モスバーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社モスフードサービス
MOS FOOD SERVICES,INC.
ThinkPark.JPG
本社が入居するシンクパークタワー
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8153 1988年3月9日上場
略称 モス、モスフード
本社所在地 日本の旗 日本
141-6004
東京都品川区大崎二丁目1番1号
ThinkPark Tower 4階
設立 1972年(昭和47年)7月21日
(株式会社モス・フード・サービス)
業種 外食産業(東証業種名は「卸売業」)
事業内容 フランチャイズシステムによるハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開、その他飲食事業
代表者 代表取締役社長 櫻田 厚
資本金 114億1284万5000円
売上高 連結:623億7100万円
2013年3月期)
営業利益 18億8900万円
2013年3月期)
純利益 15億2000万円
2013年3月期)
総資産 連結:503億7300万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 連結:1166人
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 紅梅食品工業(株) 4.37%
日本生命保険相互会社 4.20%
(株)ダスキン 4.11%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 (株)トモス 99.2%
(株)モスクレジット 100%
(株)エム・エイチ・エス 100%
(株)四季菜 100%
関係する人物 櫻田 慧(創業者)
外部リンク www.mos.co.jp
テンプレートを表示

モスバーガー (MOS BURGER)は、株式会社モスフードサービス(英文名称 MOS FOOD SERVICES,INC.)が展開する日本発祥のハンバーガーチェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。

概要[編集]

モスフードサービス旧本社ビル(東京都新宿区)

日本人の好みにあったハンバーガーを提供することを掲げ、日本のハンバーガーフランチャイズ店でのシェアは、日本マクドナルドに次ぎ第2位。同社の公式サイトによると、2013年3月での店舗数は日本国内で1431店舗(直営店87、フランチャイズ加盟店1344)、国外で311店舗(後述)となっている[1]

素材を厳選し、注文を受けてから作る「アフターオーダー方式」[2]など、スローフードの要素を取り入れているのが特徴である。ファストフード店として分類はされているが、「ファストフード」(fast food)という語が表すように「すぐに食べる」ことは出来ず、ハンバーガーという商品をメインとして扱っていることからファストフードとされているだけだとも言え[3]、ファストフードではなく「ハンバーガーレストラン」と分類される場合もある。その味の良さから人気があり、利用したいハンバーガー店ランキングでも上位にランキングされている[4]

1990年代後半のマクドナルドに端を発するファストフードチェーンの値下げ戦争の中で、ハンバーガーを10円程度しか下げず、大幅な値下げを行うことはほとんどなかった。「当時一番売れているタバコの値段を元に“モスバーガー”の値段を考える」という、基本的なポリシーを遵守してのことである(櫻田の講演より)。

名前の由来[編集]

モスバーガーのMOSは、MはMountain(山のように気高く堂々と)OはOcean(海のように深く広い心で)SはSun(太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って)という意味とされている[5]。初期にはMOST delicious hamburgerのポップを店頭に貼っていたため、これの略だとも思われたこともあったようだが、MOSの意味に変化はないという。[3]大本の由来は、創業者・櫻田慧がモス・フード・サービスの前に起こした会社Merchandising Organizing Systemの頭文字である。略称・愛称は「モス」でそれを使った「今日モス気分」などのキャッチフレーズがある。

歴史[編集]

創業[編集]

日興証券(現・SMBC日興証券)を脱サラした櫻田慧(1937年1月19日-1997年5月24日、60歳没。岩手県大船渡市出身。東京都立大森高等学校日本大学経済学部卒)、渡辺和男、吉野祥が、1972年3月12日東京都板橋区成増で1号店をオープンさせる。この際、アメリカのハンバーガーショップ「トミーズ(Tommy's)」を経営の参考とした。

