菓子パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菓子パン(かしパン)とは、表面に甘い味を付けたり甘味のある具を入れたりして、菓子としての要素を強化した種類のパンである。これは日本での概念で、それ以外の国ではイーストを用いて膨らませたケーキの一種と考えられているものも多い。古くは古代ギリシャでも似たものが多く作られていた。甘いパンということでは、ペイストリーや、フランスで言うヴィエノワズリーと重なるが、これらと異なって生地に油脂分が多いとは限らず、生地自体は普通のパンと変わらない菓子パンも多い。

子どものおやつとして、あるいは嗜好品として食べられる。また、大人が軽食として食べるスナックフードの一種でもある。一般に糖分が多く高カロリーなので、朝食のメニューとして利用されることもある。様々な風味の物が開発・販売されており、一般の食事に供するパンとしての食パンや惣菜パンと同等の人気を博している。

基本的な製法[編集]

甘い具を入れた調理パンの一種にあたるものがある。チョコレートクリームカスタードクリームジャムなどの甘いペースト状の食品(スプレッド)が用いられる。パン生地に包んで焼いたり、焼きあがった空洞のあるパンに注入したりする。

ほかには、砂糖を加えたりチョコレートを練りこんだりして生地を甘くする方法や、メロンパンのように表面に甘い素材をかぶせる方法が見られる。干し果物が混ぜ込まれたもの、甘い風味付けに香料が使われているものも見られる。甘味の他に塩味、酸味や苦味といった要素が含まれるものも多い。

代表的な菓子パン[編集]

メロンパン
コロネ

代表的な菓子パンを列挙する。括弧内の国名は、その菓子パンが主に食べられている国である。

日本[編集]

日本以外[編集]

デニッシュ
シュトレン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]