デーブ・スペクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・マーク・"デーブ"・スペクターDavid Mark "Dave" Spector )は、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー放送作家著作家タレントコメンテーターである。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。

妻はエッセイストコラムニストの京子・スペクター。

経歴[編集]

幼い頃は子役として米国でケロッグコーンフレークコマーシャルなど有名なCMに出演。

小学5年生の頃、日本から転校してきたワタル君という少年と親しくなり、彼を驚かせようと「郵便局はどこですか?」という日本語を覚え披露したところ、ワタル君は大変に感激し、「日本語(の発音)が上手だ」だとほめてくれた。それをきっかけに日本に対し強い興味を持つようになり、毎日50個以上の日本語単語を覚えるようになる。

デーブはワタル君が持っていた週刊少年サンデー週刊少年マガジンなどの少年漫画に興味を持ちはじめ、漫画を読みたいという気持ちから、学校の授業が終わったあと、週1回、1時間の日本語授業を地元の日本人学校で受け、日本人学生がだれひとり卒業できない中、デーブひとりだけが卒業できた。それもアメリカ人として卒業生総代までつとめ、今でもその学校の伝説として残っている。なお、ワタル君とは現在にいたるまで親交が続いている。

日本の漫画をよく読んでいたことについては、おそ松くんに出てくるチビ太がいつも手にしているおでんを見て、それが食べ物であると知るまで「何らかの武器であるに違いない」と信じ込んでいた、と語っていることからもうかがえる。

まだテレビの録画技術も発展していない当時、アメリカ在住の日本人駐在員や日系アメリカ人に見せるために全米巡回で観賞会が開かれていた紅白歌合戦の放映会がシカゴに回って来た際にはいっしょに観賞していたという。印象に残った曲である「君といつまでも」(加山雄三)、「花と蝶」(森進一)にいたっては歌詞を覚えて物真似までしていた[1]

日本人学生を対象にしたシカゴ日系人会主催の日本語弁論大会で2年連続優勝を果たしており、当時の状況からしてアメリカ人の子供が日本語弁論大会に優勝すること自体が快挙だった。又その時の論文の題は“三島由紀夫の生涯と自殺”であった。この論文を子供時代に発表した事で、いかにデーブが日本語に熱心だったか当時の関係者は皆、絶賛した。1970年に初来日し日本万国博覧会(大阪万博)を見学している。

現在でも日本語の単語を1日に3 - 5つ覚えることを日課とし欠かしたことがない。それはどんな場面においてもコメンテーターとして専門用語を理解し使いこなすためでもある。また、アメリカの最新エンタメ情報を収集するため、スペクターコミュニケーションズのロサンゼルス事務所よりエンタメ誌を空輸させている。

2001年9月には横綱曙太郎の断髪式で曙の髷に鋏を入れた。

日本留学[編集]

1972年上智大学に留学し、1975年シカゴ放送学校を卒業。シカゴのコメディ劇団セカンド・シティに所属したり、コメディ・ライターとして活躍した後、ABCテレビの番組プロデューサー及び番組内における日本特派員として再来日する。日本留学時代は学業の合間を縫って、天地真理などのアイドルの追っかけに熱中していた。

結婚[編集]

1976年、憧れていた加山雄三から取ったユウゾウと名乗り副業で日本人の旅行案内員をしているときに、ロサンゼルスのホテルニューオータニロサンゼルス(現キョート・グランド・ホテル・アンド・ガーデンズ)でコンシエルジュとして働く京子と出会い1981年結婚。アメリカABCテレビの番組のため1983年から1987年頃までは日本とアメリカを行き来していたが、仕事の量が日本で増えるようになってからは活動拠点を東京に移すようになった。京子との間に子はいない。

妻と共にヒルトン東京に長期滞在し、ホテル生活は十数年に及び、そのユニークな生活スタイルが話題となった。

放送作家活動[編集]

