安田記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安田記念
Yasuda Izaemon.jpg
安田伊左衛門(1872-1958)
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 東京競馬場
創設 1951年7月1日
2014年の情報
距離 芝1600m[1]
格付け GI[1]
賞金 1着賞金1億円[1]
出走条件 サラ系3歳以上(国際)(指定)
負担重量 定量(3歳54kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減)[1]
テンプレートを表示
安田伊左衛門像(東京競馬場)
第61回安田記念(優勝馬:リアルインパクト)

安田記念(やすだきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬重賞競走GI)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 安田記念(のうりんすいさんしょうしょうてん やすだきねん)」と表記される[1]

競走名は明治・大正・昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力、日本中央競馬会の初代理事長も務めた安田伊左衛門に由来[2]。東京競馬場には、安田の功績を称え胸像が建立されている[3]

正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞[1]

概要[編集]

中央競馬における上半期のマイル王決定戦として位置づけられているGI競走[4]

1951年に、「安田賞(やすだしょう)」の名称で創設[5]。名称の由来(前述)となった安田伊左衛門が1958年に死去したため、同年より現名称に改称された[5]

創設当初は東京競馬場の芝1600mで4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として施行された[5]が、1984年にグレード制が導入されGI[注 1]に格付け[5]、施行時期も優駿牝馬(オークス)の前に移され5歳(現4歳)以上の馬による定量戦に変更[5]。1996年からは東京優駿(日本ダービー)の翌週に移設のうえ競走条件も「4歳(現3歳)以上」に変更され、現在に至る[5]。2005年から2011年までは「アジアマイルチャレンジ」の対象レースとしても施行された[5]

外国産馬は1984年から、外国馬は1993年からそれぞれ出走可能になった[5]ほか、1995年からは地方競馬所属馬も出走可能になった[5]

国際的評価[編集]

世界の競馬開催国は国際セリ名簿基準委員会(ICSC)によってパートIからパートIVまでランク分けされており、2014年時点で日本は平地競走が最上位のパートI、障害競走はパートIVにランク付けされている[6]

また、各国の主要な競走は国際的な統一判断基準で評価されており、競馬の競走における距離別の区分法として定着しているSMILE区分によると、安田記念は「Mile(1301m - 1899m)」に分類される。国際競馬統括機関連盟(IFHA)が公表した2012年から2014年の年間レースレーティング[注 2]の平均値に基づく「世界のトップ100GIレース」によると、安田記念は全体の45位にランキングされた。「Mile(1301m - 1899m)」のカテゴリーからランクインした外国の競走との比較では、ドバイターフドンカスターマイル(ともに43位)に次ぐ評価となっている[7][8]

競走条件[編集]

以下の内容は、2014年現在[1]のもの。

出走資格:サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大18頭)

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(出走資格のある馬のみ)
  • 外国調教馬(9頭まで、優先出走)

負担重量:定量(3歳54kg、4歳以上58kg、牝馬2kg減[1]

  • 第1回 - 第33回はハンデキャップ、第34回 - 第45回は57kg、牝馬2kg減、南半球産4歳馬1kg減[5]

出馬投票を行った馬のうち優先出走権(次節参照)のある馬から優先して割り当て、その他の馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に割り当てる。

優先出走権[編集]

外国馬、およびレーティング順位の上位5頭(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)は本競走に優先出走できる。

JRA所属馬・地方競馬所属馬は同年に行われる以下の競走で1着となった馬に、優先出走権が付与される[9]

競走名 競馬場 距離
マイラーズカップ GII 日本の旗京都競馬場 芝1600m
京王杯スプリングカップ GII 日本の旗東京競馬場 芝1400m

地方競馬所属馬の出走資格[編集]

地方競馬所属馬は、同年に行われる以下の競走のいずれかで所定の成績をあげると本競走に出走できる[10]

4歳以上
競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
マイラーズカップ GII 日本の旗京都競馬場 芝1600m 1・2着馬
谷川岳ステークス オープン 新潟競馬場 芝1600m 1着馬
京王杯スプリングカップ GII 日本の旗東京競馬場 芝1400m 1・2着馬
3歳
競走名 格・条件 競馬場 距離 必要な着順
ニュージーランドトロフィー GII 日本の旗中山競馬場 芝1600m 1・2着馬
橘ステークス オープン 京都競馬場 芝1400m 1着馬

上記のほか、高松宮記念の2着以内馬(本競走とヴィクトリアマイルのいずれかを選択)・NHKマイルカップの2着以内馬・ヴィクトリアマイルの2着以内馬も本競走に出走できる[10]

