アルクォズスプリント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルクォズスプリント
Al Quoz Sprint
主催者 ドバイレーシングクラブ
開催地 メイダン競馬場
格付け G1
1着賞金 600,000ドル(約6000万円)
賞金総額 1,000,000ドル(約1億円)
距離 直線1000m
出走条件 サラブレッド両半球産馬3歳以上
負担重量 北半球産3歳馬55kg
南半球3歳馬59kg
両半球産馬4歳以上60キロ、
牝馬2kg減
※北半球3歳産馬未出走の場合
南半球産3歳馬56キロ
両半球産馬4歳以上57キロ
第1回施行日 2007年3月8日
テンプレートを表示

アルクォズスプリントAl Quoz Sprintアラビア語: القوز للسرعة‎)とはドバイレーシングクラブが毎年3月にアラブ首長国連邦メイダン競馬場1000mで施行する競馬国際競走である。

概要[編集]

2010年からドバイミーティングに指定されている。2011年から芝直線1000mに変更されている。

過去に日本産及び調教馬の出走機会は無かったが2012年は前年のサマースプリントシリーズチャンピオンのエーシンヴァーゴウが選出され出走した(12着)。

賞金総額は1,000,000米ドル(約9000万円)、1着賞金600,000米ドル(約6000万円)、2着賞金200,000豪ドル(約2000万円)、3着賞金100,000豪ドル(約1000万円)、4着賞金50,000豪ドル(約500万円)、5着賞金30,000豪ドル(約300万円)、6着賞金20,000豪ドル(約200万円)と定められている。

歴史[編集]

  • 2007年 - 準重賞(LR)競走として創設。3月に施行。
  • 2008年
    • この年以降2月に施行。
    • この年は分割して施行。
  • 2009年
    • この年より格付けがG3となる。
    • ジェイジェイザジェットプレーンが優勝し、UAE調教馬以外の外国馬が初勝利。
  • 2010年
    • 開催場がメイダン競馬場に移行し、施行距離が芝直線1200mに変更。
    • ドバイミーティングに参加。
    • 香港のジョイアンドファンがUAE以外の海外調教馬で初優勝。
  • 2011年
    • この年より格付けがG2となる。
    • 施行距離が芝直線1000mに変更。
    • ジェイジェイザジェットプレーンが史上初となる2度目の優勝。ドバイミーティング史上最高齢優勝。
  • 2012年 - この年より格付けがG1となる。オーストラリアのオルテンシアがオセアニア勢初優勝。
  • 2013年 - シンガポールのミスタービックが5着に敗れ、デビューからの連対が19で止まった。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師
第1回 2007年3月8日 アラブ首長国連邦の旗Great Britain グレートブリテン 牡5 1:12.16 L.デットーリ S.ビン・スルール
第2回 2008年2月28日 アラブ首長国連邦の旗Mutamarres ムータマレズ 騸5 1:12.81 R.ヒルズ D.ワトソン
アラブ首長国連邦の旗Instant Recall インスタントリコール 牡7 1:13.09 W.スミス M.アル・ムハイリ
第3回 2009年2月26日 南アフリカ共和国の旗J J The Jet Plane ジェイジェイザジェットプレーン 騸7 1:11.72 K.シーア M.デ・コック
第4回 2010年3月27日 香港の旗Joy And Fun ジョイアンドファン 騸8 1:09.80 B.ドイル D.クルーズ
第5回 2011年3月26日 南アフリカ共和国の旗J J The Jet Plane ジェイジェイザジェットプレーン 騸9 0:59.14 B.ファイドエルブ M.ホウダラキス
第6回 2012年3月31日 オーストラリアの旗Ortensia オルテンシア 牝6 0:57.98 C.ウィリアムズ P.メッサーラ
第7回 2013年3月30日 南アフリカ共和国の旗Shea Shea シェアシェア 騸6 0:56.41 C.スミヨン M.デ・コック
第8回 2014年3月29日 香港の旗Amber Sky アンバースカイ 騸5 0:56.21 J.モレイラ P.イウ
  • 馬齢表記は北半球の基準で表記。

記録[編集]

  • レースレコード - 0:56.21(2014年優勝馬アンバースカイ)

外部リンク[編集]