高峰三枝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たかみね みえこ
高峰 三枝子
高峰 三枝子
『戸田家の兄妹』(1941年)
本名 鈴木 三枝子
すずき みえこ
生年月日 1918年12月2日
没年月日 1990年5月27日(満71歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府芝区露月町
(現:東京都港区
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1936年 - 1990年
配偶者 あり
家族 父:高峰筑風
孫:高峰陽

高峰 三枝子(たかみね みえこ、1918年12月2日 - 1990年5月27日)は、日本女優歌手。『歌う映画スター』の草分け的存在である。父は筑前琵琶演奏者の高峰筑風。孫は元女優の高峰陽(ひなた)。本名:鈴木三枝子(すずき・みえこ)。

来歴・人物[編集]

1918年(大正7年)12月2日、東京府芝区露月町に生まれる。実父・高峰筑風は、高峰流筑前琵琶の宗家として当時絶大な人気を誇っていた。東洋英和女学院を卒業した1936年(昭和11年)に、筑風が急死。一家を養うために、周囲の勧めもあり映画界入りを決意。帝国劇場の専務の紹介で松竹に入社し、同年に公開された大船映画『母を尋ねて』で女優としてデビューした。

理知的で気品のある美貌はたちまち人気を集め、翌年には松竹三羽烏と呼ばれた人気二枚目俳優・上原謙佐野周二佐分利信を相手にマドンナ役を演じた『婚約三羽烏』が公開されている。同じ1937年(昭和12年)の年末に公開された浜本広の小説を映画化した『浅草の灯』で演じた浅草オペラの踊り子役で、歌を口ずさむシーンが話題となり、コロムビアがレコード歌手としてスカウト。翌13年、映画『蛍の光』の主題歌「蛍の光」を桑野通子高杉早苗と吹き込み、レコードデビュー。続いて映画『宵待草』主題歌の「宵待草」がヒット。これに気を良くした松竹とコロムビアは合同で音楽映画『純情二重奏』を製作し、映画と並び霧島昇と歌った主題歌が大ヒットすると、歌う映画女優としての地位を確立した。

映画における活躍も続き、1939年(昭和14年)、吉村公三郎監督による『暖流』で気取らない名門の令嬢役をこなし、女優としての知名度をさらに高めた作品となった。『信子』『戸田家の兄妹』『男への条件』『高原の月』と主演映画はいずれもヒット作品となり、松竹の看板スターとなっていった。一方、レコード歌手としても1940年(昭和15年)には「湖畔の宿」、17年には「南の花嫁さん」を映画とは無関係にヒットさせている。

1946年(昭和21年)10月には8歳年上の実業家鈴木健之と結婚し一子清貴をもうける。戦後は、レコード歌手としての実績を活かした音楽映画をシリーズ化した作品『懐しのブルース』『別れのタンゴ』『想い出のボレロ』『情熱のルムバ』が主題歌と共にヒット。『待ちぼうけの女』では女優としての新しい一面に挑戦し、『今ひとたびの』『リラの花忘れじ』『自由学校』など、作品にも恵まれて第一線の女優として人気を誇った。私生活では1954年(昭和29年)に離婚。その際の様々な心労から1956年(昭和31年)に声帯が凹むという奇病に罹り、ステージで声が出なくなったことをきっかけに歌手活動から遠ざかった。女優としても年齢に相応な役柄が多くなってきたが、『点と線』『好人好日』など松竹以外の大映や東映にも出演し、その存在感を示している。

1966年(昭和41年)、11年振りに公の場で歌ったところ声が戻っていることがわかり、藤山一郎服部良一らの勧めもあって東京12チャンネルのテレビ番組「歌謡百年」に出演し大反響となった。「高峰三枝子カムバック」と報道されるほどの人気となり、1967年(昭和42年)には自身のヒット曲をステレオで再録音したLPを発売し、30万枚以上を売り上げる。

また、テレビ時代に合わせ、1968年(昭和43年)から女優を起用する初めての試みであった「3時のあなた」の司会に就任。高峰の落ち着いた司会ぶりと気さくな人柄が好評で、当初の予定を大幅に延長し、1973年(昭和48年)5月まで5年1ヶ月司会を務める。その間にマレーネ・ディートリッヒのショウを見たことが動機となって、1969年(昭和44年)、日生劇場で「高峰三枝子リサイタル」を開催。芸能生活35年を記念したリサイタルも1972年(昭和47年)に行い、1975年(昭和50年)、1983年(昭和58年)、1986年(昭和61年)には「全国縦断リサイタル」で往年のファンの要望に応えた。

