ニュー・ジャーマン・シネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュー・ジャーマン・シネマ英語: The New German cinema, ドイツ語: Der Neue Deutsche Film, 「新しいドイツ映画」の意)は、1960年代後半から始まって1980年代に入るまで続いたドイツ映画のある時代を指す語である。ドイツにおける映画監督の新世代の出現とされた。

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーヴェルナー・ヘルツォークアレクサンダー・クルーゲフォルカー・シュレンドルフマルガレーテ・フォン・トロッタハンス=ユルゲン・ジーバーベルク、そしてヴィム・ヴェンダースといった映画作家たちがその担い手であった。彼らは低予算での映画製作を旨とし、フランスヌーヴェルヴァーグの影響を受けており、いくつかの小規模な映画を製作し、世界のアート・フィルム英語版の観客の注目を惹きつけた。これらの映画監督、とりわけヴェンダースとシュレンドルフは、アメリカ大資本の映画スタジオによるバックアップを受けた、資金繰りのよりよい映画製作へと進出していった。彼らの成功はドイツ映画のルネッサンスをもたらした。戦前のウーファー撮影所の栄光の日々へとドイツ映画を戻すことはなかったが、映画製作の復活をドイツにもたらし、良質の映画をつくるドイツのほかの映画作家たちを勇気づけた。

起源[編集]

ドイツ映画の芸術的および経済的停滞へのリアクションとして、ある若い映画作家のグループが、ドイツのオーバーハウゼンでの同国際短篇映画祭で、1962年2月28日、いわゆる「オーバーハウゼン・マニフェスト」を宣した。この宣言に参加したのは、アレクサンダー・クルーゲ、エドガー・ライツ英語版ペーター・シャモニ英語版、そしてフランツ・ヨセフ・シュピーカー英語版であり、彼らの署名文のなかで、挑発的にこう宣言する。

"Der alte Film ist tot. Wir glauben an den neuen."
「古い映画は死んだ。われわれは新しい映画を信じる」[1]

ほかの精力的な映画作家たちもこのオーバーハウゼン・グループと同盟を結んだ。そのなかには、フォルカー・シュレンドルフ、ヴェルナー・ヘルツォーク、ジャン=マリー・ストローブ、ヴィム・ヴェンダース、ハンス=ユルゲン・ジーバーベルク、そしてライナー・ヴェルナー・ファスビンダーがいた。彼らは、既存のドイツ映画産業を拒絶し、新しい産業を打ちたてようという彼らの決意が、商業的使命というよりも芸術的優秀性において、創設したのが「ニュー・ジャーマン・シネマ」なのである。

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kurzfilmtage: Chronologyに同マニフェストの写しがPDF文書で置いてある。

外部リンク[編集]