去年マリエンバートで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
去年マリエンバートで
L'Année dernière à Marienbad
監督 アラン・レネ
脚本 アラン・ロブ=グリエ
製作 ピエール・クーロー
レイモン・フロマン
出演者 デルフィーヌ・セイリグ
音楽 フランシス・セイリグ
撮影 サッシャ・ヴィエルニ
編集 アンリ・コルピ
ジャスミーヌ・シャスネ
配給 フランスの旗 コシノール
日本の旗 東和/ATG
公開 フランスの旗 1961年6月25日
日本の旗 1964年5月2日
上映時間 94分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

去年マリエンバートで』(きょねんマリエンバートで、L'Année dernière à Marienbad)は、1961年公開のフランスイタリア合作映画。アラン・ロブ=グリエによる脚本をアラン・レネが監督したモノクロ映画である。1961年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞。日本公開は1964年5月。

脚本のロブ=グリエ自身の言によれば、黒澤明監督の『羅生門』に触発されて作られた作品である。より正確に言うならば、芥川龍之介の『藪の中』を下敷きにした作品群の一つといえる。

ココ・シャネルが衣装をデザインしたことでも有名。

ストーリー[編集]

主人公の男Xは、女Aと再会する。Xは去年マリエンバートで会ったと語りかけるのだが、Aは記憶していない。しかし、AはXの話を聞く内に、おぼろげな記憶を取り戻していく。Aの夫であるMは、「去年マリエンバートで」実際に何が起こったのか知っている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]


作品解説[編集]

後年、脚本を担当したロブ=グリエがこの映画の仕掛けについて語っている。 それによると、黒澤明の『羅生門』がモチーフとなっており、最初に、

1.現在
2.Xの回想(Xにとっての主観的事実)
3.Aの回想(Aにとっての主観的事実)
4.過去(客観的事実→Mの視点)

の4本の脚本が作られ、それらをバラバラにつなぎ合わせて、最終的な脚本が完成したという。その際に、それぞれの場面が1-4のどの脚本に該当するのかがなるべくわからないように慎重につなぎ合わされ(時間軸の入れ替えも行われている)、最終的に完成した脚本はダイヤグラムシートを伴う[1]、非常に複雑な物になった(海外の研究書にはダイヤグラムシートを伴う完成脚本が収録されている)。

さらに、このダイヤグラムシートは一部のスタッフにしか知らされていなかった。出演者はしばしば自分が何を演じたらいいのかわからず、混乱状態に陥ったが、それも全て内容をより効果的にするための計算であった[2]

ただ、服装やセットなどは明確に1-4の脚本で区別されていて、注意深く見れば、どの場面が1~4の脚本のどれに当たるのか判別できる仕掛けになっている。

結果として、ロブ=グリエ曰く「非常に緻密に計算された作品で、曖昧さのかけらもない」作品になった。

ロケ地[編集]

  • 作品のロケ地はミュンヘンである。
  • シュライスハイム城(Schloss Schleissheim)のノイエス・シュロス(新しい城、Neues Schloss)
    バイエルン州立美術館。映画では、男の記憶内や、額入りの写真として登場するフレデリクスバートの庭園。庭園にたたずむ人々の異様に長い影は地面に描かれたものであった[3]
  • ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)[1]
    主要な撮影が行われたロココの宮殿。映画に登場する幾何学模様のフランス庭園はこの城の裏庭である[3]
  • アマーリエンブルク城(Amalienburg)
    オープニングの独白シーンでここのシュピーゲルザール(鏡の間、Spiegelsaal)の鏡を利用した。また、男と女の最後の夜の演奏会のシーンもここ。

この映画に度々登場するゲームについて[編集]

ゲームの名前はニムと言い、数多くのバリエーションがあるが、いずれも法則性があり、必勝法が存在する(必勝法を知る同士で対戦すると、基本、先手必勝)。映画の中では、XとMが繰り返し対戦するが、XはMに勝つことが出来ない。必勝法のことを知っていたある記者が、「このゲームは二人の関係性を示す暗喩ですか」とレネ監督に尋ねたところ、レネは「あのゲームはMのXに対する優位性を示すために取り入れた物だが、必勝法のことは知らなかった。しかし、面白い偶然だ」と答えたという。

ジョーク[編集]

この映画を題材としたジョーク。ロブ=グリエ自身のお気に入りで、よく披露していたという[4][5]

警官「怪しい男だな。この辺りで窃盗事件が多発してるんだが、お前がやったんじゃないのか?」
男「違いますよ」
警官「本当か? 昨日の夜も事件があったんだが、昨日の夜はなにをしてた?」
男「昨日の夜は、映画を見てました。『去年マリエンバートで』って映画です」
警官「嘘じゃないだろうな? 本当に見たというなら、どんな話だったか説明してみろ!」

脚注[編集]

  1. ^ 『世界シネマの旅 1』、p61
  2. ^ a b 『世界シネマの旅 1』、p60
  3. ^ a b 『世界シネマの旅 1』、p62
  4. ^ 『世界シネマの旅 1』、pp60-61
  5. ^ 同じジョークを紹介しながら哲学者土屋賢二は『哲学者にならない方法』(東京書籍)p.100で「こういうわけの分からない映画がヴェネチア映画祭金獅子賞を受賞したという事実を知ると、自分には人並みの理解力もないという劣等感がわたしのなかでふくらんだ。フェリーニベルイマン が高く評価されていたのも不可解だった…もし薬の場合なら、だれが『実験的薬品』を飲もうとするだろうか。映画でも十分に実験して検証してから見せてほしいものだ」と述懐している。

参考文献[編集]

  • 朝日新聞日曜版「シネマcinemaキネマ」取材班『世界シネマの旅 1』(朝日新聞社, 1992年10月)、pp58-63

外部リンク[編集]