嘆きのピエタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
嘆きのピエタ
피에타
監督 キム・ギドク
脚本 キム・ギドク
製作 Kim Soon-mo
キム・ギドク
出演者 イ・ジョンジン英語版
チョ・ミンス英語版
音楽 In-young Park
撮影 Jo Young-Jik
編集 キム・ギドク
配給 日本の旗 クレストインターナショナル
公開 イタリアの旗 2012年9月4日VIFF
韓国の旗 2012年9月6日
日本の旗 2013年6月15日
上映時間 104分
製作国 韓国の旗 韓国[1]
言語 朝鮮語
興行収入 $3,601,250[2]
テンプレートを表示

嘆きのピエタ』(피에타, 英題: Pietà)は、キム・ギドク監督・脚本による2012年の韓国映画である。消費者金融の取り立て屋の男とその母親を名乗る女の不思議な関係が描かれる[3][4][5][6][7]

第69回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で初上映され[8][9]金獅子賞を受賞した[10][11]。韓国映画が三大国際映画祭(ヴェネツィアカンヌベルリン)の最高賞を受賞するのは本作が初めてであった[12][13][14][15][16][17]

タイトルの『ピエタ』(piety/pity)とは、聖母マリアイエスの亡骸を抱く彫刻や絵を指す

キャスト[編集]

公開[編集]

2012年9月4日にヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映された[18][19][20][21][22][23][24]。韓国では2012年9月6日に劇場公開された[25][26][27][28][29]

配給権はイタリア、ドイツ、ロシア、ノルウェー、トルコ、香港、ギリシャなど20カ国に売却された[30]。北アメリカでは独立系のドラフトハウス・フィルムズにより配給される[31]

評価[編集]

第69回ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞を受賞した。ヴェネツィアのプレススクリーニングでは、「非常にさまざまな反応を引き起こした」と報じられた[32][33]。審査員長を務めたアメリカの映画監督のマイケル・マンは、「(この映画は)直感的にあなたを誘惑する」ため際立っていたと述べた[16][34][35]

第85回アカデミー賞外国語映画賞には韓国代表として出品されたが、最終選考9本には残らなかった[36][37][38][39]

