アンドレイ・コンチャロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・コンチャロフスキー
Andrei Konchalovsky
Andrei Konchalovsky
2010年
本名 Andron Sergeyevich Mikhalkov-Konchalovsky
Андре́й Серге́евич Михалко́в-Кончало́вский
生年月日 1937年8月20日(77歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
国籍 ロシアの旗 ロシア
配偶者 Irina Kandat (1957年 - ?)
Natalya Arinbasarova (1964年 - 1967年)
Viviane Gaudet (1969年 - 1980年)
Yuliya Vysotskaya (1999年 - )
著名な家族 セルゲイ・ミハルコフ(父)
ニキータ・ミハルコフ(弟)
主な作品
『シベリアーダ』
暴走機関車

アンドレイ・コンチャロフスキーAndrei Konchalovsky, 1937年8月20日 - ) は、ロシア映画監督

アンドレイ・ミハルコフ=コンチャロフスキーとも表記される[1]。父親は作家のセルゲイ・ミハルコフ、弟は同じく映画監督のニキータ・ミハルコフである[2]

来歴[編集]

1937年8月20日モスクワで生まれる[2]。父親は作家のセルゲイ・ミハルコフ、母親も詩人であり、コンチャロフスキーは同じく映画監督となった弟のニキータ・ミハルコフとともに芸術家の家庭で育った[2]。初めはピアニストを志していたが[2]、次第に映画に転向。その後、全ソヴィエト連邦国立映画大学に入学した[2]。卒業製作の短編『Мальчик и голубь』(1961年)がヴェネツィア国際映画祭で賞を受けたことによって注目された[3]

1965年黒澤明の作品に影響を受けて製作した長編処女作『最初の教師』を発表[4]。翌1966年第27回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された[5]。2作目の『愛していたが結婚しなかったアーシャ』(1966年)は検閲によって上映禁止処分を受け、ゴルバチョフによるペレストロイカによって1988年に初めて公開された[2]。同作は第38回ベルリン国際映画祭国際映画批評家連盟の特別表彰を受けた[6]。また、1960年代は同じく全ソ国立映画大学の生徒だったアンドレイ・タルコフスキーと活動し、タルコフスキーの『ローラーとバイオリン』(1960年)や『僕の村は戦場だった』(1962年)、『アンドレイ・ルブリョフ』(1966年)の脚本を共同で執筆した[7]

1971年チェーホフ同名小説を映画化した『ワーニャ伯父さん』を発表[8]。同年のサン・セバスティアン国際映画祭で銀の貝殻賞を受賞した[8]1979年には叙事詩大作『シベリアーダ』を発表[9]。同年の第32回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞した[9]

1980年にはハリウッドでの映画製作のためにアメリカへ移住[2]ナスターシャ・キンスキーを起用した『マリアの恋人』(1984年)や黒澤明の脚本を元に製作した『暴走機関車』(1985年)といった作品を製作した[10][11]

その後、ソ連が崩壊した1991年スターリン時代のソ連を描いた『映写技師は見ていた』を発表[12]1994年の『Курочка Ряба』で16年ぶりにロシアでの映画製作に復帰した[13]1997年にはモスクワ国際映画祭で名誉賞を受賞した[14]

2002年第一次チェチェン紛争を扱った『Дом дураков』を発表[15]第59回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞した[15]2009年に製作した3D映画くるみ割り人形』は批評家に酷評された[16]

2014年、『Белые ночи почтальона Алексея Тряпицына』が第71回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した[17]

作品[編集]

  • Мальчик и голубь (1961年) 短編
  • 最初の教師 Первый учитель (1965年)
  • 愛していたが結婚しなかったアーシャ История Аси Клячиной, которая любила, да не вышла замуж (1966年)
  • 貴族の巣 Дворянское гнездо (1969年)
  • ワーニャ伯父さん Дядя Ваня (1971年)
  • Романс о влюблённых (1974年)
  • シベリアーダ Сибириада (1979年)
  • Split Cherry Tree (1982年) 短編
  • マリアの恋人 Maria's Lovers (1984年)
  • 暴走機関車 Runaway Train (1985年)
  • デュエット・フォー・ワン Duet for One (1986年)
  • 或る人々 Shy People (1987年)
  • 天使が降りたホームタウン Homer and Eddie (1989年)
  • デッドフォール Tango & Cash (1989年)
  • 映写技師は見ていた The Inner Circle (1991年)
  • Курочка Ряба (1994年)
  • キング・オブ・フィルム/巨匠たちの60秒 Lumière et compagnie (1995年) オムニバス
  • オデュッセイア/魔の海の大航海 The Odyssey (1997年) テレビシリーズ
  • Дом дураков (2002年)
  • 冬のライオン The Lion in Winter (2003年) テレビ映画
  • Глянец (2007年)
  • 暗闇の中で Dans le noir (2007年) オムニバス『それぞれのシネマ』の一篇
  • くるみ割り人形 The Nutcracker in 3D (2009年)
  • Белые ночи почтальона Алексея Тряпицына (2014年)

脚注[編集]

  1. ^ アンドレイ・コンチャロフスキー Andrei Konchalovsky”. allcinema. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Andrei Konchalovsky Biography”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  3. ^ The Boy and the Piggeon 1961”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  4. ^ The First Teacher 1965”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  5. ^ Venice Film Festival Awards for 1966”. IMDb. 2014年9月7日閲覧。
  6. ^ The Story of Asya Klyachina 1967”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  7. ^ Andrei Konchalovsky Scenarios”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  8. ^ a b Uncle Vanya 1970”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  9. ^ a b Siberiada 1978”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  10. ^ Maria's Lovers 1984”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  11. ^ Runaway Train 1985”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  12. ^ The Inner Circle 1991”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  13. ^ Ryaba My Chicken 1994”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  14. ^ Moscow International Film Festival Awards for 1997”. IMDb. 2014年9月7日閲覧。
  15. ^ a b House of Fools 2002”. Official. 2014年9月7日閲覧。
  16. ^ Nutcracker in 3D Movie Reviews”. Rotten Tomatoes. 2014年9月7日閲覧。
  17. ^ Awards of the 71st Venice Film Festival”. Biennale. 2014年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]