フジテレビ系『笑っていいとも!』で「デーブ・雄三・スペクター」名でデビュー。テレビ東京系列の『おもしろプレヌーン』で日本のテレビに初出演。巧みな話術に注目が集まり、徐々にテレビパーソナリティとしての活動に軸足を置くようになり、ドラマやCMなどにも活動の場を広げる。

現在は「ダジャレを発するアメリカ人」として、バラエティで重用される一方、「ABCプロデューサー」「エンターテイメントのスペシャリスト」として各種情報番組のコメンテーターとしても活躍し、常に好コメンテーターとして名を連ね、オリコン2009年「好きなコメンテーター」1位を獲得。彼の代名詞とも言えるアメリカン・ジョークと、そこに潜ませた“的確さ”“知識の豊富さ”が支持され、唯一、全世代にわたりTOP3入りを果たした。

来日して初めて言ったダジャレは、たまたまテレビに姿を見て出た「住めば都はるみ」である。その他に「案ずるより横山やすし」などがある。

1985年5月13日 - 9月23日まで、フジテレビ系列で、月曜夜9時から放送されていたバラエティ番組『夜はタマたマ男だけ!!』や、1973年より長期に渡って放送された『ひらけ!ポンキッキ』の構成も行った。

コメンテーターとして[編集]

1990年代以降のタレント活動はワイドショーのコメンテーターとしての出演が多い。どのニュースにもコメントを行うが、アメリカなど海外の芸能ニュースを得意とし、フジテレビ系とくダネ!』やテレビ朝日ワイド!スクランブルTBSテレビサンデージャポン』では海外エンタメニュースを担当。肩書きは「テレビプロデューサー」としている。コメンテーター以外の仕事としてはWOWOWでは『デーブ&麻里の海外ドラマNAVI』で毎週土曜日、レギュラー司会を務めている。さらに2010年春からは『J-MELO』(NHKワールドTV)にスペシャル・コメンテーターとして定期的に出演している。

テレビプロデューサーとしては、『愛する二人別れる二人』(フジテレビ系)に対し「本物はもっと凄い」と、元ネタになった番組『ジェリー・スプリンガー・ショー(The Jerry Springer Show)』の放映権を直接買いに行ったという。

アメリカABCテレビ番組プロデューサーとしての実績が功を奏し、スペクター・コミュニケーションズによる海外番組の買い付けビジネスに着手。マイケル・ジャクソンが亡くなった時は、いち早く各局に映像を提供し、現地報道陣より先に最新情報を手に入れていたとして、どこの番組がデーブを確保できるのか、しのぎを削っていた。各局の中にはデーブのアイデアと情報を求めて昼夜問わず連絡を入れるメディア人間が数多く、一日の睡眠時間が3~4時間は定説。

現在もスペクター・コミュニケーションズ名義で海外番組やユニークなCMのほか、海外セレブ、特にアメリカのゴシップ情報(雑誌記事や映像の放映権)を多く買い付け、各局に提供しており、さらにその多くはデーブ自身も出演している。

タレントを発掘する能力にも長けており、当時関西のテレビ番組に出演していた橋下徹に目をつけ、プロフィールを作って東京の各テレビ局を訪ね、デーブ自ら売り込みをして回り、東京進出に一役買った。

独自で探してきた日本の優れた人や物を米国の番組で数多く紹介してきている。今ハリウッドセレブの間で流行っている温水洗浄便座をいち早く米国のメディアで紹介したり、日本の番組を紹介し、それを見たテレビ局が米版の番組を作るきっかけを作った。「風雲!たけし城」や「料理の鉄人」等はデーブが最初にアメリカに紹介した。

東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では「日本で暮らすアメリカ人テレビプロデューサー」としてアメリカのケーブルニュースMSNBC[2]やFOXニュース[3]にコメンテーターとして震災の様子を刻々と伝えた。故郷シカゴの放送局などにも出演[4]

出自・職業についての諸説[編集]