創業以前から低価格が売りであるマクドナルドとの差別化を考えていたモスバーガーは、高価格、高品質という高級路線を今日まで歩んできた。高いコストをかけてでも商品の味の向上を徹底させるという経営戦略は、「日本人は味覚にうるさいので、食べ物はうまくなければいけない」という創業者たちの理念に基づいている。創業当時は資金不足のために他のファストフード店より宣伝力が弱く、一等地への進出も難しかったため、顧客に口コミで評判を広めてもらうことでしか事業拡大が見込めなかったことも高級化を行った理由の一つである[6]

商品開発の際、櫻田前社長は試作品の新開発メニューを必ず満腹の状態で試食するというポリシーがあった。「満腹の状態で食べても美味しいと感じられる商品こそが本当に美味しい食べ物である」というこだわりからであったという。

赤モスから緑モスへ[編集]

鳥インフルエンザの発生や外国産野菜の残留農薬の問題等が頻発して「安いだけではダメ、安心して食べられる安全で安いものがいい」という消費者の意識が高まった2004年、モスでは1996年ごろから減農薬や有機栽培の野菜を使い始めていた[7]が、そのことをより広く知らせアピールするために従来赤色であった看板を「安心、安全、環境」を象徴するとして緑色へ転換し始め、従来の店舗を看板の色より赤モス、新型の店舗を緑モスとした。同時に「ただのファストフード」からの脱却を目的に、ファストフードらしい内装からレストランに近いイメージの木目調を基調としたゆったりした内装への改装も進め、高級ハンバーガー「匠味」を始めとする緑モス限定の高級感のあるメニューの提供を始める。しかしこれにより「安ければそれだけでいい」と考える一部の消費者に対して「モスは高い」とのイメージを与えることになった。

緑モスの見直し[編集]

当初計画では2008年度中に緑モス化を完了する予定であったが、原料価格高騰もあり不可能となった、さらに、ファストフードの領域を逸脱したメニューの提供による店舗側の混乱や、一部店舗の禁煙化により客足が遠のいた店もあり、緑モスへの改装費用負担も相まって本社の方針に反発するフランチャイズオーナーもいた。業績が低下したこともあり、櫻田社長は「緑モスの路線は間違っていない」としながらも、今後は「ルールを見直しながら緑モスへの転換を進める」としている[8]。この軌道修正を受け、赤モス・緑モスという呼称は公式には使用されなくなり、緑モス限定メニュー「モスのごはん」は「一部店舗限定」と公式サイトでは表記されるようになった。また、緑モスの代表格メニューであった匠味も、2008年に販売を終了した。

現在では看板の色でのメニューの違いは無いが、新規出店や改装により順次緑モスの店舗に転換されている。一方でCMやCIマーク、海外出店では赤モスのロゴも使用されている。この他、従来の「モスバーガー」とは異なる業態の展開や海外事業も進めている。

海外展開[編集]

2012年現在、モスバーガーはアジアを中心に8カ国・地域に展開している。もっとも早い海外進出は1989年のハワイ店であったが、その後撤退、現在では台湾・タイ・香港・中国・シンガポール・オーストラリア・インドネシア・大韓民国に展開している[9]

中でも台湾での拡大はめざましく、2012年現在で首都である台北や、中国に近くマクドナルドさえ展開していない金門島を含め246店舗を展開[10]、マクドナルド338店舗[11]には劣るものの、ケンタッキー128店舗[12]には大きく差をつけ健闘している。

沿革[編集]

