熊井啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くまい けい
熊井 啓
生年月日 1930年6月1日
没年月日 2007年5月23日(満76歳没)
出生地 日本の旗 日本長野県南安曇郡豊科町
(現:安曇野市
民族 日本人
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1954年 - 2007年
配偶者 熊井明子

熊井 啓(くまい けい、1930年6月1日 - 2007年5月23日)は、1960年代から2000年代にかけて活動した日本の映画監督。妻はエッセイストポプリ研究家の熊井明子

多くの監督作が『キネマ旬報』ベスト・テンに選出され、ベルリン国際映画祭ヴェネツィア国際映画祭の各賞を受賞した。日本を代表する社会派映画の巨匠である。

経歴・人物[編集]

長野県南安曇郡豊科町(現安曇野市)に、地主の父、元教師の母の息子として生まれる。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、旧制松本高校を経て新制の信州大学文理学部へ入学。大学時代は演劇と映画の日々を送っていたが、関川秀雄監督の誘いで、卒業後は独立プロの助監督へ。さらに1954年日活撮影所監督部に入社する。そこで久松静児田坂具隆阿部豊牛原陽一などの助監督に付くかたわら脚本家としての仕事もこなす。

1962年に明子夫人と結婚。1964年帝銀事件について、綿密な調査と考証をもとに被疑者であった平沢貞通画伯を無罪とする立場から事件経過をドキュメンタリー・タッチで描いた『帝銀事件 死刑囚』で監督デビュー(脚本も務めている)。監督2作目の『日本列島』では、戦後の日本で起こった謎の多い諸事件を米国の謀略と関連付けて追及し、骨太の社会派監督として注目されるようになった。

1968年には、三船プロダクション石原プロモーションが共同制作した大作『黒部の太陽』の監督に抜擢され、当時の映画界に厳然として存在していた五社協定の圧力にも負けず、三船敏郎石原裕次郎佐野周二滝沢修高峰三枝子ら豪華なスター共演によって黒四ダムの建設を見事に描き、成功を収める。1969年日活を退社し、退職金を投入して『地の群れ』を製作。以後フリーの映画監督して活躍し、三浦哲郎原作の芥川賞受賞作を白黒で美しく撮影した『忍ぶ川』(1972年)でキネマ旬報ベストワン及び監督賞、芸術選奨などを受賞。

1974年には東南アジアに娼婦として売られた「からゆきさん」に題材をとった田中絹代出演『サンダカン八番娼館 望郷』でベルリン国際映画祭銀熊賞、キネマ旬報ベストワン及び監督賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど、重いテーマを扱いながら、重厚な人間ドラマを完成させ、海外からも高い評価を得た。

その後も初の時代劇『お吟さま』、戦後日本映画で初の中国ロケを敢行した井上靖原作『天平の甍』などを経て、1986年には戦時中に九州で起きた米軍捕虜生体解剖事件をもとに医師の戦争責任を問うた遠藤周作原作の『海と毒薬』を発表し、再びベルリン国際映画祭銀熊賞・審査員特別賞、毎日映画コンクール大賞、3度目のキネマ旬報ベストワン及び監督賞を受けるなど国内外で評価された。その後も社会性の強いテーマを内包した作品を立て続けに発表し、独自な世界観を確立し、昭和を代表する社会派映画監督として知られた。

1989年、三船敏郎出演の『千利休 本覚坊遺文』でヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞・監督賞を受賞。2001年には松本サリン事件を描いた『日本の黒い夏─冤罪』でベルリン国際映画祭に特別招待され、ベルリーナ・カメラ賞(特別国際功労賞)を授けられた。

1995年紫綬褒章を受章。

2007年5月18日早朝に私邸の敷地内で倒れているところを発見され、搬送された病院で意識を回復したものの、5月23日午前9時51分、クモ膜下出血のため死去。76歳没。新作の準備に意欲を見せていた中の無念の死だった。

2007年7月11日東京青山葬儀所に於いて『お別れの会』が催された。

かつて吉永小百合の母・和枝の面前で泥酔して暴れ、和枝の著書『母だから女だから』(立風書房1976年)において名指しで痛烈に批判されたことがある。

映画作品[編集]

テレビドキュメンタリー作品[編集]

『不世出の大打者・王貞治』(1976年10月18日10月25日

テレビ出演[編集]

著書[編集]

伝記[編集]

参考文献[編集]

  • 「訃報」『キネマ旬報』2007年8月上旬号、キネマ旬報社
  • 「蓋棺録」『文藝春秋』2007年8月号、文藝春秋

関連項目[編集]

外部リンク[編集]