また、指定された外国の国際G1競走(2歳G1は除く)優勝馬、地方競馬のダート交流GI・JpnI競走(2歳GI・JpnIは除く)優勝馬にも出走資格が与えられる[5]

賞金[編集]

2014年の1着賞金は1億円で、以下2着4000万円、3着2500万円、4着1500万円、5着1000万円[1]

歴史[編集]

  • 1951年 - 4歳以上の馬によるハンデキャップ競走として「安田賞」の名称で創設、東京競馬場の芝1600mで施行[5]
  • 1958年 - 名称を「安田記念」に変更[5]
  • 1972年 - 流行性の馬インフルエンザの影響で7月に順延開催。
  • 1984年
    • グレード制施行によりGI[注 1]に格付け[5]
    • 名称を「農林水産省賞典 安田記念」に変更[5]
    • 競走条件を「5歳以上」に変更[5]
    • 混合競走に指定され、外国産馬が出走可能になる[5]
  • 1993年 - 国際競走に変更され、外国調教馬が5頭まで出走可能になる[5]
  • 1995年 - 指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬が出走可能になる[5]
  • 1996年 - 競走条件を「4歳以上」に変更[5]
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走条件を「3歳以上」に変更[5]
  • 2004年 - 国際セリ名簿基準作成委員会より国際GIに格付け。
  • 2005年 - 外国調教馬の出走枠が9頭に拡大[5]

歴代優勝馬[編集]

距離はすべて芝コース。

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記に揃えている。

国際競走となった1993年以降は、優勝馬の国旗を表記する。

競走名は第7回まで「安田賞」、第8回以降は「安田記念」[5]