日本・モスバーガー東武池袋店
台湾にあるモスバーガー
シンガポールにあるモスバーガー
日本・モスバーガー藤野パーキングエリア店
  • 1972年
    • 3月12日 - 東武東上線成増駅前の名店街の地下にわずか2・8坪の実験店オープン。
    • 7月 - (株)モス・フード・サービス設立。
  • 1973年5月 - 「テリヤキバーガー」発売。
  • 1973年11月 - フランチャイズ第1号店「新瑞店」(愛知県)オープン。
  • 1976年10月 - 50店舗目「コザ店」(沖縄県)オープン。
  • 1979年1月 - 100店舗目「小豆島店」(香川県、現存せず)オープン。
  • 1984年6月
    • 商号を「株式会社モスフードサービス」と変更。
    • 「テリヤキチキンバーガー」発売。
  • 1986年
  • 1987年
    • 8月 - 「ホットドッグ」発売。
    • 12月 - 「モスライスバーガー」発売。
  • 1988年8月 - 「(株)なか卯」と資本提携。
  • 1989年
    • 9月 - 「ロースカツバーガー」発売。
    • 12月 - 米国1号店「カラカウア店」(ハワイ)オープン。
  • 1990年12月 - 「モスライスバーガーやきにく」発売。
  • 1991年
    • 2月 - 台湾1号店「新生南路店」(台湾)オープン。
    • 3月 - 1,000店舗目「江古田旭丘店」(東京都)オープン。
    • 7月 - 「スパイシーシリーズ」発売。
  • 1992年9月 - 「モスチキン」発売。
  • 1993年5月 - シンガポール1号店「イセタンスコッツ店」(シンガポール)オープン。
  • 1998年10月 - 1,500店舗目「恵庭店」(北海道)オープン。
  • 2002年9月 - キッチンモスをオープン。時間別メニューやバーガー以外のメニューを提供し上級感を狙った実験店。[13]
  • 2003年4月 - 宅配ピザチェーン「ストロベリーコーンズ」と提携しモスバーガーの宅配サービスを本格化するが、後にこの業務提携は解消。
  • 2004年
    • 1月 - 「日本のバーガー匠味レタス」発売。
    • 2月16日 - 緑モスの1号店「新橋二丁目店」(東京都)オープン。
    • 3月 - ISO14001取得。[14]
    • 12月 - 「屋島西町店」(香川県高松市)でノロウイルスによる食中毒発生、被害人員148人。会社の歴史上初の食中毒となった。同店は12月21日より5日間の営業停止となったが、営業再開せず閉鎖。
  • 2005年
    • 3月 - 「日本のバーガー匠味十段」発売。ハンバーガー単品の値段が1,000円と、大手では初で話題になる。
    • 4月 - ハワイの店舗閉店
  • 2006年
    • 2月 - 「復刻版モスバーガー店舗」を東京・汐留にオープンする。メニューも当時の8品目を再現し、ダブルバーガーなど現在はないメニューも復刻(2009年2月末に閉店)。
    • 9月 - 「日本のバーガー匠味」旧シリーズ(匠味、匠味チーズ、匠味アボカド山葵、匠味十段)の販売を終了。また、12日、「国と事業者による環境保全に向けた自主協定」を、国内で初めて環境省と締結した。この協定は、レジ袋の使用削減、非石油製品への転換等に関し、先進的な取組を推進することを内容とする。
    • 10月 - 香港1号店「モスバーガー観塘ミレニアムシティ5(創紀之城5期)-apm店」オープン
  • 2007年
  • 2008年
    • 2月 - ダスキン(日本国内にて、ドーナツチェーンのブランド「ミスタードーナツ」を展開)との資本業務提携を発表[15]
    • 12月 - 「とびきりハンバーグサンド」シリ-ズ販売開始。
  • 2009年
  • 2010年
    • 2月 - 中国本土1号店「思明南路店」オープン。
    • 6月10日 - 日本テレビ『スッキリ!!』との共同企画第2弾「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」を期間限定で発売。
  • 2011年
    JALのEU便で提供される、「AIR MOS BURGER(エアモスバーガー)」
    • 3月11日 - 東日本大震災により、岩手県の陸前高田店などが津波の被害を受け事実上の閉店となる。
    • 4月 - オーストラリア1号店「サニーバンクプラザ店」オープン。
    • 5月26日 - 日本テレビ『スッキリ!!』とのコラボ企画第3弾「ピリ辛“フルーツ味噌”チキンバーガー」を期間限定(300万食)で発売。
    • 6月1日 - JAL機内食限定商品「AIR MOS BURGER(エアモスバーガー)」を日本航空の主要国際線にて提供。当初は8月末までの期間限定だったが、好評だったため2011年11月末まで延長した。[16]
  • 2012年
    • 2月28日 - 韓国1号店「ロッテ蠶室」オープン。
    • 4月 - 創業者・櫻田の出身地である岩手県大船渡市に大船渡店をオープン。陸前高田店の代替として位置づけるとともに、敷地は創業者の思いを伝えるつくりとした。
    • 6月1日 - 日本航空の主要国際線機内で出されるAIRシリーズの第5弾として、前年のエアモスバーガーに続く「AIR MOS ライスバーガー」を同日から提供開始。2012年8月31日までの限定。[17]
    • 11月13日 - モスライスバーガーのメニューを入れ替え。
  • 2014年
    • 5月28日 - ミスタードーナッツとコラボでミスタードーナッツの主力商品「フレンチクルーラー」をバンズに使った『モスのフレンチクルーラー ぐるぐるチョリソ』・『モスのフレンチクルーラー ベリーショコラ』を発売。一方、ミスタードーナッツが「ライスバーガー」をアレンジした『ミスドのライスバーガー 坦々牛焼肉』・『ミスドのライスバーガー あん&カスタード』を発売。
    • 9月13日 - 台湾のモスバーガーを運営する現地法人(東元電機グループ[18])は、台湾で廃油原料とした食用油流通していた問題で、同社でも主力のモスバーガーなど5つの商品に、食用に適さない油が使用されていたと発表した[19]。問題となった油を製造したのは、日本の月島食品工業や三井物産グループなどが出資する、高雄市の強冠企業という食用加工油脂メーカーで、同社は台湾の零細業者から廃油を、香港の業者から飼料用油を仕入れていた[20]

