manaca/2011年2月11日導入)、スルッとKANSAI協議会(PiTaPa)、福岡市交通局はやかけん)、西日本鉄道 (nimoca) が、それぞれが発行するICカード乗車券の相互利用開始の検討を始めた。2010年(平成22年)内にも検討会を立ち上げ、その後2013年(平成25年)3月23日からの相互利用実施が決定した。全国でのIC乗車券相互利用開始にあたり、全国相互利用サービスのシンボルマークが併せて制定され、「IC」を図案化したマークが制定された[13][14][15][16]。これらのICカード乗車券は基本的な技術仕様が共通で、発行する会社や団体が合意すれば相互利用が可能となる。参加する鉄道・バス会社ごとにシステムの改修費が必要となるため、一部の小規模経営のバス会社などが相互利用の拡大に消極的であったと報道されている。なお電子マネーについては、PiTaPaを除く9種類のIC乗車カードで相互利用可能となった。

上記の相互利用と同日よりPASMOを含むSuicaと相互利用可能な各カードをりゅーとエリア内(新潟交通の路線バス)[17]LuLuCaエリア内(静岡鉄道及びしずてつジャストライン[18]で利用可能となることも決定した。なお両社は自社システムと併せ、それぞれSuica、PiTaPaのシステムを併用してサービスを実施している。また2013年6月22日より、各カードをSAPICAエリア内(2012年12月時点は札幌市営地下鉄に先行導入。あわせて同日より札幌市電およびジェイ・アール北海道バスじょうてつ北海道中央バスでも利用開始)でも利用可能となった(電子マネーは対象外)[19]

なお、都内の地下鉄駅などに掲出された、PASMO協議会による『日本を1枚で』と題した2013年3月23日からの10種の交通系ICカード相互利用実施告知ポスターに、「一部事業者では使用できない場合があります」との記載があり、PASMO加盟事業者の鉄道においては、関東鉄道(鉄道)・多摩都市モノレール・千葉都市モノレール・横浜シーサイドラインの4社が参加していない[20]ほか、manacaエリア(名古屋交通開発機構発行)では、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)・名古屋ガイドウェイバスゆとりーとライン)が、TOICA・Suicaとの相互利用を行っているものの、その他のICカードについては相互利用を行っていない[21]。ただし、これらの事業者が発行するPASMOおよびmanacaは他のICカード同様に利用可。

2013年3月23日の全国相互利用記念カードはPASMOでは発売されなかった。なお、他社が発売した全国相互利用記念カード(計8種類)にはPASMOのロボットのイラストは入っている。

利用できない関東周辺の主な事業者[編集]

「(PASMO)ご利用できません」の張り紙が出ている改札口(流鉄 小金城址駅

2013年9月時点で、関東地方・周辺にあっても相互利用を含めてPASMOが利用できない事業者が存在する。

鉄道[編集]

関東周辺で相互利用も含めPASMOの利用ができない鉄道事業者は、2013年3月時点で秩父鉄道芝山鉄道銚子電気鉄道流鉄山万小湊鐵道[22]いすみ鉄道上信電鉄上毛電気鉄道わたらせ渓谷鉄道真岡鐵道野岩鉄道ひたちなか海浜鉄道[23]鹿島臨海鉄道などである。なお、湘南モノレールについては、準備中(2015年以降運用開始予定)としているほか、富士急行[22]は2015年春にSuicaを導入する予定である[24]

千葉県・栃木県・群馬県・茨城県では利用できない事業者が比較的多い。また、導入・相互利用事業者であっても、関東地方内に利用できない区間が一部存在する[25]。なお、東京都23区でPASMOの利用ができない鉄道路線は東海旅客鉄道の東海道新幹線と加盟事業者である東京都の上野懸垂線の2路線のみ。

バス[編集]

関東周辺で相互利用も含めPASMOが一切利用できない主なバス事業者は、ケイエム観光バス銀河鉄道大島旅客自動車三宅村営バス八丈町営バスイーグルバスマイスカイ交通東洋バス千葉シーサイドバス日東交通関東自動車 (栃木県)東野交通群馬バス関越交通日本中央バス大利根交通茨城交通[26]池田交通日立電鉄交通サービス[27]椎名観光バスなどである。

東京都23区ではPASMOが使えない一般路線バスは葛飾区金町界隈のマイスカイ交通の路線を除き存在しない一方で、未導入事業者が多い栃木県・群馬県・茨城県では利用できない一般路線バスが多く、主要都市でも宇都宮市前橋市内のバスでは使えない。また、導入・相互利用事業者であっても、高速バスのほとんどは利用できない。コミュニティバスには、PASMO導入事業者が受託していて利用可能としている路線がある。特に、東京都23区のコミュニティバスの多くは利用可能であるが、「バス特」(後述「バス利用特典サービス」を参照)の対象にならない路線も多い(「バス特」対象でない路線のバスには「バス特」マークが付いていない)。

カードデザイン[編集]

電通のクリエイティブディレクター小塚重信によるデザイン。

ロゴ色は「PASMOピンク」と呼ばれる特色(PANTONE 177C、もしくはDIC17版 586)が使用され、特色が使用できない場合はCMYKでM 70%が使用される。 ロゴタイプは、Avenir・Bauhaus・Plateletを基に作成された。

PASMOの種類[編集]

PASMOには以下の種類が存在している。ただし、必要に応じてその都度別のカードを購入する必要はなく、基本的には機能の付加・削除を行うことで同じカードを使い回せる。 2009年1月より新デザインのカードが発売され右上にダイヤマークが大小2つあるのが最新版。

