バーガーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーガーキングの店舗(アメリカ)
バーガーキングの本部

バーガーキング英語:Burger King)は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ・デイド郡に本社のあるハンバーガーチェーン

概要[編集]

一般的なセットメニュー

各国での事業展開[編集]

2010年現在、アメリカ国内50州および世界73か国で約1万2,000の店舗を展開している。本社直営のフランチャイズ方式ではなく、各国毎に地元企業と業務提携を行う方式で、欧米を中心に多くのチェーン店を展開している。ドイツには500店舗ほどあり、毎年50店舗ほど新規出店をしている。

オーストラリアでは商標に“バーガーキング”の名称を使用せず、「ハングリージャックス」(Hungry Jack's)と呼ばれる[1]

タイでは、マイナー・インターナショナルが事業を行っている。

日本での展開[編集]

日本で展開したバーガーキング・フランチャイズ事業を手がけた企業は、

  1. 1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、独自にチェーン展開していた西武商事
  2. 1996年にアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携、事業を展開していたバーガーキングジャパン(旧)を設立したJT
  3. 2007年に共同出資会社バーガーキング・ジャパン(新)を設立したロッテリヴァンプ
  4. 2010年に上記会社を買収したロッテリア韓国法人)

がある。

西武商事・JT運営期[編集]

(1993年-2001年)

西武グループ系列企業の西武商事(現・西武プロパティーズ)が1993年にアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を結び、1993年9月22日、西武池袋線駅ビルにバーガーキング日本1号店となる入間店が開店する[2]。西武商事の運営方針として自社物件で保有する西武線沿線のテナントビルへの展開、プリンスホテルなどの西武グループのリゾート施設内を活用した店舗事業展開を計画していたが[3] 、アメリカ・バーガーキング社との拡大戦略と事業展開についての意見の相違があり、後に既存店の営業は継続したまま提携関係のみ解消することになった。

その後日本市場でのバーガーキング事業を継承したのは、JT1996年に設立したバーガーキングジャパン株式会社である。当時のアメリカ・バーガーキング社の持株会社である、イギリス企業グランド・メトロポリタン社と提携後、共同出資会社・JTグランドメット株式会社を設立[3]。 同社が100%出資する子会社としてバーガーキングジャパン株式会社(旧)を設立した(登記上の設立年月日:1996年5月20日)。バーガーキングのブランドシナジー効果を早期に高めるために他社のレストラン森永が展開していた「森永LOVE」の事業を譲り受けてチェーン展開を進め、4年から5年の間に100店舗を出店する事業計画を掲げた[3]。当初は親会社がJTのため禁煙席は設置されなかったが、後に多くの店舗に設けることになった。

1990年代後期から激化した日本マクドナルドが打ち出した平日半額キャンペーン等の相次ぐ低価格路線の競争や西武グループの経営状況悪化もあり、メニュー単価が高いハンバーガーがメインであった同社の店舗は客足が遠のき、経営状況は悪化した。このため2001年3月末をもってバーガーキング・ジャパンは営業を終了し、撤退した[4]

日本撤退時には、首都圏を中心に展開していたチェーン店の25店舗のうち、西武商事が運営していた店舗は同じくハンバーガーチェーンを展開するサントリー系のファーストキッチン[5]JTが運営していた店舗はロッテリアに売却された[6]

JTは、バーガーキング本社と軋轢があったことを認めている[7]

法人としてのバーガーキングジャパン株式会社は撤退直後に役員変更が一度行われた後は休眠状態で、2005年3月31日付で解散するまでの約4年間放置されていた。8月17日特別清算開始、12月6日に特別清算終結決定し、完全消滅した。

ロッテ運営期(2007年-)[編集]

日本再進出1号店である新宿アイランドイッツ店のオープン当日の様子

株式会社バーガーキング・ジャパン(Burgerking Japan)は、2014年2月現在、北海道で3店舗、東京都で32店舗、茨城県で5店舗、群馬県で2店舗、埼玉県で11店舗、千葉県で4店舗、神奈川県で7店舗、静岡県で1店舗、愛知県で1店舗、岐阜県で1店舗、大阪府で7店舗、京都府で1店舗、兵庫県で2店舗、沖縄県で3店舗のハンバーガーチェーンを展開する。