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 キム・ギドク 受賞
大鐘賞 作品賞 『嘆きのピエタ』 ノミネート
監督賞 キム・ギドク ノミネート
主演女優賞 チョ・ミンス 受賞
助演女優賞 Eunjin Kang ノミネート
審査員特別賞 キム・ギドク 受賞
サテライト賞[40] 監督賞 キム・ギドク ノミネート
オリジナル脚本賞 キム・ギドク ノミネート
外国語映画賞 『嘆きのピエタ』 受賞
韓国映画批評家協会賞[41] 作品賞 『嘆きのピエタ』 受賞
監督賞 キム・ギドク 受賞
主演女優賞 チョ・ミンス 受賞
FIPRESCI韓国支部賞 『嘆きのピエタ』 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Park, Eun-jee (2012年8月12日). “Movies at the palace: Sensible or sacrilege?”. 2013年2月14日閲覧。
  2. ^ Pieta”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月14日閲覧。
  3. ^ "It's a story about victims and attackers."”. Korean Film Biz Zone (2012年8月27日). 2013年2月14日閲覧。
  4. ^ KIM Ki-duk goes to Venice with PIETA”. Korea Cinema Today (2012年8月7日). 2013年2月14日閲覧。
  5. ^ Cho, Jae-eun (2012年7月27日). “Renowned director juxtaposes sexuality and religion in ‘Pieta’”. Korea JoongAng Daily. 2013年2月14日閲覧。
  6. ^ Kim Ki-duk back with new film ‘Pieta’”. The Korea Herald (2012年7月20日). 2013年2月14日閲覧。
  7. ^ Lee, Rachel (2012年9月9日). “From eccentric to darling of Venice”. The Korea Times. 2013年2月14日閲覧。
  8. ^ Rachel Lee, Kwaak Je-yup (2012年8月29日). “Kim Ki-duk’s ‘Pieta’ in competition at Venice”. The Korea Times. 2013年2月14日閲覧。
  9. ^ Korean morality tale premieres at Venice film fest”. The Korea Herald (2012年9月5日). 2013年2月14日閲覧。
  10. ^ Ji, Yong-jin (2012年9月10日). “Venice choses KIM Ki-duk”. Korean Film Biz Zone. 2013年2月14日閲覧。
  11. ^ Outsider Kim Ki-duk's 'Pieta' Wins Top Prize in Venice”. The Chosun Ilbo (2012年9月10日). 2013年2月14日閲覧。
  12. ^ Venice festival winner a hard-hitting morality tale”. The Korea Herald (2012年9月9日). 2013年2月14日閲覧。
  13. ^ Lee, Claire (2012年9月9日). “Kim Ki-duk becomes 1st Korean director to win top film prize at Venice”. The Korea Herald. 2013年2月14日閲覧。
  14. ^ Lee, Claire (2012年9月9日). “Former laborer becomes acclaimed filmmaker”. The Korea Herald. 2013年2月14日閲覧。
  15. ^ Kim Ki-duk: from monster with 'inferiority complex' to master director”. The Korea Herald (2012年9月9日). 2013年2月14日閲覧。
  16. ^ a b Kim, Ji-soo (2012年9月9日). “Director Kim Ki-duk takes Venice”. The Korea Times. 2013年2月14日閲覧。
  17. ^ Park, Eun-jee (2012年9月10日). “In dramatic style, Kim makes movie history”. Korea JoongAng Daily. 2013年2月14日閲覧。
  18. ^ Lee, Claire (2012年7月27日). “Kim Ki-duk’s ‘Pieta’ goes to Venice”. The Korea Herald. 2013年2月14日閲覧。
  19. ^ Kim Ki-duk Invited to Venice for 4th Time with 'Pieta'”. The Chosun Ilbo (2012年7月27日). 2013年2月14日閲覧。
  20. ^ Kim Ki-duk's new film up for competition in Venice fest”. The Korea Times (2012年7月27日). 2013年2月14日閲覧。
  21. ^ ‘Pieta’ tipped for Venice win”. The Korea Herald (2012年9月7日). 2013年2月14日閲覧。
  22. ^ Directors Kim Ki-duk, Takeshi Kitano see Asian art house in crisis”. Korea JoongAng Daily (2012年9月7日). 2013年2月14日閲覧。
  23. ^ Lee, Eun-sun (2012年9月7日). “With 5-star reviews, PIETA is becoming a critical darling”. Korean Film Biz Zone. 2013年2月14日閲覧。
  24. ^ Director Kim unchanged by Venice triumph”. The Korea Herald (2012年9月12日). 2013年2月14日閲覧。
  25. ^ Kwaak, Je-yup (2012年9月6日). “‘Pieta’ filled with bloody revenge”. The Korea Times. 2013年2月14日閲覧。
  26. ^ Lee, Claire (2012年9月6日). “Kim Ki-duk returns with brutal revenge tale”. The Korea Herald. 2013年2月14日閲覧。
  27. ^ Cho, Chung-un (2012年9月10日). “Can ‘Pieta’ enjoy success at home?”. The Korea Herald. 2013年2月14日閲覧。
  28. ^ 'Memory of teen years hit him at most honorable moment in Venice'”. The Korea Times (2012年9月11日). 2013年2月14日閲覧。
  29. ^ Golden Lion Winner Explains 'Shabby' Venice Outfit”. The Chosun Ilbo (2012年9月13日). 2013年2月14日閲覧。
  30. ^ Kim, Hyun-min (2012年9月10日). “Director KIM Ki-duk’s reputation goes world-wide”. Korean Film Biz Zone. 2013年2月14日閲覧。
  31. ^ Cangialosi, Jason (2012年10月19日). “Drafthouse Films Acquires Korean Oscar Contender, Kim Ki-duk's 'Pietà'”. Yahoo!. 2013年2月14日閲覧。
  32. ^ Young, Deborah (2012年9月3日). “Pieta: Venice Review”. The Hollywood Reporter. 2013年2月14日閲覧。
  33. ^ Ji, Yong-jin (2012年9月6日). “Venice gives PIETA a ten-minute standing ovation”. Korean Film Biz Zone. 2013年2月14日閲覧。
  34. ^ Belloni, Matthew (2012年9月8日). “Venice Film Festival Jury Yanks Top Prize from 'The Master' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2013年2月14日閲覧。
  35. ^ Thuburn, Dario (2012年9月10日). “'Pieta' win in Venice clouded by controversy”. Rappler.com. 2013年2月14日閲覧。
  36. ^ 'Pieta' to compete for Oscar's best foreign film award”. The Korea Times (2012年9月13日). 2013年2月14日閲覧。
  37. ^ Lee, Hye-ji (2012年9月13日). “Kim Ki-duk’s “Pieta” to Vie for Oscar Nomination”. 10Asia. 2013年2月14日閲覧。
  38. ^ Noh, Jean (2012年9月13日). “South Korea selects Pieta as Oscar submission”. Screen International. http://www.screendaily.com/news/asia-pacific/south-korea-selects-pieta-as-oscar-submission/5046594.article 2013年2月14日閲覧。 
  39. ^ Kim, Nemo (2012年12月24日). ““Pieta” out of the Oscar Race”. 10Asia. 2013年2月14日閲覧。
  40. ^ Kilday, Gregg (16 December 2012). "'Silver Linings Playbook' Wins Five Satellite Awards, Including Best Picture". The Hollywood Reporter.
  41. ^ Ji, Yong-jin (2012年11月9日). “PIETA, Critics’ No.1 Choice”. Korean Film Biz Zone. 2013年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]