グロリア (1980年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロリア
Gloria
監督 ジョン・カサヴェテス
脚本 ジョン・カサヴェテス
製作 サム・ショウ
出演者 ジーナ・ローランズ
ジュリー・カーメン
音楽 ビル・コンティ
撮影 フレッド・シュラー
編集 ジョージ・C・ビラセア
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年10月1日
日本の旗 1981年2月14日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,059,673[1]
テンプレートを表示

グロリア』(Gloria)は、1980年アメリカ映画である。ジョン・カサヴェテス監督・脚本。ニューヨークを舞台にしたハードボイルドアクション映画ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞。

リュック・ベッソン監督の1994年の映画レオン』と設定やストーリー展開が重なる部分があり、同作の「原型」とも言われている[2]

1999年にシャロン・ストーン主演でリメイクされている。

ストーリー[編集]

マフィアを裏切ったためにプエルトリコ人会計士一家が殺される。唯一の生き残りであった末っ子のフィルは、父親からマフィアの隠し口座を記した手帳を預かり、同じアパートメントの同じフロアに住む母親の友人の中年女グロリアに託された。子供嫌いのグロリアと生意気なフィルは反発しあっていたが、マフィアから逃げ回るうち、いつしかお互いがかけがえのない存在になってゆく。マフィアのドンの元恋人であり、自身もマフィアと深いかかわりがあるグロリアは、その経験と度胸でマフィアと取引をし、自身とフィルの安全を保障させようと試みる。

キャスト[編集]

日本語版
1984年2月20日 TBS月曜ロードショー』TV初放送。
演出:小林守夫、翻訳:岩本令、調整:前田仁信、解説:荻昌弘

参考文献[編集]

  1. ^ Gloria (1980)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月25日閲覧。
  2. ^ 映画 グロリア”. allcinema. 2012年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]