フォルカー・シュレンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルカー・シュレンドルフ
Volker Schlöndorff
Volker Schlöndorff
2009年
生年月日 1939年3月31日(75歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツ ヴィースバーデン
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1960年 -
配偶者 マルガレーテ・フォン・トロッタ1971年 - 1991年
アンジェリカ・シュレンドルフ
主な作品
ブリキの太鼓

フォルカー・シュレンドルフVolker Schlöndorff, 1939年3月31日 - ) は、ドイツ映画監督脚本家1960年代後半から1980年代前半まで巻き起こったドイツの映画運動ニュー・ジャーマン・シネマの代表的な監督の一人である。

来歴・[編集]

1939年3月31日ヴィースバーデンで生まれた。1956年に一家でフランスに移住。パリ経済学政治学を学んだ後、高等映画学院に入学した。その後、ルイ・マルジャン=ピエール・メルヴィルアラン・レネの元で助監督を務めた。

1960年短編Wen kümmert's?』で映画監督としてデビュー。1963年には中編ドキュメンタリーMéditerranée』をジャン=ダニエル・ポレと共同で監督した。1966年、初の長編テルレスの青春』を発表。第19回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した。

1971年、自身の作品に女優として出演していたマルガレーテ・フォン・トロッタと結婚。1973年にはプロダクションカンパニー「Bioskop Film」を設立。1975年ハインリッヒ・ベルの小説を映画化した『カタリーナ・ブルームの失われた名誉』をフォン・トロッタと共同で監督。1979年ギュンター・グラスの同名小説を映画化した『ブリキの太鼓』を発表。第32回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞し、翌1980年第52回アカデミー賞ではアカデミー外国語映画賞を受賞した。

1980年代からはフランスアメリカでも映画製作を行い、マルセル・プルースト原作の『スワンの恋』(1984年)やアーサー・ミラー原作の『セールスマンの死』(1985年)、マーガレット・アトウッド原作の『侍女の物語』(1990年)などの文芸作品を発表した。

近年は『魔王』(1996年)や『9日目 ~ヒトラーに捧げる祈り~』(2004年)、『シャトーブリアンからの手紙』(2011年)など、主に第二次世界大戦に関連した作品を製作している。

監督作品[編集]

長編[編集]

短編[編集]

  • Wen kümmert's? (1960年)
  • Méditerranée (1963年) ドキュメンタリー。ジャン=ダニエル・ポレと共同監督
  • Unheimlicher Moment, Ein (1967年) オムニバス『Der Paukenspieler』の一篇
  • Deutscher Film in Japan und das japanische Kino (1971年) ドキュメンタリー。テレビシリーズ『Aspekte』の一話
  • Les raisons de Georgina (1975年) テレビシリーズ『Nouvelles de Henry James』の一話
  • Le parfait soldat (1996年) テレビシリーズ『Lumière sur un massacre』の一話
  • 啓示されし者 The Enlightenment (2002年) オムニバス『10ミニッツ・オールダー イデアの森』の一篇

受賞[編集]

外部リンク[編集]