小山薫堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山薫堂
プロフィール
本名 小山 薫堂
別名 うどん熊奴
誕生日 1964年6月23日
出身地 熊本県天草市(旧本渡市
主な作品
テレビドラマ 東京ワンダーホテル
映画 おくりびと
受賞
日本アカデミー賞
読売文学賞

小山 薫堂(こやま くんどう、1964年(昭和39年)6月23日 - )は、熊本県出身の放送作家脚本家ラジオパーソナリティ

株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ代表取締役社長 兼 N35 inc代表、東北芸術工科大学教授、株式会社下鴨茶寮代表取締役社長。

料理の鉄人』以来、別名としてうどん熊奴(くまやっこ、「こやまくんどう」を逆さにしたアナグラム)の作家名を使い分けている。

プロフィール[編集]

熊本県天草市(旧本渡市)出身。天草市立本渡中学校熊本マリスト学園高等学校日本大学藝術学部放送学科卒業。

高校時代は中原中也が好きで、ラブレターを書いて送ったことがある。父親から防衛大学校の入学試験に合格すれば車を買ってやると言われて防衛大学校を受験したが失敗。いろいろなホテルに宿泊したくて日本各地の私立大学を受験したが、友人(平田輝だとされる[1])の薦めで受験した日本大学藝術学部に合格した。当の友人は不合格だった。

大学の先輩に文化放送ADをしないかと勧誘されたことがきっかけで、大学在学中より文化放送の番組制作アルバイトを経験。それを経て、ラジオ番組の放送作家になった。大学では3年までの間にほとんどの卒業単位を取得し、大学4年生では卒業制作に専念。卒業制作は、姫路 - 東京間を往復する放送作家長谷川勝士と、北海道帯広に住むソーセージ職人との往復書簡を軸に描いた「普通の生活」というタイトルのビデオ作品を制作し提出した。

大学3年生の頃にラジオ番組『吉田照美のてるてるワイド』の企画で、吉田照美と共同でファッションブランド「バナナトリップ」を立ち上げ。原宿竹下通りに出店し、店長となるが、10か月で閉店の憂き目に遭った。その後、約1年間吉田照美事務所に所属し吉田のマネージャーも兼務した。

大学4年生の頃(1985年(昭和60年))、放送作家長谷川勝士の紹介で、初めてテレビ番組(『11PM』)の作家として参加。その後、放送作家として独立。

深夜番組の構成を中心に活動しているが、『カノッサの屈辱』や前述の『料理の鉄人』などといった数多くの名番組も手掛けている。また、TVドラマ・映画脚本や小説の執筆、作詞、プロモーション企画の立案方面でも活躍している。

2009年4月に、東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科の新設に伴い教授 兼 学科長に就任。東北芸術工科大学では週に1日程度、講義と演習を担当している。

表彰[編集]

ラジオパーソナリティ[編集]

放送中:
放送終了

テレビ[編集]

脚本[編集]

作詞[編集]

連載[編集]

連載中

連載終了

その他[編集]

著書[編集]

著作・翻訳[編集]

発売順

スタッフ[編集]

  • お厚いのがお好き?(扶桑社 ISBN 9784594042028、2004年5月)
  • カノッサの屈辱(フジテレビ出版 ISBN 9784594047665、2004年8月)
  • なおかつ、お厚いのがお好き?(フジテレビ出版 ISBN 9784594047924、2004年10月)
  • 「ニューデザインパラダイス」永久コレクションブック(フジテレビ出版 ISBN 9784594048778、2005年1月)
  • 「ニューデザインパラダイス」永久コレクションブック 2(フジテレビ出版 ISBN 9784594049973、2005年7月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平田は日本大学工学部を卒業した。
  2. ^ にっぽん再発見 九州・沖縄物語「豪華列車で旅する九州・美しの国」 (PDF)”. 日本放送協会 (2013年10月23日). 2013年10月26日閲覧。
  3. ^ a b 情熱大陸|2014/08/17(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]

WEB[編集]

番組(テレビ・ラジオなど)[編集]