無記名PASMO
汎用タイプのもの。基本的なサービスが受けられるが、紛失時の再発行ができない。利用者の希望により以下の変更が可能である。
  • 記名PASMOや小児用PASMOへの変更
  • 定期券情報の追加(PASMO定期券化)
なお、逆に記名PASMO・小児用PASMO・PASMO定期券から無記名PASMOへの変更はできない。また、名義の変更もできないので、転居などで不要になった場合には返却して払い戻してもらうしかない。
記名PASMO
氏名などの個人情報を登録することにより使用できるもので、記名人のみが利用可能。無記名PASMOとの違いは、紛失しても再発行ができることや、記名人以外の人が利用できないことである。再発行の申請はPASMOかSuicaどちらかの事業者の駅の窓口でもできるが、受け取りはPASMO事業者の窓口のみとなる。再発行には手数料が必要。
また、定期券情報を追加してPASMO定期券にすることもできる。なお、無記名PASMOへの変更はできないため、一旦返却・払い戻しの上再購入する必要がある。しかし、鉄道事業者で購入した記名PASMOは機械で対応するため券面に名前が印字されるが、バス事業者で購入した記名PASMOは手動入力となるため後ろのデザインが異なり、名前も後ろにマジックペンで書く必要がある(鉛筆やボールペンでは傷が入りやすい)。しかし、東京急行電鉄・京王電鉄では定期券売り場に持参することで、期限切れPASMO定期券から記名PASMOにするのと同じ要領でカード表面に印字を受けることも可能である。
小児用PASMO
記名PASMOのうち小児用の運賃を引き去るように設定したものである。こちらはSuicaも含めて1人1枚しか発行できない。定期券情報の追加でPASMO定期券にすることもできる。購入するには小児であることを証明し、駅係員の承認を得なければならない。有効期限は満12歳時点での3月31日までだが、4月1日生まれの人は3月31日の経過で満12歳となるので扱いは同様である。それを過ぎると大人用の記名PASMOへの変更あるいは返却・払い戻しが必要となる。それ以降も有効な定期券情報がある場合は払い戻しが受けられる。
PASMO定期券
記名PASMOに定期券情報を追加したもので、チャージすると定期券区間外を利用した分の運賃も自動改札機で自動的に精算する。サービス開始時からSuica導入鉄道事業者との連絡定期券も発売しているが、基本的には磁気の連絡定期券を発行できなければPASMO定期券の発行もできないため、発売できない種類や区間が多数存在している。再発行の受付については記名PASMOと同じだが、受け取りは定期券を発行した事業者の駅窓口に限られる。なお、定期券のみを払い戻すと氏名部分のみ残り、記名PASMOとして使用可能である。
オートチャージ機能付きPASMO
Pastownカードまたは鉄道事業者が発行する対応クレジットカードに紐付けされて発行される専用PASMO。クレジットカード一体型PASMO(後述)とは異なり、クレジットカード自体にPASMOが付加されるものではない。以前は、券面に記名はされていないが裏面に署名欄があるカードを使用していたが、現在は上記の記名PASMOにオートチャージ機能を付加できるようになっており、外見は記名PASMOと同様になっている。基本的には記名PASMOと同様の扱いであり、PASMO定期券としての利用も可能である。また、一度定期券情報を追加した場合は磁気定期券と同様に券面に名前が印字され、定期券情報を消去しても名前の印字は残る。
2008年3月14日まではチャージ額が2,000円以下になるとクレジット決済で駅の自動改札機で3,000円が自動的にチャージされるため、設定額の変更ができなかった。だが、同年3月15日からPASMO加盟事業者の駅などでオートチャージする条件および金額を1,000円 - 10,000円の範囲内で1,000円単位での変更ができるようになった。なお、申し込み時の初期設定はチャージ額が2,000円以下になるとクレジット決済で駅の自動改札機にて3,000円が自動的にチャージされるシステムとなっている。
クレジットカード一体型PASMO
Pastownカードまたは鉄道事業者が発行する対応クレジットカードとPASMOが1枚になったもので、2008年3月15日から発売を開始した。現在、パスモ(Pastownカード)および東急・東武・京急・東京地下鉄の4社が発行している。クレジットカードの表面にPASMOのロゴが記載されているのが特徴。申し込み時にはオートチャージがあらかじめ設定されているが、それを解除する場合、カードによってはクレジット機能まで解約する場合もある。クレジットカードとしてみた場合、PASMOと一体化している関係で、エンボスレスのカードとなっており、インプリンタでの決済ができない(VISAブランドの一体型カードの表面には、「ELECTRONIC USE ONLY」の表示がある)。この点はVIEW Suicaカードと同様である。
裏面左中央に定期券情報を記録することができるタイプも発行されており、記録に対応していれば、カード発行会社と違う鉄道会社の定期券でも入れることができる(ただし、クレジットカードブランドの方がその鉄道会社で定期券の支払いに対応していない場合は、現金や別のクレジットカードが必要になる)。上記4社と自社で一体型を発行していない相鉄の計5社が対応している。

購入方法[編集]

ここでは購入方法を説明する。なお、事業者によって購入場所や購入方法が異なる。

PASMOは、加盟事業者のうち鉄道駅にある自動券売機・窓口・定期券売り場やバスの営業所・案内所などで購入できる。鉄道事業者によっては対応路線の全駅で購入可能だったり、バス事業者によっては車内販売(主に1,000円で販売)も行っている。

PASMO定期券を除く記名PASMOと無記名PASMOの発売額は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の6種類である(一部事業者では1,000円から20,000円までの1,000円単位)。発売額にはデポジット500円が含まれており、利用可能額は発売額からそれを減算した額となる。デポジットは運賃や電子マネーの金額に充当することができないが、PASMOが不要になった時に返却される。

なお、記名PASMOの場合、鉄道事業者発売のものには名前が記載されるが、バス事業者発売のものには購入後裏面に名前を記入するスペースがあるので、そこに記載しなければならない。ただし、カード自体には名前などが記録されている。

上記の方法で購入した記名PASMOは、2008年3月15日からオートチャージ機能を後から付加することが可能になった。なお、同年3月14日以前は後からオートチャージ機能を付加することができなかった。

オートチャージ機能付きのPASMOを購入するには、オートチャージサービスに対応したクレジットカード会社への申し込みが必要である(クレジットカード一体型PASMOも同様)。ただし、すでに対応クレジットカードを所持している場合はこの限りではない(PASMOのみの申し込み)。その上でクレジットカード発行会社にPASMOオートチャージの申し込みを行う。審査後(PASMOのみの申し込みの場合を除く)、通常約1か月程度でPASMOが郵送され、この時のデポジットが後日申し込んだクレジットカード発行会社より請求される。なお、郵送された時点でのPASMOのチャージ残額は0円である。また、すでに対応クレジットカードと記名PASMOを所持している人が記名PASMOにオートチャージ機能を付加する場合は、前述と同様に対応クレジットカード会社にPASMOオートチャージ機能付加の申し込みを行い、約1か月程度で送付される案内はがきを駅に持参して設定を済ませた上で利用できるようになる。

なお、2007年2月3日の受付開始後に申し込みが殺到したため、1か月では発行ができず、「発行までに6週間から8週間ほど(約1か月半から2か月)期間を要する」との発表があった。

使用方法[編集]

PASMOは、基本的に自動改札機の読み取り部(一部鉄道事業者では専用改札機も設置)やバス運賃箱のIC読み取り装置などに1秒程度タッチするだけで通過することができるが、タッチが不完全であったり、2枚以上のICカードを重ねてタッチするとエラーを起こすこともある。開発当初はIC読み取り装置を浮かせたまま通り過ぎるのが前提だったため、IC読み取り装置から約半径10cm程度であればタッチしなくても反応する。

なお、Suicaとの相互利用に関する取り扱いの詳細は首都圏ICカード相互利用サービスも参照のこと。

鉄道での利用[編集]

使用方法 PASMO対応自動改札機のICカード読み取り部(京浜急行電鉄 大鳥居駅) PASMOエリア北端の駅(東武鉄道 新藤原駅)
使用方法
PASMO対応自動改札機のICカード読み取り部(京浜急行電鉄 大鳥居駅
PASMOエリア北端の駅(東武鉄道 新藤原駅
PASMO簡易改札機(関東鉄道 佐貫駅

鉄道の場合は出場時に乗車区間の運賃分を一括して引き去る。ただし、従来のパスネットと同様に各鉄道事業者線の初乗り運賃以上の残額がないと入場できない。そのため、自動改札機のディスプレイには入場時に引き去り前の残額とSF(定期)利用が、出場時に引去額(定期利用の時は表示されない)と引き去り後の残額がそれぞれ表示される。また、従来のパスネット適用を含む他の鉄道事業者線との連絡割引についてもPASMOで自動的に適用される。ただし、重複する場合は値引き額が大きい方のみの適用となる。なお、一度に精算できるのは4事業者分までであり、途中一度も改札を通らない場合は圏内で最大6事業者までの連続乗車が可能となるが、運賃計算上5事業者以上になる場合は窓口での精算となる。

例:1.横浜高速鉄道線→〈直通〉→2.東急線→〈直通〉→3.都営地下鉄線→〈直通〉→4.京成線→〈直通〉→5.北総線

SuicaについてもPASMOサービス開始時から前述の方法が適用される。自動改札機が設置されていない駅については簡易ICカード改札機を設置して対応している。Suica事業者であるJR東日本線との連絡改札機が簡易ICカード改札機になっている場合の対Suica事業者間の乗り換えは改札機にタッチする(簡易改札機のためタッチしないでも通り抜けることができる場合があるが、実際の乗車経路と異なる運賃分が減額されることになる)。