回数 施行日 競馬場 距離 調教国・優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主[要出典]
第1回 1951年7月1日 東京 1600m イツセイ 牡3 1:38 0/5 保田隆芳 尾形藤吉 岩崎利明
第2回 1952年7月6日 東京 1600m スウヰイスー 牝3 1:39 0/5 保田隆芳 松山吉三郎 高峰三枝子
第3回 1953年6月14日 東京 1600m スウヰイスー 牝4 1:38 1/5 保田隆芳 尾形藤吉 鈴木健之
第4回 1954年6月6日 東京 1600m フソウ 牡5 1:41 2/5 高橋英夫 鈴木信太郎 中村正行
第5回 1955年6月12日 東京 1600m クリチカラ 牡5 1:38 4/5 森安弘明 尾形藤吉 栗林友二
第6回 1956年6月10日 東京 1600m ヨシフサ 牡4 1:38 2/5 渡辺正人 中村広 岡田吉信
第7回 1957年6月9日 東京 1600m ヘキラク 牡4 1:38 4/5 蛯名武五郎 藤本冨良 浅井礼三
第8回 1958年6月1日 東京 1600m ラプソデー 牡4 1:37 2/5 坂本栄三郎 小西喜蔵 椎野浅五郎
第9回 1959年6月7日 東京 1600m ヒシマサル 牡4 1:37 3/5 小野定夫 矢野幸夫 阿部雅信
第10回 1960年6月5日 東京 1800m オンワードベル 牡4 1:50.2 高橋英夫 二本柳俊夫 樫山純三
第11回 1961年6月11日 東京 1800m ホマレボシ 牡5 1:49.7 八木沢勝美 稗田敏男 川口文子
第12回 1962年6月10日 東京 1600m トウコン 牡4 1:38.3 山岡忞 矢野幸夫 塩飽望
第13回 1963年6月2日 東京 1600m ヤマノオー 牡4 1:36.6 森安弘明 内藤潔 山口米吉
第14回 1964年6月7日 東京 1600m シモフサホマレ 牡5 1:37.2 油木宣夫 矢野幸夫 遠田光子
第15回 1965年6月6日 東京 1600m パナソニツク 牝5 1:37.6 嶋田功 稲葉幸夫 那須野牧場
第16回 1966年6月5日 東京 1600m ヒシマサヒデ 牡4 1:39.5 小野定夫 稗田敏男 阿部雅信
第17回 1967年5月21日 中山 1600m ブツシヤン 牡5 1:36.3 大和田稔 二本柳俊夫 河野魁
第18回 1968年6月30日 東京 1600m シエスキイ 牡5 1:36.7 郷原洋行 大久保房松 小林庄平
第19回 1969年6月1日 東京 1600m ハードウエイ 牝4 1:35.9 加賀武見 柄崎義信 鈴木健司
第20回 1970年5月31日 東京 1600m メジロアサマ 牡4 1:35.9 矢野一博 保田隆芳 北野豊吉
第21回 1971年6月20日 東京 1600m ハーバーゲイム 牝4 1:36.8 野平祐二 野平省三 小川乕三
第22回 1972年7月23日 東京 1600m ラファール 牝4 1:38.4 中島啓之 奥平真治 高木美典
第23回 1973年6月10日 東京 1600m ハクホオショウ 牡4 1:35.7 伊藤正徳 尾形藤吉 西博
第24回 1974年6月9日 東京 1600m キョウエイグリーン 牝5 1:35.7 東信二 境勝太郎 松岡正雄
第25回 1975年6月8日 東京 1600m サクライワイ 牝4 1:36.6 小島太 高木良三 (株)さくらコマース
第26回 1976年6月13日 東京 1600m ニシキエース 牡5 1:36.6 森安重勝 森安弘昭 小林清
第27回 1977年6月12日 東京 1600m スカッシュソロン 牝4 1:35.1 横田吉光 古賀嘉蔵 飯田正
第28回 1978年6月11日 東京 1600m ニッポーキング 牡5 1:35.1 郷原洋行 久保田金造 山石祐一
第29回 1979年6月10日 東京 1600m ロイヤルシンザン 牡4 1:35.7 的場均 大久保房松 鄭恩植
第30回 1980年6月8日 東京 1600m ブルーアレツ 牡5 1:36.0 嶋田功 見上恒芳 佐野済
第31回 1981年6月7日 東京 1600m タケデン 牡6 1:36.7 増沢末夫 元石孝昭 武市伝一
第32回 1982年6月13日 東京 1600m スイートネイティブ 牝5 1:35.0 岡部幸雄 野平祐二 和田共弘
第33回 1983年6月12日 東京 1600m キヨヒダカ 牡5 1:35.8 増沢末夫 森安弘昭 清峯隆
第34回 1984年5月13日 東京 1600m ハッピープログレス 牡6 1:37.8 田原成貴 山本正司 藤田晋
第35回 1985年5月12日 東京 1600m ニホンピロウイナー 牡5 1:35.1 河内洋 服部正利 小林百太郎
第36回 1986年5月11日 東京 1600m ギャロップダイナ 牡6 1:35.5 柴崎勇 矢野進 (有)社台レースホース
第37回 1987年5月17日 東京 1600m フレッシュボイス 牡4 1:35.7 柴田政人 境直行 円城和男
第38回 1988年5月15日 東京 1600m ニッポーテイオー 牡5 1:34.2 郷原洋行 久保田金造 山石祐一
第39回 1989年5月14日 東京 1600m バンブーメモリー 牡4 1:34.3 岡部幸雄 武邦彦 竹田辰一
第40回 1990年5月13日 東京 1600m オグリキャップ 牡5 1:32.4 武豊 瀬戸口勉 近藤俊典
第41回 1991年5月12日 東京 1600m ダイイチルビー 牝4 1:33.8 河内洋 伊藤雄二 辻本春雄
第42回 1992年5月17日 東京 1600m ヤマニンゼファー 牡4 1:33.8 田中勝春 栗田博憲 土井肇
第43回 1993年5月16日 東京 1600m 日本の旗ヤマニンゼファー 牡5 1:33.5 柴田善臣 栗田博憲 土井肇
第44回 1994年5月15日 東京 1600m 日本の旗ノースフライト 牝4 1:33.2 角田晃一 加藤敬二 (有)大北牧場
第45回 1995年5月14日 東京 1600m アラブ首長国連邦の旗ハートレイク 牡4 1:33.2 武豊 S.スルール ゴドルフィン
第46回 1996年6月9日 東京 1600m 日本の旗トロットサンダー 牡7 1:33.1 横山典弘 相川勝敏 藤本照男
第47回 1997年6月8日 東京 1600m 日本の旗タイキブリザード 牡6 1:33.8 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム
第48回 1998年6月14日 東京 1600m 日本の旗タイキシャトル 牡4 1:37.5 岡部幸雄 藤沢和雄 (有)大樹ファーム
第49回 1999年6月13日 東京 1600m 日本の旗エアジハード 牡4 1:33.3 蛯名正義 伊藤正徳 (株)ラッキーフィールド
第50回 2000年6月4日 東京 1600m 香港の旗フェアリーキングプローン 騸5 1:33.9 R.フラッド I.アラン 劉錫康
第51回 2001年6月3日 東京 1600m 日本の旗ブラックホーク 牡7 1:33.0 横山典弘 国枝栄 金子真人
第52回 2002年6月2日 東京 1600m 日本の旗アドマイヤコジーン 牡6 1:33.3 後藤浩輝 橋田満 近藤利一
第53回 2003年6月8日 東京 1600m 日本の旗アグネスデジタル 牡6 1:32.1 四位洋文 白井寿昭 渡辺孝男
第54回 2004年6月6日 東京 1600m 日本の旗ツルマルボーイ 牡6 1:32.6 安藤勝己 橋口弘次郎 鶴田任男
第55回 2005年6月5日 東京 1600m 日本の旗アサクサデンエン 牡6 1:32.3 藤田伸二 河野通文 田原源一郎
第56回 2006年6月4日 東京 1600m 香港の旗ブリッシュラック 騸7 1:32.6 B.プレブル A.クルーズ W.ウォン
第57回 2007年6月3日 東京 1600m 日本の旗ダイワメジャー 牡6 1:32.3 安藤勝己 上原博之 大城敬三
第58回 2008年6月8日 東京 1600m 日本の旗ウオッカ 牝4 1:32.7 岩田康誠 角居勝彦 谷水雄三
第59回 2009年6月7日 東京 1600m 日本の旗ウオッカ 牝5 1:33.5 武豊 角居勝彦 谷水雄三
第60回 2010年6月6日 東京 1600m 日本の旗ショウワモダン 牡6 1:31.7 後藤浩輝 杉浦宏昭 山岸桂市
第61回 2011年6月5日 東京 1600m 日本の旗リアルインパクト 牡3 1:32.0 戸崎圭太 堀宣行 (有)キャロットファーム
第62回 2012年6月3日 東京 1600m 日本の旗ストロングリターン 牡6 1:31.3 福永祐一 堀宣行 吉田照哉
第63回 2013年6月2日 東京 1600m 日本の旗ロードカナロア 牡5 1:31.5 岩田康誠 安田隆行 (株)ロードホースクラブ
第64回 2014年6月8日 東京 1600m 日本の旗ジャスタウェイ 牡5 1:36.8 柴田善臣 須貝尚介 大和屋暁

