フェアリーステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェアリーステークス
Fairy S
開催国 日本の旗日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 中山競馬場
創設 1984年12月15日
2015年の情報
距離 芝1600m[1][2]
格付け GIII[1][2]
賞金 1着賞金3400万円[1][2]
出走条件 サラ系3歳牝馬(国際)(特指)
負担重量 別定(#競走条件を参照)
テンプレートを表示

フェアリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

競走名の「フェアリー(Fairy)」は、妖精を意味する英語[3]。神話や伝説に登場する気まぐれで、人間と神の中間的な存在の総称。主に羽を持つ小さな少女の姿で表現される[4]

概要[編集]

1984年に創設された「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス(テレビとうきょうしょうさんさいひんばステークス)」が、本競走の前身[4]。1994年より現名称に変更された[4]。創設時は暮れの中山競馬で施行していたが、2009年から1月上旬の施行に変更[4]。施行距離は当初芝1600mだったが、1991年から2008年までは芝1200mに短縮。2009年から再び芝1600mに変更された[4]。これにより、クイーンカップを含めて桜花賞のトライアルへ向けた3歳牝馬クラシック路線が整備された[4]

外国産馬は1993年から、地方競馬所属馬は1996年からそれぞれ出走可能になった[4]ほか、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[4]

競走条件[編集]

以下の内容は、2015年現在[2]のもの。

出走資格:サラ系3歳牝馬

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(認定馬のみ、3頭まで)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:別定

  • 馬齢重量(54kg)
    • 日本馬:収得賞金1800万円以上は1kg増
    • 外国馬:重賞競走1着馬は1kg増

賞金[編集]

2015年の1着賞金は3400万円で、以下2着1400万円、3着850万円、4着510万円、5着340万円[2]

歴史[編集]

  • 1984年 - 3歳(現2歳)牝馬限定の重賞競走(GIII[注 1])として「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス」の名称で創設[4]
  • 1993年 - 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる[4]
  • 1994年 - 名称を「フェアリーステークス」に変更[4]
  • 1996年 - 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が2頭まで出走可能となる[4]
  • 2001年
    • 馬齢表示を国際基準へ変更したことに伴い、競走条件を「2歳牝馬」に変更。
    • 負担重量を54kgに変更。
  • 2002年 - 地方競馬所属馬の出走枠が3頭に拡大[4]
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会 (ICSC) の勧告により、格付け表記をJpnIIIに変更[4]
  • 2009年
    • 国際競走に変更され、外国馬が出走可能となる[4]
    • 格付け表記をGIII(国際格付)に変更。
    • 競走条件を「3歳牝馬」に変更。
    • 負担重量を「別定」に変更。

歴代優勝馬[編集]