連絡定期券の発売範囲は従来の磁気定期券の発売範囲に加えて多摩都市モノレールゆりかもめ横浜シーサイドラインにも拡大されている。途中改札を通らない経路で定期券が2枚以上になる場合はIC定期券を含んだ組み合わせでは利用できず、従来通り磁気定期券2枚を使用することになる。この場合、IC定期券とパスネットなど他の乗車券類との同時使用での改札機の通過も不可能である。ただし、JR東日本の自動券売機と自動精算機ではイオカードまたはオレンジカードにPASMOを併用しての乗車券の購入または乗り越し精算が一部の駅で可能である。定期券のうちPASMOで発行可能になるのはPASMO加盟事業者間のみのものとPASMO加盟事業者とSuica加盟事業者に跨る連絡定期券に限られている。Suica・PASMOの両事業者間に跨る連絡定期券は基本的にどちらにも発行できるが、種類によっては発売事業者が限られる場合もある。また、発着駅ともSuica加盟事業者社のみとなる定期券をPASMO定期券として発行することはできず、逆も同様である。2008年3月15日から発売範囲が拡大された。

振替輸送はSuicaと同様に基本的には対象外だが、PASMO定期券の有効期間内で券面表示区間内での乗車に限り受けることができる。SF乗車の場合についてはパスネットと異なり対象外となる。各鉄道事業者でもその旨、ポスターやリーフレットなどで告知している。

なお、鉄道(路面電車は除く)の利用の場合、クレジットカードつきのものを除いて、これまでは利用によるポイントの類はつかなかった(これはSuicaも同じである)。そのため、回数券などを利用した方が割安になる場合もある。ただし、2011年8月に東京都交通局が「ToKoPo」サービスを開始するなど、一部では変化も見られる[28]

バス・路面電車での利用[編集]

バスに掲示される前面幕(東急バスでの例) パスモの告知のためバス事業者でラッピングバス(都営バスの例)
バスに掲示される前面幕(東急バスでの例)
パスモの告知のためバス事業者でラッピングバス(都営バスの例)

バスにおけるPASMO(Suicaを含む;以下同様)の使用方法は、バス共通カードのものを概ね踏襲している。

PASMO対応車両には、運賃箱にPASMO読取機(PASMOリーダー)が設置されており、これにタッチすることにより運賃分が引かれる。運賃後払方式の車両ではこのほかに、整理券発行機の横にもPASMO読取機が設置されている。始発停留所と同一運賃の区間での乗車時にも読取機にタッチをする必要のある場合がある。

運賃支払い時、運賃箱のディスプレイには、支払額と残額が表示される。バス利用特典サービス(後述)の利用時には、その利用額も表示される。

バス共通カードと同様の精算も可能である。例えば「小児の運賃を支払いたい」旨を運賃支払い前に申し出ると、大人用PASMOでも小児運賃による精算が可能である(障害者手帳の提示による割引も同様)。あるいは、複数人分の運賃を1枚のPASMOにより一括して支払うことも可能である。

なお、初期のSuica(2003年頃まで発行されていた、Suicaショッピングサービス(電子マネー機能)非対応のタイプ)はバスでは使用できず、多くの事業者では、その旨の注意書きをPASMO読取器に貼付している。その他に、バス会社によっては現金での支払を条件として一部区間の運賃を割り引いていることがあるが、この場合はPASMO等のICカードは利用できない(利用しても割引にならない)ことがあるので注意が必要である[29]

バスでのPASMOサービスは、鉄道のように2007年3月18日より一斉に開始されたのではなく、対応準備が順次進められている状態で、2008年11月現在、対応済車両と未対応車両が混在している(大多数の事業者では、営業所単位でPASMOサービスを開始しているため、車両側の対応準備が整っても、当該営業所でPASMOサービスが開始されるまではPASMOが使用できない)。

バス乗車口付近に貼付されているPASMO対応車両を示すステッカー バス共通カード利用可能当時のステッカー Suica事業者のPASMO利用可能告知ステッカー(ジェイアールバス関東)
バス乗車口付近に貼付されているPASMO対応車両を示すステッカー
バス共通カード利用可能当時のステッカー
Suica事業者のPASMO利用可能告知ステッカー(ジェイアールバス関東

PASMO対応車両には、「バス共通カード取扱車」「共通カード取扱車」に代わる新しいステッカーとして、乗車口の横には「PASMO Suica バス共通カード ご利用いただけます」、車両正面には「PASMO」というステッカーがそれぞれ貼付されている(「バス共通カード取扱車」と「PASMO」を一緒に貼付している事業者・営業所も一部存在する)。なお、バス共通カードに加盟しておらず、PASMOのみに加盟している事業者では、ステッカーが「PASMO Suica ご利用いただけます」となっている。また、一部の事業者によっては前面ステッカーが全国相互利用のシンボルマークのステッカーに張り替えている事業者も存在する。また、PASMO導入直後の営業所では、PASMOを利用できることを示す幕を一定期間、車両前面に掲げる(一部の営業所ではその後、PASMOの利用を促進する幕を掲げる)。

バス利用特典サービス[編集]

バス共通カードなどのバスカードでは、回数券として購入額に特典額を加えた金額分の利用ができるが、PASMOではこれに相当するサービスを利用額に応じたポイント還元式の「バス利用特典サービス」(通称:「バス特」)が採用されている(参照:PASMO概要 - パスモプレスリリース)。なお、PASMO加盟事業者が導入したサービスであるが、Suicaで利用した場合もポイントがたまる[30]

なお2013年3月23日より相互利用を開始したPASMO・Suica以外のICカードではバスポイントは加算されない。

バス共通カードでは購入した時点で特典額が付与されるのに対し、PASMOではSFによって支払われた運賃に応じてバスポイントを加算させていき、1,000ポイントごとに「特典バスチケット」が付与され、次回のバス乗車時にそのチケットがSFに優先して差し引かれる仕組みとなっている。累計ポイント数によって付加される特典額には段階があり、またポイント制を導入する全事業者共通でポイントの累積・利用ができる。なお、バスポイントは都営バス・都電、東急バス、京王バスを始め概ね1円の利用につき1ポイントが付与される。なお、「特典バスチケット」および定期券・一日乗車券による利用の場合はバスポイントの対象にならない[31]。バスチケットは10円単位での消化となり、例えばバスチケットが170円ある状態で165円区間を乗車した場合、5円をSFから引き去り、チケットは10円分残る形になる。

また、運賃箱のディスプレイには特典バスチケットが付与された時点で「チケットが付きました」のメッセージが表示される。運賃箱からも特典バスチケットが付与された時点で、自動音声で「チケットが付きました」のメッセージがなされる。この特典バスチケットの残額は運賃を支払う際に運賃箱のディスプレイに表示される。またバス営業所・案内所にPASMO処理機があればそこで利用履歴印字を受けることでバスポイントやバスチケットの残額を確認することが可能である。なお、鉄道駅では履歴表示では表示されず、履歴印字をしてもポイント・チケット残額は印字できない。特典バスチケット利用額から差し引いた残額のみが表示・印字される。なお、「特典バスチケット」の有効期間は10年間である。