メニュー・店舗・特徴・サービス[編集]

メニューの特色[編集]

主力ハンバーガー栄養価の一例
商品名 カロリー 炭水化物 たんぱく質 脂肪 食塩
モスバーガー
モスバーガー
378 36.6g 14.7g 21.7g 1.8g[21]
テリヤキバーガー
テリヤキバーガー
423 38.6g 13.8g 25.1g 2.3g[22]
ライスバーガー
235 43.5g 4.2g 4.3g 2.0g[23]

日本人の味覚に合わせたソースや合挽き肉を使用したパティ(一時期牛肉100%のパティを使用)は他の米国系フランチャイズ・チェーンとは一線を画した独特のものである。

1973年には世界で初めてテリヤキバーガーを発表。このテリヤキバーガーを売るために、常連客の女子高校生からの提案で、彼女の高校文化祭で50個のテリヤキバーガーを無料で配るなど認知度を上げる工夫を凝らした[24]

1987年にはパンの代わりにをベースにしたライスバーガーが発売され、現在のモスバーガー主力メニューのひとつになった。農林水産省から表彰される。

さらに1990年代後半からは農業者団体との提携[要出典]から原材料の国産化・産地/生産者の可視化を進め、店頭の掲示板に産地と生産者名を掲示するようになった。近年の「安心・安全」という消費マインドを先取りしたとも言えるだろう[誰によって?]。現在では生野菜の全てが日本国内の提携農家が生産したもの[25]となっており、これらの野菜の一部は、モスバーガー公式オンラインショップ[26]にて購入することが可能である。

2003年から一部店舗において「日本のバーガー匠味」シリーズを発売。当初価格設定が580円(チーズ入り640円)というこれまでにない高価格設定で、高級志向を打ち出す。匠シリーズは2008年に販売終了したが、現在では味と価格のバランスを考慮し単品価格400円前後の商品として開発された「とびきりハンバーグサンド」シリーズがそのコンセプトを受け継いでおり、当商品はハンバーガーチェーンではめずらしく「国産牛肉」を売りにしている。