距離はすべて芝コース。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

国際競走となった2009年以降は、優勝馬の国旗を表記する。

競走名は第1回から第10回が「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス」、第11回以降は「フェアリーステークス」[4]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 タイム 性齢 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1984年12月15日 中山 1600m エルプス 1分35秒4 牝2 木藤隆行 久恒久夫 小畑安雄
第2回 1985年12月14日 中山 1600m メジロラモーヌ 1分34秒9 牝2 柏崎正次 奥平真治 (有)メジロ牧場
第3回 1986年12月13日 中山 1600m コーセイ 1分35秒7 牝2 増沢末夫 尾形盛次 アイ・ケイ・テイ・オーナーズ
第4回 1987年12月19日 中山 1600m シノクロス 1分36秒3 牝2 嶋田功 西塚十勝 福井裕
第5回 1988年12月17日 中山 1600m カッティングエッジ 1分35秒3 牝2 蛯沢誠治 高橋英夫 (有)社台レースホース
第6回 1989年12月16日 中山 1600m ヤマタケサリー 1分35秒5 牝2 柴田善臣 畠山重則 山中竹幸
第7回 1990年12月1日 中山 1600m ブルーベイブリッジ 1分35秒5 牝2 藤原英幸 山田要一 桜井欣吾
第8回 1991年12月21日 中山 1200m ディスコホール 1分09秒3 牝2 岡部幸雄 山内研二 (有)社台レースホース
第9回 1992年12月26日 中山 1200m マザートウショウ 1分09秒6 牝2 横山典弘 奥平真治 トウショウ産業(株)
第10回 1993年12月25日 中山 1200m ナガラフラッシュ 1分09秒6 牝2 安田隆行 瀬戸口勉 ナガラ観光
第11回 1994年12月24日 中山 1200m プライムステージ 1分09秒2 牝2 岡部幸雄 伊藤雄二 横山秀男
第12回 1995年12月23日 中山 1200m マックスロゼ 1分09秒2 牝2 柴田善臣 伊藤雄二 田所祐
第13回 1996年12月21日 中山 1200m ヒシナイル 1分10秒8 牝2 的場均 中野隆良 阿部雅一郎
第14回 1997年12月20日 中山 1200m レディステラ 1分10秒4 牝2 横山典弘 池江泰郎 ロイヤルファーム(有)
第15回 1998年12月26日 中山 1200m タヤスブルーム 1分09秒8 牝2 蛯名正義 山内研二 横瀬寛一
第16回 1999年12月25日 中山 1200m ベルグチケット 1分10秒3 牝2 柴田善臣 手塚貴久 山田俊一
第17回 2000年12月17日 中山 1200m テンシノキセキ 1分09秒4 牝2 江田照男 橋口弘次郎 杉谷枡夫
第18回 2001年12月16日 中山 1200m サーガノヴェル 1分07秒8 牝2 横山典弘 古賀史生 前田幸治
第19回 2002年12月15日 中山 1200m ホワイトカーニバル 1分09秒2 牝2 D.バルジュー 伊藤圭三 グランド牧場
第20回 2003年12月21日 中山 1200m マルターズヒート 1分09秒2 牝2 D.バルジュー 坂口正則 藤田与志男
第21回 2004年12月19日 中山 1200m フェリシア 1分08秒5 牝2 横山典弘 上原博之 (有)サンデーレーシング
第22回 2005年12月18日 中山 1200m ダイワパッション 1分09秒8 牝2 長谷川浩大 増沢末夫 大城敬三
第23回 2006年12月17日 中山 1200m アポロティアラ 1分09秒4 牝2 勝浦正樹 柴崎勇 アポロサラブレッドクラブ
第24回 2007年12月16日 中山 1200m ルルパンブルー 1分09秒8 牝2 吉田隼人 坂本勝美 飯田良江
第25回 2009年1月11日 中山 1600m 日本の旗ジェルミナル 1分36秒5 牝3 福永祐一 藤原英昭 (有)社台レースホース
第26回 2010年1月11日 中山 1600m 日本の旗コスモネモシン 1分34秒8 牝3 石橋脩 清水英克 (有)ビッグレッドファーム
第27回 2011年1月10日 中山 1600m 日本の旗ダンスファンタジア 1分33秒7 牝3 A.クラストゥス 藤沢和雄 (有)社台レースホース
第28回 2012年1月9日 中山 1600m 日本の旗トーセンベニザクラ 1分35秒5 牝3 津村明秀 柴崎勇 島川隆哉
第29回 2013年1月12日 中山 1600m 日本の旗クラウンロゼ 1分34秒7 牝3 三浦皇成 天間昭一 矢野恭裕
第30回 2014年1月13日 中山 1600m 日本の旗オメガハートロック 1分36秒3 牝3 戸崎圭太 堀宣行 原礼子
第31回 2015年1月12日 中山 1600m 日本の旗ノットフォーマル 1分35秒2 牝3 黛弘人 中野栄治 芳賀克也

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b c IFHA 2014 Fairy S2015年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 平成27年第1回中山競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2015年1月17日閲覧
  3. ^ 2015年度第1回中山競馬特別レース名解説(第5日) (PDF) - 日本中央競馬会、2015年1月17日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 今週の注目レース(第31回フェアリーステークス:歴史・プレイバック) - 日本中央競馬会、2015年1月17日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]