秋菊の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋菊の物語
タイトル表記
繁体字 秋菊打官司
簡体字 秋菊打官司
ピン音 Qiūjú dǎ guānsī
英題 The Story of Qiu Ju
各種情報
監督 張芸謀(チャン・イーモウ)
脚本 劉恒(リュウ・ホン)
製作総指揮 馬逢国
出演者 鞏俐(コン・リー)
音楽 趙季平(チャオ・チーピン)
撮影 池小寧(チー・シアオニン)、于小群(ユイ・シアオチュン)、盧宏義(リュウ・ホンイー)
編集 杜媛(トゥ・ユアン)
衣装 華苗
美術 曹久平(ツァオ・チオウピン)
製作会社 北京電影学院青年電影製片廠
香港銀都機構有限公司
配給 フランス映画社 日本の旗
公開 1992年 中華人民共和国の旗
1993年6月19日 日本の旗
上映時間 101分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
言語 中国語
テンプレートを表示

秋菊の物語』(しゅうぎくのものがたり、原題:秋菊打官司)は、1992年制作の中国映画張芸謀(チャン・イーモウ)監督、鞏俐(コン・リー)主演。原作は陳源斌(チェン・ユアンピン)の小説『萬家訴訟』。

概要[編集]

これまでの鮮やかな映像美の張芸謀(チャン・イーモウ)作品とは打って変わって、この映画は素朴でリアリズム的な映像作品となっている。張芸謀(チャン・イーモウ)は当初コメディ映画を撮るつもりでいたが、スタッフなどの反対もあり、風刺的な面を持ったヒューマンドラマ作品として成立した。また、鞏俐(コン・リー)、雷恪生戈治均劉佩琦の4人以外の出演者は全員近隣の村に住む素人である。

1992年のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を、また主演の鞏俐(コン・リー)が同映画祭で主演女優賞をそれぞれ受賞している。

あらすじ[編集]

身重の秋菊の夫・慶來が村長との些細なトラブルから股間を蹴られ怪我をした。決して謝らない村長の態度に怒った秋菊は郡の役場に訴える。李巡査は村長が賠償金を払う和解案を示すが、村長は金は支払うものの謝らず反省の態度を見せない。納得できない秋菊は県の役所に訴えるが審理の結果は変わらない。さらに市の役所へと向かう秋菊。彼女はただ村長に謝ってほしいだけなのだが、ことはどんどん大きなことになっていく……。

キャスト[編集]

  • 秋菊(しゅうぎく)(チュウチュィ)・・・鞏俐(コン・リー)
  • 村長・王善堂(ワン・シャンタン)・・・雷恪生(レイ・ラオション)
  • 巡査・李(リー)・・・戈治均(コオ・チーチュン)
  • 夫・萬慶來(ワン・チンライ)・・・劉佩琦(リュウ・ペイチー)
  • 妹・妹子(メイツ)・・・楊柳春(ヤン・リュウチュン)
  • 医者・・・葉軍(イエ・チュン)
  • 慶來の父・・・朱萬清(チュウ・ワンチン)
  • 村長の妻・・・楊恵琴(ヤン・ホエィチン)
  • 宿の老人・・・林子(リン・ツ)
  • 局長・厳(イェン)・・・崔絡紋(ツォィ・ルオウェン)
  • 弁護士・呉(ウー)・・・王建法(ワン・チェンファ)

スタッフ[編集]

  • 監督・・・張芸謀(チャン・イーモウ)
  • 原作・・・陳源斌(チェン・ユアンピン)
  • 脚本・・・劉恒(リュウ・ホン)
  • 撮影・・・池小寧(チー・シアオニン)、于小群(ユイ・シアオチュン)、盧宏義(リュウ・ホンイー)
  • 美術・・・曹久平(ツァオ・チオウピン)
  • 音楽・・・趙季平(チャオ・チーピン)
  • 録音・・・李嵐華(リー・ランホア)
  • 編集・・・杜媛(トゥ・ユアン)

外部リンク[編集]