2006年11月29日、「ロッテリア」を運営するロッテと、ロッテリア再建に携わる企業支援会社リヴァンプ(REVAMP)が共同出資して資本金1億円で設立する。米国バーガーキング社(BKC)と2006年12月15日にフランチャイズ契約を締結[8]する。本社をリヴァンプ本社と同じ東京都渋谷区笹塚サウスビルに置き、初代代表取締役社長に日本マクドナルドゼンショーを歴任のリヴァンプ笠真一が就任する。

再上陸第1号店は東京都新宿区西新宿六丁目「新宿アイランドタワー」内に「新宿アイランドイッツ店」として開店(2011年8月31日閉店)する。初日開店前に約700人が行列して再上陸がメディアで報じられる[9]。出店目標は2010年3月までに日本国内で50店舗と発表するも現在は全国80店舗で、JT時代と異なり店内は全面禁煙だったが完全分煙の喫煙室を設置する店舗もある。当初の出店地域は首都圏1都3県のみだが2011年7月以降は関西にも店舗を設けており、新規出店や池袋店・新宿西口店など近隣複数のロッテリア店舗を転換して出店する場合もある。

2010年8月21日、ロッテリア(韓国法人)がロッテらから負債約14億円引き継ぎを条件に1400ウォン(100円)で買収[10]する。買収発表9月2日に、アメリカバーガーキングも投資会社3Gキャピタルが約32億6000万ドルで買収合意[11]を発表している。

2011年5月18日、関西エリア初出店「なんばセンター街店」を7月21日にオープン[12]を発表する。

2012年からフランチャイズ展開を開始[13]3月26日には、北海道エリア初出店となる「JR小樽駅店」を4月25日に[14]6月1日には、東海エリア初出店となる「イオンタウン千種店」7月6日に[15]、7月30日に沖縄エリア初出店となる「沖映通り店」を8月11日に[16]、11月14日に静岡県内初出店となる「静岡呉服町店」を12月21日に[17]、11月29日に兵庫県内初出店となる「阪急三宮駅前店」を12月14日に[18]それぞれオープンすることを発表した。現在日本ではニュージーランド産の牛肉を使用している。

沿革[編集]
  • 2006年11月29日、ロッテとリヴァンプの共同出資会社・株式会社バーガーキングジャパンを設立。
  • 2006年12月15日、株式会社バーガーキングジャパンが米国バーガーキング社より日本における店舗展開の権利を取得する。
  • 2007年6月8日、1号店「新宿アイランドイッツ店」をオープン。
  • 2007年8月17日、アメリカ・バーガーキング社のサイドメニュー『オニオンリング』(Onion Rings)を商品化・販売開始。[19]
  • 2008年10月20日、10号店「本厚木ミロード店」をオープン。
  • 2010年8月21日、ロッテリア(韓国法人)がロッテらから経営権を取得。
  • 2011年7月21日、関西エリア初出店の「なんばセンター街店」がオープン。
  • 2012年4月25日、北海道エリア初出店の「JR小樽駅店」がオープン。
  • 2012年7月6日、東海エリア初出店の「イオンタウン千種店」がオープン(国内40店舗目)。
  • 2012年7月13日、北海道エリア2店舗目の「札幌白石店」(24時間営業)が開店。日本国内では初となるドライブスルー店舗となる。
  • 2012年8月11日、沖縄エリア初出店の「沖映通り店」がオープン。
  • 2012年11月21日、「エミオ保谷店」がオープン。
  • 2012年12月14日、「阪急三宮駅前店」がオープン。
  • 2012年12月21日、「静岡呉服町店」がオープン。
  • 2013年7月26日、茨城県に「6号石岡店」がオープン。
  • 2014年2月1日、岐阜県に「岐阜中鶉店」がオープン。
  • 2014年4月2日、静岡県に「島田店」がオープン。

