阪神カップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阪神カップ
主催者 日本中央競馬会
開催地 日本の旗阪神競馬場
施行時期 12月下旬
(原則5回阪神7日目)
格付け GII
1着賞金 6500万円
賞金総額 1億2330万円
距離 芝1400m
出走条件 サラブレッド系3歳以上(国際)(特指)
出走資格も参照
負担重量 定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
第1回施行日 2006年12月17日
テンプレートを表示

阪神カップ(はんしんカップ)とは日本中央競馬会(JRA)阪神競馬場内回り1400mで施行する競馬重賞競走GII)である。アーリントンパーク競馬場アメリカ合衆国)では阪神競馬場との交換競走として阪神カップ(Hanshin CupGIIIサラブレッド3歳以上・オールウェザー8ハロン)が行われているが、阪神競馬場ではアーリントンカップが対応する。

概要[編集]

2006年の競馬番組改革の主な変更点の一つに短距離重賞競走の整備が定められ、新設されたGII競走である。従来、12月の阪神競馬開催の第3週には阪神牝馬ステークス(GII)が行われていたが、これがヴィクトリアマイル(GI)の新設に伴う牝馬路線整備のために開催日が春へ移動し、空いた日程に「スプリンターマイラー双方の出走による新たな魅力ある競走を提供する」[1]目的で新設された。これに伴い、同時期に中京競馬場で施行されていたCBC賞(芝1200m)はGIIIに降格かつ、6月中旬(2012年からは7月上旬)に日程が変更となり、年末の牡馬牝馬混合の短距離重賞競走が本競走に一元化された。

第2・3回はJpnII(国内限定グレード)として施行されたが、これは国際格付けに必要な開催年数に達していないためで、第4回からGII(国際グレード)に再指定された。よって第1回と第4回以後のグレードの意味合いは異なる。また、阪神電鉄とは、関係ない。

現在の優勝レイの配色は薄紫色の地に黄色文字となっている。

出走資格サラ系3歳以上のJRA所属の競走馬と、JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)及び外国調教馬(9頭まで)。フルゲートは18頭である。

負担重量は定量で3歳は56kg、4歳以上は57kgで、牝馬は2kg減である。なお古馬混合のJRA・GII競走において定量で施行されるのは札幌記念と本競走のみである。

関西圏で行われる重賞競走であるが、比較的関東馬の相性が良く、2009年の第4回以降は関東馬が5年連続で優勝を果たしている。

賞金[編集]

2011年までの1着賞金は7,000万円であった。2012年に減額が行われたが、GII競走の中では依然札幌記念と並ぶ最高金額である。

回(施行年) 総額賞金 1着 2着 3着 4着 5着
第1回(2006年) 1億3,400万円 7,000万円 2,800万円 1,800万円 1,100万円 700万円
第2回(2007年)
第3回(2008年)
第4回(2009年)
第5回(2010年)
第6回(2011年)
第7回(2012年) 1億2,330万円 6,500万円 2,600万円 1,600万円 980万円 650万円

歴史[編集]

  • 2006年 - 阪神競馬場の芝内回り1400mの3歳以上の国際競走・特別指定交流競走の定量の重賞(GII)競走阪神カップとして新設(地方所属馬の出走枠は2頭、外国調教馬の出走枠は5頭まで)。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIに変更。
  • 2009年
    • 外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
    • 重賞格付け表記をGIIに戻す。
    • サンカルロプレミアムボックスが2着同着。
    • 8位入線のエイシンタイガーが進路妨害により12着に降着。
  • 2010年
  • 2012年
    • 開催日が有馬記念より後となり、年度の最後に行われるJRA重賞競走となる。
    • JRA2連福対象競走に指定。
    • 近代競馬150周年記念の副称を付けて施行。
    • サンカルロが競走馬として2頭目の連覇。
    • 大久保洋吉が調教師として2人目の連覇。
    • 吉田豊が騎手として初の連覇。
  • 2013年 - 前年同様、年度の最後に行われるJRA重賞競走となる。
  • 2014年 - この年から有馬記念前日の土曜開催となる予定。

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 勝時計 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
第1回 2006年12月17日 日本の旗 フサイチリシャール 牡3 1:20.6 福永祐一 松田国英 関口房朗
第2回 2007年12月16日 日本の旗 スズカフェニックス 牡5 1:20.6 武豊 橋田満 永井啓弐
第3回 2008年12月21日 日本の旗 マルカフェニックス 牡4 1:21.6 福永祐一 松永昌博 河長産業
第4回 2009年12月20日 日本の旗 キンシャサノキセキ 牡6 1:20.4 M.デムーロ 堀宣行 吉田和美
第5回 2010年12月18日 日本の旗 キンシャサノキセキ 牡7 1:20.3 C.スミヨン 堀宣行 吉田和美
第6回 2011年12月17日 日本の旗 サンカルロ 牡5 1:20.5 吉田豊 大久保洋吉 (有)社台レースホース
第7回 2012年12月24日 日本の旗 サンカルロ 牡6 1:21.0 吉田豊 大久保洋吉 (有)社台レースホース
第8回 2013年12月23日 日本の旗 リアルインパクト 牡5 1:21.4 R.ムーア 堀宣行 (有)キャロットファーム

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JRA公式による2006年競馬番組の説明JRA競馬番組 日本中央競馬会リリース。

外部リンク[編集]