バスポイントの累積は1か月間(毎月1日から末日まで)のみであり、最大10,000ポイントまで累積され、これを超えると超過ポイント数を繰り越して再度0ポイントから累積される。また、翌月には還元済み・未還元に関わらず前月分のポイントが消去され、0ポイントから累積される。

PASMOを導入している一部の高速バス深夜急行バス空港連絡バスコミュニティバスの路線では、一部を除き本サービスは適用されない。

当初はバス共通カードが使えた事業者を中心に適用されたが、PASMOになってから参入した事業者でもバス利用特典サービスを実施している事業者もある。

ただ、バスポイントが5,000ポイントに達するまでの特典バスチケットの付与率がバス共通カードの特典額に比べて低く、5,000バスポイントに達しない場合は1,000円のバス共通カードを利用するのと変わらない。さらに1か月間の乗車回数が少ない場合や端数が出る場合など、利用金額によってバス共通カードを利用する方が有利となる場合があり、磁気カードからの移行が一気に進んだ鉄道のパスネットとは異なり、低頻度の利用者を中心にバス共通カードにも相応の需要が残ることとなった。

都営バスでは、バス共通カードとは別の専用の乗り継ぎ割引バスカード(1枚2,000円)を使って一定時間内にバスを乗り継ぐ場合に2台目の利用に割引を実施していた(一回目の精算のときから90分以内に二回目の精算をしたときに適用される)。これには乗り継ぎ割引が適用されるのみだったが、PASMOでも同様の割引サービスが設けられた[32]ほか、PASMOを利用した場合はバスポイントの対象にもなるため、バスチケットが付与されればPASMOを利用した方が低廉であった(都営バスでの専用磁気カードは、バス共通カードと同時にサービスを終了した)。

しかし、バスへの導入が進むと、PASMOの利用者が増えていることを理由に2010年4月以降バス共通カードの販売がほぼ一斉に終了し、7月31日までにバスでの使用も終了した(川崎市交通局は6月に販売終了、10月にサービス終了)。それに伴い、販売を終了した2010年4月1日以降はバスチケットの付与額を増額した。

バスポイントの累積ポイントは、鉄道事業者での履歴表示・印字でも参照することはできず、バス特取り扱い事業者の営業所に持ち込んでの確認以外の方法がない。2012年2月までは、「マイページ・PASMO履歴照会サービス」でも参照することができたが、サービス終了となった。

バス利用特典サービスによる特典チケット付与額
赤字が2010年4月1日からの変更分)
2010年3月31日まで 累計バスポイント 2010年4月1日から バス共通カード
使用時の
最大付与額
特典バスチケット
付与額
バスチケットの
累計額
特典バスチケット
付与額
バスチケットの
累計額
100円 100円 1,000バスポイント 100円 100円 100円
100円 200円 2,000バスポイント 100円 200円 200円
100円 300円 3,000バスポイント 160円 360円 360円
100円 400円 4,000バスポイント 160円 520円 460円
450円 850円 5,000バスポイント 330円 850円 850円
170円 1,020円 6,000バスポイント 170円 1,020円 950円
170円 1,190円 7,000バスポイント 180円 1,200円 1,050円
170円 1,360円 8,000バスポイント 180円 1,380円 1,210円
170円 1,530円 9,000バスポイント 180円 1,560円 1,310円
170円 1,700円 10,000バスポイント 180円 1,740円 1,700円

※「バス共通カード使用時の最大付与額」は、ポイントと同額分のカードを使用した場合に最大となる付与額。バス共通カードは、1,000円で1,100円券(付与額100円)、3,000円で3,360円券(付与額360円)、5,000円で5,850円券(付与額850円)を販売した。

IC定期券[編集]

定期券(IC定期券)は、2014年4月現在一部の事業者で実施されている。東京都交通局(都営バス・都電荒川線)では2007年3月18日のサービス開始時より、川崎市交通局では同年11月26日より、関東バスケイビーバスでは12月16日より、横浜市交通局横浜交通開発では2008年7月1日より、東急バスでは2009年8月1日より、川崎鶴見臨港バスでは2010年4月1日より、京王電鉄バスグループでは2011年2月1日(多区間では初のIC定期券導入)、東急世田谷線では2012年3月17日より、小田急バスグループでは2012年5月10日西東京バスでは2013年4月1日より導入しており、そのほかの事業者も導入する可能性がある。なお、朝日自動車グループ傘下のバス会社についてはIC定期券への対応まではなされておらず、東武沿線駅および東武トラベル営業所が発行する従来通りの紙券定期券を提示する形となる。

なお、IC定期券導入事業者でも定期券の券種によってはIC定期券にすることができないものがある[33]。詳細は各導入事業者のウェブサイトを参照。

鉄道の定期券のように券面への印字はされない反面、導入事業者や鉄道定期券の有無に関係なくSuica(ただし、初期のSuica(=Suicaショッピングサービスに対応しないカード)は不可)・PASMOのいずれにも定期券情報を入れることができるなどの特徴がある。いずれも鉄道とバスとの乗り継ぎを考慮していると推測される。なお、購入の際にはIC定期券内容控が一緒に渡される。

IC定期券利用時は運賃箱や整理券発行機の横にそれぞれ新設された読み取り器にタッチすることで利用できる。タッチすると運賃箱に定期券の有効期限が表示され、乗務員に定期券利用であることを認識できるようになっている。ただし、カードや運賃箱の不具合などで利用できない場合があるため、定期券購入時に発行されるIC定期券内容控を利用時に持参しなければならない。なお、この利用控単独では乗車券としての効力がない。

IC一日乗車券[編集]

PASMOとSuicaが採用しているFelicaはICチップを採用しており、大量の情報記憶が可能である。これを利用して、一部のバス事業者では一日に何度でもバスを利用できる一日乗車券をPASMOとSuicaに付与して発売しているところがある。

PASMOとSuicaに一日乗車券を付与して利用する場合は、最初の乗車時、乗務員にその旨を申し出る。その際にSFの残額から乗車券分の運賃が差し引かれ、カードに一日乗車券の情報が記録される。2回目以降は乗車時にカードを読み取り器にタッチすることで利用できる。

なお、SF残額が乗車券分の運賃に満たない場合は購入することはできず、チャージが必要となる。また、他社の有効な一日乗車券が付与されているカードにさらに乗車券の情報を記録することはできず、すでに付与されている乗車券の情報を削除するか、(発行されている場合には)別に紙の一日乗車券を購入して利用することになる。付与できるのは乗車当日分のみで、前売りの乗車券は付与できない。

2011年3月現在、以下の事業者のPASMOとSuicaが利用可能なバス車内、または都電車内で発売している。

  • 東京都交通局都バスIC一日乗車券都電IC一日乗車券
    • 23区内の都営バス都電荒川線で利用可能。「都営まるごときっぷ」はカードに付与することができない。
  • 川崎市交通局IC1日乗車券
    • 川崎市バス(川崎病院線、快速ミューザを除く)で利用可能。「家族1日乗車券」はカードに付与することができない。
  • 関東バスIC一日乗車券
    • 全路線(ムーバス、はなバス、空港連絡バス、夜行高速バス、深夜中距離バス銀座線を除く)で利用可能。
    • 2007年6月30日までバス車内で紙製の一日乗車券を発売していたが、以後はIC一日乗車券に移行している。
  • 小田急バス小田急シティバス1日フリーパス
    • 両社の全路線(ムーバス、空港連絡バス、夜行高速バスを除く)で利用可能。
  • 東急バス東急バスIC1日乗車券)2009年8月1日より導入
    • 全路線(空港連絡バス、深夜急行バス、東京ディズニーリゾート直行バス、溝の口駅 - 新横浜駅、渋谷区コミュニティバス(ハチ公バス)、東急トランセ代官山循環バスを除く)で利用可能。
  • 京成バス京成タウンバス都内一日乗車券)2010年4月1日より導入
    • 両社の都内全路線(空港連絡バス、高速バス、夜行高速バス、京成タウンバスの金町駅 - 三郷駅間を除く)で利用可能。
    • 「金61 金町駅 - 八潮駅南口」の路線に限り、埼玉県内の大場川 - 八潮駅南口間も利用可能。
  • 西武バス(1Day Pass)2011年4月1日より導入
    • 全路線(みどりバスを除くすべてのコミュニティバス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バス、羽村 - アウトレットパーク線、上北台駅 - 西武ドーム線、川越花火大会輸送、龍勢祭り輸送を除く)で利用可能。
  • 神奈川中央交通グループ(一日フリー乗車券)2011年12月19日より導入
    • 一部のコミュニティバス、高速バス、空港連絡バス、深夜急行バスを除いて全線で利用可能。

