スプリンターズステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプリンターズステークス
Curren-Chan20111002(1).jpg
第45回スプリンターズステークス
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗中山競馬場
施行時期 9月下旬 - 10月上旬
(原則4回中山8日目)
格付け GI
1着賞金 9500万円
賞金総額 1億8050万円
距離 芝1200m
出走条件 サラブレッド系3歳以上(国際)(指定)
出走資格も参照
負担重量 定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
第1回施行日 1967年7月9日
テンプレートを表示

スプリンターズステークスは、日本中央競馬会 (JRA) が中山競馬場1200メートルで施行する中央競馬重賞 (GI) 競走である。メディアなどでは「電撃の6ハロン戦」という通称が用いられる。

正賞は、日本馬主協会連合会会長賞、グローバル・スプリント・チャレンジ賞。

概要[編集]

1967年に日本で初めての短距離重賞競走[1]として創設[2]された。開催は上半期の競馬の最終日で、中山競馬場の芝1200メートルだった。

創設当時はハンデキャップで、第1回スプリンターズステークスには、8頭が出走し、そのうち5頭が重賞勝馬だった。ハンデは48キロから63キロまで揃い、63キロのヒシマサヒデが本命になったが5着、59キロのオンワードヒルが勝っている[3]

1969年より負担重量を別定に変更し、開催時期を秋季に移動。1984年グレード制導入によりGIIIに格付けされ時期を3月に移動し、京王杯スプリングカップ安田記念へのステップレースとして位置づけられることになった。また、1987年にはGIIに格上げされた。

マイルGIに続き、スプリントのGIを創設しようとする機運が高まるなか、1990年に本競走はGIに格上げ、さらに時期を年末に移し有馬記念の1週間前に施行されることになった。これとともに負担重量を定量とした。1994年からは国際競走に指定され外国調教馬の出走が可能に、翌1995年には指定競走となり地方競馬所属馬にも出走資格が与えられた。

2000年には1年を通してのスプリント路線の競走体系が整備され、時期を秋の中山開催最終週(9月末から10月初め)に移動。2005年よりグローバル・スプリント・チャレンジの第6戦(2011年は第7戦、2012年からは第8戦)に組み込まれた。

GI格上げ時は1年を締めくくるスプリント王決定戦という位置づけであったが、施行時期の変更後は春の高松宮記念と双璧をなし、日本における下半期のスプリンターNo.1決定戦として位置づけられるほか秋のGIシリーズの初戦として定着している。また、12月に香港沙田競馬場で施行されている香港スプリント(G1・芝1200m)へのローテーションが確立され、本競走の上位に入った競走馬が多く出走している。2012年には同年の本競走を制したロードカナロアが日本調教馬として初の香港スプリント制覇を達成した。

グローバル・スプリント・チャレンジに組み込まれたこともあって、近年は外国馬の参戦が増加傾向である。このためにサイレントウィットネスウルトラファンタジー香港調教馬)、テイクオーバーターゲットオーストラリア調教馬)といった外国馬が優勝している。

現在の優勝レイの配色は赤色地に金色文字となっている。近年はこの配色で統一されているが、新潟競馬場開催だった2002年のみ桃色地に銀色文字の配色だった。

出走資格[編集]

  • 原則サラブレッド系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬および本競走に出走登録した外国調教馬(8頭まで)。出走枠は16頭まで。
  • JRA所属競走馬は、以下の順で出走馬を決定する。(地方馬で2歳馬競走を除くGI競走1着に入った馬も含む。)
    • レーティング順位の上位5頭に対しては優先出走が認められる。(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)
    • その他の競走馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。
  • 地方競馬所属馬は以下の競走のいずれかで所定の成績をあげると本競走に出走できる。
競走名 格付 施行競馬場 施行距離 必要な着順 備考
キーンランドカップ GIII 日本の旗札幌競馬場 芝1200m 1・2着 本競走のステップ競走指定
中央・地方の所属を問わずに、1着で優先出走権を付与(2014年から)※日本国内を対象とした2つの競走のみ
セントウルステークス GII 日本の旗阪神競馬場 芝1200m
グローバル・スプリント・チャレンジ対象競走
(外国で行われる競走に限る)

負担重量[編集]

  • 定量で3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減である。
    • 第1~2回はハンデキャップ。第3~23回は別定。第28~29回は南半球産3歳馬2kg減だった。

