ファウスト (2011年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファウスト
Faust
監督 アレクサンドル・ソクーロフ
脚本 アレクサンドル・ソクーロフ
マレーナ・コレノワ
ユーリー・アラボフ
原作 ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
製作 アンドレイ・シグレ
音楽 アンドレイ・シグレ
撮影 ブリュノ・デルボネル
編集 イェルク・ハウシルト
製作会社 プロライン・フィルム
配給 日本の旗 セテラ・インターナショナル
公開 イタリアの旗 2011年9月8日VIFF
日本の旗 2012年6月2日
上映時間 134分
製作国 ロシアの旗 ロシア
言語 ドイツ語
製作費 € 8 million
テンプレートを表示

ファウスト』(Faust)は、アレクサンドル・ソクーロフ監督による2011年のロシア映画である。

第68回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

キャスト[編集]

テーマ[編集]

アレクサンドル・ソクーロフ監督による権力者4部作の最終作である。アドルフ・ヒトラーを描いた『モレク神』(1999年)、ウラジーミル・レーニンを描いた『牡牛座 レーニンの肖像』(2001年)、昭和天皇を描いた『太陽』(2005年)が伝記映画であったのに対し、今回は現実の出来事に関連性を持った物語ではない[1]

評価[編集]

第68回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞を受賞した。審査員長のダーレン・アロノフスキーは「これまで見たことのない、できれば再びは見たくない世界にいざなってくれる映画」と評した[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Holdsworth, Nick (2009年5月12日). “'Faust' finishes Russian 'trilogy'”. Variety. 2011年1月25日閲覧。
  2. ^ ベネチア映画祭 映像の芸術性で「ファウスト」金獅子賞に”. 朝日新聞 (2011年9月13日). 2012年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]