020144_4 ライスバーガー野菜かきあげ(わさび醤油だれ)

店舗の形態[編集]

ディック・ブルーナモデル店舗[編集]

内装や食器にディック・ブルーナのイラストを使用した店舗。関東に4店舗存在。

実験店舗[編集]

ThinkParkの大崎カフェ店舗では立地条件からサラリーマンOL層をねらった独自メニューとして、ケーキビールジョッキをメニューに置いている。

サービス[編集]

テレフォンオーダー[編集]

10円玉が入った袋

注文から受け取りまで時間がかかることもあり、モスバーガーでは電話による注文を受け付けている。多くは持ち帰りで利用されるが、店内での飲食の場合も利用可能である。また、オフィス街にある一部の店舗では、配達も行っている(要追加料金)。

電話で注文した利用客に対しては、受取り時に10円玉が入ったぽち袋を渡している。これは注文時の電話代であり、「利用客の電話代費用を負担する[3]」という意味である。

オリジナルキャラクター[編集]

モスバーガーはオリジナルキャラクターとして「モッさん」がおり、グッズやイベント等で使用している。モッさんは2009年に37歳で“アラフォーの星” としてデビューし、2012年で40歳を迎えた立派な中年である。1972年に東京都板橋区で生まれ、趣味は旅行とコスプレ(この趣味が全国モッさん図鑑に反映されている)である[27]。身体はパンズ、肉、トマト、ソースなどで構成されており、それぞれを組み替えることが可能[28]。好物はモスバーガーの「モスバーガー」で、いわば同族であるハンバーガーをいくつも食べることができる[29]

グッズ展開[編集]

「モスワイワイこどもラボ」では、各所とコラボして 「モスワイワイセット」の子供向け玩具を開発している他、北関東限定オリジナルマグカップ(中国製)[30]や、静岡県限定オリジナルマグカップ(美濃焼・日本製)[31]など、地域に密着したグッズ開発も行われている。 その他、バンダイガシャポン経由でのストラップ[32]や、モスワイワイ福袋[33]なども企画している。

その他[編集]

一部の店舗にNTTコミュニケーションズ公衆無線LANサービス「ホットスポット」やNTTドコモの公衆無線LAN「docomo Wi-Fi」、NTT東日本NTT西日本の公衆無線LAN「フレッツ・スポット」のアクセスポイントを設置している。 また2012年にはモスカードというプリペイドカードを設定し、個人での利用やギフトカードとしての利用を推進している[34]

環境への配慮[編集]

モスバーガーの特徴として、他のファストフード店に比べると環境への配慮がなされているという点がある。具体的には店内の食事にはガラス製のグラス、陶製のマグカップ、金属製の食器を使用、持ち帰りには紙袋のみでビニール袋は出さないなど[35](一部店舗では、お店から本部等会社への要望もあり、雨の日用としてビニール袋を使用している店舗もある)。

その他飲食事業[編集]

新規事業[編集]

  • 80℃ Cafe&Kitchen
  • モスバーガークラシック - 旧モスズ・シー (MOS's-C)
  • マザーリーフ - 紅茶とアメリカンワッフルを中心にしたカフェ
  • カフェレジェロ - セルフスタイルのマザーリーフの新業態店
  • まめどり

過去に展開していた新規事業[編集]

2009年9月、ステファングリル事業(当時営業していた全8店舗)をペッパーフードサービスへ譲渡[36]

海外事業[編集]

主にアジア地域に事業を展開。

関連会社[編集]

  • シェフズブイ - シェフズブイ(ベジタブルレストラン、ベジタリアンレストランではない)を展開。
  • 四季菜(しきな) - AEN(四季の旬菜料理)を展開。
  • サングレイス - 「モスの生野菜」など原料生鮮野菜の安定供給を目指して平成18年に農業生産法人株式会社野菜くらぶなどと合同出資して設立された。