チャージ(入金)[編集]

ICカードチャージ機(京王電鉄)

鉄道の場合は、加盟事業者および相互利用事業者の駅にあるICカード対応の自動券売機・自動精算機・簡易入金機(一部事業者のみ)・駅窓口、事務室(同)で1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円、10,000円の6種類の金額を選んでチャージすることができる。ただし、上限金額は20,000円である。なお、一部事業者では10円単位でチャージすることもできる。

バスの場合は1,000円単位でチャージすることができる。この場合は乗務員に申し出てからPASMOを読み取り部に置き、その次に紙幣を運賃箱の挿入口に入れる。ただし、残額が10,000円を超えている場合はチャージできない。入金できる紙幣にも制限があり、多くの事業者では千円札のみとなっている。また、二千円札以上の紙幣でのチャージが可能な運賃箱を設置している事業者は少なく、箱根登山バス伊豆箱根バス神奈川中央交通グループ・西東京バスなど少数である。いずれもつり銭は出て来ない。また、硬貨やバス共通カードなどのカード回数券でのチャージはできない。なお、営業所やバスターミナルの窓口では高額紙幣でチャージできる場合がある。

他、JR東日本の駅構内にあるNEWDAYS(ICOCAなどを含め、一部の店舗では対応が可能になった)や、コンビニエンスストアのファミリーマート(旧am/pm店舗を含む)・ローソンセブン-イレブンミニストップ、および全国のイオンマックスバリュなどイオングループ店舗での店頭チャージが可能である。なお、PASMOが導入されている旧am/pmの店舗でもSuicaのチャージは可能である[34]

パスネット残額の引き継ぎ[編集]

PASMOの普及により、2008年1月10日でパスネットの発売が終了し、同年3月14日でパスネットの自動改札機での利用が終了した。このため、翌15日以降残額があるパスネット所持者のためにPASMOへの残額引き継ぎサービスを行っている。実施事業者は22事業者のうち東武鉄道西武鉄道京王電鉄東京急行電鉄京浜急行電鉄新京成電鉄横浜高速鉄道首都圏新都市鉄道東京地下鉄東京都交通局の10事業者である。このうち、京王電鉄と東京急行電鉄は同月1日から、西武鉄道は5日から先行してサービスを行っている。Suicaへの残額の引き継ぎはできない。

履歴表示[編集]

PASMOとSuicaのSF残額履歴を印字および表示することができる。

PASMO加盟事業者の駅の自動券売機やバス営業所などでは、Suicaも含めて直近20件までの履歴を表示・印字でき、カードに履歴が残っている間は何度でも印字できる。逆にSuica加盟事業者の駅でも直近20件までの履歴を表示できるが、履歴を印字する場合、Suicaでは直近50件まで印字できる(一度印字すると再印字はできない)が、PASMOでは直近20件まで印字でき、再印字も可能である。なお、PASMOエリアで印字する場合はSuicaも含めてカード番号がすべて表示されるが、Suicaエリアで印字する場合はカード番号の下4桁しか表示されない(チャージや定期券購入などの領収書も同様)。印字時の事業者名・駅名の表示については、首都圏ICカード相互利用サービスを参照のこと。 なお、2010年2月以降、東京急行電鉄や東京地下鉄では、PASMOに限り100件の履歴を印字することが可能になった(東京地下鉄の一部の駅では表示も可能)。

また、2012年2月まで、PASMO定期券を含む記名PASMOの場合はインターネットを通じて3か月前までの履歴と定期券情報・バスポイントを照会できた。これはPASMO利用者向けの会員登録制サービスであり、Suicaの履歴照会はできない。しかし、他人が閲覧可能であり、浮気調査に利用可能との情報がネット上で流れるなどしたため、PASMO協議会は、個人情報漏洩につながる恐れがあるとして、ネット上での履歴紹介サービスを終了することになった[35][36][37]。なお、バスポイントについてはバス利用特典サービス取扱事業者の営業所に持ち込んでの確認以外の参照方法がなくなった。

電子マネー[編集]

PASMOは、当初からSuicaショッピングサービスとの共用がなされ、基本的にはSuicaが使える店舗(Suica電子マネー店舗)でも利用可能。利用開始日はPASMOサービス開始日と同じ2007年3月18日(→Suicaショッピングサービスも参照)。そのためか、電子マネーの利用件数も「PASMO単独」ではなく「Suicaとの合計」で発表している[38]

利用できる店舗などには全国相互利用のステッカーが貼付されており、サービス自体はSuicaショッピングサービスなどとほぼ同様である。ただし、PASMOではSuicaポイントクラブに登録できない[39]。また、Suica・PASMOは2013年3月現在、ICOCAkitacamanacaTOICASUGOCAnimocaはやかけんの電子マネー相互利用を行っている。また、当地の鉄道事業者が電子マネーを導入するより以前にSuica電子マネーに対応した事例もあり、これらの店舗ではPASMOが使用できた。名古屋地区のビックカメラ名古屋駅西店、および当地区のイオンマックスバリュマックスバリュ中京マックスバリュ東海運営の店舗よりマックスバリュ中部運営店舗は利用開始が遅れたが全店舗利用可能でありピーコックストアも現在は使える)・ミニストップなどイオングループが該当する。

PASMO加盟鉄道事業者では、サービス開始時点では小田急電鉄・京浜急行電鉄・西武鉄道・東京急行電鉄・東京地下鉄・東京都交通局・東武鉄道の7事業者が、2008年3月15日からは京王電鉄・京成電鉄相模鉄道・首都圏新都市鉄道の4社を加えた11事業者が電子マネー加盟店の募集および管理業務を行っている(この開拓・管理事業者を「アクワイアラ」という)。現在、駅構内や周辺の売店や飲料水の自動販売機コインロッカーなどへ展開している。このほか、一部事業者については系列のスーパーマーケットなどの街中の店舗でも使えるケースもある。ただし、逆に駅構内の店舗でありながら、楽天Edyなどの他の電子マネーが使えるのにPASMOが使えないといったケースもある(東武線沿線のトウブドラッグなど)。

関係企業以外の参入状況[編集]