安田記念の記録[編集]

  • レースレコード - 1:31.3(第62回優勝馬ストロングリターン)[5]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。
  2. ^ 年間レースレーティングは、個々のレースにおける上位4頭のレーティングを年度末のランキング会議で決定した数値に置き換え算出した平均値。なお、牝馬限定競走以外のレースで、対象馬が牝馬の場合はアローワンスが加算される(日本の場合+4ポンド)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 平成26年第3回東京競馬番組 (PDF) - 日本中央競馬会、2014年8月16日閲覧
  2. ^ 2014年度第3回東京競馬特別レース名解説(第2日) (PDF) - 日本中央競馬会、2015年2月5日閲覧
  3. ^ 東京競馬場(場内マップ) - 日本中央競馬会、2015年2月15日閲覧
  4. ^ 今週の注目レース(第64回安田記念:データ分析) - 日本中央競馬会、2015年2月3日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 今週の注目レース(第64回安田記念:プレイバック) - 日本中央競馬会、2015年2月3日閲覧
  6. ^ INTERNATIONAL GRADING AND RACE PLANNING ADVISORY COMMITTEE "INTERNATIONAL CATALOGUING STANDARDS and INTERNATIONAL STATISTICS 2014" (PDF) - The Jockey Club Information Systems, Inc. 2015年3月7日閲覧
  7. ^ 世界のトップ100GIレースがIFHAから発表! - 日本中央競馬会、2015年3月7日閲覧
  8. ^ THE WORLD'S TOP 100 G1 RACES for 3yo's and upwards (PDF) - 日本中央競馬会、2015年3月7日閲覧
  9. ^ 平成26年度競馬番組等について (PDF) - 日本中央競馬会、2014年7月27日閲覧
  10. ^ a b 「地」が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成26年度) (PDF) - 日本中央競馬会、2015年2月3日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

  • 『日本の競馬 総合ハンドブック2013』 58頁 発行:一般社団法人中央競馬振興会(1984年 - 2012年、馬主名義除く)
  • netkeiba.comより(最終閲覧日:2014年8月16日)

人名を冠した中央競馬のGI競走[編集]

外部リンク[編集]