ミルコ・デムーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルコ・デムーロ
Mirco-Demuro.jpg
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1979年1月11日(35歳)
身長 158cm
体重 52kg
血液型 A型
騎手情報
初免許年 1994年イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示

ミルコ・デムーロMirco Demuro1979年1月11日 - )は、イタリア生まれの騎手。近年は短期免許制度を利用して来日しており、日本人にも馴染みの深い騎手である。香港における名前の中文表記は「杜滿萊」。

妹のパメラ・デムーロは元騎手で現在は調教師。弟のクリスチャン・デムーロもイタリアの騎手[1]であり、2011年から短期免許で来日し、2011年は船橋を拠点に地方競馬である南関東競馬で、2012年以降は中央競馬で騎乗している。

来歴[編集]

1994年に騎手免許を取得し、1995年にイタリアの見習騎手リーディングに輝く。1997年から2000年までは4年連続でイタリアのリーディングジョッキーとなる。

日本には1999年に初来日。騎乗センスは非常に評判が良く日本の関係者の信頼も厚い。2001年2月3日小倉競馬場では1日5勝を記録。これは外国人騎手としてJRA初のことである[2]。翌日の2月4日には小倉大賞典に勝ち、重賞初制覇を達成した。

2003年4月20日皐月賞ネオユニヴァースで制し日本のGI初制覇。喜びのあまりにゴール後2着のサクラプレジデント騎乗の田中勝春の頭を叩くシーンもあった。続く6月1日東京優駿(日本ダービー)でもネオユニヴァースに騎乗し外国人騎手としては初となる東京優駿制覇を達成、1番人気に応えて快勝したネオユニヴァースを祝福する大観衆を目にして「イタリアのダービー(デルビーイタリアーノ)を5回勝つよりも、日本のダービーを1度勝つ方が嬉しい」と感激の涙を流した。

二冠を達成し、三冠達成の期待がかけられたネオユニヴァースであったが、当時の日本の短期免許制度では三冠目の菊花賞にはミルコは騎乗できない状態となっていた。これは日本の短期免許では年間3ヶ月しか騎乗できず、ミルコは春だけで3ヶ月分を使い果たしていたためである。しかしこの事態を受けてJRAが新しく「同一馬で1年間にGIを2勝以上すれば、その馬が同年にGIに参戦する際に騎乗を認める」という規定を設けたため、ミルコは菊花賞に騎乗することが可能となった。だが菊花賞では3着に敗れ、三冠達成はならなかった。

2004年4月18日、皐月賞をダイワメジャーで勝利し、外国人騎手初の連覇を達成する。

2007年11月24日京都競馬場で、外国人騎手としての最多タイとなる1日5勝を再び記録。12月2日中日新聞杯ではサンライズマックスに騎乗して勝利したが、決勝線手前で飛行機ポーズを披露し制裁を受ける珍事を起こした。

2008年11月29日より短期免許を取得したが、その翌日11月30日ジャパンカップではスクリーンヒーローに騎乗し同レース初制覇を飾る。なおこの時もゴール後のウイニングランで飛行機ポーズを披露していた。

2012年の天皇賞(秋)を優勝後、本馬場において下馬し最敬礼するデムーロ

2009年12月28日より翌2010年1月27日までNARで短期免許を取得した。この時は船橋の川島正行厩舎に所属した。なおミルコはこれより以前にも2度NARの短期免許を取得していた[3]

2011年3月26日、ネオユニヴァースの子のヴィクトワールピサドバイワールドカップを優勝。ドバイワールドカップ初騎乗初勝利を果たすと共に、日本馬にとっての同レース初勝利をもたらした。日本・イタリア以外では初のビッグタイトルと言え、ミルコ自身も「ジャパンカップもイタリアダービーも勝っているけど、これがベストレース」と語った[4]

2012年3月18日阪神競馬第10・11競走と、4月7日の阪神競馬第2競走から第11競走にかけて、JRAタイ記録となる騎乗機会9連続連対を達成した[5][6]10月28日、天覧競馬として行われた天皇賞(秋)エイシンフラッシュで優勝。ウイニングランを終えた直後、メインスタンド前の馬場で下馬し、天皇皇后両陛下に対し跪座の形で最敬礼を行った[7]。なおこの最敬礼は後検量前の下馬ということで審議対象[8]となったが、不問とされた[9]

2013年10月には、日本での通年騎乗を目指してJRAの騎手免許試験を受験、外国人騎手によるJRAの騎手試験受験第1号となった[10]。しかし結果は不合格だった[11]。この免許試験にはオーストラリアで活躍している藤井勘一郎も受験したがやはり不合格となっている。

2014年1月より、香港ジョッキークラブの所属騎手として騎乗する事になり[12]、香港に渡った。1月11日より騎乗開始し、3戦目のレースで14頭中12番人気の馬で所属騎手としての初勝利を挙げ、単勝式で380香港ドルという大穴を提供した。また1月19日には、「董事盃」(HKG1)を4番人気の「將男(Blazing Speed)」で勝利し、香港重賞初制覇を飾った。

エピソード[編集]

  • イタリアでテントウムシは「幸運を運んでくる虫」とされていることもあり、テントウムシを自らのラッキーアイテムにしている。同じイタリア生まれの騎手マルコ・モンテリーゾは「彼は色々なものにテントウムシのステッカーを貼っているんだ」と語っている。
  • 上記の2003年の皐月賞で勝った時に田中の頭を叩いたことについて、馬鹿にしているのではないかと言う声もあったため、その後、悪意やからかう意図はなかったと説明。田中も「ノープロブレム」と言い、2人の間にしこりはないと言う。
  • 騎乗にあたっては事前の展開予想などを重視するタイプで、武豊は「いつのまにか日本の競馬新聞の読み方を覚えていて、(日本での騎乗時には)レース前になると競馬新聞片手に真剣に検討している」と証言している。ちなみに競馬新聞の読み方を覚えた影響で「競馬関連であれば漢字も読める」という[13]
  • 日本の騎手の中では特に松田大作と仲が良い。2010年10月から松田がイタリアに長期遠征する際にも住居探しなど様々な協力を行っている[14]
  • サッカー好きとしても知られており、インタビューでも語ることがある。2010年末には、サッカー日本代表監督であるアルベルト・ザッケローニと友人になったと明かした。

主な勝ち鞍[編集]

イタリア[編集]

日本[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]