メニューの特色[編集]

通常のハンバーガーチェーンと異なり、バーガーキングは、ビーフパティを鉄板ではなく直火で焼き、肉汁を留めて、余分な油だけを落とす直火焼きである。 [20]

主力ハンバーガーの特色
商品名 特色
ワッパー
アメリカのワッパー
日本のワッパーに使用している具材の原産国は、日本産のレタスオニオン、アメリカ産の完熟トマトスリランカ産のピクルスを使用している。[21]
テリヤキワッパー
日本のテリヤキワッパー
日本独自商品のテリヤキワッパー。直火焼きハンバーグの特色である網焼きの焼き色が付いている。
テリヤキワッパー
Jr.
日本のテリヤキワッパーJr.
テリヤキワッパーjr.は直径約10cm、ビーフパティが約62g。小型サイズのハンバーガーは現在ワッパーJr.とテリヤキワッパーJr.の2種類が発売されている。[22]

ワッパー[編集]

大型ハンバーガー「ワッパー」(Whopper[23]を中心としたメニューでチェーン店を展開、ケチャップにアメリカ・ハインツ社の製品を使用し、フライドポテトにもケチャップのミニパックが付属する。

「ワッパー」は下から順に、バンズの下半分、網焼きのミートパティ、ピクルス、ケチャップ、たまねぎトマト、レタス、マヨネーズ、バンズの上半分(ゴマ付き)、の順で構成されている。サイズにして直径約15cm、高さが約5cm。

その他に、ワッパーチーズ、ワッパーチーズベーコン、がある。

テリヤキワッパー[編集]

日本市場向けにバーガーキングジャパンが開発した大型ハンバーガーのテリヤキワッパー(Whopper Teriyaki)、小型ハンバーガーのテリヤキワッパーJr.(Whopper Teriyaki Jr.)メニューが導入された[24]

ワッパーとの違いはケチャップの代わりに生姜と醤油をベースにしたテリヤキソースが使われていることである[25]

2010年以降はテリヤキワッパーに替え、トマトなど一部具材を抜いてよりテリヤキソースと相性のよい組み合わせとなったグリルTeriyaki及びグリルTeriyaki Jr.が導入されている。

2012年夏以降、レギュラーメニューで用意されているのはワッパーJr. サイズのBKテリヤキのみとなっている。

その他サンド[編集]

  • BKチキンサンド
  • フィッシュサンド
  • BKテンダーグリルサンドイッチ
  • シングルベーコン(トマトレタス抜き)
  • シングルチーズベーコン(トマトレタス抜き)
  • シングルテリヤキ(トマトレタス抜き)

モーニングメニュー[編集]

10:30までモーニングメニュー(英:Morning Set)を頼むことができる。他のファストフード店とは違い、コンビメニュー(サンド類とドリンクSサイズのセット)で販売されており、値段別でメニューが分けられている(ただし単品での注文も可能)。2013年7月現在、290円3種・390円2種・490円2種の全7種類。

  • 290円コンビ
    • ソーセージ&チーズ
    • チーズクロワッサン
    • スパム&チーズ
  • 390円コンビ
    • BLTクロワッサン
    • フィッシュサンド
  • 490円コンビ
    • ソーセージ&エッグクロワッサン
    • フレッシュアボガドクロワッサン

HAVE IT YOUR WAY[編集]

バーガーキングの大きな特徴がHAVE IT YOUR WAY(お好み通りに)と呼ばれるハンバーガーの具材を増やしたり、減らしたりすることができるサービスである。例えばワッパーを注文する際に、ビーフパティを3枚追加、ケチャップとピクルスを多めに、レタスを少なめに、オニオンは入れずに、といったオーダーの仕方ができる。裏メニューではなく、公式に宣伝しているサービスである。

追加(アド)は有料であるが、レタス、ピクルス、オニオン、マヨネーズ、ケチャップ、マスタードに限り、注文するバーガーに元から入っていれば無料で増量(ヘビー)できる。

