ブリキの太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブリキの太鼓』(ブリキのたいこ、Die Blechtrommel)は、ドイツの作家ギュンター・グラス1959年に発表した長篇小説である。『猫と鼠』(1961年)、『犬の年』(1963年)と続く、いわゆる「ダンツィヒ三部作」の最初を飾る作品であり、第二次世界大戦後のドイツ文学における最も重要な作品の一つに数えられる。1979年フォルカー・シュレンドルフによって映画化された。

あらすじ[編集]

1954年、精神病院の住人であるオスカル・マツェラートが自らの半生を語る。1899年のジャガイモ畑における祖母の妊娠に始まり、1924年の誕生、3歳の誕生日における成長の停止、ナチ党政権前後におけるダンツィヒ自由市の小市民的心性、戦前・戦中・戦後の遍歴などを局外者の視点から描く。

書誌情報[編集]

  • 原典:Die Blechtrommel, Neuwied: Luchterhand, 1959.
  • 英語訳:The Tin Drum, translated by Ralph Manheim, London: Secker & Warburg, 1962.
  • 日本語訳:『ブリキの太鼓』高本研一訳、シリーズ「現代の世界文学」、集英社、1972年 のち文庫
    • 池内紀訳 「世界文学全集」、河出書房新社、2010年

映画[編集]

ブリキの太鼓
Die Blechtrommel
監督 フォルカー・シュレンドルフ
脚本 ジャン=クロード・カリエール
フォルカー・シュレンドルフ
フランツ・ザイツ
ギュンター・グラス
原作 ギュンター・グラス
製作 フランツ・ザイツ
アナトール・ドーマン[1]
フォルカー・シュレンドルフ[1]
製作総指揮 エベルハルト・ユンケルスドルフ
音楽 モーリス・ジャール
撮影 イゴール・ルター
編集 スザンネ・バロン
製作会社 フランツ・ザイツ・フィルム
ビオスコープ・フィルム
アルテミス・フィルム
アルゴス・フィルム 他
配給 西ドイツの旗 ユナイテッド・アーティスツ
フランスの旗 アルゴス・フィルム
日本の旗 フランス映画社
公開 西ドイツの旗 1979年5月3日
フランスの旗 1979年9月19日
日本の旗 1981年4月11日
上映時間 142分
162分ディレクターズ・カット
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
フランスの旗 フランス
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
言語 ドイツ語
ポーランド語
ロシア語
ヘブライ語
イタリア語
テンプレートを表示

1979年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞、アカデミー外国語映画賞を受賞している。

キャスト[編集]

オスカル・マツェラート - ダーフィト・ベンネント
3歳で成長を止めた少年。叫び声でガラスを割ることができる。
アルフレート・マツェラート - マリオ・アドルフ
オスカルの父親。ドイツ人。食料雑貨店を経営。元料理人
アグネス・マツェラート - アンゲラ・ヴィンクラー
オスカルの母親。2人目の子を妊娠すると精神のバランスを崩して急逝する。
マリア・マツェラート - カタリーナ・タールバッハ
アルフレートの店に住み込みで働くようになった少女。
オスカルと同い年で初恋の相手。後にアルフレートの後妻となり息子クルトを生む。
ヤン・ブロンスキ - ダニエル・オルブリフスキ
アグネスの従兄で恋人(愛人)。オスカルの実父である可能性がある。
ポーランド人専用郵便局に勤める。
アンナ・コリャイチェク - ティーナ・エンゲル(若年期)、ベルタ・ドレーフス
アグネスの母親。カシュバイ人 (en。旧姓ブロンスキ(ブロンスカ)
ヨーゼフ・コリャイチェク - ローラント・トイプナー
アグネスの父親。放火の常習犯。
アンナと1年ほど暮らした後に警察に追われ、川に飛び込んで行方不明になる。

原作との違い[編集]

オスカルが精神病院にいる1954年の場面がない。

参考文献[編集]

  1. ^ a b クレジットなし。Die Blechtrommel (1979) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]