上記事業者やその関連企業、駅構内・周辺店舗以外の参入企業(予定を含む)は以下の通りである。記載は「企業名(業種など):開拓・管理事業者」の順。

  • am/pmコンビニエンスストア:現在はファミリーマートに統合・転換):東京急行電鉄
    2008年1月から順次本サービスを開始、同年8月11日までに首都圏の全店舗に導入を完了した。レジでのチャージも、PASMO・Suicaを問わず可能。また、同日よりTOP&カードで設定したオートチャージサービス機能付きPASMOの電子マネーを利用するとTOKYUポイントが加算される、「PASMO電子マネーTOKYUポイント」のサービスを開始した。なお、同社は東武鉄道・京成電鉄・相模鉄道・首都圏新都市鉄道の4社の一部駅にも店舗を出店しており、東武の一部店舗では2008年1月以前より、PASMO電子マネーが利用可能であった。なお現在は、旧am/pmの各店はファミリーマートに統合・転換されているが、当初はPASMO端末を転用し設置、その後Suica端末に交換され、引き続きPASMO・Suicaの利用が可能である。
  • パーク24コインパーキング「タイムズ」):東武鉄道京王電鉄京浜急行電鉄小田急電鉄首都圏新都市鉄道
    東武沿線の「タイムズ」での料金支払いにも本サービスを導入する。第1弾として2007年8月23日より東上線志木駅近くの「タイムズ新座志木」でサービスを開始しており、以降順次拡大予定である。
    京王・京急・小田急沿線では、特定の駐車場の最寄り駅を利用した際に、利用額を値引くサービスも実施している(割引適用には、当該駅利用履歴のあるSuica・PASMOが必要)。
    沿線ごとに異なる事業者がアクワイアラとなっている。なお、他社や他地区沿線の同社のコインパーキングではSuica電子マネーを始め他の電子マネーサービスを導入しているところもある。
  • 名鉄インビジネスホテル):京浜急行電鉄
    2008年4月、名古屋地区におけるPASMO加盟店第一号となり、この地区のホテルで初めてPASMO・Suicaが利用可能となった。対象店舗は全店舗(名古屋駅前・名古屋金山・名古屋錦・刈谷)であった。首都圏から名古屋へ出張するビジネスマン層の利用を見込んでいた。その後manaca端末に統一されている。
  • 埼玉県道路公社有料道路):首都圏新都市鉄道
    2009年3月24日から、新見沼大橋有料道路の通行料金をPASMO・Suicaで支払えるようになった。同道路公社が管理する有料道路はETCに対応していないため、料金所で一旦停止する必要があるものの、現金等を用意する手間が省け、利便性の向上が期待できる。
  • セブン-イレブン・ジャパン(コンビニエンスストア):京浜急行電鉄
    2011年春より、交通系IC乗車券の電子マネーを全国規模で一斉導入する。主として導入する電子マネーは各地域で展開するものであり、それと相互利用可能な電子マネーのみが使用可能となる。PASMOを主として導入するのは京急線沿線に当たる東京都・神奈川県内の一部店舗(約300店舗)および、関東の他地域ではSuicaと相互利用が可能なすべての交通系IC電子マネーが使用できる。
  • ポプラグループ(コンビニエンスストア):京浜急行電鉄
    2012年秋より、WAONiDとともに交通系IC乗車券の電子マネーを、「ポプラ」およびグループ内の「生活彩家」「くらしハウス」「スリーエイト」各店に順次導入する。関東地区では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の計179店舗でPASMO・Suicaが利用できるようになる。また、近畿・北陸・中国地方ではICOCA(近畿地方の一部店舗ではPiTaPaも導入)、九州地区ではSUGOCAを導入し、それらと相互利用を行う電子マネーも使用できるようになる。

PASMOオートチャージサービス[編集]

チャージ残高が一定額未満となった場合に、登録したクレジットカードを経由して自動的に一定金額をチャージするサービスである。

サービス開始時点では残額が2,000円以下の場合、自動的に3,000円分チャージされるようになっている。

利用できるクレジットカードは、JCB三井住友カード三菱UFJニコスの3社が発行する「Pastown(パスタウン)カード」とPASMOに参加する交通事業者系のクレジットカード、全日本空輸ANAカードのうち、東京地下鉄・JCBと提携して発行するANA To Me CARD PASMO JCBのみで、これら以外のクレジットカードは利用できない。PASMO加盟事業者の中には、サービス開始に併せてクレジットカード事業に新規参入したケースもある。

オートチャージできる場所はPASMO・Suica対応駅の自動改札機であり、入場時にチャージされ、出場時にはチャージされない。ただし1ラッチ改札口(乗換専用改札)、バス車載機、電子マネー端末、新幹線改札機、簡易改札機ではオートチャージは行なわれない。なお、仙台・新潟エリアの各駅でも、オートチャージが可能になった[いつ?]

一部の事業者にはオートチャージが可能な簡易改札機があり、カードをタッチするモジュールの部分が通常の改札機と同じ青色に点灯しているのが特徴である。

また、本サービスを受けるためのオートチャージ機能付きPASMOはカード会社への申し込み後に送付される専用のカードのみであり、2008年3月14日までは駅発売のものやすでに所持しているPASMOにオートチャージ機能を追加で設定することができなかったが、翌15日から記名PASMOに限りオートチャージを追加できるようになった。

オートチャージ機能付きPASMOを入手する場合は、対応クレジットカード会社に対してPASMOとクレジットカードの両方を申し込み、郵送にて受け取る。ただし、すでに対応クレジットカードを所持している場合はPASMOのみを申し込めばよい。2007年2月3日から申し込み受付を行っている。なお、受け取ったオートチャージ機能付きPASMOは駅窓口などでの手続きにより定期券情報を追加することも可能である。しかし、定期区間内でも設定金額を下回ると、自動チャージされるため注意が必要。また、対応クレジットカードを所持している人で記名PASMOにオートチャージ機能を付加する場合は、対応クレジットカード会社に対してPASMOオートチャージ機能付加の申し込みを行うだけでよい。この場合、約1か月程度で送付される案内はがきを駅窓口に持参して利用開始の手続きを行わなければならない。どちらの方法も、駅窓口などで申し込み用紙を入手し、各クレジットカード会社へ請求する。

加盟事業者のうち、対応クレジットカードを発行しているのは以下の通りである。

PASMO加盟事業者以外との提携のある対応クレジットカードを発行しているのは以下の通りである。

  • 全日本空輸・東京地下鉄:「ANA To Me CARD PASMO JCB」
  • 全日本空輸・東京急行電鉄:「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード」

なお、2006年10月1日から先行的に展開しているVIEW Suicaカードでは、サービス対象はVIEW Suicaのみ(クレジットカード自体がSuicaの機能を有するカード)だが、それ単体でサービスを受けられる。また2010年3月13日からは、同カードで利用登録しているモバイルSuicaでも、オートチャージが可能になった。

さらに、Pastownと加盟事業者のうち東急・東武・京急・東京地下鉄の4社では「クレジットカード一体型PASMO」の発行を2008年3月15日から開始している。そのため、オートチャージ機能付きPASMOカードを発行予告していた際の募集で入会した新規会員のクレジットカードは、有効期限が2008年3月までとなっていた。Pastownカードを除き、カードの裏面左中央に定期券情報を記録することができる。ただし、PASMO定期券を所持している人がクレジットカード一体型PASMOを申し込み、かつ定期券情報を記録する場合は、いったんPASMO定期券の払い戻し手続きを行ってから申し込みを行い、改めて定期券情報を記録しなければならない。また、申し込みから送付までに約1か月間かかるため、その間は別のPASMO定期券か磁気定期券の1か月ものを購入・利用しなければならない。