本人のジョーク好きの性格も相まって、デーブには多くの都市伝説が存在する。

埼玉県出身説

埼玉県出身説については、昔より「埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身」や「埼玉県所沢市出身」などという、具体的な県内の地名を含んだ形で幾つかの説が流れていた。また、趣味がダジャレ集めという点も、彼により日本人らしさを感じる要素があるといえる。埼玉県出身説は高田文夫がネタで言ったのを『東京スポーツ』が1面の大見出し(1992年7月9日付)で扱ったことから広まったもので[5]、講演会等で紙面をパネル化したものを披露するなどデーブ自身の持ちネタにもなっている[6]

Twitterのプロフィールは「自称外人。埼玉県上尾市生まれ説があるが本当はシカゴ出身である。芸能界のウィキリークスとも言われてる」と都市伝説を意識したジョークを含ませたものになっている。

ジョークで僕は英検3級だと言っているが、あまりにも簡単だからと英検3級は最初から受けていない。以前テレビ番組で英検1級を受けたが、正式な受験ではなく、あくまでもテレビ用だった為に後日、正式に英検1級を受けている。なお、番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ放送)に出演した際に、英検1級を取得したことを示唆していた。現在彼のTwitpicで英検1級の合格証明書の画像を見ることが出来る[1]

テレビ番組の企画で、ある大学の英語の入試問題を解いたことがあり、このときにデーブが語った「(英語の問題文の)その表現は100年前の英語だよ」というコメントを参考に、その大学では入試問題の検討をしている。

CIAスパイ説

テレビプロデューサーの肩書きだが、CIAスパイ説がある。これについては、フジテレビ系『笑っていいとも!』に出演していた頃、当時のいいとも青年隊だった久保田篤が、デーブの暮らすホテルに遊びに行ったところ、ホテルの部屋にテレビ用機材が多数設置されているのを発見し、「デーブはCIAのスパイなの?」と尋ねた。それを本人がギャグにしてしまった、との話がある。

2010年3月24日放送の『シルシルミシル』(テレビ朝日)にて、視聴者から「デーブ・スペクターは何をプロデュースしたのか」という題目が出たため本人にインタビューした。その際に自分の仕事について「スペクター・コミュニケーションズ(海外の映像作品などを仲介する仕事)がいちばん遣り甲斐のある仕事」と答えている。

エピソード[編集]