賞金[編集]

GIに格上げされた第24回(1990年)以降
回(施行年) 総額賞金 1着 2着 3着 4着 5着
第24回(1990年) 1億5,200万円 8,000万円 3,200万円 2,000万円 1,200万円 800万円
第25回(1991年) 1億6,570万円 8,700万円 3,500万円 2,200万円 1,300万円 870万円
第26回(1992年) 1億7,630万円 9,300万円 3,700万円 2,300万円 1,400万円 930万円
第27回(1993年)
第28回(1994年)
第29回(1995年) 1億7,940万円 9,400万円 3,800万円 2,400万円 940万円
第30回(1996年)
第31回(1997年)
第32回(1998年)
第33回(1999年)
第34回(2000年)
第35回(2001年)
第36回(2002年)
第37回(2003年)
第38回(2004年)
第39回(2005年)
第40回(2006年) 1億8,050万円 9,500万円 950万円
第41回(2007年)
第42回(2008年)
第43回(2009年)
第44回(2010年)
第45回(2011年)
第46回(2012年)
第47回(2013年)

歴史[編集]

  • 1967年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬によるハンデキャップの重賞競走・スプリンターズステークスが創設され、中山競馬場・芝1200mで施行された。
  • 1968年 - 出走条件が5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1969年
    • この年のみ、名称を英国フェア開催記念に変更して施行。
    • 負担重量を別定に変更。
    • 出走条件が4歳(現3歳)以上に変更。
  • 1970年 - 当日中山競馬場内で発生した騒動(ハスラー事件)の影響で発走時刻が25分遅れた[4]
  • 1974年 - 読売新聞社から寄贈杯を受けて名称を「読売杯スプリンターズステークス」に変更。
  • 1975年
  • 1978年
    • メイワキミコが史上2頭目の連覇を達成。
    • 鈴木勝太郎が調教師として2人目の連覇を達成。
    • 増沢末夫が騎手として2人目の連覇を達成。
  • 1980年 - 名称を「読売スプリンターズステークス」に変更。
  • 1981年 - 出走条件が5歳(現4歳)以上に変更。
  • 1983年 - 読売新聞社が寄贈杯を取り止め「スプリンターズステークス」に名称変更。
  • 1984年
    • グレード制施行によりGIIIに指定。
    • 飯田明弘が騎手として3人目の連覇を達成。
  • 1987年
    • 格付けをGIIに昇格。
    • 田村正光が騎手として4人目の連覇を達成。
  • 1988年 - 中山競馬場のスタンド改築工事に伴う振替開催により、東京競馬場・芝1400mで施行。
  • 1989年 - 混合競走に指定。
  • 1990年
    • 格付けをGIIからGIに昇格。
    • 負担重量を定量に変更。
    • 開催時期が第5回中山6日目(基本)に移動する。
    • 出走条件が4歳(現3歳)以上に変更。
  • 1991年 - 1番人気のケイエスミラクルが直線で故障、競走中止。
  • 1992年 - 河内洋が騎手として5人目の連覇を達成。
  • 1994年
    • 国際競走に指定され、外国調教馬は4頭まで出走可能となる。
    • サクラバクシンオーが当時の日本レコード1分07秒1で優勝、史上3頭目の連覇を達成。
    • 境勝太郎が調教師として3人目の連覇を達成。
    • 小島太が騎手として初となる2度目の連覇を達成。
  • 1995年 - 特別指定交流競走に指定。
  • 2000年 - 開催時期が第4回中山8日目(基本)に移動する。
  • 2001年
    • 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
    • トロットスターがコースレコードおよびレースレコード1分07秒0で優勝。
  • 2002年
    • 東京競馬場の改修工事による振替開催により、新潟競馬場・芝内回り1200mで施行。
    • この年のみ、外国調教馬の出走可能枠は5頭までとなる。
  • 2004年 - 「日本中央競馬会創立50周年記念 スプリンターズステークス」の名称で施行。
  • 2005年
  • 2006年
  • 2009年 - F1日本グランプリの開催が重複したため、発走時刻を15時45分に変更。
  • 2010年
  • 2011年
    • ビービーガルダンがゲート入り直後に放馬し、スタートが約12分遅れた(同馬は競走除外)。
    • 1番人気に推されたシンガポールロケットマンが4着に敗れ、デビューからの連対記録が「21」で止まる。
    • 安藤勝己騎乗のパドトロワ(2着)が直線において香港馬ラッキーナイン(5着)の走行を妨害したが、審議の結果降着も制裁もなかった。このことについて香港のメディアは日本中央競馬会を批判した。
  • 2012年
    • ロードカナロアがレースレコード並びにコースレコードを更新する1分06秒7で優勝。
    • 安田隆行が調教師として4人目の連覇を達成。異なる馬での連覇は初めて。
  • 2013年
    • ロードカナロアが競走馬として4頭目となる連覇を達成。
    • 岩田康誠が騎手として6人目となる連覇を達成。
    • 安田隆行が調教師として初となる3連覇を達成。
  • 2014年 - 中山競馬場のスタンド改築工事に伴う振替開催により、新潟競馬場・芝1200mで開催予定[5]