サイドメニュー[編集]

一般的なフライドポテトのほかに、フライドオニオンリングが主力のサイドメニューとなっている。セットで注文する際、ワッパー等のサンドメニュー+(ポテトorオニオン)+ドリンクが基本的なセットとなっている。ポテトかオニオンにはトマトケチャップをつけることができる。

そのほかの主なサイドメニューは以下のとおりとなる。

デザート[編集]

ドリンク(アルコールの販売)[編集]

通常のコーヒーコーラオレンジジュースなどのほかに、ハイネケンハイボールといったアルコールの販売も行っている。

クーポン[編集]

バーガーキングのクーポン券は、主にチラシ式のものと、携帯電話の見せるクーポン方式の2タイプがある。携帯電話型のクーポンは、以前はSNSモビオンと提携をしていたが、現在は自社独自サービスとしてクーポン会員には随時クーポン配信メールが配信され、季節ごとのクーポンが着信する。

展開している国や地域[編集]

展開している国の世界地図
バーガーキングがある国と地域
ノルウェーの店舗
ノルウェーの店舗
イギリスの店舗
イギリス・ロンドンの店舗
ドイツの店舗
ドイツ・ハンブルクの店舗
バーガーキングは、以下の国と地域で店舗を展開している。一部の国では、出店している地域でハラールとして扱われている。


過去に出店していた国や地域[編集]

その他[編集]

在日アメリカ軍基地内のバーガーキング[編集]

在日アメリカ軍基地(陸・空・海兵隊)のPX/BX内にあるバーガーキングは、一般消費者向けの店舗展開・撤退の影響を受けずに存在している。日本の統治管轄外であるアメリカ軍の軍事施設なのでオープンベース(基地公開)の日以外は一般人は入る事は出来ない。横田基地など、公開エリア外にある場合もある。

日本国内で基地公開日にバーガーキングを利用できる可能性が高いのは、三沢座間岩国嘉手納の各基地である。国際情勢の変化等により、公開エリアの縮小、あるいは基地公開自体の中止もある。

バーガーキングの存在が確認されている在日米軍基地は以下の通り。

公衆無線LAN[編集]

日本国内の店内ではNTTドコモが展開するdocomo Wi-Fimopera U公衆無線LAN)とNTT東日本・西日本が展開するフレッツスポット公衆無線LANサービスを利用することができ、パソコンスマートフォン、ゲーム機などで高速なインターネット通信ができる。

馬肉の混入[編集]

2013年1月、イギリスとアイルランドで、当地でタブー食とされている馬肉が他の肉に混入され、広く流通していることが判明。精肉工場などの洗い出しが行われた結果、バーガーキングでも馬肉が混入した肉が使用されていたことが判明した[30]

日本国内での不祥事[編集]