  • 仕事が忙しいことを理由に、妻との間に子供をつくらなかった。そのことを、妻に対して申し訳なく思っているという。
  • 坂本九の葬儀を知ったデーブが、葬儀委員長を務めていた永六輔に、良い詩があるからと『Do not stand at my grave and weep』を翻訳して送り、朗読してほしいと頼み、その詩を永が葬儀で朗読したことにより、日本で『千の風になって』が初めて伝えられた。
  • 週刊文春』で連載していた対談「デーブ・スペクターのTOKYO裁判」に、映画『いまを生きる』のプロモーションのため来日したロビン・ウィリアムズをゲストに迎えた際には、映画の宣伝そっちのけで、その内容の大部分がアメリカン・ジョーク合戦となった。
  • ライブドア元社長の堀江貴文に対しては、一貫して反・堀江を貫いた。
  • 東京での移動は、タクシーと違い安価で時間に正確であることのほか、治安が良いこと、また人間観察のため、さらには日本的な広告であり、現在の流行を雑誌を読むより早くつかみやすい吊革広告の魅力もあり、地下鉄を利用することが多かった。目撃例も多く、テレビでコメディアンなどが「テレビ局以外であった有名外国人」などのネタにすることもしばしばであり、特に関西でやしきたかじんの番組出演時には、そのことでいじられるのが定番のネタであった。
  • 民主党のキャッチフレーズとして2009年新語・流行語大賞を受賞した「政権交代」を民主党のフレーズに掲げたほうが良いと鳩山由紀夫に提言、鳩山は後に妻の京子スペクターと会った時に「デーブさんのおっしゃってくださった“政権交代”を使わせて頂いています」と礼を述べたと言う。
  • テレビの番組内で、高岡開町400周年事業の記念切手やトランプでの『立山連峰』を『立山連』と誤植が相次いだことに関して、デーブ・スペクターが「彼らは独立する気なのでしょうか」と述べたことがきっかけで、利長くんを初代大統領とする『立山連邦王国』が誕生した。後日、デーブには連邦議会から「建国の父」の称号と記念品が贈呈された。
  • コンバット!』の初期8エピソードに出ていたブラドック一等兵役のシェッキー・グリーンは伯父だとWOWOW番組「海外ドラマ60年」内で語った[7]
  • 2009年3月、バラク・オバマ政権発足に伴いアメリカにいる従兄弟のジョン・レイボビッツが連邦取引委員会(日本の公正取引委員会にあたる)の委員長に任命された。
  • オリコン発表の2009年度好きなコメンテーターランキングで第1位を獲得した。2008年度は総合2位(20代社会人及び30代では1位)、2007年度も総合2位(10代支持は1位)であった。
  • デーブ・スペクターへのインタビューとしては森達也著『放送禁止歌』(光文社・知恵の森文庫)の第3章(放送禁止歌 日本VSアメリカ「デーブ・スペクターとの対話」)がある。ここでのデーブは権力、あるいはマイノリティーに対するスタンス、想いを率直に吐露している。デーブ・スペクターの素顔が垣間見られる数少ない貴重な資料である。
  • ミヤネ屋の企画で『エクスペンダブルズ』のシルベスター・スタローンに直接インタビューを試みた際、続編を作る際に出演してくれそうな役者の名前として、デーブがアーノルド・シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事の名前を挙げ、その理由として「もうすぐ無職(任期終了)になるからね」と英語でジョークを飛ばしていた。その後スタローンとシュワルツェネッガーは2014年公開の映画「大脱走」で共演している。
  • 福島第一原子力発電所事故直後に、この問題を扱う番組でコメンテーターとして登場した際、大勢の外国人が日本を離れているが帰国しないのかと問われ「ゴジラが東京に現れたら帰ります」と言い、日本から出国しなかった。又、祖国アメリカにいる親戚や多くの友達からの要請にもかかわらず、決して日本を離れようとせず、間違った情報が海外に発信されていることに心を痛め、正しい情報を海外のメディアに流し続けた。
  • 地元シカゴに本拠をおくシカゴ・カブスのファンである。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

トーク・バラエティ番組[編集]

現在[編集]

 その他、多数

過去・不定期出演[編集]

その他、多数

CM[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「わたし&紅白歌合戦」出演時本人談
  2. ^ 'Hardball with Chris Matthews' for Friday, March 11th, 2011 msnbc.com
  3. ^ What's Happening on the Ground in Japan? FoxNews.com
  4. ^ Former Chicagoan Dave Spector Talks About His Experience in Japan's Quake myFoxChicago.com (WFLD)
  5. ^ デーブ・スペクターの〝人生〟を変えた東スポ1面”. 東京スポーツ (2010年11月21日). 2011年4月22日閲覧。
  6. ^ 高田文夫のラジオビバリー昼ズ2011年4月21日オープニングトークより。
  7. ^ 2012年9月30日放送のテレビ朝日題名のない音楽会」へゲスト出演した際も同様の事を語る。
  • 米国ABC放送番組プロデューサーとして来日。
  • 全米放送連盟(NAB)所属。
  • 国際映画・テレビ監督労働組合(DGA)所属。
  • 米国テレビ・ラジオ出演労働組合(AFTRA)所属。
  • ラジオ・テレビジョンニュースディレクターズ・アソシエーション(RTNDA)所属。
  • 全米講演者協会(NSA)所属。
  • 日本外国特派員協会所属。
  • 在日米国商工会議所所属。
  • 特定非営利活動法人 日本ガーディアン・エンジェルス顧問。
  • ATP(社)全日本テレビ番組制作者連盟 所属。
  • 日本脚本家連盟 所属。
  • 日本放送作家協会 日本初外国人放送作家。
  • 大正大学非常勤講師 1997年度。
  • アナハイム大学 人文学名誉博士号。
  • 国際電気自動車シンポジューム受賞。
  • 文部省認定実用英語技能検定1級。
  • 上級救命技能習得。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]