歴代優勝馬[編集]

国際競走となった1994年以降は優勝馬の国旗を表記する。

創設からGII時まで[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
第1回 1967年07月09日 オンワードヒル 牡4 1:12.1 牧野三雄 中村広 樫山純三
第2回 1968年05月03日 スズハヤテ 牡4 1:11.3 増田久 佐藤正二 ワイ・エス・エス
第3回 1969年09月28日 タケシバオー 牡4 1:10.4 吉永正人 三井末太郎 小畑正雄
第4回 1970年10月11日 タマミ 牝3 1:10.8 中島啓之 坂本栄三郎 坂本栄蔵
第5回 1971年09月26日 ケンサチオー 牡5 1:11.5 藤本勝彦 藤本冨良 長山善建
第6回 1972年10月08日 ノボルトウコウ 牡3 1:09.8 森安重勝 加藤朝治郎 渡辺喜八郎
第7回 1973年09月30日 キョウエイグリーン 牝4 1:09.6 東信二 境勝太郎 松岡正雄
第8回 1974年10月06日 サクライワイ 牝3 1:08.4 小島太 高木良三 (株)さくらコマース
第9回 1975年09月27日 サクライワイ 牝4 1:09.0 小島太 高木良三 (株)さくらコマース
第10回 1976年10月10日 ジャンボキング 牡3 1:10.5 的場均 久保田金造 醍醐幸右衛門
第11回 1977年10月09日 メイワキミコ 牝3 1:09.8 増沢末夫 鈴木勝太郎 鬼嶋力也
第12回 1978年10月08日 メイワキミコ 牝4 1:09.0 増沢末夫 鈴木勝太郎 鬼嶋力也
第13回 1979年10月07日 サニーフラワー 牝4 1:12.8 岡部幸雄 伊藤雄二 山本慎一
第14回 1980年09月27日 サクラゴッド 牝5 1:11.8 小島太 久保田彦之 (株)さくらコマース
第15回 1981年02月22日 サクラシンゲキ 牡4 1:09.5 東信二 境勝太郎 (株)さくらコマース
第16回 1982年02月28日 ブロケード 牝4 1:09.0 柴田政人 高松邦男 伊達秀和
第17回 1983年02月27日 シンウルフ 牡4 1:09.5 飯田明弘 松元省一 林幸雄
第18回 1984年03月18日 ハッピープログレス 牡6 1:10.3 飯田明弘 山本正司 藤田晋
第19回 1985年03月17日 マルタカストーム 牡4 1:11.1 菅原泰夫 本郷一彦 鈴木隆雄
第20回 1986年03月16日 ドウカンテスコ 牡4 1:10.2 田村正光 田中朋次郎 新井興業(株)
第21回 1987年03月22日 キングフローリック 牡4 1:09.5 田村正光 久保田敏夫 青木啓二朗
第22回 1988年03月20日 ダイナアクトレス 牝5 1:21.9 的場均 矢野進 (有)社台レースホース
第23回 1989年03月19日 ウィニングスマイル 牡6 1:09.3 田村正光 矢野照正 白井フサ