2012年3月1日からは、全日本空輸・東京地下鉄・JCBの3社が提携したANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の発行を開始している。このカードはANAカード・Tokyo Metro To Me CARDのサービスが同時に受けることが可能となっている。また、SFポイント乗車サービスやメトロポイントをANAのマイルに交換する条件が、通常のTokyo Metro To Me CARDよりも優遇されている。

一部のクレジットカード発行事業者では現金専用のポイントカードも発行しているが、このカードでオートチャージ機能付きPASMOを入手することはできない。ただし、ポイントを使ってPASMOにチャージすることは可能である。

オートチャージ機能付きPASMOは、通常の記名PASMOと同様にPASMOのみの払い戻しや対応クレジットカードの解約ができる。対応クレジットカードを解約した場合はPASMOが記名PASMOとして引き続き利用できる。また、支払いカードがPastownカードの場合は払い戻しをもってクレジットカードも自動的に解約となる。また、クレジットカード一体型PASMOでもオートチャージ機能付きPASMOと同様の払い戻しや解約ができるが、クレジットカード機能を解約する場合はクレジットカード会社をその旨を申請後一体型PASMOと公的証明書を駅窓口などへ持参してPASMO機能の移し替え手続きを行わなければならない。この場合、通常のPASMOに交換されるが、デポジットは現金で支払わなければならない。

なお、前述の通りPASMOカードが品薄となったことから、2007年4月13日から9月28日まで一時新規受付を中止していた(Pastownカードおよび新銀行東京を除きクレジットカード自体の申し込みは可能)が、同年9月29日に受付を再開した。

導入当初は東京都交通局が対応したカードとして「新銀行東京カード」(JCB・ニコスVISAのみ)もオートチャージ対応カードに指定されていたが、同行が2008年2月8日をもって提携キャッシュカードの申し込み受付を終了したため、現在は該当のカードでオートチャージの申し込みを行うことができない。東京都交通局は現在「ToKoPo」でポイントサービスを行っているが、ToKoPoはクレジットカードを介したサービスではないため、オートチャージはできない。

付記[編集]

沿革[編集]

  • 2007年(平成19年)3月18日 - PASMOサービス開始。同時にSuicaとの相互利用開始。ただし、仙台・新潟地区での利用は電子マネーのみであった。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - 連絡定期券の発売範囲を一部で拡大。既に持っている記名PASMOへのオートチャージサービスの後付けが可能になる(従来は後付けはできなかった)。
  • 2008年(平成20年)3月29日 - 仙台・新潟のSuicaエリアでの乗車での使用が可能となる。
  • 2009年(平成21年)3月14日 - 関東鉄道・千葉都市モノレール・舞浜リゾートラインが鉄道加盟事業者となり、PASMOが利用可能になる。
  • 2010年(平成22年)3月14日 - 小湊鐵道のバス事業で導入。
  • 2014年(平成26年)1月21日 - 東京空港交通の一部路線で導入予定。

販売制限[編集]

当初、株式会社パスモではサービス開始から1年で500万枚の発行を見込んで、サービス開始日の2007年3月18日の段階で400万枚のカードを用意していた。しかし、当初の見込みを大幅に上回るペースでの売れ行きを見せ、23日目の同年4月9日には早々に300万枚を突破した。発行枚数のうち定期券160万枚はほぼ予想通りだったが、非定期券140万枚は想定を100万枚程上回ったという。そのため、同社は新たなカードを300万枚追加発注したものの、納品が8月以降となるため、在庫が底を突きかねない事態となった。これを受けて同社は同年4月12日の発売分より新たなカードが納品される見込みの同年8月頃までPASMO定期券以外の新規発行を中止することとなった。ただし、バス事業者のうち定期券発行を行わない事業者は現在庫が切れるまで販売を続けていた。販売制限開始後も定期券が1か月間で新規50万枚以上が発行され、累計発行枚数も380万枚を突破していた[40]。また、オートチャージ対応カードの新規受付も4月13日の受付分をもって一時的に中止されたが、対応クレジットカード自体の受付はその後も継続されていた。

この件を受けて、PASMOの代わりとしてSuicaがにわか需要が生じることが予想されていたが、Suica陣営では「在庫を3か月分は確保しており、多少需要が増えたとしても同様の事態に陥ることはない」とした。また、パスネットも、当時継続発売していたため、パスネットを購入する人もいたという。

パスモが今回の販売制限を受けて実施した利用者アンケートによれば、75%がSuicaも所持しており、その半数が使い分けのため、残り半分が同カードとの相互利用を知らなかったため、と回答している。この結果、相互利用についての周知不足や併用者・完全移行者のニーズを見誤っていた実態が明らかとなった。また、前記の「2007年上半期M1F1グランプリ」では、単純に機能だけを求める購入層ばかりではなかったことも示された。

2007年8月7日には制限解除についてのプレスリリースが出され、以下の発表がなされた。

  • 定期券の発売場所などを縮小している事業者で2007年8月下旬より拡大を行う。
  • 定期券以外の記名PASMOと無記名PASMOについては、同年9月10日より再開する。
  • オートチャージ機能付きPASMOについては、同年9月29日より申し込み受付を再開する。

これらと並行して、新たに200万枚のPASMOカードを用意したほか、その後も毎月100万枚ずつ追加することになった。またこれらと並行して、Suicaと相互利用できることの周知徹底を目的としたポスターの掲示(「じつは、1枚でいける。」)や、リーフレットの配布なども行われた。その後も両者が相互利用できることを告知する共同ポスターの製作や掲示が時折行われている。また、JR東日本の東京都内や周辺駅の自動券売機や自動精算機などにSuicaとPASMOのロゴが併記されるようになった[41]。ただし、現在でも、首都圏以外の地域での利用範囲(この点については今後変わる見込みである。前述の「ICカード乗車券10種類 相互利用開始へ」を参照)や定期券にできる区間・定期券を購入できる駅、紛失時の再発行場所などの違いはある。

販売再開後は再び順調に発行枚数を伸ばしており、9月23日には初年度の達成目標だった500万枚に、約半年、実質的な販売期間は5週間程度で早々に到達した。しかしこの時点では、記名PASMOと無記名PASMOの発売箇所が縮小されていたため、実際の各駅での発売再開日は、事業者により異なることになった。

付記[編集]

  • サービス開始当初は、SuicaとPASMOの双方に対応している駅でも、町田駅(JR・小田急)、稲田堤駅(JR)⇔京王稲田堤駅(京王)、新秋津駅(JR)⇔秋津駅(西武)、新八柱駅(JR)⇔八柱駅(新京成)などJR東日本との間で連絡運輸の協定が締結されていなかったため、連絡定期券の乗り継ぎ駅の対象とされていない駅も存在していた。2008年3月15日に連絡定期券の発売範囲が拡大され、多くは解消された。
  • Suicaで可能な「二区間定期券」のような発行方法は、下に記載する一部を除き、現時点で対応していない。
  • 2008年3月15日から記名PASMOに限りオートチャージ対応クレジットカードとともにオートチャージ機能を付加できるようになったほか、クレジットカード一体型PASMOの発行も開始した。PASMO定期券を所持している人がオートチャージ機能付きPASMOやクレジットカード一体型PASMOを申し込む場合は、いったんPASMO定期券の払い戻し手続きを行ってから申し込みを行い、改めて定期券情報を記録しなければならない。どちらの場合も、申し込みから送付までに約1か月間かかるため、その間は別のPASMO定期券か磁気定期券の1か月ものを購入・利用しなければならない。
  • すでにオートチャージ機能付きPASMOを所持している場合、それと紐付けられたクレジットカードで新たにオートチャージ機能付きPASMOを申し込むことはできない。
  • ICカード運転免許証とPASMO(SuicaICOCA等を含むフェリカタイプCの非接触式ICカード)を同じ財布等に入れると、誘導電流の奪い合いとなり、読み取りエラーが起きる。
  • 記名PASMOを長期間[44]使用しなかった場合、自動改札機等で使用できないことがある。係員に依頼するか自動券売機等でチャージもしくは残額の利用を行うことで再び利用可能となる。
  • 鉄道での輸送障害が起きた場合、券面で示されたPASMO定期券以外の「PASMOを使った乗車」に対しては、切符を買った乗車券で受けられる振替輸送が、PASMO乗車券では対象にはならない。逆に、PASMO乗車券の場合は、乗車区間分の運賃を支払わなければならない。

