周防正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すお まさゆき
周防 正行
生年月日 1956年10月29日(57歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1982年 -
配偶者 草刈民代
家族 従兄:周防義和

周防 正行(すお まさゆき[1]1956年10月29日 - )は、日本映画監督脚本家太田出版監査役[2][3]

来歴[編集]

幼少時は野球好きで、野球をするために中学はわざわざ越境入学してまで武蔵工業大学附属中学校・高等学校(現・東京都市大学付属中学校・高等学校)に進学。しかし中学2年の時に肘を痛めて野球の道は断念した[4]。高校卒業後2年間浪人生活を送る[4]

1981年立教大学文学部仏文科卒、在学中に非常勤講師として来ていた蓮實重彦の講義「映画表現論」に出会い、映画監督を目ざす[5]。その後イメージフォーラム映像研究所に進みながら、高橋伴明若松孝二井筒和幸といった監督のもとで助監督として修行を積む[4]

1984年小津安二郎へのオマージュを含んだにっかつロマンポルノ変態家族兄貴の嫁さん」で監督デビュー。朝日新聞で蓮實がその年のベスト5にあげた。その後、矢島周平名義にてピンク映画にかかわるが、1989年の「ファンシイダンス」で一般映画に進出。1992年シコふんじゃった。」、1998年Shall we ダンス?」で日本アカデミー賞

1993年にはアルタミラピクチャーズの設立に参加[6]1997年7月、「Shall we ダンス?」の全米配給で関係の生まれたミラマックスと、以後の映画製作に関するファーストルック契約を結ぶ[7](現在は失効)。2007年に太田出版の監査役に就任[3]

2008年、『それでもボクはやってない』が2007年度キネマ旬報ベスト・テン日本映画部門の1位に選ばれる[8]2009年草刈民代とともに第2回プラチナ夫婦アワードを受賞[9]2013年、『終の信託』で毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞する[10]

幼少の頃の野球好きから、現在でも東京ヤクルトスワローズの熱狂的ファンである[4]

作品[編集]

監督[編集]

映画
テレビドラマ
オリジナルビデオ
  • 大災難(1995年)
ミュージックビデオ
  • カラフルメリィが降った日(1990年、有頂天

製作[編集]

出演[編集]

著書[編集]

小説[編集]

  • シコふんじゃった。(1991年12月、太田出版
  • Shall we ダンス?(1996年9月、幻冬舎

エッセイ・ノンフィクション[編集]

  • 『Shall weダンス?』アメリカを行く(1998年2月、太田出版)
  • スタジアムへ行こう!―周防正行のスポーツ観戦記(2000年9月、角川書店
  • インド待ち(2001年3月、集英社
  • アメリカ人が作った『Shall we dance?』(2005年4月、太田出版)
  • それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!(2007年1月、幻冬舎
  • 周防正行のバレエ入門(2011年4月、太田出版)

対談・インタビュー[編集]

  • 古田式(2001年5月、太田出版) - 古田敦也との共著
  • ファンの皆様おめでとうございます(2002年4月、大巧社) - 若松勉との共著

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大辞泉”. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 会社概要 - 太田出版
  3. ^ a b 太田出版、監査役に周防正行監督 売上高8億6657万円で増収 - 文化通信・2007年12月19日
  4. ^ a b c d 渡辺支配人のおしゃべりシネマ館「周防正行監督・Shall we ダンス?」 - NHK BSコラム・2011年11月14日
  5. ^ 立教大学
  6. ^ 周防正行(SUO MASAYUKI) - アルタミラピクチャーズ
  7. ^ 『「Shall we ダンス?」アメリカを行く』p.365
  8. ^ 日本映画1位「それでもボクはやってない」 キネマ旬報”. 朝日新聞 (2008年1月10日). 2013年6月22日閲覧。
  9. ^ 周防正行監督、妻・草刈民代に頭あがらず? 『プラチナ夫婦アワード』受賞”. eltha. オリコン (2009年11月17日). 2013年6月22日閲覧。
  10. ^ ひと:周防正行さん 毎日映画コンクールで大賞受賞”. 毎日新聞 (2013年1月18日). 2013年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]