1976年(昭和51年)には『犬神家の一族』(市川崑監督)での演技が高く評価され、1976年度ブルーリボン助演女優賞を受賞。女優として初めて栄誉に浴した。1981年(昭和56年)からは、『懐しのブルース』など多くの映画で共演した上原謙とともに国鉄(現・JR)の「フルムーン」のCMに出演。夫役の上原と二人で温泉で入浴し、豊満な乳房を露出するシーンが話題となった。

1985年(昭和60年)に紫綬褒章を受章し、同年10月30日の園遊会に招待される。1986年(昭和61年)12月、岐阜県明智町(現・恵那市)に開設された「日本大正村」初代村長に就任。平成時代に入っても新宿コマ劇場でリサイタルを開いたり、テレビのバラエティー番組に出演するなど、活発に活動していた。

しかし、1990年(平成2年)4月18日田園調布の自宅で脳梗塞のため倒れて、世田谷区の日産厚生病院に緊急入院。意識は混濁し、左半身は完全に麻痺状態だった。その後一時は意識が回復し生命の危機を脱したという報道もあった。だが入院から約1か月後の5月25日に容体が再び急変し、5月27日に死去。71歳だった。意識が絶える瞬間まで「早く仕事に戻りたい」と繰り返し死の直前まで女優だったという。その死は当時大きく取り上げられ、テレビでも多数の追悼番組が放送された。没後、勲四等宝冠章が追贈された。

現在は、高峰陽も取締役に名を連ねる(株)高峰プロモーションが版権及び肖像権等の管理、許諾をしている。

エピソード[編集]

  • 一時期、馬主だったことがある。代表的な所有馬に、1952年桜花賞優駿牝馬を制したスウヰイスーがいる(井門昭二との共同所有馬)。
  • 「湖畔の宿」は後に、センチメンタルな曲調に加え、歌詞が軟弱であるという理由から発売禁止の声も聞かれたが、当時来日していたビルマの高官がこの曲を好むことを東條首相が知り、高峯を東京・芝の紅葉館に招いて歌わせたところ、大いに受けたこともあり、かろうじて発売禁止は免れた。曲中の台詞が、死地へ赴く兵士の心情とあいまって、特攻隊、前線兵士の間では人気が高く、愛唱され続けた。そのため慰問でも「湖畔の宿」のリクエストは絶えなかった。1943年(昭和18年)、大東亜会議出席のため来日した、ビルマのバー・モウ長官が高峰のファンで、そのバー・モウからの強い要望で、東條英機自ら高峰側へ要請し、各国首脳の前で「湖畔の宿」や「南の花嫁さん」「純情二重奏」の3曲を披露した。この事実から「湖畔の宿」は本当に発売禁止だったのか、という疑問の声もある。
  • 学生時代、池部良とグループ交際しており、お互い俳優として再会した時はともに驚いたという。
  • 阪急ブレーブスの大ファンで、特に当時のエース・梶本隆夫がお気に入りだった。後楽園球場に年間ボックスを確保して、阪急ブレーブスの試合には必ず応援に訪れていた。巨人ファンの市川崑とラジオ対談した際は、「私は松竹で、市川さん東宝なのにね(東宝は阪急資本で設立された企業であり、一方の松竹も、当時プロ野球チームの松竹ロビンスを所有していた)」と、自身が所属する映画会社と贔屓の球団があべこべであることを笑いあったことがある。
  • 「3時のあなた」での司会がきっかけとなり、自民党から参議院選挙に出馬の打診があったが、断っている(その際に出馬要請を受け、出馬したのが山口淑子)。
  • 1985年、秋の園遊会に招かれた際に、昭和天皇からのお言葉に感激のあまり泣いてしまい、『本日はお招き本当にありがとうございました。』と涙ながらに答えるのが精一杯であった。芸能活動について『最近どうだね?』と尋ねようとした昭和天皇も少し驚いた様子であったという。
  • 1982年TBS系で放送されたドラマ「いつもお陽さま家族」で、当時の皇后香淳皇后)の役を演じているが、香淳皇后を俳優が演じたのはこれが初めてと言われている。
  • 「フルムーン」のCMでの上原謙と二人で温泉につかるシーンでは、清純で上品なお嬢様役が多かった高峰の豊かな胸の谷間が大胆に披露されたこともあり、社会現象と言えるほどの人気を博す。このCMに、元・女優で自民党参議院議員の山東昭子が、「シリコンを入れた年寄りの胸など見たくない」と発言(雑誌「太陽」のアンケートに回答)したのも話題を呼んだ。高峰は「胸が大きいのは家系。母も妹も大きい。シリコン入りだ、なんて冗談じゃない」と反論。後年出版した自伝でもこのことについては、明確に否定している。また共演した上原も「シリコンだなんて…」とやんわり疑惑を否定している。

受賞歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ほか多数

歌番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 人生は花いろ女いろ―わたしの銀幕女優50年(主婦と生活社・1986年6月)ISBN 4391109271

外部リンク[編集]