それぞれのシネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
それぞれのシネマ
Chacun son cinéma
ou Ce petit coup au cœur quand la lumière s'éteint et que le film commence
2007カンヌのレッドカーペット
監督 レイモン・ドゥパルドン
北野武
テオ・アンゲロプロス
アンドレイ・コンチャロフスキー
ナンニ・モレッティ
ホウ・シャオシェン
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
ジョエル&イーサン・コーエン
デヴィッド・リンチ
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
チャン・イーモウ
アモス・ギタイ
ジェーン・カンピオン
アトム・エゴヤン
アキ・カウリスマキ
オリヴィエ・アサヤス
ユーセフ・シャヒーン
ツァイ・ミンリャン
ラース・フォン・トリアー
ラウル・ルイス
クロード・ルルーシュ
ガス・ヴァン・サント
ロマン・ポランスキー
マイケル・チミノ
デヴィッド・クローネンバーグ
ウォン・カーウァイ
アッバス・キアロスタミ
ビレ・アウグスト
エリア・スレイマン
マノエル・デ・オリヴェイラ
ウォルター・サレス
ヴィム・ヴェンダース
チェン・カイコー
ケン・ローチ
製作 カンヌ国際映画祭
配給 フランスの旗 第60回カンヌ国際映画祭
日本の旗 オフィス北野
公開 フランスの旗 2007年5月20日 カンヌ60th
日本の旗 2008年5月17日
上映時間 119分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 中国語
英語
フランス語
スペイン語
デンマーク語
フィンランド語
ヘブライ語
イタリア語
日本語
ポルトガル語
ロシア語
イーディッシュ語
テンプレートを表示

それぞれのシネマ』(Chacun son cinéma もしくは Chacun son cinéma ou Ce petit coup au cœur quand la lumière s'éteint et que le film commence、「それぞれの映画館、あるいは光が滅び映画が始まるときの胸のこのときめき」の意)は、2007年(平成19年)製作・公開、フランスほか24の国と地域による合作のオムニバス映画である。

世界中の映画監督による「映画館」をテーマにした3分間の短編映画で構成されている。1946年に始まったカンヌ国際映画祭の60回記念として製作された。本作は、36人の監督(兄弟監督が2組)による34本の短編映画からなるが、34本全部での上映・放映とならないことが多々ある(#上映・放映の項を参照)。

構成[編集]

()内は製作国。上映順。

参加監督ギャラリー[編集]

上映・放映[編集]

2007年5月20日に第60回カンヌ国際映画祭上映された後、各映画祭で上映され、フランスでは同年10月31日に公開された。日本では同年11月17日に第8回東京フィルメックスのオープニング作品として上映され、2008年5月15日に洋画★シネフィル・イマジカにて放映された後、2008年5月17日から5月30日まで二週間限定でユナイテッド・シネマ豊洲にて公開された。

この作品は36人の監督(兄弟監督が2組)による34本の短編映画からなっている。しかし、第60回カンヌ国際映画祭では33本で上映された。これは、デヴィッド・リンチ監督作『アブサーダ』の完成が間に合わなかったため。同年の東京フィルメックスでも、デヴィッド・リンチ監督作を含まない33本で上映された。

2008年5月の洋画★シネフィル・イマジカでは、33本で放映された。これは、コーエン兄弟監督作『ワールドシネマ』が権利問題で放映できなかったため[1]

2008年5月のユナイテッド・シネマ豊洲では、32本で公開された。これは、コーエン兄弟監督作とマイケル・チミノ監督作「翻訳不要」が含まれなかったため。

2008年7月に発売の日本盤DVD(販売:角川エンタテインメント)では、33本が収録されている。これは、コーエン兄弟監督作が収録されなかったため。

脚注[編集]

  1. ^ 洋画★シネフィル・イマジカ - 放送予定作品紹介

外部リンク[編集]