UAEダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UAEダービー
UAE Derby[1]
開催国 フジャイラの旗アラブ首長国連邦
競馬場 メイダン競馬場
創設 2000年3月25日
2015年の情報
距離 ダート1900m[2][1]
(約9.51ハロン[3]
格付け G2[2]
賞金 1着賞金120万ドル[2]
賞金総額200万ドル[2][3]
出走条件 サラブレッド3歳
負担重量 北半球産馬54kg南半球産馬59kg、牝馬2kg減[4]
テンプレートを表示

UAEダービーUAE Derby)とはアラブ首長国連邦ドバイにあるメイダン競馬場で行われる競馬の競走である。2015年はG2に格付けされている。アル・バスタキヤUAE2000ギニーとあわせドバイ三冠の1つに挙げられる競走である。[要出典]

概要[編集]

競走馬の出走条件はサラ系3歳限定(ただしUAEでは馬齢表記を南半球の基準で定めている為、北半球の基準で表記すると北半球産3歳馬ならびに南半球産4歳)である。

また同日にはドバイミーティングと題してドバイゴールドカップドバイカハイラクラシックアルクォズスプリントドバイターフドバイシーマクラシックドバイゴールデンシャヒーンゴドルフィンマイルドバイワールドカップなど他の国際招待レースも開催され、ドバイだけでなくアラブ首長国連邦の競馬の祭典として定着している。

歴史[編集]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 2000年3月25日 アラブ首長国連邦の旗China Visit 牡3 1:49.50 R.ヒルズ S.ビン・スルール
第2回 2001年3月24日 アラブ首長国連邦の旗Express Tour 牡3 1:47.04 D.フローレス S.ビン・スルール
第3回 2002年3月23日 アラブ首長国連邦の旗Essence of Dubai 牡3 2:02.90 L.デットーリ S.ビン・スルール
第4回 2003年3月29日 南アフリカ共和国の旗Victory Moon 牡4 2:02.45 W.スミス M.デ・コック
第5回 2004年3月27日 南アフリカ共和国の旗Lundy's Liability 牡4 1:50.83 W.マーウィング M.デ・コック
第6回 2005年3月26日 アラブ首長国連邦の旗Blues and Royals 牡3 1:50.05 K.マカヴォイ S.ビン・スルール
第7回 2006年3月25日 アラブ首長国連邦の旗Discreet Cat 牡3 1:48.59 L.デットーリ S.ビン・スルール
第8回 2007年3月31日 南アフリカ共和国の旗Asiatic Boy 牡4 1:48.82 W.マーウィング M.デ・コック
第9回 2008年3月29日 南アフリカ共和国の旗Honour Devil 牡3 1:48.60 J.ムルタ M.デ・コック
第10回 2009年3月28日 アラブ首長国連邦の旗Regal Ransom 牡3 1:50.00 A.ガルシア S.ビン・スルール
第11回 2010年3月27日 オーストラリアの旗Musir 牡4 1:57.44 C.スミヨン M.デ・コック
第12回 2011年3月26日 アラブ首長国連邦の旗Khawlah 牝3 1:58.83 M.バルザローナ S.ビン・スルール
第13回 2012年3月31日 アイルランドの旗Daddy Long Legs 牡3 1:58.35 C.オドノヒュー A.オブライエン
第14回 2013年3月30日 アイルランドの旗Lines of Battle 牡3 2:02.05 R.ムーア A.オブライエン
第15回 2014年3月29日 イギリスの旗Toast of New York 牡3 1:57.92 J.スペンサー J.オズボーン
第16回[5] 2015年3月28日 南アフリカ共和国の旗Mubtaahij 牡3 1:58.35 C.スミヨン M. デ・コック
  • 馬齢表記は北半球の基準で表記している。

日本調教馬の成績[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 国際セリ名簿基準委員会2014 International Cataloguing Standards Book UNITED ARAB EMIRATES2015年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 国際競馬統括機関連盟2015 UAE Derby Sponsored By The Saeed & Mohammed Al Naboodah Group2015年2月6日閲覧。
  3. ^ a b 2015年ドバイワールドカップカーニバルプログラム - ドバイ競馬クラブ、2014年11月7日閲覧
  4. ^ ただし北半球産馬の出馬投票がないときには負担重量は57kg(牝馬の減量はそのまま)となる
  5. ^ 2015年レース結果 - レーシングポスト 2015年3月29日閲覧

外部リンク[編集]