バーガーキング・ジャパンは2013年8月2日、ある店舗内において廃棄予定の食材の上に従業員が寝そべっている写真がネット上に公開されていた事が判明したため、当該店舗ならびに従業員に対し厳重処分を下した、と発表した[31]。当該写真は2013年6月25日付けのツイッターに掲載されたものであり、(食材の包装紙及び従業員の制服を見た閲覧者から)バーガーキングに対する苦情が多数寄せられたため、上記の事態となった[32]。ただし、本件の発生店舗名及び当該従業員に対する処分内容等に関しては公表されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hungry Jack's ハングリージャックス(オーストラリアでのバーガーキング)
  2. ^ バーガーキング1号店開業 朝日新聞1993年9月22日掲載
  3. ^ a b c バーガーキングが日本再上陸、リヴァンプとロッテが支援 -nikkei BPnet日経BP社 2007年6月6日掲載
  4. ^ バーガーキング社の日本撤退の背景 月刊飲食店経営 2001年5月号掲載
  5. ^ 西武商事がハンバーガーチェーン「バーガーキング」事業から撤退 日本経済新聞社2001年3月1日報道
  6. ^ 日本タバコ産業はバーガーキングの全店舗を3月末でロッテリアに売却 Weekly Food104 Magazine 2001年02月07日号
  7. ^ ハンバーガー事業に関わる事業資産の株式会社ロッテリアへの譲渡について(Internet Archiveに保存されたJTのリリース)
  8. ^ ロッテとリヴァンプ両社共同で新会社「株式会社バーガーキング・ジャパン」を設立
  9. ^ asahi.com:6年前撤退のバーガーキングが再上陸 再起に挑む - 食
  10. ^ 「買収額100円」韓国ロッテリアが日本のバーガーキングを買収(2010年9月3日、サーチナ
  11. ^ 米バーガーキングが身売りで合意、負債含め約40億ドル(2010年9月3日、ロイター
  12. ^ 2011年7月下旬 『バーガーキング® なんばセンター街店』オープン! バーガーキングウェブサイト
  13. ^ FCオーナー募集|BURGER KING:バーガーキングより。
  14. ^ 米国で大人気の『バーガーキング®』北海道エリア初出店 2012年4月25日(水)『バーガーキング® JR小樽駅店』オープン!バーガーキング公式ホームページから(PDFファイル)。
  15. ^ 米国で大人気の『バーガーキング®』東海エリア初出店 2012年7月6日(金)『バーガーキング® イオンタウン千種店』オープン!バーガーキングウェブサイト。
  16. ^ 『バーガーキング®』沖縄エリア初出店『バーガーキング® 沖映通り店』2012年8月11日(土)9:00オープン!!
  17. ^ 「バーガーキング®」静岡県でフランチャイズ店舗展開 静岡県内1号店『バーガーキング® 静岡呉服町店』2012年12月21日(金) 9:00 オープン!! バーガーキングウェブサイト。
  18. ^ 『バーガーキング®』兵庫県内初出店『バーガーキング® 阪急三宮駅前店』2012年12月14日(金) 9:00 オープン!! バーガーキングウェブサイト。
  19. ^ オニオンリングを発売 バーガーキング公式ホームページから。(PDFファイル)
  20. ^ バーガーキングは直火焼き(バーガーキング・ホームページ)
  21. ^ バーガーキングのこだわりバーガーキング公式ホームページから。
  22. ^ 国内2号店をオープンバーガーキング公式ホームページから。(PDFファイル)
  23. ^ 旧西武鉄道・JT運営期のバーガーキングかつて日本で展開した「ワッパー」の名が記された広告宣伝
  24. ^ バーガーキング、6年ぶり日本に再上陸 IBTimes 2007年6月8日、テリヤキワッパーの出典元
  25. ^ バーガーキング、メニュー概要を発表-日本限定テリヤキワッパーも新宿経済新聞 2007年6月1日
    バーキン参入で「テリヤキ」戦争ぼっぱつ? MSN毎日インタラクティブ 2007年6月7日
  26. ^ 三沢飛行場のバーガーキング 店舗写真が掲載されている
  27. ^ キャンプ座間のバーガーキング 店舗写真が掲載されている
  28. ^ 沖縄県・嘉手納基地のバーガーキング 店舗写真が掲載されている『しまPasha CLUB』
  29. ^ 横田基地のバーガーキング 店舗写真が掲載されている
  30. ^ “ハンバーガーにも「馬肉」を検出(英)”. YUCASEE MEDIA (Abraham Group Holdings). (2013年2月1日). http://media.yucasee.jp/posts/index/12917?la=0003 2013年2月1日閲覧。 
  31. ^ 【お詫び】当社アルバイト従業員によるオンライン上への店舗撮影画像公開に関して(2013年8月2日 バーガーキング公式ページ内新着ニュース 同8月19日閲覧)
  32. ^ 「バーガーキング」店でも「不潔」写真 運営会社が謝罪、従業員に厳重処分(2013年8月2日 J-CASTニュース 同8月19日閲覧)

外部リンク[編集]

  • Burger King - バーガーキング公式サイト(英語)
  • Burgerking Japan - バーガーキング・ジャパン公式サイト(日本語)