不祥事[編集]

  • 2011年2月に東京地下鉄飯田橋駅に勤務していた男性駅員が、記名式PASMOを利用していた知人の女性が登録していた氏名・生年月日・性別の個人情報を駅の業務用端末に入力して乗車履歴を検索し、この女性の乗車履歴を電子掲示板2ちゃんねる』に無断で公開した。この駅員は2011年3月に懲戒解雇処分となった[45][46]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 登録番号第4914101号
  2. ^ 「イコカ」「ピタパ」消費税も値上げは10円刻み 1円刻みにできない事情 - MSN産経ニュースwest(2013年10月21日付、同年11月3日閲覧)
  3. ^ Business Media 誠:誠 Weekly Access Top10(2007年9月4日〜9月10日):販売再開――PASMOロボットの生みの親、知ってる?
  4. ^ 首都圏在住20 - 34歳の話題の中心は「PASMO」! 2007年上半期M1F1グランプリ
    便利だけじゃない 「PASMO」がM1、F1層に人気
  5. ^ a b c d 2013年4月時点ではPASMOとSuicaのみ利用可能。Suica以外の相互利用可能な他社カードは使用不可。
  6. ^ 湘南モノレールでsuicaやPASMOが使えないのはどうして? - はまれぽ.com(2012年5月5日)2013年4月13日閲覧
  7. ^ 鹿島 - 東京駅線 ICカードサービス開始 - 関東鉄道
  8. ^ PASMOサービス開始のお知らせ』 - 小湊鐵道株式会社 2010年2月12日 (PDF)
  9. ^ 詳細は「バス定期券の購入について」(PASMO公式サイト)を参照。
  10. ^ 鉄道でのご利用方法
  11. ^ 首都圏「パスモ」エリア拡大に難問…大手と中小が平行線 2009年2月3日 読売新聞
  12. ^ 仙台空港鉄道各駅では、当初は自動改札機がPASMOに対応していなかったため、改札窓口で入出場処理を行っていた(2009年3月13日まで)。
  13. ^ 1枚あればOK…IC乗車券10種、相互利用へ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  14. ^ 交通系ICカード の相互利用サービスの検討を開始しました - 2010年12月20日 各社連名のプレスリリース
  15. ^ 交通系ICカードの相互利用サービスを実施することに合意しました (PDF)”. 北海道旅客鉄道株式会社、PASMO協議会、東日本旅客鉄道株式会社、名古屋市交通局、名古屋鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、スルッとKANSAI協議会、西日本旅客鉄道株式会社、福岡市交通局、西日本鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社 (2011年5月18日). 2011年5月18日閲覧。
  16. ^ 交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります! - 2012年12月18日 各社連名のプレスリリース
  17. ^ “新潟交通路線バスにおける「Suica」等のサービス開始について” (PDF) (プレスリリース), 新潟交通・JR東日本新潟支社・新潟市連名, (2012年12月19日), http://www.niigata-kotsu.co.jp/ryuto/release/121218_ryutosuica.pdf 
  18. ^ “トイカやスイカなどICカード利用可 3月から静鉄など”. 静岡新聞. (2012年12月20日). http://www.at-s.com/news/detail/474551949.html 
  19. ^ “SAPICAエリアにおけるKitacaおよびSuicaの利用サービスの開始について” (PDF) (プレスリリース), 札幌市交通局・JR北海道・JR東日本連名, (2011年1月25日), http://www.sapica.jp/view/docs/2011012501_press.pdf 
  20. ^ PASMO・Suicaご利用路線図(簡易版路線図) (PDF) - PASMO公式サイト(路線図の注記は「PASMO・Suicaのみご利用いただけます」となっている。路線図は「PASMOご利用案内」と同一のもの)
  21. ^ Suica(スイカ)との相互利用サービス開始について (PDF) - 名古屋臨海高速鉄道
    ゆとりーとラインでの「Suica(スイカ)」ご利用開始について (PDF) - 名古屋ガイドウェイバス
  22. ^ a b バスは一部利用可。
  23. ^ 起点のJRと共同使用の勝田駅では、JRの自動券売機で湊線の乗車券を発売しているため、相互利用可能な全10社カードで乗車券を購入できるが、湊線自体にはPASMOは導入されていない。
  24. ^ 富士急行線にICカード乗車券システム「Suica」を導入します。 (PDF) - 富士急行、2014年3月吉日、2014年3月22日閲覧。
  25. ^ 東日本旅客鉄道(JR東日本)水郡線鹿島線など
  26. ^ 2011年に2013年を目処にICカードを導入する計画が発表されたが、その後音沙汰なしとなっている。
  27. ^ 独自のでんてつハイカードを導入。
  28. ^ ToKoPo 都営交通のポイントサービス - 東京都交通局
  29. ^ たとえば「環境定期券制度」で運賃が(大人)100円になる場合、PASMO・Suicaで支払うことは可能ですか?
  30. ^ バス利用特典サービスは、Suicaでも利用できますか。JR東日本
  31. ^ バス利用特典サービス(バス特)
  32. ^ 乗継割引
  33. ^ 共同運行事業者のすべてがIC定期券を導入している場合であっても発行事業者以外ではSF利用となる。
  34. ^ am/pmでPASMO/Suicaが利用可能に――東急電鉄と業務提携
  35. ^ 「マイページ・PASMO履歴照会サービスの終了について - 2012年5月18日 株式会社パスモ プレスリリース
  36. ^ パスモ:ホームページでの乗車履歴照会サービスを終了 毎日新聞 2012年5月18日
  37. ^ パスモ、浮気調査に使うのダメ…履歴の閲覧廃止 読売新聞 2012年5月18日
  38. ^ Suica・PASMOの電子マネー月間利用件数が6,500万件を突破しました!2011年8月5日
  39. ^ Suicaポイントクラブ 会員登録にPASMOは出ていない。
  40. ^ パスモ、販売制限も在庫足りず?商機逃し恨み節も/Sankei WEB 金融・経済[リンク切れ]
  41. ^ 逆にSuicaと相互利用可能なPASMO以外の他カードについては記載されていない。
  42. ^ a b だぶるーと・Oneだぶる♪(PASMO定期券):西武鉄道Webサイト
  43. ^ 1枚の定期で 両方が乗車OK! - 東武鉄道
  44. ^ PASMO取扱規則,使用方法及び制限事項にて規定
  45. ^ お客様のICカード乗車券乗車履歴の漏えいについて (PDF) - 東京地下鉄、2012年4月17日
  46. ^ ストーカー相手のパスモ履歴、ネット公開…駅員 読売新聞 2012年4月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

サービス開始に関する発表

電子マネーに関するリリース

オートチャージ・対応クレジットカード発行に関するリリース

供用開始日の正式発表および概要

その他

Suica加盟事業者のプレスリリース