GI昇格後[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
第24回 1990年12月16日 バンブーメモリー 牡5 1:07.8 武豊 武邦彦 竹田辰一
第25回 1991年12月15日 ダイイチルビー 牝4 1:07.6 河内洋 伊藤雄二 辻本晴雄
第26回 1992年12月20日 ニシノフラワー 牝3 1:07.7 河内洋 松田正弘 西山正行
第27回 1993年12月19日 サクラバクシンオー 牡4 1:07.9 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
第28回 1994年12月18日 日本の旗 サクラバクシンオー 牡5 1:07.1 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
第29回 1995年12月17日 日本の旗 ヒシアケボノ 牡3 1:08.1 角田晃一 佐山優 阿部雅一郎
第30回 1996年12月15日 日本の旗 フラワーパーク 牝4 1:08.8 田原成貴 松元省一 吉田勝己
第31回 1997年12月14日 日本の旗 タイキシャトル 牡3 1:07.8 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム
第32回 1998年12月20日 日本の旗 マイネルラヴ 牡3 1:08.6 吉田豊 稲葉隆一 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第33回 1999年12月19日 日本の旗 ブラックホーク 牡5 1:08.2 横山典弘 国枝栄 金子真人
第34回 2000年10月01日 日本の旗 ダイタクヤマト 牡6 1:08.6 江田照男 石坂正 中村和子
第35回 2001年09月30日 日本の旗 トロットスター 牡5 1:07.0 蛯名正義 中野栄治 高野稔
第36回 2002年09月29日 日本の旗 ビリーヴ 牝4 1:07.7 武豊 松元茂樹 前田幸治
第37回 2003年10月05日 日本の旗 デュランダル 牡4 1:08.0 池添謙一 坂口正大 吉田照哉
第38回 2004年10月03日 日本の旗 カルストンライトオ 牡6 1:09.9 大西直宏 大根田裕之 清水貞光
第39回 2005年10月02日 香港の旗 サイレントウィットネス 騸6 1:07.3 F.コーツィー A.クルーズ A.A.ダ・シルバ&B.ダ・シルバ
第40回 2006年10月01日 オーストラリアの旗 テイクオーバーターゲット 騸7 1:08.1 J.フォード J.ジャニアック J.ジャニアック
第41回 2007年09月30日 日本の旗 アストンマーチャン 牝3 1:09.4 中舘英二 石坂正 戸佐眞弓
第42回 2008年10月05日 日本の旗 スリープレスナイト 牝4 1:08.0 上村洋行 橋口弘次郎 (有)サンデーレーシング
第43回 2009年10月04日 日本の旗 ローレルゲレイロ 牡5 1:07.5 藤田伸二 昆貢 (株)ローレルレーシング
第44回 2010年10月03日 香港の旗 ウルトラファンタジー 騸8 1:07.4 黎海栄 姚本輝 林大輝
第45回 2011年10月02日 日本の旗 カレンチャン 牝4 1:07.4 池添謙一 安田隆行 鈴木隆司
第46回 2012年09月30日 日本の旗 ロードカナロア 牡4 R 1:06.7 岩田康誠 安田隆行 ロードホースクラブ
第47回 2013年09月29日 日本の旗 ロードカナロア 牡5 1:07.2 岩田康誠 安田隆行 ロードホースクラブ

スプリンターズステークスの記録[編集]

  • レースレコード - 1:06.7(第46回優勝馬ロードカナロア(コースレコード))
  • 2着との最大着差 - 6馬身(第15回優勝馬サクラシンゲキ)
  • 2着との最小着差 - ハナ(1cm 第30回優勝馬フラワーパーク - 2着エイシンワシントン、第43回優勝馬ローレルゲレイロ - 2着ビービーガルダン)
  • 最高齢勝利 - 8歳(第44回優勝馬ウルトラファンタジー)
  • 最多勝騎手 - 小島太 5勝(第8、9、14、27、28回)
  • 最多勝調教師 - 境勝太郎 4勝(第7、15、27、28回)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スプリンターズステークスは1967年7月9日に行われたが、その2日後の7月11日には、大井競馬場東京盃(ダート1200メートル)が行われた。この2競走が日本競馬初の短距離重賞競走となった。
  2. ^ この前年の12月に中山競馬場で「スプリンターズステークス」が行われている。これは条件クラスのハンデ戦だった。
  3. ^ 日本中央競馬会『優駿』1967年8月号、p.74-75
  4. ^ 日本中央競馬会『優駿1970年12月号、p.54
  5. ^ 中山競馬場スタンド等整備工事について 日本中央競馬会公式サイト 2013年2月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]