過去の関連会社[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ モスバーガー公式サイト、会社情報内「店舗数」より、2013年4月18日閲覧
  2. ^ 「新鮮な物をお召し上がり頂きたいので敢えてお時間を頂いております」と断り書きをしている店舗もある。
  3. ^ a b c オピ研 vol.45:モスバーガー(4)〜モスバーガーとは?
  4. ^ 日経リサーチ 2005年度調査・第1位。
  5. ^ MOS BURGER|会社・IR情報|会社情報|企業目標
  6. ^ 東北大学経営学グループ 『ケースに学ぶ経営学 新版』 有斐閣、2008年ISBN 978-4641183582
  7. ^ モスの安心・安全■モスバーガーとの出会い より
  8. ^ モスバーガー、出口の見えない業績不振“場当たり主義”に敗因?(2)東洋経済オンライン、2008年8月27日。(参照:2008年11月26日)
  9. ^ モスバーガーHP 海外の店舗
  10. ^ モスバーガー台湾 店舗検索
  11. ^ 2010年 世界のマクドナルド店舗数
  12. ^ 台湾ケンタッキー 店舗検索
  13. ^ モスバーガーが時間帯別メニューの実験店2002年9月24日(参照2011年10月22日)
  14. ^ MOS BURGER 社会・環境活動: 環境への取り組み モスバーガー公式サイト
  15. ^ 資本業務提携について
  16. ^ ご好評につき期間延長!!「エアモスバーガー」日本航空の国際線で味わう専用ハンバーガー♪
  17. ^ モスバーガーとのコラボレーション「AIR MOS ライスバーガー」が登場 - 日本航空・モスフードサービス共同プレスリリース 2012年5月25日
  18. ^ 台湾の廃油ラード、製造元トップを拘束 【日本経済新聞】 2014/9/13
  19. ^ 食用油問題、モスバーガーも=代金払い戻しへ-台湾 【時事通信社】 2014/9/13
  20. ^ 台湾の違法ラード、製造元が謝罪 【日本経済新聞】 2014/9/11
  21. ^ モスバーガー栄養価 モスバーガー公式サイト
  22. ^ テリヤキバーガー栄養価 モスバーガー公式サイト
  23. ^ ライスバーガー栄養価 モスバーガー公式サイト
  24. ^ 日本テレビ未来創造堂第21回2006年9月8日放送「テリヤキバーガー」より。
  25. ^ モスバーガー公式サイトモスバーガー公式サイト
  26. ^ モスバーガー公式オンラインショップ楽天市場上にある
  27. ^ 47ニュース モスのキャラクター・モッさん
  28. ^ モッさんてだれ?-モッさんものがたり
  29. ^ はらぺこモッさん-モッさんものがたり
  30. ^ モスバーガー マグカップ
  31. ^ モスでマグカップ
  32. ^ モスバーガーの人気商品がストラップに、「ガシャポン」で全国販売。
  33. ^ モスバーガー初の福袋「モスワイワイ福袋」、店舗・個数限定で発売へ。
  34. ^ モスカード
  35. ^ モスバーガー公式サイト・店舗における環境活動
  36. ^ 事業の譲渡に関するお知らせ モスフードサービス 2009年7月30日
  37. ^ 株式譲渡に伴う連結子会社の異動に関するお知らせ モスフードサービス 2013年10月28日

関連項目[編集]

  • モスド (MOSDO!) - ミスタードーナツとの提携による共同事業ブランド。
  • サーフビバレッジ - 設立当初はモスフードサービスの子会社だった。
  • 東映 - 映画「ガキ帝国 悪たれ戦争」原案、監督:井筒和幸 1981年9月公開、モスフードサービスとのタイアップ映画[1]

外部リンク[編集]

  1. ^ ガキ帝国 悪たれ戦争一般社団法人日本映画製作者連盟